メールで無料相談  gseiki_shotgun@ybb.ne.jp クリックでメールソフトが立ち上がります
header_img02.png
公式ブログ 毎日更新

内村世己 年中無休の業務日報

アーカイブ : 11月 2018

2018.11.20更新

今回の御依頼は
軽微な違反の累積からの50キロ以上の速度超過12点で免許取消基準に該当した案件です。

さて、小さい違反と大きな速度超過という組み合わせは軽減される事例の中では最も数が多いので、当然軽減率に関しても細かく算出することが可能です。

ちなみに今回の御依頼者様の場合は携帯電話を短期間に繰り返しているという点や、前歴は無いものの1年ほど前に軽微な違反の累積によって『前歴にならない違反者講習』というのを受けていますので違反数自体はかなり多いです。

しかしながら、他にもいくつか良いポイントがありましたので軽減率は95%まで引き上げ可能と計算できました。
ここまで高いと手ぶらで行っても軽減される可能性もあるのですが、そこは仕事でも使っていますので万全の対策を立てて臨むことにしました。

僕としては「確実に軽減できる」という意識とはいえ、
それが慢心にならないよう、全身全霊を持って御依頼者様の人生に関わっているという緊張感を持って臨みます。

結果はもちろん

180日の免許停止に軽減成功!


消してますが御依頼者様も満面の笑顔でした♪

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2018.11.19更新

今回の御依頼は死亡事故、
ただし事故原因は被害者の死亡込事故です。

地域のお祭りで道路上ではしゃいでいる人も散見されるような状況だったとはいえ、僕の事務所の方針としてそもそも信号無視しているような歩行者を保護する必要はないと思っていますし、こういう言い方は誤解を招きかねませんがうっかり重傷にとどまっていて「こっちの信号は青だった」とか言われないだけ死亡事故の方が望ましいと思います。

そしてこれは被害者本人だけではなくその周辺に関しても起こりうることで、
今回何より危なかったのは被害者の連れが「自分たちは青信号で渡っていた、この車が信号無視をした」と『複数人で一致した目撃証言』をしたことです。

ただ御依頼者様の車にドライブレコーダーが付いていたのと後続車もいたのでその嘘証言は覆されましたが、もし御依頼者様と被害者の一団しかいなかったらと考えると空恐ろしくなります。
ちなみにこの事故の際にはドライブレコーダーの映像もありましたが、担当の警察官も早い段階から嘘供述には気付いていてそれを崩してくれていたので、この事故に関していえばドライブレコーダーがなく、後続車がいなかったとしてもそこまで危機的状況にはならなかった可能性もあります。

しかし更にもう一つの難点として、
死亡事故の処分には免許証に対する行政処分、罰金や懲役などの刑事処分の二つがあり、被害者の落ち度が大きい場合は罰金などの刑事処分は無しになることも多く、今回の御依頼者様のように特段の犯罪歴もなく、交通違反や事故は多少しているとはいえ現在はゴールド免許も持っているという状況であればかなりの高確率で不起訴=処分なしになる例も多いのですが・・・今回の検察官は遺族の面子を立てたのか交通事故が嫌いなのか、それともお祭りの期間なら信号無視しても良いと考えるようなちょっとアレな人だったのかはわかりませんが、罰金刑にすると言い出しました。
※僕の事務所に御依頼いただいた時点で既に検察庁の取調べが終わってしまっていたのが悔やまれます・・・

そして刑事処分と行政処分は原則として別物として扱われるのですが、参考資料にすることは多く意見の聴取でも「刑事処分はどうなりましたか?」と聞かれますので、罰金刑とはいえ有罪判決が出ているというのはかなりのマイナス要因です。

とはいってもそこは全国飛び回っている僕の事務所ですので今回の警察本部も勝手は分かってます。
いつものように『これでダメなら他のどんな方法を使ってもダメ』と言い切れるまで軽減率を高めて、意見の聴取にも補佐人として同行、結果は予定通り

180日の免許停止に軽減されました。


良い結果をお届けできて良かったですが、
本音を言えば現場で嘘供述をして御依頼者様を陥れようとしたクズども一列に並べて腐った性根を文字通り叩き直してやりたいですね(笑)

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2018.11.18更新

免許取消処分の軽減というのは基本的に1段階、例外的に2段階以上で、
この『一段階』というのは免許取消の欠格期間なら1年短縮、免許停止なら30日間短縮という意味です。

ただひき逃げで5年取消が180日の免許停止に軽減されたり、10年間の免許取消が1年になったり、同じく10年間の免許取消が180日の免許停止になったり、1年の免許取消が90日の免許停止になったりする例も沢山ありますので、少なくとも日本一を公言する僕の事務所についていえば2段階以上の軽減もそれほど珍しいことではありません。

