メールで無料相談  seikiv8@hotmail.com クリックでメールソフトが立ち上がります
header_img02.png
トップページ

免許取消軽減ブログ

2019.02.27更新

運転手はそんなに悪いのでしょうか?

こんなニュースを見たんですが
路線バスが車いす客を拒否、千葉 「30秒で発車するので無理」http://news.livedoor.com/article/detail/16077577/

ネットでは運転手批判の大合唱ですが、僕はちょっとどうかなと思ってしまいます。
この運転手はマイクで「あと30秒で発車しますので」ということは言ってますが、「30秒で乗り込め」という指示ではなかったとのことです。
ということは発車までの時間は30秒だったとしても車いすを乗せてちゃんと固定したりするための時間を考えればかなり余裕を持たなければなりません。
あとはちゃんと「ごめんなさい」と謝罪しています。

そしてこの車椅子の男性は10分後のバスに乗れています。

ここでもしも男性が命に関わる緊急事態であれば救急車を手配しているでしょうし、10分後のバスに乗れたということはこの男性が被る実害は『10分』ということになります。
しかしバスの乗客の中にはこのバスでなければならない人もいるかもしれません。
そこで障害を持っている人だから優しくすべきだという論調もありますが、僕は障害を持っていたとしても自分でコントロールできる範囲のことは健常者と同じとして扱うことが尊厳を守ることにもつながると思っています。

時間に間に合わせることについて、自分の身に起こっている状況は千差万別で、健常者であっても何らかの怪我だったりアクシデントだったりで『時間に間に合わない』という現象は起こり得ます。

今回の車いすの男性にとっては『予定通り進まなかった』事かもしれませんが、1人の予定のためにルールを曲げることが他の全員に対して予定変更を強いることになってはならないと思うのです。
もちろん今回の30秒だの10分だのというのは小さいことですが、区切りの部分を緩めてしまうとルールに意味はなくなってしまいます。
これが途轍もない辺鄙なところでこのバスを乗り過ごしたら帰れない、地域としてタクシーも無い、厳寒の季節で死の危険もある、そのくらいなら他の人は緊急事態の助け合いということで多少融通は効かせるべきだと思いますが、少なくともこの事件に関してはただ単に『乗りたいバスに間に合わなかった』だけの話であって、外野が野次馬的正義漢で運転手を私刑にするような事件ではないと思います。

↓クリックで公式サイトへ
運転免許取消の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

まずは無料の電話相談

03-6356-7386または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-6356-7386
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384