メールで無料相談  gseiki_shotgun@ybb.ne.jp クリックでメールソフトが立ち上がります
header_img02.png
公式ブログ 毎日更新

内村世己 年中無休の業務日報

2019.02.24更新

売れっ子ホストと格闘技

僕が現在所属しているヒデズキックは西新宿という場所柄か夜の仕事の人もけっこういまして、その中にはホストもいます。

というのもホストの格闘技大会というのがあって、そこに出場するために練習しているって感じですが、そういうとことの人はやっぱり負けず嫌いが多いのか、結構一生懸命頑張っている子も多いのです。

さて、
野生動物にとって唯一絶対の価値観は『強いこと』です。
理由は単純に生き残る為、そして子孫を残すためで、人間も原始時代には大差なかったはずで、
強くなることの目的を繁殖=モテるためと定めた場合、現代社会ですでにモテている人にとって強くなる意味合いというのは本来薄くなるはずです。

そしてホストという職業ですが、モテることが仕事です。
ただし肉体的な強さでモテるのを狙うというより雰囲気だったりトークだったり、どっちかと言えば知性とか精神面といった感情面の刺激でリードするものですが、それでも本来の目的とは重なりにくくても強くあろうとする姿勢というのは、やはり肉体的な強さを求めるのは雄の本能なのかもしれません。

そんなホストの一人朱美です。

最初は全くの初心者ですので当然上手いはずはありません。
聞くとホストの試合に出るということでしたが、試合が終わったら来なくなるホストも多い中真面目に頑張っていました。
なんだかんだ言っても強くなるための練習をするときついのは事実なんですが、この朱美『痛い、キツい、苦しい』を絶対に言いません。
通常クラスが終わっても懸垂したり腕立てしたりと自主トレに励みます。

そういう頑張ってる姿を見ると微妙な修正で一気に伸びるポイントを指摘してあげたくなるもので、
素直な性格もあって教えたことをすぐ実行し、今のローキックなんてかなり痛いです・・・防具なしで普通の人を蹴ったりしたらしばらく歩けなくなるレベルです(笑)

ちなみにこの朱美はグループ全店で売上1位の最高記録保持者で、歌舞伎町でトップクラスということはそのまま日本のトップクラスでもあります。
そこまで行ってるのであれば本来ならわざわざ苦しい思いをする必要はないはずなんですし、専属のパーソナルトレーナーを付けてトレーニングすることだって可能なはずですが、それでも一般練習生と同じメニューをこなし、プロにも果敢にスパーリングを挑みます。

そんなある日の練習後の足を本人に許可もらって撮影してみました。

一生懸命サンドバッグを蹴り込んだ足はマメがつぶれて出血しています。

傍目にはチャラいというイメージがあるかもしれませんが、
ごまかしの効かない世界でエクササイズではなく格闘技としてちゃんと練習してるのってごく一部です。

もちろんエクササイズが悪いということではなく、強くなりたいという目的を行動で実践しているということです。

肩書きとかイケメンとか金持ちとか貧乏とか、
強さと上手さ以外の何物も持ち込めない空間だからこそ、そこにいる奴は例外なくカッコいいのだと思うのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

まずは無料の電話相談

03-6356-7386または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-6356-7386
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384