メールで無料相談  gseiki_shotgun@ybb.ne.jp クリックでメールソフトが立ち上がります
header_img02.png
公式ブログ 毎日更新

2017.06.20更新

先日受けたひき逃げ事故の御依頼で、無事ひき逃げから単なる人身事故に取扱いが変更されたという連絡が来ました。

 

これで点数は本来40点だったのが5点に変わりましたので、前歴も累積点数も無い状態からでは特に何の処分にもならない事が確定したということです。

 

こういうのは理想的な終わり方なんですが、スタートの段階から違反としての取り扱い自体を変えさせる方法ですので最初から単なる人身事故という扱いになり、処分が軽減されたというのとは少し違ってしまうのです。

 

つまりこの場合の成功事例では証明書的なものが存在しないのです・・・ひき逃げからの処分軽減だと実はこの形式が一番多いので、運転記録証明か何かに載せて欲しいものですが、それだと会社などに提出する時一旦はひき逃げの容疑がかかっていたことまで分かってしまいますので、やっぱり御依頼者様の事を考えればこういう履歴は残らないに越したことはないですね(笑)

 

行政書士内村特殊法務事務所
代表行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384

投稿者: 内村特殊法務事務所

2017.06.05更新

今回の御依頼は死亡事故+ひき逃げ事件です。

これまた文字で見れば凄いことになっていますね。

ちなみに被害者側にも落ち度のある事故ですので死亡事故の点数は15点なんですが、ひき逃げの35点が入ってしまうと合計50点ですので、仮に免許停止などの前歴が無かったとしても6年間の免許取消に該当してしまいます。

 

そして今回の御依頼者様は仕事で運転しますので、免許取消は死活問題とはいえ、時々取締りは受けていますのでゴールド免許を持っているとか何十年も無事故無違反というようなアピールポイントはありません・・・

 

ただ今回幸いに比較的早い段階で御相談を頂いていましたのでいくつかの方法を選択することができました。

 

さて免許取消処分の回避を狙う場合、オーソドックスな手法としては最後の場面である意見の聴取で軽減措置を狙うというのが一般的です。

しかし欠格期間の軽減というのは基本的には1段階ですので今回のように最初から長期間の欠格期間が予定されている場合、6年の欠格期間が5年になってもあまり意味はありません。

もちろん無免許運転の2年~4年の欠格期間を180日の免許停止に軽減することもよくありますが、それはまた別の手段で今回は使えませんし、仮に6年の免許取消から180日の免許停止まで意見の聴取だけで軽減する場合、実に6段階の軽減措置を狙わなければならないということになります。

それでは今回どうしたかというと、まず『死亡ひき逃げ』という違反内容から『ひき逃げ』の部分をカットします。

これによって違反全体の点数を50点から15点に小さくして、元々の予定されている処分を6年取消から1年取消と、スタートライン自体を変えてしまいます。

「そんなことができるのか?」と言われますが、もちろん必ずできるわけではありませんがそれで失敗してももう一度意見の聴取で6段階軽減狙えますので、チャンスが一回増えるというイメージです。

もちろん具体的なやり方は企業秘密ですが、例えば都道府県のうちひき逃げでは絶対に軽減措置の無い住所地だったりした場合、初めにこの作業をしておかないと軽減率は0%のままということになります。

 

今回は上手くいきましたので意見の聴取では死亡事故の15点のみで出頭通知、僕も補佐人として同席しましたが聴聞官とも良い関係は構築しているので特に揉めたり意見の相違が生まれることも無く180日の免許停止に軽減成功。

 

残念なのは最初の時点でひき逃げを外したから処分書には救護義務違反(ひき逃げ)の表記が無いってことですね(;´・ω・)

ひき逃げ死亡事故

 

行政書士内村特殊法務事務所
代表行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384

 

投稿者: 内村特殊法務事務所

2017.06.03更新

今回の事例は
免許停止の前歴が1回ある状態での50キロ以上の速度超過です。

まぁよくある状況といえばよくある状況なんですが、この御依頼者様の場合免許停止明けから最後の速度超過の間にもう一つ通行禁止での2点を挟んでしまっています。

世間的に見れば何の反省もしていないと言われても返す言葉もありませんね・・・

そしてスピード違反の理由に関しても特に緊急事態などの理由があったわけではありません。

しかし、企業秘密ですのであまり詳細は書けませんが、
こういう時だからこそ使える手段というのがあるのもまた事実です。

ちなみに同じような状況での処分対象者は程度の違いこそあれほぼ全員が間違った行動をしてその結果取消処分になっていました。

結果は良い感じに180日の免許停止に軽減成功。
やるべきことがきちんとできたのが勝因だったと思います。

前歴1+s②+⑫

 

行政書士内村特殊法務事務所
代表行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384

投稿者: 内村特殊法務事務所

まずは無料の電話相談

03-5285-1840または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-5285-1840
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384