しかし免許停止の場合は2段階以上の軽減というのは非常に少なく、事故の場合に点数自体を小さくしたことは数多くありますが、通常の違反で点数確定以降に2段階以上の軽減事例は数えるほどしかありません。

つまり90日の免許停止が60日になる例は多いものの、30日になる例は非常に少ないということです。

そして90日の免許停止であれば短縮講習を受ければ半分の45日まで短縮されますし、1段階軽減されて60日になったとしてもやっぱり短縮講習受ければ半分の30日になりますので実質15日しか変わらないということです。
ということはお金や時間をかけて15日間処分期間を短くすることは費用対効果として意味が薄い方も多いということになりますので、僕も初回の相談時にこの話をします。

それを踏まえて今回の御依頼者様は50キロ以上の速度超過で12点、90日の免許停止に該当しています。
普通なら講習を受けて半分に知ればいいだけなんですが会社が結構ブラックなところで、免許停止でもクビにはならないものの運転できない期間は給料に影響が出てしまいますし講習を受けたくても平日に休みが取れません。

さらにもう一つマイナスの要因としては出頭時の取調べでスピードを出してしまった理由を聞かれて「後続車から煽られたので」と答えていますが、これは嘘で警察官にもその嘘はバレていました。

ただし予算の都合であまりたくさんのこともできませんし、平日は休めないので自分で意見の聴取に出頭もできず、知人も家族も聴取日に休みは取れないので頼むこともできません。
そこで『費用を抑えた〇〇〇プラン』を御利用いただくことになりました。

プランの詳細はインチキ業者対策で伏せますが費用は3万円ちょっとで、
結果は予定通り60日の免許停止に軽減成功。

単純計算すると1日当たり2000円ちょっとで短縮された計算ですね。

今回も良い結果をお届けできて良かったです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2018.11.17更新

首を締めたり胸部を圧迫したりして失神させるゲームをしてネットにその動画をアップしている中高生がいるとか・・・

僕が中学校くらいの時にも首を締めて失神させる遊びをしていた連中がいましたが、時代が変わっても馬鹿なことをする奴らというのはいなくならないものです。

さて【首を締めて失神】というのは柔道など首を締める技のある格闘技で『落ちる』といわれる状態です。
そうなる理由としては首の血管の血流を止めることによって脳に血液が行かなくなり意識が無くなることを指します。
こうなると完全に意識を失いますが、締めている力を緩めればすぐに目が覚めることもありますし、揺さぶったり軽い刺激で目が覚めることもあります。
また『深落ち』などと言いましてなかなか目が覚めない場合であっても柔道などで行われる『喝を入れる』という蘇生術でほぼ目は覚めます。

ちなみに血流を止めると落ちる=失神ですが、気管を塞いでいると失神ではなく窒息で死んでしまうので尚一層ダメです。

ところで、この落ちた状態にするのが何故ダメかというと、脳の血流を止める行為ですので大量の脳細胞が死んでしまいます。
もちろん脳細胞は普通の生活でもどんどん死んでしまうんですが、もっととんでもない量が死んでしまうということです。
そしてこの失神ゲームの最も怖い部分と僕が考えている部分がありまして、ボクシングなど打撃格闘技で死亡する原因は直接の打撃で絶命するのではなく意識を失って倒れた時に頭をマットに強打することです。

仮に失神ゲームで落ちる子が立った状態でやった場合、まさしくこの『意識を失って倒れる状態』を再現してしまうのです。
格闘技のリングやマットはある程度柔らかく、衝撃を吸収する構造になっていますが教室の床やコンクリートの路面などで同様の事が起こった場合、その衝撃は格闘技のリングの比ではありません。
また、する方も力加減が分からなかったり、やられる方も鍛えていませんので締められている部分へのダメージも計り知れません。

また締めている方が落ちていることに気付かずにずっと締め続けていた場合、そのまま死んでしまう、あるいは脳に障害が残ってしまう可能性だってあります。

ついでに、こういう話になった時に「格闘技の道場にで好きなだけ締めればいいじゃないか!」という人もいますが、そういう事をする奴らは自分よりも圧倒的に弱い相手に対して、反撃される心配のない状況で失神ゲームをしたいのであって、格闘技をしたいわけではないのですよ・・・
(;´・ω・)

