メールで無料相談  gseiki_shotgun@ybb.ne.jp クリックでメールソフトが立ち上がります
header_img02.png
公式ブログ 毎日更新

2017.05.14更新

今回の御依頼は『普通免許で中型トラックを運転してしまった無免許運転』僕の事務所では最も得意とするジャンルですね。

またもっとも軽減率の高い【積載量は2000キロと普通免許証で運転できる範囲だったものの、車両総重量が5000キロ以上、そして車検証で確認していなかったために気付かず運転してしまった】状況です。

 

この場合まず最初にやるべきことは免許証の住所です。

 

というのも都道府県ごとの基準というのはかなり極端なものも多く、今回のような中型自動車の無免許運転の場合、『正しく進めればほぼ確実に軽減されるところ』と《何をやっても絶対ダメ》なところがあります。

0%という可能性は何億倍にしても0%のままですので、まず軽減され得る住所になることができるのか、あるいは現住所は軽減される都道府県なのかの検証が第一になります。

ちなみにネットなどでどこどこが甘い、あるいは厳しいなどと言われていますが違反や事故の内容、取調べでの受け答えなどによって全く変わってきますので、この情報をどれだけ正しく把握しているかが法律のお勉強よりも遥かに大切ということです。

そして今回の御依頼者様の場合、もともとの住所では1年軽減の可能性はあっても免許停止まで軽くなる可能性は非常に薄い所でしたが、御実家が軽減される所でしたのでまずはそこにお引越ししていただき、警察での取調べの段階からベストな行動をしていたので「軽減措置だけじゃなくて点数無しも狙えるな」とけっこう余裕でした・・・・しかし好事魔多しといいますか気が緩んでしまったのか無免許の直後にヘルメットの不着用で取締りを受け、さらにその数週間後にもスピード違反で取締りを受けてしまいました。

 

気の緩みと言ってしまえばそれまでですが、反省してないとか悪質運転者と言われても反論できない状況ですね・・・というわけで本題の無免許運転以外にも万全の対応を期すため意見の聴取に同行することになりました。

 

まぁそんな風に書いてしまうとなんだか仰々しいですが、しょっちゅう行ってる警察本部ですので「おぅ先生御無沙汰(笑)」みたいな感じで結構フランクです。

聴取の前にも誰々が異動になったとか新人が配属されたとか、僕のブログを見てくれていたのか「足、もう大丈夫なの?」と声をかけてくれたり、良いのか悪いのかお互いあまり緊張感もありません。

そして実際の聴取でも最初の警察の調書の時点で僕が絡んでいた事は分かっていたようで「先生が入ってるのも分かってるから(笑)」という感じで席に着いた時点で免許停止でOK、無免許の後に違反も二つしているということで多少小言は言われましたがそれも合わせて今回の処分にするので免許停止が明ければ累積点数は無しの状態でスタートできるとのことでした。

 

というわけで

中型無免許10

ヘルメットの後のスピード違反に関しては意見の聴取通知を送る直前だったので記載されていませんが、それも合わせて180日の免許停止で済ませてくれました。

仕事も失わずに済んだことでとても喜んでくれました。

 

良い結果をお届けできて良かったです(*´▽`*)♪

行政書士内村特殊法務事務所
代表行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384

 

投稿者: 内村特殊法務事務所

2017.05.04更新

ゴールデンウィークも真っ盛りですね。

5月2日に高速道路を走りまして、中日の平日ということもあって比較的空いていましたが、結構事故渋滞に遭遇しました。

急に車が増えたことや、普段乗り慣れてないことで事故率も上がるのかもしれませんが、ちょうど渋滞の脇で被害者と加害者が言い争っている場面も見かけました。

 

さて、昔から言われていることで『事故の際には謝ってはいけない、なぜなら非を認めることになるから』という都市伝説がありますが本当でしょうか?

 

僕が受ける相談の中にも事故の際によくない対応をしてしまったことによって『本来免許取消にならないはずが、免許取消になってしまった』というのもよくあります。

 

つまり、結論から言えば事故の際に謝ってはいけないというのは単なる都市伝説です。

たとえば被害者の調書の中には「加害者に対して重い処罰を望みますか?」という項目がありますが、これも罰金や懲役などに影響してきますし、行政処分にも影響してくることがあります(もちろんしないこともあります)

 

もちろん『過失割合に関わらず被害額を全額賠償します』という念書を書かせようとする被害者もいますが、それは誤る謝らないというのとは別の話です。

 

法律が常識とかけ離れていることなど珍しくもありませんが、市民生活に近い法律事案ほど常識的にどうか?ということを判断基準にしておくほうが墓穴を掘らずに済む可能性は高まると思います。

