メールで無料相談  seikiv8@hotmail.com クリックでメールソフトが立ち上がります
header_img02.png
トップページ

免許取消軽減ブログ

カテゴリー : 交通違反業務

2020.11.17更新

今回の御依頼は

緊急事態でスピード違反をしてしまったことで免許取消に該当してしまった御依頼者様を免許停止に軽減

です。
さて、速度超過の理由というのは人それぞれですが、よくあるものとして『後続車から煽られた』『トイレに行きたかった』というのがあります。

ちなみにこの二つを主張する人はだいたい嘘で、警察官もその嘘には気づいていることが多いです。
・・・まぁ嘘と言い切ってしまうのは多少酷ですが、トイレに行きたいといっても違反しなければ死ぬということはそうそう無いわけですし、後続車から煽られたから速度を上げたといっても実際には売られた喧嘩を買っただけ、あるいは当人が煽ってる方ということも少なくありません。

そして僕の経験上速度超過の本当の理由は『なんとなく』『特に何も考えてない』というのが最も多いと思います。

それを踏まえて、昔からの定番の速度超過の理由に『急患に対応するために急いだ』というものがあり、意見の聴取の現場でもよくでます。
ただ細かいところを突っ込まれて嘘であることがバレることも少なくなく、それ以外にも仕事などの緊急事態だからという理由は頻繁に出ますが、実際に本当の緊急事態であることはほとんどありません。

しかし、本当の緊急事態で急いだ結果速度超過になってしまった人というのも少数ながら確かに存在します。
その場合、警察庁という警察の上のお役所が処分軽減の基準というのを出しているのですが、この中には『急患への対応や傷病人の搬送など止むをえない場合』に処分の軽減も考慮する旨明記されており、普通に考えれば急患の対応が本当の場合なら処分は軽減されるはずですね。

ところが、ここでも有用になってくるのが『都道府県ごとの処分基準に沿った正しい進め方』で、これを知らなければ、軽減率は0%です。

たとえば少し前にニュースにもなりましたが、お医者さんが急患対応のために速度超過をしてしまった事案で免許取消になってしまった事件があったんですが、具体的にどんな方法で進めたのかまでは報道されていませんでしたが、僕なら100%の確率で免許停止に軽減できたと思います。

それを踏まえて、
今回の御依頼は『本当に緊急事態』でした。
といってもその緊急事態はきちんと記録も残っていますし、早い段階で御依頼を頂いていたのである程度準備もしやすかったです。
ただ今回のマイナス要因としてメインの速度超過12点以外の累積点数3点も速度超過、しかも1カ月以内という短期間に同じ違反を繰り返しています・・・更に過去にも速度超過があり違反履歴としては速度超過の常習犯という扱いを受けてしまうということです。

ちなみに今回の御依頼者様の住所地はネットなどでは『非常に厳しい』とされているところです。
しかし僕は御依頼者様住所地の処分基準については
〇前提として速度超過での軽減はある
※速度超過では絶対に軽減しないところもあります。
〇運転歴よりも個別の違反理由を重視する
〇緊急性などをきちんと審理する
〇感情論は効き目が薄い
などなど・・・・軽減の考慮要因すべてを把握しているので有利な証拠の作り方など完璧に進めていった結果。

僕にとっての予定通り

1年間の免許取消は180日の免許停止に軽減されました。

ついでに、今回の意見の聴取会場には50人くらいの人数が来ていましたが、軽減されたのは僕の御依頼者様だけでした。
しかし他の人の聴取を聞いていると正しく進めれば軽減になりそうな人、補佐人として来ている自称専門家のネット情報を鵜呑みにした低レベルな主張など、いつものことですが本来はもっとたくさん軽減されるはずなのに肩を落として帰る人のなんと多いことか・・・

正しい知識と正しい行動、たったこれだけのことなのに誰も知らないというのが現実なのです。

↓クリックで公式サイトへ
運転免許取消の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.11.15更新

本日ご紹介します本はこちら。

『ひまわりの思いを胸に』です。

これはどういう本かというと、交通事案に携わる警察官の手記で、
交通事故や違反に関わる現場の声、そして助けられなかった命に対する思いが綴られています。

僕は時々相談者の方から「あなたはどっちの味方なんだ!」と怒鳴られることがあります。
こういう人は取締りに不満を持っている人だったり、処分に納得いってなかったりする人ですが、その質問に対する僕の回答は『どっちかと言えば警察側ですね』です。

