メールで無料相談  gseiki_shotgun@ybb.ne.jp クリックでメールソフトが立ち上がります
header_img02.png
公式ブログ 毎日更新

ご依頼者様の声 T・S様 

T・S様

 

 『信号を無視した横断者をはねてしまった死亡事故』これだけであれば「私は悪くない」と言うこともできるのかもしれませんが、今回の場合、私は制限速度を30キロ以上超過という赤キップ相当の違反をしており、捜査段階から被害者にも落ち度はあるとはいえ私の速度超過も事故原因の一つとして扱われていました。

 

そして最初は内村先生の事を知らなかったため地元の弁護士に依頼していたものの罰金は50万円で確定してしまい、私としては免許証についても絶望的という気持ちなったところで、最後の希望として藁にも縋る思いで内村事務所さんを検索して相談しました。

 

既に罰金という有罪判決も出ている状態ということもあって通常の『被害者の落ち度が大きい死亡事故』よりも厳しい状況であることはお聞きしたものの、先生からの「僕の事務所に依頼して取消から軽減されないのなら、他の方法は何をやっても軽減されない」という強い言葉を信じて一縷の望みを賭けました。

 

その後は基礎的な知識から意見の聴取での進め方、重要論点などを確認し、聴取本番でも補佐人として同席していただきました。

 

ただ、私自身は非常に緊張していたものの、後半は聴聞官とも冗談交じりに話す先生の姿が頼もしかったです。

 

そして結果は180日の免許停止に軽減されました。

帰る時に警察官の方から「良い先生見つけたね(笑)」と言っていただいた時、この先生は本物なんだと実感しました。

 

ネットには色んな情報があります。

私の県では他の人の様子もある程度見えますが、ネットに出回っているような方法をやっていた人、弁護士や家族や会社の上司が一緒に来ていた人、いろんな人がいましたが先生の言う「正しい行動をしている人はほとんどいない」の言葉通り、50人くらいいた処分対象者はほぼ全滅、つくづく『正しい行動』の重要性を痛感しました。

 

私の場合は相談時期が遅かったので罰金も確定してしまいましたが、もっと相談が速ければ罰金ももっと少なくなれたと思います。

 

私自身はもう相談することが無いように気を付けますが、もし他の人が違反や事故を起こした場合には全力で「今すぐ相談した方が良い」と勧めます。

まずは無料の電話相談

03-5285-1840または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-5285-1840
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384