メールで無料相談  gseiki_shotgun@ybb.ne.jp クリックでメールソフトが立ち上がります
header_img02.png
公式ブログ 毎日更新

内村世己 年中無休の業務日報

アーカイブ : 1月 2019

2019.01.21更新

僕の所属ヒデズキックからも3人の選手が出場した【レスリング全日本マスターズ選手権】
僕は今回はセコンドにも行きませんでした。

仕事が詰まっていたというのも理由ですが、自分でも行かないだろうなと思っていたので特に仕事の調整などはしていませんでした。
というのも、コンパートメント症候群から左足が思うように動かない状態では満足のいく練習もできず、試合したい気持ちと納得のいく動きができない苛立ちもありましたし、会場ではかつて試合した相手からの激励だったり「またやろうよ!」という声もかかりますが、自分が戦うべき相手に弱っている姿は見せられないという思いもありましたので、今回は結果だけを聞いていました。

そんなジムメイトたちの試合は
このブログにもよく出るカールさんこと中島薫選手は10年連続出場で表彰され、そのままの勢いで決勝まで圧勝、

「盤石過ぎてつまらない(笑)」と言われるほどの安定感でした。

そしてパンクラスでも活躍するリトル選手、
こちらも圧倒的な強さで優勝、

これまた盤石の試合運びで一回戦では豪快なジャーマンを決めるなど、プロ格闘家としてお客様の期待に答えることもできた試合だと思います。

ちなみに動画はこちら
https://twitter.com/_l_i_t_t_l_e_/status/1086911064598429697

そしてヒデズキックから出場したもう一人の雄、松本さん。

結果は一回戦敗退と文字だけで見れば残念です。
しかし試合内容とそこに行くまでの道のりにはきっちり【武の心】を示すことができていたと思います。

まずこの松本さんが出場した階級は58キロ級、これは一番軽い階級ですので58キロ以下の選手はみんなここです。
そして松本さんの体重は通常で約50キロほど、余談ですが女子柔道で最軽量でも48キロですので、体格的には女子の最軽量クラスです。
更には今回の全日本マスターズ選手権は前日計量といって試合前日に計量しますので、減量にも余裕があり軽量級の選手でも3キロくらいは戻っていると思います。
ちなみに重いクラスだともっと戻り幅は大きく、僕の現役時代は70キロちょうどでリミットクリアして試合の時には80キロ超えていました。

元々食が細い松本さんは急な増量もできません。
プロのリングに立つ時も相手は必ず大きい選手、柔術でもそうです。
もちろん出場の意思を決めるのは本人ですが、それでも厳しい挑戦を続ける姿や、階級というものが厳然として存在している以上そこに言い訳をするのではなく
それでも勝てるように日々研鑽していく姿勢は『どれだけ強いか』ではなく【どれだけ強くなったか】という格闘技の意義そのものを実践している姿だと思うのです。

そして肝心の試合展開も全日本入賞歴のある強豪を相手に先手を取り、序盤から大量ポイントを挙げてリードします。
観客は驚きますが、仲間にとっては当然のことです。
しかし後半、自分から仕掛けたタックルを返されて無念のフォール負け・・・

結果は残念ですが勝利に指がかかっていたのは確かですし、大量にリードしても守勢に回らず攻め切る姿勢は素晴らしかったと思います。

仕事やスポーツで結果を出す時、最も必要なものは『運』です。
極論すればまともに生きていられる体があることも運の一つです。

松本さんは【自分の適性階級が無い】というマイナスのスタートラインに対し、実力で覆そうと試みました。
今回の試合では結果は伴いませんでしたが、今まで何度も自分の力で逆境を跳ねのけてきました。
メディアに流れることは無くても、真っ直ぐに頑張り続けることは大きな才能ですし、それで出した結果が偉業であることはちゃんと見られているものです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.01.20更新

法律を守るのは警察や軍っていう暴力装置が機能しているから、
会社で従業員が社長の言うことを聞くのは給与も含めた人事権(解雇権)があるからです。

それを踏まえて、
先日とある学校で先生が生徒を殴った動画というのが流出してました。
ニュースなどで流れていた映像には実は前の部分があって、そこには「炎上させてやろうぜ」という会話もあったとかいう話も漏れ聞こえています。

