メールで無料相談  gseiki_shotgun@ybb.ne.jp クリックでメールソフトが立ち上がります
header_img02.png
公式ブログ 毎日更新

2017.02.28更新

『テラフォーマーズ』という漫画があります。
最近実写映画にもなったりしましたね。

少し前にはアニメにゲームにと・・・ファンを絶望の淵に叩き落してくれました(;´・ω・)

僕はこの漫画をミラクルジャンプで初めて読んだとき、「これは間違いなく一時代を築くな」と名作の誕生に歓喜に打ち震えました。
近年ではこの感覚を感じたのは・・・『からかい上手の高木さん』です。

そして後は御存知の通り文字通りのTFバブルは粗製乱造からの問題作を大量生産して壮絶に自爆してしまったということですが、
原作もかなり前からちょっとどうかなという流れになってしまっています。

僕としては
1:主人公側の一方的なパワーインフレ
人間側の方が圧倒的に強くなり、新技術も開発され、
MO手術も成功が当然、複数能力持ちも後付けでいくらでも可能、組み合わせも自由ともなれば、
それまでの能力の制約という魅力や多種生物の能力を人間の脳で使う戦闘方法が浅くなってしまった=能力と個性の結びつきが薄くなってしまった。
ゴキブリ側は軽い能力持ちや、マッチョ程度で個体の性能も印象としては下がっているので結局は人間同士の争いの中に割り込んでくるクリボーくらいの存在感しかない。

2:緊張感の欠如
初期の【ページめくったら死んでた】『重要キャラと思わせて惨殺』といった1ページ先も予想がつかない緊張感と疾走感が完全になくなっているのと、
キャラごとの行動に整合性も論理性も見えなくなってしまった。

3:思い入れキャラの使い捨て&ポッと出の重用
アネックス2号計画の時点で国家プロジェクトで集めた人員よりも
民間企業の方が能力も技術レベルも高いってどうなの?
さらに言えば思い入れが強くて個性的だったメンバーが『しょせん前座』みたいな扱いされたなら、
美味しいところだけ持って行く連中に対しての好感度はさほど上がりません。

でもまぁ僕自身でいえばメインテーマが地球VS火星から単なる内輪もめになったのが・・・
これが最初から予定されていたのか、何らかの大人の事情が働いたのかは分かりませんが、
スピード感をそのままで10巻前後で完結させていれば名作だったと思います。

投稿者: 内村特殊法務事務所

2017.02.27更新

関西出張の時にはだいたい
ミックスジュースを飲みます。

そもそも関東の喫茶店って
喫茶店というよりも『カフェ』といった方が良いような
なんだかオサレ感の漂う空間なんですが、関西の喫茶店はなんとなく
地域密着というか・・・なんかいい雰囲気を醸し出してるところが多いような気がします。

もちろん関東にもこういう
『分厚いホットケーキを出しそうな雰囲気』の喫茶店は沢山あるんですが、
そこでミックジュースがあるのかというとまた話は別です。

もしかしたらあるのかもしれません
店は沢山あるでしょうからきっとあるでしょう。

でも僕はやっぱり
原産地感もセットにして関西出張の楽しみにしているのです。

このちょっと粘度が高くて
フルーツの繊維も残ってる感じがまたいいんですよ(*´▽`*)♪

東京のミックスジュースは口当たりが軽いというか
食感がクリアーなのが多いような気がします。

それはそれで美味しいんですが
この手作り感のような、家庭の味っぽさが特に美味しく感じるのは
僕自身に家族という概念があまりないからなのかもしれません。

投稿者: 内村特殊法務事務所

2017.02.25更新

牛乳有害説というのも 忘れた頃にやって来ると言いますか、
定期的に盛り上がるような気がします。

とりあえず牛乳乳製品健康科学会議から有害説の権威に送った質問状&回答書の顛末で結論ははっきりしていますが、
まぁ悪意を持った編集をしようとすればなんとでもなるというのと
体に合わない一部の人が否定ありきで論を展開しているように見えますね。

実際のやり取りはかなりページ数も多いですが
有害説側が論拠として挙げている論文が、オリジナルでは有害説と正反対のことを言ってたり、
一部の例示のみを引用して全く違う意味として紹介していたりするので、
僕自身は科学的な知識は乏しいものの【どっちの主張をしている人を信じるか】という論点になると、
やはり有害説側の『人間』を信じられないというのが実感です。

