メールで無料相談  gseiki_shotgun@ybb.ne.jp クリックでメールソフトが立ち上がります
header_img02.png
公式ブログ 毎日更新

2017.01.26更新

僕の事務所もスタッフが増えてきて
交通以外の業務にも進出することも出来るようになってきました。

というわけで
2月中をめどに離婚業務も始めます。

もともと調査部門もありますし、提携している調査会社もありますので
証拠集めから公正証書の作成まで承ります。

また裁判上の争いになった場合にも提携している弁護士事務所で対応できます。

僕もまだまだ勉強しなければならない事が沢山ですcoldsweats01



投稿者: 内村特殊法務事務所

2017.01.14更新

フランスでは勤務時間外に会社からの連絡を受けなくていい権利というのが法制化されるのだとか。

なるほど、
良いことだと思います。
休日なんかは解放されたいでしょうし
日本でも同じような権利が認められれば今よりも働きやすくなるかもしれませんね。

でもみんながみんなこれではダメですよね
テレビではいくつかの会社が取材を受けていましたし、
街行く人も各々の立場からコメントを言ってました。

とはいえ
物事には立場に応じた責任というものがあります。
会社でなく公務員だったとしたら、災害時に市役所の職員に誰も連絡が付かなかったら大変です。
緊急事態に電気会社やガス会社に連絡が付かなくても大変です。

そして
会社で勤務時間外に担当者には一切連絡を付けないようにした場合、
別の会社は「うちはいつでも連絡が取れますよ」というのを売りにするでしょうから
競争の激しい業界や、中小企業では結局お客様から選ばれるためには連絡が付かないといけないという流れが生まれると思います。

さて、
僕の事務所ではどうでしょう?
勤務体系としては今の社会の流れでいえばブラック事務所という認定を受ける可能性は高いですね(笑)
一応の営業時間は決まっていますが、御依頼者様からの連絡が入れば深夜だろうが早朝だろうが出来る限り対応します。

それが当たり前と考えているからです。

たとえば事故の相手方と急遽会うこともあるかもしれません。
別件で警察署から呼ばれるかもしれません。
なにかの手違いや連絡漏れがあるかもしれません。
新しい手が考えつくかもしれません。
「かも」を言い出せばキリがありませんが、キリがないからこそできる対応は全部やるのが良いと思っているからです。

もちろんこれは僕がそう考えているということですので
他のスタッフに関して強制はありません。
しかし全員が率先して動いてくれます。

理由は『自分だったらこうしてほしい』というのが現実にあればいいのにな・・・を実現するのが僕にとっての【仕事】で、
スタッフ一同その考え方だけは共有しているからです。

投稿者: 内村特殊法務事務所

2017.01.06更新

本日(日付でいえば明日から)のブログはこちらになりますが、
今までのブログも残してありますので引き続きお楽しみいただければと思います。

『内村特殊法務事務所、ただいま営業中♪』
http://blog.goo.ne.jp/seiki-v8



投稿者: 内村特殊法務事務所

まずは無料の電話相談

03-5285-1840または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-5285-1840
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384