また撮影自体も偶然ではなかったのではないかという疑惑もありますし、僕も動画見ましたがかなり生徒の方も教師側を煽っているような感じが見受けられます。

もちろんその場面だけを切り取ればどういう経緯でそうなったかは分かりませんのでどっちが悪いとも言えません。

ただ最近の学校の内情というのはあまりにもいろんな意味で過保護に過ぎるんではないかと思います。
特に「内心に響くぞ」という武器でさえも脅迫扱いにされる昨今では質の悪い生徒に言うことを聞かせるというのはほとんど不可能です。

情操教育が家庭の責任とはいえ、やはり社会生活という観点では学校で学ぶべき点も多々あるのもまた現実で、学校とは勉強を教えるところであると同時に、動物を人間に進化させる施設です。

「話せばわかる」「気持ちは伝わる」というのは人間同士でしか関わったことの無い人の言い分で、もともと違う生物に対して会話の意思疎通は不可能です。

こんな教育体制が続けば、いずれ学校はすべてネット配信に・・・というかもうそういう学校は一般生徒の為にも授業はネット配信、部活などの課外活動や定期テストのために登校で良いんじゃないかと思います。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.01.19更新

執筆の話が浮かんでは消えたのをきっかけに
今まで読まなかった本も読んでみようと思い、
『貴方も稼げる』という系統の意識高い系の人達が好みそうな本をちょっと読んでみました。

感想としては
数冊読んだだけの印象ですが、
社会に対して手厳しいことを書いている風ですが、その実態は読み手に対しての癒しでした。

社会システムの問題点を指摘する⇒自分たちはこのように成功している⇒皆さんも少し視点や行動を変えるだけで成功できる⇒儲かるという結果が正解だ

だいたいこんな流れが多かったんですが、その中で読み手に対して「自分は才能あふれる人間だ」と思わせる書かれ方、描かれ方と言っても良いかも知れません。
つまり勉強になるという意味ではなく読んでて心地よくなる本が売れてるんだろうなと思いますし、その心地よさは自分の中から出てくるもの、つまり自分は成功できると思わせてくれるのが売れるんだろうなと思います。

つまり共感と容認(承認)です。

単純な癒し系の本は『貴方はそのままで良いんですよ』と堕落に罪なしとする手法で現在を合法化することで癒されると感じますが、ビジネス系の本では少し手法が違って『自分は実は才能がある、成功予備軍だ』と思わせることで忸怩(じくじ)たる現実、ままならない現実から才能のある自分を自分自身で認められる。
という手法のように感じました。

もちろんそれで実際に成功して良ければとてもいいと思うんですが、僕の周りの意識高い人というかビジネス書を読み漁っている人って、だいたいリピーターという印象です。
読み物として好きで読んでいるなら正しい姿勢だと思いますが、成功するために読んでいるのだとしたら実に効率的な顧客に過ぎないということになってしまいます。

ビジネス書を出す人というのはだいたい『仕事のできる人』ですし、結果も出している人です。
しかし世の大多数の人は『そこそこ』『そうでもない』『ダメ人間』がほとんどです。

超人の話で無意識の慢心に陥り足元をすくわれる人たちを数え切れないほどに見てきた立場から言わせてもらえれば、本当に真剣に頑張れないなら別の道を選ぶか背伸びはしない方が良いと思います。

努力で最も重要なことは量でも質でもなく【方向】です。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.01.18更新

先日友人から「大きいドローンを飛ばす時って許可がいるの?」と聞かれまして、
行政書士といっても得意ジャンルはみんな違っていて、特に僕の事務所は免許取消の回避、軽減が主軸ですが、それ以外の業務としてはDVでの離婚、虐待児童の保護、ストーカー対策、いじめ解決、墓じまいや散骨などなど、まぁおよそ一般的な事務所で取り扱うことの少ないものばかりです。

なのでドローンに関しても自分で触ったことも無いので気にしていなかったんですが、ちょっと検索してみると、なるほど大きさによって航空法の規制対象になるものとならないものがあって、規制対象になった場合は許可を取らないと飛ばしてはいけないということのようです。

ただ今現在という意味では僕の事務所はドローンの飛行許可については素人と同レベルですので友人には「いっぱい出てきたから、うちに頼むメリットは無いと思うぞ(笑)」と答えました。

