メールで無料相談  gseiki_shotgun@ybb.ne.jp クリックでメールソフトが立ち上がります
header_img02.png
公式ブログ 毎日更新

2017.05.20更新

ある程度の動きはできるようになったので、ボクシングの練習から復活です。

ボクシング

とはいえ、やはり意識と動きにかなりズレがあるというか、イメージしている場所への移動が終わってない感じですね。

 

まだ足首と足の指が動かないので裸足で運動はできませんが、確実に良くなってるのは確信してます(笑)

 

行政書士内村特殊法務事務所
代表行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384

 

投稿者: 内村特殊法務事務所

2017.05.16更新

友人の元プロ格闘家のパーソナルトレーナーは、よく高校生の部活にも筋トレ指導に行くそうで、時代も変わったというか、僕らの時代は練習中に水を飲んではいけないと言われた最後の方の世代で『気合い入れ』という名目でのシゴキというか暴行傷害も日常茶飯事、うさぎ跳びで壊れる膝なんて役に立たないとか弱い箇所があれば毎日同じ部位を限界まで追い込む筋トレとか・・・まぁ時間と労力をかけて必死に無駄を積み上げてたわけですね(笑)

 

さて先日とあるスポーツ番組を見ていると、ゆとり世代で個性を尊重するようになったからこそいい選手が増えてきたというような事を話していましたが、僕は違うと思います。

もっと単純な理由で授業時間が減った分練習時間が増やせる、あるいは休息時間が増やせるというのが実際だと思います。

 

そういう意味では今のスポーツ選手のレベルというのは凄い勢いで上がってます。

もちろん同じ競技であれば時代が新しいほどレベルも上がるものですが、その曲線が年々急角度になっていると思うのです。

これはやはり練習方法とか、運動理論なんかの発展でしょうね。

 

古い考え方の元スポーツ選手なんかはそういった今の選手たちを見て『楽に強く、上手くなれる方法論を先人が作ってくれたんだからいいよな』などと言う人もいますが、実際に現代の学生の方が良いかといえばさにあらず、僕の考えとしてはそういうことはトップクラスはみんなやってるんだから、全体的にハイレベルになっていくということは才能だけでは勝てなくなっているという意味で、勝つことの難しさはむしろ上がってるんではないかと思うのです。

 

体育会系の人、あるいは体育会系にかぶれている人はよく「俺たちの時代はこんなもんじゃなかった」と言いますが、方向性が違ったり苦しさの中身が違うだけで本質的には何も変わってないと思います。

 

行政書士内村特殊法務事務所
代表行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384

投稿者: 内村特殊法務事務所

2017.05.09更新

男子3日会わざれば、というのは日本での言い方で元々は三国志の故事なんだそうですね。

 

さて、退院して久々に退院の報告も兼ねて道場に顔出しました。

普通の人にとっては非日常の空間なんですが、僕にとってはむしろ落ち着きます。

 

深夜とはいえいつも通りの練習が繰り返される中、いつものメンバーだなと思いつつも入院前と比べると明らかに動きが良くなっていて、特にデビュー2戦のプロ選手も以前は攻める時には攻めるだけ、受ける時には受けるだけだったのが良い感じに攻と防が回転している感じでした。

 

毎日一緒に練習しているとなかなか変化には気付きにくいものですが、しばらく離れているとより成長を実感するのは自分が弱くなっていることの体感にも重なるのかもしれませんね(笑)

 

まぁまだまだサクッとやられるようなことはありませんが(*´▽`*)♪

 

練習復帰が楽しみです。

 

行政書士内村特殊法務事務所
代表行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384

投稿者: 内村特殊法務事務所

2017.05.05更新

退院後の回復具合を少し。

足首の動きは多少可動範囲が広がっては来ているものの、やはり実用に耐えうるレベルになるにはまだまだという感じで、指も含めて反らす方向には自分の意思ではほとんど動かない感じです。

 

とはいえ、それが不便かと聞かれるとそれほどでもなく、歩く時には無意識に力の入れ具合や膝の上げ具合などで微調整しているようで、退院当初感じていた違和感というか不具合というのはほとんどありません。

 

怪我をしていると、そこをかばって不自然な動きをしてしまうので他の部分にも負担がかかってしまうというのはよく言われますが、その一方で人間の体は『それでも違和感なく動くように調整』している面もあるんだなと実感します。

 

ただ、両足が万全という前提で考えられているトレーニングのフォームなんかはまだ違和感あるので高重量はできませんが、こっちも遠からず問題なく出来るようになる気がします。

 

退院から約一カ月、ようやく『日常』が戻ってきた感じです。

 

行政書士内村特殊法務事務所
代表行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384

投稿者: 内村特殊法務事務所

まずは無料の電話相談

03-5285-1840または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-5285-1840
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384