それと同じように法律だとか免許取消などの行政処分というのも
普通に生活していたら縁のないものですので
なかなか正しい知識というのを仕入れる機会というのは皆無に等しいわけですから
僕自身も信頼される『人』でないといけないなと実感するのです。

投稿者: 内村特殊法務事務所

2017.02.22更新

どこだかの調査では
起業から5年以内に80%以上の会社や事務所はなくなってしまうそうで・・・
10年以上というスパンで考えると実に90%以上なのだとか・・・

僕らのような士業も資格専門学校では
「一国一城の主に!」とか「自由な仕事で独立!」のようなコピーが並びますが
さて現実に目を移すと・・・結構同級生でも廃業している人の話は聞きますし
連絡がつかなくなった人も少なくありません。

でも失敗する人の傾向と言いますか
ほとんどの人が自分で失敗に突き進んでいるように感じます。

とはいえ、外から見て一番感じるのは【向いてないという自覚が無い】ことですので
きっと自分では気づいてないんだろうなと思います。

僕自身
お店の開業許可等の業務に当たっては最初のスタートに関して
経営面のアドバイスをしたりすることもありますが、
そんなに難しいことではありません。

1:嘘をつかないこと
これはお客様に対してももちろんですし、周りに対しても、そして自分自身に対してもです。
お客様に対しては誠実さという意味ですし
周囲の友人などに見栄を張っていては苦しい時に助けてくれるはずが
そもそも気付かれないということになってしまいます。
そして自分自身に嘘をつかないというのは、安易にできると思わないということです。

2:『ちゃんと』やること
営業時間に連絡がつかないとか
約束の時間に行くとか
当たり前のことなんですけど、この当たり前ができる人って実は少ないんですよ。

3:『聞く』こと
【会話】ができる人って実は全体の3割くらいしかしません。
ここでいう会話というのは『聞く』と【話す】が関連付いているということです。
もっと単純に言えば質問に答えているかということです。
話したい内容ばかり話しているということは、相手にとって聞きたい内容ではない事がほとんどです。
そうなるとお互いが見当違いの方向に言葉を放り投げているだけで、そこからはなにも生まれません。

一流と言われる資格を持っている人でも
会話ができない人は結構多いです。

とりあえず3つの傾向を挙げましたが
ほとんどの人は『大したことじゃない』と感じると思います。

その大したことができていない人が
世の中の大多数を占めているということなのです。

投稿者: 内村特殊法務事務所

2017.02.20更新

僕の事務所の調査部門は
きちんと探偵業の届出をして調査会社として活動しています。

そのため毎年こういった実態調査表というのを管轄の警察署(僕の場合は新宿警察署)に提出しなければなりません。

これは実際の業務に当たって
胡散臭い情報屋を使っていたり、業務を丸投げしたりしていないか、
違法な事をしていないか、顧客とのトラブルはないか、あるならその内容や頻度など
沢山の項目に回答していくものです。

そして
毎年春ごろには立ち入り調査が入るので
その時の資料にもなるということです。

おかげさまで
僕の事務所も調査会社もこれまでトラブルや警察からの指導などは皆無です。

現実的には綱渡りのような場面も何度もありましたが
御依頼者様の為なら一生懸命渡り切るのですよ(/・ω・)/

投稿者: 内村特殊法務事務所

2017.02.19更新

僕はレザーものが好きです。
というかほとんどの服が革ジャンや革パンだったりします。

理由としては
一つ一つは結構な値段がするのですが
自分の体形に合わせた場合、実は布製よりも結果的にコスパが高かったりするのですよ。

その理由の一つに長持ちするというのがあります。

僕はお気に入りの服は年中着たい人ですので
布の服だとすぐに毛羽立ってしまいます。
また紫外線などで色褪せてしまうと、それは【劣化】の烙印を押されてしまいます。

ただ一つ言いたいのは
僕自身はそれも一緒に過ごした時間だけが刻む味わいだと思うのです。

しかし世間はそうは見てくれません。
特に服というのは外の世界に対する接点ですので
『他人からどう見られるか?』あるいな『どう見られたいか?』というのも服選びの基準でもあるはずです。

そうなるとどうしても布の場合毛羽立ちやほつれがマイナスの印象にしかなりません。

しかし革製品ならそれは『経年変化』という勲章にさえなってしまいます。

たとえば僕のお気に入りのベルト

左は新品、右は7年くらい3日に2日くらいのペースで使用したもので、
もう体のラインに沿った曲線を描いています。

もちろん定期的なメンテナンスはしていますが、

ベルト本体も金属部分も
かなり『味わい』を発揮してますね(笑)