さて、不況不況と言われて久しい現代ですが、それでも新しい仕事や新しいジャンルというのは常に生まれています。
行政書士の業界でも今後施行されるであろう移民政策に伴い、外国人の在留関連の仕事は注目されているようで地域の行政書士会でも研修を開いたりしています。

ちなみに僕の事務所はこういった移民業務には関わりません。
理由としては在留資格などの専門性の高い業務に関しては既に取り扱っているノウハウも確立している事務所が【顧問先に就職する人】を担当したり、公的機関から紹介されたり、『一般の人にとって受けやすいサービス』として存在しているということと、経営的な観点からいえば僕が他の業務を減らしてまで今からにわか仕込みの新規参入をしても問題のある依頼者に当たる危険性が非常に高いということです。

一気に数が増えれば必ず質は下がり、この法則に例外はありません。
裾野が広がれば頂きは高まるともいえますが、人間の行動指針の裾野はまず下方向に広がるということもまた現実です。

ですので僕は
自分では取扱いをしない業務であっても『ちゃんとできる人との横のつながり』を持っておくのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.01.17更新

こちらはトレーニング中に飲むBCAAドリンクのメーカーで人気のEXTENDというところが出しているプロテインなんですが、

海外のプロテインって尋常じゃないほど甘いのが多いんですが、ここのBCAAドリンクは効果ももちろん、味も一級品ですのでちょっと期待してたんですが・・・

やっぱり強烈に甘かったです(笑)
某サイトのレビューには「マッ〇シェイクのような味」と書いている人もいましたが、
確かに表面的というか、ファーストコンタクトはそんな味ですが、一瞬遅れてケミカルフレーバーというかちょっと鼻に付く別種の甘さがやってくるんですよ(^_^;)

もうほんとに
向こうの人の味覚を疑うレベルというか、
日本のプロテイン持って行ったらバカ売れするんじゃないかと思う程です。

ちなみに僕の事務所では従業員の福利厚生の一環としてプロテインは飲み放題なんですが、
美味しくないのは減らないので僕が主に消費することになるのです・・・

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.01.16更新

『男の嘘はすぐバレる』などと言いますが、
正確には【女性は微妙な変化を見抜く力が男より強いので、女性に対する男の嘘はすぐバレる】です。

例を挙げると
同棲しているカップルで
彼女が彼氏の浮気を疑っている場合です。

彼女「A君最近帰るの遅いよね?」
彼「ん?最近残業多くてさ~ゴメンね。」
ここで終われば良い話なんですが、かなりの割合の男はここから余計なことを言ってしまいます。

彼「ほら、B子も知ってるあいつ、C田のやつが取引先でやらかしちゃってさ、それでうちの部署大変なんだよ。」

彼女さんは【遅い】という時間に対してしか質問をしていませんが、彼は『理由』の部分を話しています。
これは往々にして彼氏側には遅れる理由に関して聞いてほしくない部分があるということで、そこに対して先手を打ったつもりになっているわけです。

まぁこれは極端な事例ですが
【嘘を言う人は聞かれてないことを自分から説明する可能性が高い】という法則を知っておくだけでも、社会生活でかなり便利になるものですよ。
もちろん本当のことを言ってる場合もありますのでいきなり疑ってかかるというのは良くないですが、この事例の彼女の場合はそもそも疑ってるんですし、彼もそれを分かっているはずですからより一層聞かれて不味い部分を何とかしようと思う可能性が高いということです。

とはいえこの法則は子供のころから大なり小なりあるもので、
悪ガキが何かを盗んで自分の机の引き出しに隠したとしましょう。
親「〇〇どこやった?」
ガキ「知らない・・・机の引き出しに一番上になんて隠してない!」
親「(笑)」
ってな感じです。
でもこういうことを言うのは大抵男の子ですので、
やっぱり男の頭ってあまり成長しないってことなんですよ(笑)

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.01.15更新

毎年今くらいの時期になると年賀状の整理をします。
主な作業としてはこちらから出した年賀状があて先不明で返送されてきたもののチェックなんですが、
単に引っ越したのか、個人の方だとそれ以降行く先を追うような無粋な真似はしませんが、仕事関連の会社や事務所の場合は移転や統廃合の場合もあるので一応HPくらいは見てみることも多いです。

