メールで無料相談  gseiki_shotgun@ybb.ne.jp クリックでメールソフトが立ち上がります
header_img02.png
公式ブログ 毎日更新

2017.07.21更新

人殺しした奴もいれば

人命救助した選手もいる格闘技業界ですが、

身近なところでも格闘技を良い方向に活かした男がいました。

 

同じ道場の高校生ですが、SNSに彼女の写真を載せたところ調子に乗った知人から「紹介しろよ(笑)」などと言われ、断ったら数人がかりで殴られたとか・・・

おそらくそこに至るまでには多少のやり取りはあったと思いますが、手出しはしなかったというのは立派なことだと思います。

 

ちなみにこの子はその辺のプロとでもちゃんとスパーリングが成立するほどの腕前ですので、同級生くらいなら3人くらいいてもどうということは無いと思います。

でも一切手は出しませんでした。

 

もちろん大怪我をするようなレベルにまで行きそうなら対処はするでしょうけど、軽傷で収まっているうちはじっと耐え抜いたそうです。

 

凄いことだと思いますよ、仮に手を出せば相手も複数ですし手加減できる余裕はないと思います。

その結果相手が大怪我をしたら、未成年なら親御さんにも迷惑がかかりますし、そんな技術を身に付けた道場も批判される可能性もあります。

 

耐え忍ぶことで男の強さを通し切ったのですから、なんら悔しがる必要もないと思います。

そして数人がかりの暴行を受けても軽傷で済ませられる体の強さを見つけていたこともやっぱり真面目に練習して体を作ってきたからです。

 

さて・・・高校生くらいの自分で考えたら・・・相手が複数ならむしろ先に手も足も出しまくっていたかもしれない僕に比べれば、ずっと大人ですよ(笑)

 

行政書士内村特殊法務事務所
代表行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384

投稿者: 内村特殊法務事務所

2017.07.17更新

連休中も東奔西走の僕ですが

都内の気温は午後6時半でも道路上に関しては40度ですよ・・・

IMG0371.JPG

ちなみに渋滞中は42度まで上がってました・・・

 

行政書士内村特殊法務事務所
代表行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384

投稿者: 内村特殊法務事務所

2017.07.16更新

男の妄想を鋭く抉る小悪魔っぷりに僕もKOされたクチです(笑)

499414230_101.jpg

個人的に今面白い漫画のトップ5には入ってますね。

最近の人気漫画⇒アニメ化の流れからいえば遠からずこうなることは分かっていました。
ただ問題はクオリティです・・・
さすがにテラフォーマーズ事件のようにはならないと思いますが、最終的に実写化でゴリ押し女優の好感度上げに利用されるようなことだけはしないで頂きたい・・・

 

行政書士内村特殊法務事務所
代表行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384

 

投稿者: 内村特殊法務事務所

2017.07.15更新

今回の目的地は銀座の老舗テーラーです。

0362.JPG

まぁ僕には似つかわしくないと言われると思いますが、僕は仕事でも使うシャツはここで買う事が多いです。

0363.JPG

生地から選びますので、迷います・・・

正確にはオーダーで作るわけなんですが、僕の体型はかなり特徴的なので通常のシャツだとまず合いません。

また仕事で着るものですので、安いものでヨレヨレになってしまっては警察本部に行く時にも失礼に当たりますし、御依頼者様の人生を預かる側面もあるのですから戦闘服には手抜きはできないのです。

そして僕は気に入った服ばかりをしょっちゅう着ますし、仕事でもプライベートでもそんなに服装は変わらないので、種類は多くなくても良いのです。

ちなみにオーダーの服というと物凄い値段のように感じるかもしれませんが、一般的なブランドのシャツよりもむしろ安いくらいですし、最初から僕の体型で出来ていますので着やすいし動きやすいです。

また、デザイナーや縫製をする人達も遊び心に理解もありますので、上腕の筋肉を強調するように通常よりやや短めの袖丈など、いろんな提案をしてくれます。

 

場所が銀座にあるというだけでお客様の喜ぶ商品を提供するっていう仕事人の意識は同じですし、良い場所にあるお店だからこそ買い物そのものを良い気持ちで楽しめるっていうこともあると思います。

 