 


行政書士内村特殊法務事務所
代表行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384

投稿者: 内村特殊法務事務所

2017.04.28更新

世間はゴールデンウィークですね。

長期連休でどこの観光地も混んでるとはいえ、どこの会社も一斉に休みになるならそこと取引のある会社も仕事自体が無くなるので結局休みになるという実に日本的な風習だと思います。

 

しかし毎年宣言してますが、内村事務所はゴールデンウイークも一日たりとも休みません。

何故なら真の年中無休だからです。

 

いつも思うんですが年中無休とか書いといて年末年始は除くとか但し書きするのって完全にインチキですよ。

 

ちなみに、ブラック事務所と言われるかもしれませんが、一応スタッフにはちゃんと休日ありますよ(笑)

 

行政書士内村特殊法務事務所
代表行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384

投稿者: 内村特殊法務事務所

2017.04.26更新

交通違反に関してはいろんな情報がネットや雑誌や都市伝説として出回っています。

その中には正しいものもあれば正しくないものもありますが、傾向としては『お得な情報』ほど嘘や思い込みが多いように感じます。

 

比較的昔から言われているもので

『法人名義の車の場合、「運転してた従業員はもう辞めてる」とか「いろんな人が運転するのでわからない」と言ってほったらかしにしてれば警察は諦める』というものや、オービスの出頭通知に対して『【冤罪も多数生み出し肖像権も侵害しているような取締りには協力できない】という旨の主張を内容証明で送れば、警察はややこしい相手だと判断してそれ以上通知も来なくなる』というのもあります。

 

本当でしょうか?

もちろん僕がこの世の違反をすべて把握しているわけではありませんので、たまたま何かの間違いで上手くいった人もいるかもしれません。

しかし、現実に僕の所に来ている相談で結構多いのが「ネットの情報を実行したら逮捕された」など、出所の不確かな情報を選んだことでより厳しい状況なってしまったというものです。

 

インターネットは確かに便利なツールではありますが、大事なことはそこを漂っている情報が良薬なのか、毒劇物なのかを判断する知見なのだと思います。

 

ちなみに、そんな情報で最も取り返しのつかないのが【処分の甘い所に住所を変えた】と思ったら、実はその住所では絶対軽減されない、それどころか元の住所ならほとんど何もしなくても助かるのに墓穴を掘ってしまった事例です。

 

行政書士内村特殊法務事務所
代表行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384

投稿者: 内村特殊法務事務所

2017.04.25更新

御依頼者様の声、更新しました。

今回はスピード違反での免許取消、小さい違反と大きなスピード違反の組み合わせは非常に多いパターンですので助かった例も沢山ありますが、事例が多いだけに間違った情報も大量に出回っています。

 

そんなネット情報を信じて間違った行動をしてしまった案件です。

↓にリンクを貼ってます。

御依頼者様の声一覧

 

 

行政書士内村特殊法務事務所
代表行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384

投稿者: 内村特殊法務事務所

2017.04.24更新

足の負傷から手術、そして入院生活なんかをブログで綴っていたところ、思わぬ余波といいますか・・・

 

まともに歩けるようになってからは僕も意見の聴取同行などいつも通りの業務に当たっていました。

そして某警察本部と免許センターで「お、先生もう足大丈夫なの?」「足、もういいのか?」など、声をかけてもらいました。

聞けばブログも見てくれていたそうで(笑)

 

しかもこの2カ所、最初の頃に机を蹴っ飛ばしたり聴聞室で暴言吐いたり、トンパチな騒ぎを起こしたところです(;´・ω・)

その時には意見の行き違いということもあったものの、それはお互いに真剣だったかそういう反応が起こってしまったこともちゃんと伝わっていました。

 

もちろんだからといって馴れ合いになるものではありませんが、何一つ後ろ暗いところ無く真剣に取り組んできたから『やりやすい関係』が生まれているんだと思います。

 

行政書士内村特殊法務事務所
代表行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384

投稿者: 内村特殊法務事務所

2017.04.22更新

去年の年末ごろ御依頼を頂いた

ひき逃げでの御依頼者様からの結果報告が来ました。

 

運転歴としては過去に何度も事故を押していますし免許停止も何回も受けています。

そして今回の事故に関しても現場を離れてから約一か月後に逮捕と、世間一般でいえば悪質運転者という評価も免れません。

 

