メールで無料相談  gseiki_shotgun@ybb.ne.jp クリックでメールソフトが立ち上がります
header_img02.png
公式ブログ 毎日更新

内村世己 年中無休の業務日報

2020.07.03更新

無知という罪

先日意見の聴取に行ったとき、
弁護士事務所の封筒を持っている人がいました。

漏れ聞こえてくる聴取の内容を聞くと
どうやら普通免許で準中型自動車を、会社の指示で無免許運転してしまったようです。

その人は封筒からおそらく弁護士が作ったであろう意見書といくつかの資料を提出しているようでした。
そして結果は本来2年間の免許取消が1年間に軽減されていました。

その弁護士はこの結果を【成功】と考えるでしょう。

しかし僕の事務所としてはこれは【失敗】です。

僕は何度もブログで書いてますが処分の軽減に最も必要なものは『都道府県別の処分基準を把握すること』です。

ちなみにこの県で上記のような違反内容の場合、
特に何もしなくても最初から1段階の軽減対象として扱われますので、その弁護士さんの意見書などは無くても良いということになります。
そして2段階の軽減はありませんので、免許停止まで軽減される可能性は0%、
何もしなくても1段階軽減される可能性はほぼ100%

知らなくて意見書などを出してきたとしたら能力不足です。
知っててやっているとしたら・・・・まぁ処分基準は突然変わりますので、それを見越してやってるとしたら分かりますが、処分書を受け取る時の本人の様子を見る限りそういった説明はしてないように見受けられます・・・ただ、補佐人として一緒に来ているわけではないところを見ると依頼者としてはある程度費用を抑えたかったのかもしれませんが、そうなると書面など出さなくても結果が変わらないのですから費用を抑えたい依頼者に対して余計な負担を強いているということになります。

真相は分かりませんが一つだけ言えることは
その方は正しく進めれば免許停止まで軽減されたのに、相談相手を間違ったために免許取消になってしまったということです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

まずは無料の電話相談

03-6356-7386または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-6356-7386
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384