最初の敷居は少し高いかも知れませんが、そこを一歩踏み込めば、物を買う、手に入れるという行為そのものをも楽しめるはずです。

 

行政書士内村特殊法務事務所
代表行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384

 

投稿者: 内村特殊法務事務所

2017.07.14更新

足の診断終了、
指の動きの回復は受傷時の状況のひどさからいえば極めて良好とはいえ、可動範囲などについては医学的にはこれ以上良くなる可能性は低いかもだとか・・・


でもまぁ
営業は断られてからが始まり、格闘技は負けてからが始まり、って考えれば医学的に上限=常人の限界なら、ようやく俺的上限=超人の領域に挑めるわけですから、むしろそのお言葉が待ち遠しかったくらいです。

 

限界とか、もう駄目とか、ここまでとか、そういうことを言われるほどに突破欲がでるってなもんです(∩´∀`)∩

 

行政書士内村特殊法務事務所
代表行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384

投稿者: 内村特殊法務事務所

2017.07.12更新

格闘技の道場では所属プロはカギを持っている場合もあって、休館日でも有志を募って練習することはよくあります。

今回も8月に試合を控えたテツ選手が自主練をしていました。

僕も時間が空いてたので参加したんですが、階級差もあるのであまり激しいスパーリングではなく細かい技術面を指導しました。

9fc06619e9c434.jpg

インストラクター経験者はよく『プロ選手の方が教えやすい』ということを言います。

これは上級者の方が基本的な事は分かっているので上積みの技術はすんなり入っていくことも多く、ほとんどの技は基本のバリエーションでしかないということでもあるんですよ。

 

写真右側の松本さんも上級者ですので基本の動きや体捌きなどは十分できているので、細かい部分の修正程度で十分なのです。

 

2人とも大事な試合を控えていますが、きっと良い結果を出してくれると思います。

 

・・・でもこれって『伝える』という意味でいえばほとんどのことは同じようなもので、法律を扱う場合ほとんどのお客さんは法律に関しては元々の知識は持ち合わせていない事が多いわけです、それなのに先生などと呼ばれている立場の人間が「これくらい分かるでしょ?」という態度で話す人が多いのは残念ながら結構目に付きます。

 

だから僕の事務所では僕以下スタッフ全員『分かりやすく伝えること』を徹底しているのです。

 

『名選手がかならずしも名指導者とは限らない』という格言もありますが、勝負の世界であることは同じですから『やるプロ』だけではなく『伝えるプロ』でもあらねばと、気持ちを引き締めた今日この頃でした。

 

行政書士内村特殊法務事務所
代表行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384

 

投稿者: 内村特殊法務事務所

2017.07.08更新

選挙の時期になると必ず選挙特番っていうの放送されますが、たいていコメンテーターが当選者に色々質問をして答えられないと小馬鹿にするような風潮って不快です。

 

そういう場面で必ず言われるのが、回答に困って「これから勉強します」と答えると「これから勉強しますじゃないよ」と評論家から言われてしまいますし、質問者側はどんな内容でも聞けるんですからどんどん細かい部分を突っ込んでいけば最終的には回答に窮しますし、サクサク答えられたとしても答えの出にくい問題をぶつけてその回答に対して「いや、でもこんな場合もありますよね?」のように畳みかければやっぱり最終的には勝ち負けの構図ができてしまいます。

評論家って責任の無い安全なところで上から目線で語りますが、世の中には内側に入らないと分からない事も沢山あります。

候補者の時点では本質や機密に触れることはできなかったが、それを知ればもしかしたら考えも変わる可能性もあると思いますし、その方向が国民のためを向いているなら間違った考えに固執するよりずっといいと思います。

 

もちろん全く何の知識も見識も無いままでなんとなく勝ち馬に乗っかっただけの政治業者なら次の選挙で落とすためだったり政党の襟を正させるためにも厳しい指摘は必要でしょうけど、単に反対意見を出して言い負かしたような構成で溜飲を下げているだけのような気がするのです。

 

僕は選挙の投票には2種類あると思います。

1つは政策に対しての投票、これは単純に候補者のやりたいことと投票者の【目的】の一致です

もう1つは人間性に対しての票、これは『この人の考えを支持する』っていう《方向性》の一致です。

 

もちろん内面なんて分かりませんので、嘘を言ってないだろうという前提ではありますが、基本的な知識を持った上で今後の政策は流動的になるかもしれない、でもそれは航海で天候が変わるようなもので目的地が決まってるなら行き方が変わっても問題ないはずです。

 

プロの仕事は結果によってのみ評価されるべきだと思うのです。

 

行政書士内村特殊法務事務所
代表行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384

投稿者: 内村特殊法務事務所

2017.07.07更新

7月7日といえば?

