メールで無料相談  gseiki_shotgun@ybb.ne.jp クリックでメールソフトが立ち上がります
header_img02.png
公式ブログ 毎日更新

2017.07.18更新

僕の事務所の福利厚生は

1:勤務中はプロテイン飲み放題

2:勤務中はお菓子食べ放題

3:筋トレ&格闘技の練習時間は休憩時間とは別計上

4:試合出場は前後で休日取得可+出勤扱い

 

・・・特定の層にしかありがたみの無い特典かもしれませんが、勤務時間は長いし公式な休日も少ないし緊張も強いられるし仕事量も多くて大変だろうと思うのでこのくらいの特典はあっていいかなと思うのです。

 

そんな事務所の冷凍庫です。

MG0376.JPG

スタッフからのリクエストと僕の好みが合致したので、今回のターンはパピコのホワイトサワーを大人買いです(=゚ω゚)ノ

 

行政書士内村特殊法務事務所
代表行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384

 

投稿者: 内村特殊法務事務所

2017.07.12更新

格闘技の道場では所属プロはカギを持っている場合もあって、休館日でも有志を募って練習することはよくあります。

今回も8月に試合を控えたテツ選手が自主練をしていました。

僕も時間が空いてたので参加したんですが、階級差もあるのであまり激しいスパーリングではなく細かい技術面を指導しました。

9fc06619e9c434.jpg

インストラクター経験者はよく『プロ選手の方が教えやすい』ということを言います。

これは上級者の方が基本的な事は分かっているので上積みの技術はすんなり入っていくことも多く、ほとんどの技は基本のバリエーションでしかないということでもあるんですよ。

 

写真右側の松本さんも上級者ですので基本の動きや体捌きなどは十分できているので、細かい部分の修正程度で十分なのです。

 

2人とも大事な試合を控えていますが、きっと良い結果を出してくれると思います。

 

・・・でもこれって『伝える』という意味でいえばほとんどのことは同じようなもので、法律を扱う場合ほとんどのお客さんは法律に関しては元々の知識は持ち合わせていない事が多いわけです、それなのに先生などと呼ばれている立場の人間が「これくらい分かるでしょ?」という態度で話す人が多いのは残念ながら結構目に付きます。

 

だから僕の事務所では僕以下スタッフ全員『分かりやすく伝えること』を徹底しているのです。

 

『名選手がかならずしも名指導者とは限らない』という格言もありますが、勝負の世界であることは同じですから『やるプロ』だけではなく『伝えるプロ』でもあらねばと、気持ちを引き締めた今日この頃でした。

 

行政書士内村特殊法務事務所
代表行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384

 

投稿者: 内村特殊法務事務所

まずは無料の電話相談

03-5285-1840または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-5285-1840
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384