取締りを受けるというのは、まぁ嫌な気分だと思います。
僕だって取締られれば「あちゃー」って思うはずですし、たぶん「ちょっと負けてよ(笑)」って言うかもしれません。
・・・人間だもの(´・ω・)♪

でもそこで「警察官はノルマ消化のために取締ってる」だとか「裏金作りのためだ」とか「交通事故を減らすことに貢献していない」とか、いろんな不満を言う人がいますが、僕としては実際に交通警察の現場でいろんな警察官に接する中での共通する印象はやはり『事故を無くしたい』です。
婦警さんを描いた『ハコヅメ』という漫画でも『本来の良い結果は誰にも知られず、誰からも称賛されない』っていう一節があるんですが、『何も起こらないことを実現』することが最終目的なのに、何もなかったことに対して世間は何も評価しない。

それでも正義感とプライドで毎日の執務をこなすのです。
「仕事じゃん(笑)」と嘲る人もいますが、仕事だからこそ正当に評価してもいいんじゃないですか?とも思います。

たとえば『見通しのいい安全な道路で速度取り締まりをするのはおかしい、全く危険の無いところで取締るのは意味がない』と主張する人がいます。
これは違います。

速度超過は場所で起こる違反ではなく人が起こす違反ですので『その人が一方的に安全だと判断することで速度超過するような人に注意を促す、あるいは心的ストッパーをかけさせるために取締る』ので、僕が経験則として感じるのはやはり何度も取り締まりを受けている人ほど最終的に事故を起こして免許取消に至る割合が多いです。

たとえば事故の被害者になったことがある人にお聞きしたいのは「加害者が完全に順法運転であったならその事故は起きましたか?」・・・どうでしょう?

安全のためとか免許証を持つ責任という『優等生な回答』でも【捕まるのが嫌だから運転気を付けよう】でも表に出ている運転として同じなら、僕は優良運転者と呼んでもいいと思っていますし、ある程度の違反であれば本来取消基準に該当していてももう一度運転の機会があっても問題ないと思っています。

そしてこの気持ちは警察官も同じようなもので【そんなに危険でもない運転者なら、ちゃんと交通ルールを守れる人であれば処分が軽減されてほしい】と思っている警察官の方が実は多かったりします。

警察嫌いというのも個人の主義主張ですので自由です。
しかし反体制ジャーナリストや、警察を批判する報道を鵜呑みにして取締りの目的という本質からずれてしまうとただ不毛な争いが終わらないだけで、それで得をするのは警察批判が飯のタネな人たちです。

警察官の本当の思いは事故を無くすということであって、免許証を取り上げようと思っているわけではないということを僕は全力でお伝えしたいです。

↓クリックで公式サイトへ
運転免許取消の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.11.14更新

今回の御依頼は

死亡事故での免許取消を180日の免許停止に軽減すること

です。
素人業者はよく『死亡事故は非常に厳しい違反ですので軽減率は低いです。』と言うそうですが・・・とんでもないですね。

確かに死亡事故は被害者に多少非があったとしても15点付きますので優良運転者であっても一気に取消処分に届いてしまいます。

しかしこれは言い方を変えればそれまで全く違反歴のない優良運転者として取消処分に臨むということはこの事故以外の印象が良い状態で進んでいるということでもありますし、被害者の落ち度が大きい事故というのも少なくないので、きちんと業務を扱っている事務所であれば「軽減率の最も高い違反は?」という質問であれば『死亡事故』という回答になるはずです。

ただ内村事務所に関して言えば速度超過と準中型、中型無免許に関しては一定の条件さえ満たしていればほぼ100%の軽減成功ですので、上記の回答には『内村事務所以外で』という注釈は付きます。