そして行政書士事務所や司法書士事務所などの士業関連については廃業しているところも多く、一般的な会社でも5年経過すればほとんど残っていないという現状で考えればまだマシとはいえ、講演会で偉そうなこと言ってた事務所が倒産しているのを見ると・・・・小市民な僕は正直「ざまぁ」って思いますが、見た目の羽振りの良さを信じてコンサル受けてた依頼者にしてみればたまったもんじゃないですよね。

こういった事例を見る度、宇宙一を公言して業界トップというポジションに甘んじることなく向上しないといけないなと襟を正しているのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.01.14更新

今回ご紹介します軽減処分書はこちら

軽微な違反の2点×2で4点、そこに50キロ以上の速度超過で12点、合計16点で免許取消の基準に該当した案件で、パッと見はよくある軽減事例です。

ちなみに僕の事務所にとってはこの違反状況だけならベストな方法が実行できる御依頼者様ならほぼ100%に近い軽減率です。

しかしこの御依頼者様の場合、この後にまた6点の速度超過をやってしまいました・・・
『短期間で同じ違反を繰り返すこと』はその違反の常習犯として悪質運転者と評価されてしまいますし、この6点を加算して22点でも1年間の取消期間の範囲内とはいえ、その範囲内ではより悪質性が高いということになります。
そしてもちろんですが『取消基準に到達後、更に違反を重ねた』訳ですからこれは中々に軽減へのハードルは上がってしまいます。

こんな時に僕の事務所の場合どうするかというと、
『16点までの累積点数で取消処分』にしてもらい、その時点で180日の免許停止に軽減された後に免許停止の処分歴1回+速度超過の6点で90日の免許停止にすれば、免許停止期間は180日+90日⇒短縮講習を受けた後で考えれば100日+45日と免許停止を2回受けることになるものの免許停止は免れるということです。

最終的な決定まではまだ気は抜けませんが、一番大きい山はクリアした感じです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.01.13更新

トレーニングの合間にはパーソナルトレーナーの先生と格闘技談議だったり筋肉トークが常ですが
先日のテーマはマットで頭を打つことについて。

キックボクシングの試合でも倒れた時にマットで頭を打つことが結構あるそうで、これってアマチュアの試合を見ていてもただ転んだだけなのに、首が座ってない感じでマットに頭を打ち付ける選手は結構います。
それで意識飛んでしまって負けてしまったプロ選手もいます。

さて、ボクシングやキックボクシングなどの打撃格闘技で不幸にして亡くなってしまう原因としては直接打撃によるのももちろんですが、倒れた時にマットで頭を打つことも比率としてはかなり多いです。
柔道で死亡事故になるのも同じく畳で頭を打つことです。

最近の・・・という言い回しは古代から使い古されてきているとはいえ、最近の子供は『転ぶ』機会が格段に減っていることは明らかですので衝撃を小さくする転び方というものがあまり身に付いていないのは方々で散見されますし、柔道が危険だという声は確かにありますが、受け身というのは『頭を打たない技術』なんですから最低限受け身の授業だけはやるべきで、マット運動ももっと頻度を増やすべきだと思います。

死んでしまう可能性を下げることこそ真の護身という意味での武道の一態様なのですから、必修科目としての意味合いも強まってくるはずです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.01.12更新

今日は仕事用の車の定期点検に来てますよ。

僕は車でもバイクでも基本的に正規取扱店で買います。
自分で整備はしませんが、定期点検以外にもオイル交換の時にでも結構まめに見てもらうようにして、少しでも交換した方がいい部品なら交換しますし、ヘタりを指摘された部品は大抵その場で交換してもらいます。

不具合についても可能性の時点で対策を立て、改善が見込めるなら部品交換、オイルなど消耗品の交換サイクルもメーカー指定よりも短く取っています。

この方針は仕事用でもプライベート用でも同じで、人によっては過剰整備という人もいますしディーラーのカモという人もいます。

しかし仕事で使用する車は万が一にも止まってしまう可能性を0に近づけなければなりませんし、用心にし過ぎということはありません。
プライベートの車でも同じで、僕にとって自営業というのは仕事プライベートは直結しているものですし年中無休24時間対応の事務所ですからいつでも対応できなければなりませんし、念を入れなかったことによって御依頼者様に迷惑をかけるわけにはいきません。

仕事でも遊びでも「今できる目一杯」突き詰めればたったこれだけのことなんですが、普段の生活でも意識することでアクシデントが起きても自分で納得ができるように思うのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

まずは無料の電話相談

03-6356-7386または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-6356-7386
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384