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2018.11.16更新

漏れ聞くところによると
どうやら本人は来てなかったっぽいです。

それと
ニュースでは「少なくとも8年の免許取消」となってるんですが
酒気帯び⇒25点
ひき逃げ⇒35点
合計60点で、過去3年以内に免許停止などの処分歴がなく、過去5年以内に免許取消歴もない場合にこのニュースの『8年』になるんですが、
ひき逃げの場合は通常被害者の怪我の程度に応じた点数がさらに加算されますので、軽傷の場合(5点)だったとしても合計65点、これだと9年の免許取消になります。

もちろん被害者の怪我の点数というのは付いていないこともありますので【少なくとも】という注釈は間違いではないのですが、同じレベルの事故の場合で被害者の怪我の点数が付かないということはほとんど無いので、例外的な状況を最低ラインにするのはどうかなと思います。

ちなみに【どう考えても怪我はしてないけど診断書が出てるので警察としても怪我があったという扱いにせざるを得ない】場合、つまり警察側としても被害者の嘘を見抜いている場合、もしくは事故原因の面で被害者の方が非常に悪質な場合などに怪我の点数が付いていないことは、例外的とはいえ実は時々あるのです。

ひき逃げ事件も千差万別で、現場で被害者が「私怪我なんてしてませんので、警察めんどうだから通報しないでください(笑)」などと言っておきながら加害者が現場を離れてから110番通報して「私が診断書出したら貴方4年とか5年とか・・・結構な長期間の免許取消になりますね・・・いや私はどっちでもいいんですよ。」という当たり屋もいますので、事故が起きた時には必ず通報することは自分のみを守るためでもあるということを御心置きいただきたいところです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2018.11.15更新

今回ご紹介しますのはこちらの作品

『ふたりモノローグ』です。
オタクで引っ込み思案でマイナス思考な高校2年生の麻績村(おみむら)ひなたは、ある日同じクラスで隣の席の、イケてるギャル(っぽい)御厨(みくりや)みかげが『10年前に自分が傷つけたせいで絶交され引っ越してしまった(と思い込んでいた)元親友』だと気付きます。
※正確にはみかげが引っ越した原因も含めて自分のせいじゃないかと思ってる。

ところが一方のみかげは高校入学時点でひなたのことに気付いていて、当時の親友関係が一度途切れたきっかけの事件は同じですが捉え方は全く違って、やはり自分のせいだと思っている節があり、引っ越したのはただ時期が重なっただけです。
ちなみに見た目はギャルですが、可愛くなってイケてる外見になろうと背伸びしているだけで実際にはカラオケに行ったことすらなく、ひなた達と初めて行ったカラオケボックスで迷子になるくらいの『なんちゃってギャル』です。

そして喜怒哀楽が激しくひなたの行動に一喜一憂しますが、それはひなたも同じで『また親友に戻りたい、でもはっきりと言えない』そんなもどかしさがモノローグ(心の声)としてはやや大きすぎる絶叫になり、気の良い友達や、優しい変態のヲ友達、そしてちょっと痛い大人も交えて『良い人ゆえのすれ違い』を面白おかしく描いています。

人によっては多少きつく感じる描写もありますが登場人物は変態もいるものの基本的に良い子ばかりなのでストレスなく読めますし、意外な一面を思わぬところで挟むことで「あ~ここでこの子のこんな場面出すのか(笑)」と、構成の上手さも光ります。

ほっこり優しく笑顔になれる。
そんな良作だと思いました。

で、例によってと言いますか実写化もされてます。
あくまで個人的な感想ですが、僕は漫画の実写化に関してはほとんど良い印象を持っていません。
もっと正確に言えばアニメ化さえあまりいい印象は持っていません。
というのも、ことごとくが監督の嗜好なのか大人の事情なのかなんなのか、余計な要素を加えることによってせっかくの原作の良さを台無しにしてしまっているように感じます。
元々自力で作品を作れないのだから余計なことだけはしないで欲しいのに、無駄なものを付け加えるのって結局作品愛が無いんだろうかとさえ思ってしまいます。

例外的にアニメ独自のアレンジが加わって良くなったのは最近では『からかい上手の高木さん』くらいです。

ここまで書けばお察しいただけるかと思いますが、ふたりモノローグの実写版も1話は見ましたが僕が2話以降を見ることは無いと思います・・・ネタバレは避けたいのとあくまでも僕個人の感想ですので内容に関する記述はしませんが、やっぱり映像化って厳しいなと感じました。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2018.11.14更新

大規模量販店などでよく『利益還元祭』っていうイベントやってますね。
僕は昔からどうにもなんだか腑に落ちないというか、ちょっと解せないなという部分がありまして。

利益を還元ということは『予想外に儲かったので多少お安く販売します』ってことですよね?