それと重なりますが、ネット情報などで『神奈川県は厳しい』という話もよく聞きます。
結論から言えばそれはデマです。

この都道府県ごとの処分基準というのは違反内容や取調べの進め方によって0%~100%まで変動しますので『その人の場合にどうなのか?』というのが唯一の結論です。

それを踏まえて今回の御依頼者様は死亡事故、そして一部のネット情報では日本一厳しいと言われている神奈川県です。
事故状況としては横断歩道などの無い道路を横断していた人の死亡事故、この場合横断禁止の標識があったりすれば明確に歩行者の違法行為という主張ができる場合もありますが、現場の道路にはその標識はありません。
もしくは被害者の横断が明らかな飛び出しの場合には直前横断の違反になる場合もあります。
これらは状況次第で様々に変わりますが、横断歩行者の死亡事故としてはよく論点になるところです。

ただドライブレコーダーは付いてませんでしたし、目撃者もいませんので明確な事故状況ははっきり言えば分かりません。

そして遺族との示談はあまりスムーズには進んでおらず。
遺族の意向としては『加害者の行政処分を見届けてから』と明言されてしまっています。
ちなみにこの部分も被害者あるいは遺族との示談が終わっていないと不利になるという説もあるようですが、内村事務所にとって『全ての状況は使い方次第』ですので、ほとんどのものはプラスに転化する、プラスにならなければマイナスにならないようにする。
『〇〇の場合は△△』と一面的にしか考えられないのは法律を扱う職業では無能の言い訳だと思います。

そんなわけで、ネット情報やいろんな都市伝説を加味すれば不利な状況ばかりの御依頼者様ですが、
結果は予定通り180日の免許停止に軽減成功。

担当したのは調査部のトップでもあるので顔出しは無しですが

二人ともいい笑顔でした。

今回も最良の結果をお届けできて良かったです。

↓クリックで公式サイトへ
運転免許取消の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.11.13更新

今回の御依頼は

無免許運転教唆

あまり聞きなれない違反ですね。
ちなみに読み方は『きょうさ』です。
意味は『そそのかす』ということで、今回の場合は無免許運転の人に自分の車を貸してしまった違反です。

この場合、自分で運転しているわけではないので違反点数という形式ではなく
運転した人と同じ処分になります。

たとえば今回のような無免許運転をさせるような場合であれば
『25点が付いた場合と同等の処分』ということになり、2年間の免許取消になってしまいます。

そして普通の無免許運転者への車両提供であれば共犯者のような扱いを受けますので、軽減率としてはかなり厳しい違反と言えます。

しかし車を貸すというのもいろんな形があり、
何となく貸してしまったというのもあれば、「貸さないと殺す」みたいな、強盗にも等しい形態もあるわけです。

そんな事例が今回の御依頼者様で、
運転者は交際相手ですが、普段から激しいDVを受けており精神的にかなり追い込まれた状態でした。
もうこの時点で普通の女性が大の男がむりやり車を持っていくというのを止めることなどできません。

ちなみに彼氏はかなりガチの犯罪者です。

ただ(外見上)御依頼者様の落ち度としては
一度別れているにもかかわらずまた交際を始めているなど、何度か関係を終わらせるチャンスがあったにもかかわらずまた元に戻っています。

当然無免許運転をさせた回数も多く、その分罪も重くなってしまいます。

その結果、こういった事案では通常女性側に罰金は無いことも多いのですが、弁護士が付いて頑張ったにもかかわらず罰金は30万円と、むしろ相場よりも高額です。

それを踏まえて内村事務所への御依頼でしたが、
担当したのは女性スタッフ、DVに関しては調査や被害者のケアも担当するので交際相手への怒りもひとしおです。
もちろん感情で先走ったり危険なところに踏み込んだりは極力避けますが、こういった『通常の常識ではほぼ不可能』という事案の際に現世の常識を突き抜ける燃料として感情があるのもまた事実ですので、超常現象を狙って起こすために聴聞会に同行しました。

聴聞ではやはりかなり厳しいことも言われたりしましたが、彼女の「こういった案件、今まではダメだったとしても、それが法令に沿ったものだとしても、私はこの処分は軽くならなければいけないと思ってます!」と断言し、既に罰金刑が確定していることについても「それは私が担当していなかったからです!」と一皮むけた自信を発揮して聴聞官をうならせ・・・・

結果は

本来2年間の免許取り消しを1年間に軽減成功しました。

それでも悔しさを滲ませていましたが、
この子でなければ不可能な結果だったと思います。

御依頼者様にも満足して頂けて良かったです。

↓クリックで公式サイトへ
運転免許取消の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.11.07更新