ただ、それでもまだ重要なポイントが残っていることも少なくありません。

そして今回の状況としては罰金や懲役など刑事処分が重くなったとしても何としても免許証だけは守りたいという御依頼でしたので、

多少通常とは違うアプローチをかけることができました。


結果は
罰金は相場よりは低めとはいえ30万円で確定したものの、最も重要な免許証への処分に関しては41点が6点に変更、そして免許停止ではなく前歴にならない違反者講習を一日受講することで前歴にもならずに完了。
事細かに手順を書きたいんですが、いろいろ企業秘密的な技ばかりでしたのであまり細かく描けないのが惜しいところです。

 

※違反者講習⇒過去3年以内に違反者講習や行政処分を受けた事の無い人が軽微な違反で累積点数が6点になった場合に受けることが出来る講習で座学+運転指導か社会奉仕活動を選択でき、これを受けると点数も消えますし免許停止の前歴は付きません。

 

 

行政書士内村特殊法務事務所
代表行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384

投稿者: 内村特殊法務事務所

2017.04.15更新

先日の意見の聴取に同行した際、

僕らの前に席に座っている人も同業者っぽい感じでした。

バッジを付けていたのは分かったものの後ろからなので職種までは分かりませんでしたが、

手には『上申書』というタイトルの書面をもって依頼者様と話されていたので、補佐人として聴取に同席するのでしょう。

 

前の席なのでその上申書の内容も目に入ってしまうんですが、

正直なところ酷いと言わざるを得ない内容でした。

上申書の文面もそうですがそれ以外のアドバイスに関しても

少なくとも僕の感覚としては『やってはいけない事』ばかりです。

 

もちろんその先生が「これこそ完璧」と主張するのであれば

本人としては正しいのでしょう。

 

しかしそこにあるのはネットなどで出回っている間違った情報をそのまま使っているものでした。

 

何度も意見の聴取や聴聞会に出席していると

こういう『根本的に間違ったやり方』に遭遇することも少なくありません。

しかし、聴取会場は主に都道府県警察本部や免許センターですので、その中での営業活動は禁止ですから

直接声をかけることはできませんし、そもそもその二人の関係が単なる依頼者なのか会社などでの顧問なのか

あるいは友人なのか、いろんな事情もあるわけです。

 

また依頼者様としても値段だったり近かったりいろんな要素から検討して選んでいるんでしょうから

その選択に対してまで僕がケチを付けるような事は出来ません。

 

ただ、そういう人はかなりの割合で『正しく進めれば軽減される』というのが残念なのです。

 

行政書士内村特殊法務事務所
代表行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384

 

 

投稿者: 内村特殊法務事務所

2017.04.12更新

今回の御依頼は

1:本来は何もしなくても軽減される可能性があった

2:しかしちょっとした行動で軽減の対象外になってしまう危険性が生まれた

3:出頭通知の段階ではどっちに転ぶか不明

4:ちなみにその『行動』は、都道府県によっては一発アウトで取消理由になる

 

こういうのは解釈論の問題もありますし

免許証の住所地によっても違います。

 

こんな時にどうするかといえば

何通りかの解釈があるものを御依頼者様のプラスになるように使っていき、

押しと引き、受けと往なし(いなし)、理論と感情などのスキルを駆使して

『どうとでも取れる状況を御依頼者様の利益になるように動かしていく』ということです。

 

白か黒かなら単純なんですが

世の中って結局グレーゾーンが一番広いと思います。

 

もちろん今回もその部分を御依頼者様の利益にすることに成功して

良い感じに180日の免許停止で完了しました。

 

行政書士内村特殊法務事務所
代表行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384

投稿者: 内村特殊法務事務所

2017.04.03更新

春の交通安全週間が始まりましたね。

この時期は取締りに対して不満を述べる相談がよく来ます。

 

もちろん取締りに対して争う権利は誰にもありますのでどんな主張も自由です。

 

ただ勝てるかどうかは別問題です。

そして取締りに対して争いたい人の最も多い理由である

『違反もしているし取締りにも特におかしいところは無いけれど免許停止になったり点数が付くのが嫌だからひたすらゴネてウヤムヤにしたい』という理由は通じません。

 

また感情的に警察が嫌いという人もいますが

そういう人の大部分に共通しているのが『相手の話を聞いていない』ということです。

簡単に言うと『相手が話し終わらないうちに自分の主張をしている』ので、結局聞かれたことに答えていないということです。

聞き終わってから話し始める。

 

たったこれだけで会話としての完成度は飛躍的に高まります。

 

「そんなの当たり前だろ?」と思われるかもしれませんが、これができている人は僕の実感では世の中の3割くらいです。

 

行政書士内村特殊法務事務所
代表行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384

投稿者: 内村特殊法務事務所

前へ

まずは無料の電話相談

03-5285-1840または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-5285-1840
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384