ちなみにこのベルト
とんでもなく頑丈で、7年以上が経過した現在も縦方向には全く曲がりませんsmile

革ジャンも同じように古いものもきちんとメンテナンスしてあげれば
時間を味わいに変えてくれます。

また、僕が買うところは販売も製造も一貫しているので
体型が変わったとか破れた時などの補修や改修も布製品より
むしろやりやすいような気がします。

現実的には新素材の方があらゆる面で上です。
通気性も、強度も、重さも、着心地も・・・
革を纏う理由なんていうのは『好きだから』『カッコいいから』それ以外には無いと思います。

でも好きを最上級に置きたいからこそ
僕は正装としてレザーを纏うのです。

投稿者: 内村特殊法務事務所

2017.02.18更新

CMも印象的な湖池屋さんの
新、いや真ポテチ

売れ行きも凄まじいらしく
写真の和牛味はネットニュースで最近よく聞く
『生産が追い付かなくて販売一時中止』になってしまっているとか・・・

実際自宅近くのコンビニでは棚は完全に空っぽになっていました・・・

ただ事務所の前にあるローソンや
その他歌舞伎町内のコンビニではまだフル在庫状態でしたので
どうも遊びに来ている場所である歌舞伎町ではネットニュースに関しては拡散も遅いのではないかと思います(笑)

ちなみに
全味もう食べましたが
素材感も調味料の感じも、全体的に1レベル上がっているような、そんな印象で
かなり美味しかったので、期間限定とかではなく定番になってほしいところですね。

投稿者: 内村特殊法務事務所

2017.02.17更新

最近、というか昔からあるようですが『PTA不要論』というのがあります。

望まない役員を押し付けられたり
結局は井戸端会議のレベルだったりというのがその根拠のようですが
その一方では子供のために有意義な行動、例えばいじめ対策や問題教師への対抗措置など
生徒や児童と学校の間にいる立場だからこそ柔軟に動けるというメリットもあります。

僕はマスコミなどが煽る論争というのは
いつも極論と極論が平行線で言い争っているように感じます。

しかもちゃんとしている、あるいは自分はちゃんとしているとする立場の人達が
極端な例を挙げてもう片方のちゃんとしている人を攻撃するので
攻撃も防御も何ら噛み合ってなかったりします。

これは戦争に例えるならお互いが敵のいない方向にミサイルを撃ち続けているようなものですし、
性行為に例えるなら相手が横にいるのにそれを無視してオナニーしている状態です。

僕の事務所でも業務としていじめ解決を扱う中で
PTAの方々が協力してくれることもあります。

個人的には今現在有るシステムで使い方によってメリットがあるのなら
存在することの是非を問うよりも先に有用な使い方を模索する方がお子様の為だと思うのです。

投稿者: 内村特殊法務事務所

2017.02.13更新

うちのニャンコ達の予防接種に行ってきました。

犬の狂犬病予防というのは法律上の義務ですが
猫の場合には特に予防接種のような義務付けられているものはありません。

とはいえ大切な家族ですので
毎年一回定期的にワクチン注射をしに行くのです。
まぁちょうどいい機会の健康診断にもなりますしね。

うちの猫たちももう14歳、
普段も走り回るようなことも少なくなってきましたが、
大病を患うこともなく健康でいてくれるのはありがたい限りです。




投稿者: 内村特殊法務事務所

2017.02.10更新

僕が楽しみにしている日は
大抵雨です。

昨日は東京だけでなく全国的に雨や雪のようでしたが、
おそらく僕の事務所用の車が納車だからでしょう。

仕事で使うためとはいえ新しい車やバイクは気持ちも上がりますね。

僕は17歳でバイクに乗り始めてから、すでに25年、
自転車を自分で買うようになってからは30年以上の間に沢山の車、バイク、自転車を購入しています。

しかし
その納車日、
正確に言えば『もともと決まっている最初の納車日』は今まですべて雨です。

降水確率100%です。

30年以上雨が続いているのですcrying

昨日なにか大事な用事のあった皆さま
誠に申し訳ありませんでした(笑)

投稿者: 内村特殊法務事務所

前へ

まずは無料の電話相談

03-5285-1840または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-5285-1840
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384