今週の主な結果、
無免許運転の幇助で2年間の免許取消予定の御依頼者様、刑事処分では弁護士が付いていたものの相場より高めの30万円の罰金刑が依頼時点で既に確定。
御依頼者様が女性だったので女性スタッフが担当、結果は2年間の免許取消期間を1年に軽減成功。
イメージとしては、ボクシングで最終ラウンドの前まで大差の判定負け状態だったところを『ちょっと待って、ここまでの判定は無しにして最終ラウンドだけで勝負しよう。』という要求を通した上で判定勝ちするような感じです。

最初の段階で御相談を頂いていればと悔やまれますが、配られたカードで勝負するのではなく、自分で作ったカードで勝つわけですから、さすが免許取消軽減力宇宙4位です。
で、宇宙2位のスタッフはネットでは日本一厳しいと言われる(実際は違います)県の死亡事故で1年間の免許取消期間を180日の免許停止に軽減成功。

宇宙3位のスタッフは顔馴染みの警察本部で死亡事故で1年間の免許取消期間を180日の免許停止に軽減成功。

そして宇宙1の僕は40点のひき逃げ事件を罰金15万円、違反点数4点で抑えることに成功しました。

もちろんそれ以外にも通常の速度超過で軽減、人身事故で軽減、免許外無免許運転で付加点数無しなど
今週もいつも通りの超常現象です。

詳細はまたブログにアップします。

↓クリックで公式サイトへ
運転免許取消の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.11.05更新

今回の御依頼は

携帯電話の使用(スマホで通話)で取締りを受け3点、その後オービスで取締りを受け速度超過50キロ以上で12点、合計15点で免許取消基準に該当

してしまった事案です。

さてさて、僕はよく都道府県ごとの処分基準の違いというのを書きますが、これは基本的には決め手になっている違反について適用されるんですが、場合によっては決め手でない方の違反に適用されることもあり、その例として『最近厳罰化された違反が含まれている場合に軽減率が下がるか、変わらないか』というのがあります。

これはその都道府県警察の考え方というか
〇:厳罰化されるような違反だからより厳しく扱わなければならない。
〇:処罰が重くなったとはいっても違反行為の危険性自体が変わるものではないので処分基準を変えるべきではない。
こんな感じで、僕としてはどっちも正しいと思います。

とはいえ実際に表に出るのはどういう事かによって取るべき手段も微妙に変わってきます。

そしてやっぱり決め手になっている違反というのは重要ですので、あくまでも今回のメインは速度超過です。
つまり今回の御依頼者様の場合
1:厳罰化された違反が含まれている。
2:携帯やスマホ⇒速度超過という流れがマイナスになるのかそうでもないのか。
3:速度超過には特に急いだりする理由は無い。
4:仕事で運転免許必須という事情は無い。
5:過去には結構豪快な人身事故を起こしている。
6:女性であることで軽減率が上がるのか変わらないのか?

他にも10個ほど考慮すべきポイントはありますが、それらの全部をプラス方向にもっていった結果

いつも通り180日の免許停止に軽減成功です。


消してますが良い笑顔でした♪

今回は僕としてはかなり余裕はありましたが、それでも御依頼者としては不安もあったと思います。
そんな中でも最高の結果をお届けできて良かったです。

↓クリックで公式サイトへ
運転免許取消の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.11.03更新

僕の事務所で取り扱う中で、最も得意な分野というか
完全にプラン通りに進んだ場合ほぼ確実に軽減される違反が
準中型車、もしくは中型車の無免許運転です。

ただその一方では「無免許運転はよほどのことが無い限り軽減されない」とか「軽減は原則として1段階しかない、2段階以上の軽減などはほとんどない」ということを著書で書いている専門家さんもいるようです。

まぁ
常識というのは自覚した能力の範囲でしかありませんので、その人にとってはそうなんでしょうね。

さて、僕がブログなどで紹介する時には成功事例という形になってしまいますので。今回は無免許運転について少しご説明したいと思います。

無免許運転といえば一般的にイメージするのは『全く何も持ってない人が車に乗る』というものですが、免許停止中のように《効力の無い状態で運転する》あるいは今回のテーマの準中型免許のように【持ってる免許証で運転できない車を運転する】というのもあります。