でも時系列で考えれば【Aさんに沢山買ってもらった儲けをBさんに安く売るために流用しますよ】ってことで・・・もちろんAさんは先に購入することで人気商品が買えたり最新モデルを早く入手できたりするんでしょうけど、僕がAさんの立場だったらお店のスタンスとしてちょっと嫌だなと感じていまいます。

だったら『売り尽くしセール』とかにしてもらえれば値段設定は同じでもAさんBさんどっちも嫌な思いはしなくていいと思うのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2018.11.13更新

上野動物園のパンダ『シャンシャン』が一歳になって独り立ちするとかで朝からニュースになっています。

これ自体はおめでたいことですし、単色だったらほぼヒグマとはいえパンダは可愛いと思います。

さて、誕生時点から経済発展の救世主のように崇められているシャンシャンですが、国内にはもう2ヶ所パンダがいまして、和歌山のアドベンチャーワールドでは2年に一頭くらいのペースで赤ちゃんパンダが生まれていて、和歌山市の街中でも『パンダ日本一』という看板も目につきます。

ちなみに神戸の王子動物園にもパンダがいるそうですが、こっちに関してはこのブログ書いてる時に調べるまで僕も知りませんでした。

僕が関東在住だから知らないというのもあるとは思いますが、
こういう時こそ関東でも宣伝活動をすればシャンシャン見るために3時間並ぶのを考えれば和歌山まで旅行がてら足を延ばすのも良いのではないかと思ってしまうのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2018.11.12更新

働き方改革で副業を認める企業も増えているそうです。

また、仕事選びのポイントの一つに副業を認めてくれる会社というのも増えてきているのだとか・・・
経営側のスタンスで考えれば副業させないといけないくらいの給料しか出せないなら新規の人材募集している場合じゃないと思うんですが、そこはこれから売上伸ばそうとしているのかもしれませんから何とも言えません。

そしてネットニュースやビジネス雑誌でも副業で成功した体験談だったり、『ダブルワークで稼ぐ!』みたいな記事が増えてますので、そういう記事を見て勘違いして副業初める人も多そうですが、副業で成功している人って本業でも成功してるか失敗はしていないから副業でも上手くいくんであって、仕事柄いろんな人と接する中で感じるのは本業の損失を副業でカバーしようとしている人はだいたい両方でコケて傷口広げる人が多いですね。

自分はできると勘違いして【本業の片手間で『副業コンサルタント』やってる連中】に食い物にされる様が目に浮かびます・・・(´;ω;`)

僕が顧問先の従業員の人などから「副業を考えてる」と相談を受けた場合、以下のことを確認します。
1:本業での収入は確保しているのか
2:本業で成功、あるいは失敗していないレベルに達しているのか
3:始めるにあたって借金はしないで済むのか(これは場合によります)
4:本業に悪影響はないのか(体力面も含めて
5:自分だけの強みはあるのか
6:人の意見で始めていないか
7:協力者はいるのか
8:問題が起こった時にスムーズに辞められるのか

この条件を一つでも満たしていないなら、まずは本業の充実から始めた方が良いという回答になります。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2018.11.11更新


画像は車検証です。
ただ、なくなってしまった車の車検証です。

『車がなくなる』というのもあまりイメージできないかもしれませんが、
今回の事例では御依頼者様が脳梗塞で入院している間に会社で使っている車がなくなってしまった事件で、そのまま誰かが運転して事故を起こした場合に会社や代表にも責任を問われる場合がありますし、駐車違反をしている場合の放置違反金などはガンガン請求が来てしまうということなのです。

とはいえ会社の車なのですからおそらく会社の誰かが持って行ったということでしょう。
しかし御依頼者様は当時脳梗塞で入院⇒リハビリでかなりの長期間会社からは離れており、会社自体も一旦廃業してしまいましたのでその車を当時誰がどう使っていたのか分かりません。

まぁ事務所の調査部門でおおまかなところは把握しているので、見つけるのはそう先の話ではありません。

こんな時に『とりあえず事件の拡大を防ぐために廃車にしたい』場合は警察の受理番号があれば車検証の再発行ができますので、その車検証でナンバープレート紛失での廃車手続きをすればOKなんですが・・・車が勝手に消えてなくなるわけはありませんので当然誰かが持って行ったということで盗難や会社財産の横領という感じで届け出ると非常に面倒くさく、とある警察署では「とりあえず犯人連れて来いよ」という暴言を吐かれたこともあります。

ですので、なくなった車の捜索や持って行った犯人を捜すのではなく『今現在なくなっている事実のみ』を遺失届けという形式で出して受理番号だけをもらい、その番号で車検証の再発行を進めて、盗難かどうかは同時進行で調べていくことによって作業時間の大幅な短縮を図るのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

まずは無料の電話相談

03-6356-7386または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-6356-7386
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384