遠距離恋愛のカップルがようやく会える日ですね。

 

でも

僕の誕生日でもあります。

 

いやまぁ特にどうということもないんですが、

42歳になりました。

 

小学生くらいの頃は40歳過ぎというとものすごいおっさんというか、ちゃんとした大人という感じで見ていましたが、いざ自分がその歳になってみると・・・小学生の頃からあまり精神年齢は進歩してないような気がします(笑)

 

っていうか自分の周りの同世代も似たような感じのような気がします。

 

歳を取るたび思うのは

男ってやつはいつまで経ってもガキなんだなという苦笑です(*´ω`)

 

行政書士内村特殊法務事務所
代表行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384

 

投稿者: 内村特殊法務事務所

2017.07.01更新

本日ご紹介しますのはこちら

Ohova3L.jpg

『とある新人漫画家に本当に起こったコワイ話』です。

こちらは漫画家、佐倉色氏の商業誌デビューで起こった事件を出版社の実名まで挙げて実録漫画にしてしまったものです。

 

主なストーリーとしては、個人で細々と作家活動をしていた佐倉氏に商業誌デビューの話が舞い込みます。

もともと本業もあったものの漫画は好きで描いていた佐倉氏でしたし、その話に乗るのですが・・・

そこからがもう・・・俗にいう担当編集者というのがこれでもかというほどのアレ、

あらゆる業務に漏れなくミスを配分するというトンチキ野郎なのですよ。

打ち合わせの約束は忘れる、担当の方がやると言っておきながら東京に来る際の宿泊予約すらもしていないのは序の口、

少しニュースにもなった読者プレゼントのサイン色紙1600枚を作家の承諾も無く送って来る・・・

ちなみに僕はこの色紙事件については少し聞いたことがあって、当時は「できない仕事はできないっていうのもプロの責任」と思っていたのですが、本当に申し訳ない評価だったと反省したほどで、この事件では当初100枚程度だったものが後から後から追加小ロットの如く増えていき、挙句の果てには手抜きまで進める始末。

それでも佐倉氏はファンの気持ちは同じだからと最初からクオリティを変えないよう一生懸命に描き切ります。

 

作中で佐倉氏は何度も編集者にフォローを入れていますが、おそらく優しい性格からなのだと思いますし、おそらく担当編集には元々は悪意も無ければ害意も敵意も無かったのだと思います。

ただ圧倒的に、どうしようもないほどに、無能、無遠慮、無思慮、無責任とおよそ思いつく限りの仕事上の蔑称を付けたくなるほどなのです。

そして重大な場面では保身のために作家を自分の盾にしようとするような、人間的魅力とは対極にある生物なのです。

 

それでも佐倉氏はファンのため、そして大好きな漫画を好きでいたい気持ちと、1600枚以上の色紙を書く作業、さらにはマンガの重要な内容の流出やトラブルをTwitterなどでつぶやいたことに端を発するネットの風評、いわれのない批判、まとめサイトとのトラブル、更にそのトラブルでも全く助けてくれない件の担当編集・・・・

 

 真面目さと優しさと真剣さが言い訳と能無しと自己保身に押し潰され、責任感が心と体を削っていく様は可愛い絵柄がどんどん狂気を帯びていくようで、文字通り真綿で首を締めるような、それでいて殺意の無い殺人のような恐怖感を覚えます。

「辞めればいいのに」というのは簡単ですが、すでに始まってしまったファンとの関係を切るという選択肢はないのです。

 

ひとまず作品内では解決とまではいかないものの一段落は付いているようですので、最悪の読後感にはならないので安心ですが、

それでも仕事というものを考える際の参考書として肝に銘じる必要のある名著かなと思いました。

 

行政書士内村特殊法務事務所
代表行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384

 

 

投稿者: 内村特殊法務事務所

まずは無料の電話相談

03-5285-1840または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-5285-1840
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384