そして無免許運転で重要になるのが〔故意〕と〈過失〉ですが、あまり細かく書くとキリがないので、ここでは
故意⇒わざと
過失⇒わざとでない
くらいの感覚で結構です。

ここで「わざとじゃない無免許運転なんてあるの?」と思われるかもしれませんが、例えば免許更新に気付いてなかった場合が典型例です。
ちなみに有効期限切れに気付かず運転してしまった場合には処罰無しということもよくあります。

そして準中型車、あるいは中型車を普通免許や準中型免許で運転してしまった場合というのは、ほとんどが会社からの指示であまり何も考えずに運転してしまったもので、会社もその車のことを把握してないことも少なくなく、運転者も会社も故意ではないままに運転して(させて)しまったということになります。

しかし会社というのはその車で利益を上げている、あるいは従業員に運転させる立場なのですから車種を把握しておくのは当然ですし、運転者にも乗車前点検として運転できるかどうかを確認する義務があります。
ちなみにここで発生する違反は運転者に対しては無免許をした違反として違反点数25点、会社側には無免許運転をさせた違反となり、こちらは少しややこしいのですが会社の代表者や運転を指示した人が免許取消になった事例もありますし、特に処分は無かった例もありますし、都道府県の運輸局から車両の使用禁止処分が来ることもあります。

また、無免許運転は赤切符ですので青切符のようなお金払って終わりの反則手続きではなく、裁判で罰金刑になる【刑事手続き】のルートに乗り、警察署の次は簡易裁判所だったり検察庁だったりします。
こちらの刑事手続きでは故意か過失かはかなりくっきりと扱われますので、状況次第という面は大きいものの、特に何もしなくても不起訴=裁判にかけない=罰金無しになることも多いです。

ただし免許証の方に関しては都道府県によって方針が大きく異なり、通常通りの手続きで進めた場合、
1:だいたい免許停止になる
2:1年の免許取消になる
3:2年の免許取消になる
このどれかになるのですが、現状最も多いのは3です。

そしてこの都道府県ごとの方針を把握して適切な動きをしなければなりませんので、ここが分かっていなければ免許停止までの軽減を成功させることはできないのです。

さらに問題なのはこの基準は時々変わりますので、常に最新の情報を把握していなければ4の『付加点数無し』を意識的に狙って実現させられるような【完璧な仕事】はできないということです。

↓クリックで公式サイトへ
運転免許取消の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.11.01更新

ひき逃げ

といえば
とんでもない違反という印象ですね。

実際有名人がひき逃げなんてやらかしたらもう蜂の巣をつついたような大騒ぎです。

また点数もひき逃げで35点、ちなみに正式名称は『救護措置義務違反(きゅうごそちぎむいはん)』と言います。
そこに加害者の責任の大きさや被害者のけがの程度などで付加点数というのが加わり、今回の御依頼者様も39点となってしまい、免許停止などの処分歴は無いものの3年間の免許取消に該当してしまいました。

ここで通常であれば『この事件はひき逃げには当たらない』などの主張で点数が付かないことを狙っていきたいところですが、今回の御依頼者様はご相談を頂いた段階ですでに点数が確定している状態ですので、先にいろいろ仕掛けるという手法は使えません。

また日数も残り一週間ほどしかなく使える手もかなり限られてはいるものの、まだいくつかの方法は残っていましたので意見の聴取に補佐人として同席しました。

さて、
意見の聴取では『聴聞官』という人と話すのですが、ネットの情報などでなこの聴聞官に対して罵詈雑言と言いますか、話を聞いてくれないとか杓子定規に処分執行するだとか・・・まぁ嫌う気持ちもわからないではありませんが、その嫌な感情はだいたい自分の行動の鏡であることも少なくありません。

特に法律を扱う仕事の人間が上位のようなことを言うのはそれこそ自分の無能をさらけ出しているに過ぎません。

今回の僕たちを担当してくれた聴聞官は、最初の説明も非常に丁寧でしたし、御依頼者様が話しにくい状況になると「これは取調べではありませんから、何か言ったから怒られたり不利になるようなことはありませんよ♪」と優しく促してくれましたし、こちらの主張もきちんと組んでくれました。

まぁ僕に関していえば何度も会ってるので「先生は今日はどんな感じで?」とこちらの主張も適宜求めてきてくれるのでやりやすかったです。

そしてトータルで30分くらいの時間をかけて大量の調書を仕上げてもらい、
結果はこちら

この通り3年間の免許取消が2年間に、つまり欠格期間が1年間短くなりました。

僕としては免許停止までは軽くしたいところだったんですが、違反の内容としてもこれでも超常現象に近いレベルで、残念に思うのは僕の常識が普通ではないからです。

満足には届きませんでしたが、現状出せる最高の結果はお届けできたと思います。

↓クリックで公式サイトへ
運転免許取消の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.10.30更新

今回の御依頼は

普通免許で準中型トラックを無免許運転

してしまった事案
僕の事務所ではおなじみの、最も得意とする違反ですね。

とはいえ違反点数も高く、特に都道府県ごとの処分基準を把握して適切な行動を取らなければ『何をどうやっても軽減されない』状態になってしまう。
知識と戦略&戦術が非常に重要な違反です。

そして違反状況としては普通免許では本来積載量が2000キロ未満の車まで運転できるのですが、今回運転してしまった車の積載量は1500キロ、つまり積載量の見た目としては運転できる大きさでした。

しかし車両総重量が普通免許のリミットを超えていたため無免許運転となってしまいました。
ちなみにこの車両総重量というのは車検証を見なければ分かりませんので、会社も見た目だけで判断してしまっていることが多いです。

ここで通常であれば最初の警察署での取調べの時点で適切な行動を取っていくのですが、今回は本来の勤務先ではなく元請けの指示ミスということもあり、あまり「自分たちは悪くない」という主張をすることで元請けの責任だと主張していると思われては今後の仕事にも支障をきたす可能性があったため、取調べの一字一句から免許証への処分の軽減だけでなく元請けとのトラブルに発展しない点も注意しなければなりませんでした。

更に御依頼者様は普通に進めれば準中型の無免許運転に関しては軽減の量が1段階=2年間の取消の場合は1年になるものの、免許停止までの軽減は無い状態でしたので、まずは免許停止まで軽減される土台を、もちろん違法な要素が一切無いように作っておき最終場面の意見の聴取では内村事務所の女傑が補佐人として同行しました。
結果はもちろん

違反点数25点で本来2年間の免許取消になるところを180日の免許停止に軽減成功!
当たり前ですが刑事処分(罰金)も無し、もちろん会社への処分も全く無しです。

御依頼者様も満面の笑顔で喜んでくださいました。

あ、上では『女傑』と書きましたが、それは仕事への姿勢であってビジュアルは可愛いですよ(笑)

今回も狙い通りの超常現象をお届けできて良かったです。

↓クリックで公式サイトへ
運転免許取消の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.10.24更新

意見の聴取や聴聞に補佐人として同席すると、
他の人の話している内容や提出した書面などが視界に入ることがあります。

もちろん書面の内容までは分かりませんが、数行見ただけで効果のないもの、あるいはマイナスのものだったりすることもありますし、明らかにどこかの事務所に相談したであろう人が、口頭での受け答えを見る限りそちらの指導は全くされていないか、あるいはそこでも間違った指導を受けていたことがうかがえるというのは往々にしてあります。

先日とある意見の聴取会場にて、僕の事務所の御依頼者様5人が同じ会場に居合わせて5人とも軽減成功でしたが、その中におそらく自称専門家の作った書面をもってきていた人がいまして、その人は普通に進めていれば当落線上か少し厳しいくらい、内村事務所に御相談を頂ければ同様の違反状況ならここ数年では軽減成功率ほぼ100%の違反内容でした。

しかし結果は免許取消・・・
相談相手を間違えたと言い放つのは簡単ですが、実は警察官もこういう人たちに対して可哀そうだと思っているのが現状です。

どこに相談するかは本人の選択ですので僕からは何も言えませんし、値段などを見て内村事務所も選択肢に入れたうえで判断しているのであれば良いのですが、知り合いだからとかで選んでしまったのであれば布告でしかありませんので、本来助かる人をきちんと助けきるためにも広告活動って大事なんだなと、毎回のように実感するのです。

↓クリックで公式サイトへ
運転免許取消の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

SEARCH

過去記事はコチラからご参照頂けます

まずは無料の電話相談

03-6356-7386または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-6356-7386
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384