メールで無料相談  gseiki_shotgun@ybb.ne.jp クリックでメールソフトが立ち上がります
header_img02.png
公式ブログ 毎日更新

内村世己 年中無休の業務日報

アーカイブ : 3月 2019

2019.03.11更新

手塚治虫の『リボンの騎士』といえばアニメ化もされました歴史的名作です。

そして今回採り上げますのは
『リボーンの棋士』
・・・正直なところタイトルを聞いた時には出オチのギャグマンガかと思ってしまったことを全力疾走で謝罪したい激熱作品でした。

表紙はこちら

テーマは将棋です。

さて、
将棋もやはり勝負の世界ですので格闘技などと比べても一戦の重みというか勝負の重さは同じですが、一部の格闘技ファンやモータースポーツファンの中にはプロ棋士などを一段低く見る傾向のある人がいて、その理由というのも『命懸けではない』だと僕も聞いたことがあります。

確かに格闘技は極論すれば相手の体を破壊する技術ですし、結果的に死んでしまうことや一生の障害が残ってしまうこともあります。
また、それは自分だけでなく相手の人生を壊してしまっても、家族から怨嗟の視線を向けられても受け入れるしかありません。

しかし僕は将棋も同じだと思っていますし、部分によっては棋士は格闘家よりも厳しい一面もあり、プロ棋士になるための【奨励会】では26歳になるまでに四段を取ってプロにならなければ強制退会という年齢制限があり、全国から集められた天才の中でさらに抜きんでなければルールによって挑戦する資格まで失ってしまいます。

ある意味何歳になってもチャンスだけはいくらでもある格闘技界よりも厳しい世界といえますし、そこで彼らが賭けているものは他の世界すら知らないままで年月を重ねていく自分の未来であって、いわば命そのものとも言えるのではないでしょうか?

主人公は実力もあり将来を嘱望されていたものの、勝負所で勝つことができず年齢制限で挫折した元奨励会員、29歳フリーターとして一般社会で生活しようとしていたものの、自分が何をしたいのか自分でも分からない、それでも表面上の笑顔を取り繕って毎日を過ごしていくうちに、やはり自分は将棋が好きなのだということに気付いていきます。

やがて町道場へ行ったり、アマチュアの試合に出場したり、
奨励会のプレッシャーの中では見えなかった将棋への思いも強まりアマチュアの大会に向けてもう一度立ち上がります。

その中で出会う将棋好きの同僚、自分と同じ将棋への思いを引きずる元奨励会員、練習のために参加させてもらった研究会のプロ棋士や現役奨励会員、そしてかつての同期たちや実力もありプロを目指したかったのに家庭のバックアップが得られずに夢を断念したアマのトップ棋士、違う夢に向かって進路を変更した元天才・・・
その中にはアマからもう一度プロになる道があることも示されます。

各人各様の思いが盤面を通じて生きることの意味を時に静かに、時に暑苦しく問いかける名作は将棋のルールが分からなくても面白いので、是非ご一読をお勧めしたいです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.03.09更新

はい、今日のヤキソバンは『ペヤングかき揚げ味』です。

ペヤングは時々和テイストを出しますが、個人的にはどれも完成度が高くて美味しい印象ですので今回も期待しています。

そして完成、

キャベツなどの具材は無く刻みネギと揚げ玉の後乗せかやくに集約されていて、ややとろみのある和風ソースは出汁の風味も合わせてほぼそばつゆの感じですが、細めのペヤング麺との相性も良く優しい味わいが美味しいです。

ちなみにタイトルで誤解する人もいるかもしれませんが【かき揚げ】ではなく『かき揚げ味』で、
揚げ玉の中には青のりなども混ぜ込まれていて全体としてかき揚げ味を演出しているのは何でもかんでも批判する人から叩かれるんじゃないかという心配はありますが、これはこれで一つの完成形として美味しいと思います。

あとは全体的に甘めな仕上がりなので、小袋で一味唐辛子なんかがあればいいアクセントになったなと思います。

これはリピ有りの美味しさでした。
ごちそうさまでした。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.03.08更新

UFCや大晦日のライジンなど
格闘技のメジャーリーガー、ストラッサー起一選手です。

デカいし強いし、そして動物好きな好漢です。

ちなみにこの日の練習後の雑談テーマは
ファミマの『アーモンドクッキーツイスト』が美味しい
最近見たVシネマが面白かった
ポテチの『しあわせバター』が美味しい
練習後に食事に行った〇〇〇〇〇〇〇が酷かった(笑)

あとは筋トレの話が少し入るだけで、普通の人が仕事終わりに話しているような内容と大差ないもんなんですよ♪

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.03.07更新

最近の傾向と言いますか、お父さんやお母さんも子供第一という生き方ではなく、自分のことも大切に・・・というよりもまず自分の幸せを最優先する生き方が賛美されてるような気がします。

少し前には子供のために人生をささげるようなお母さんの歌が袋叩きにあった事件もまだ記憶に生々しいところです。

でも、
僕はいつも思うんですが、
そういうのを叩く人って、自分よりも大切にしたい相手っていないのかなと思うのです。

そんな時、
新しい画期的な癌治療法を紹介するニュースを見たんですが、その費用は健康保険がきかないので300万円以上するのだとか・・・でもその値段に対して『高い』という表現が使われていることに僕は物凄く違和感を感じてしまいました。

沢山ある治療法の一つですので唯一絶対のものではありませんし、必ず治るものではありません。
しかしそれが最も効果が高いなら、命が助かるなら300万円という値段はむしろ破格の安さだと思います。

もちろん金額の絶対値として誰もが右から左にすぐ用意できる額ではありません。
しかし3000万円なら文字通り選ばれた一部の人しか用意できませんが、300万円ならむしろ普通に生活できる人なら用意できないということなど無いと思います。

仮に、僕に奥さんとか彼女とか子供とか、自分よりもずっとずっと大切な人がいて、その人が生きるか死ぬかの瀬戸際だったなら、ある金額が必要で手持ちがそれに足りないならバイクも車も服も時計も売却します、土下座して頼み込めば普通に付き合ってる友人なら1万円くらいは貸してくれるでしょう、余裕のある友人なら5万円くらいは貸してくれるかもしれません、たとえ返ってこない見込みが大きくてもです。

情けない姿ですよね、でもそれで大切な人が助かるなら安いものです。

アウトロー漫画でよく聞く『腎臓売って300万円』・・・即決しますよ。

『AVに出る』そんな映像が永久に残るくらいどーってことはありません。

それで助かった大切な人を「好きな人がプライド売ってまで助かりたくなかった。」と悲しませるかもしれませんし、軽蔑されるかもしれません。
ですが、いなくなってしまったら嫌われることさえできないんですよ。

ただ、代わりに死んでしまうという選択肢については
息子だったり娘だったり、世代をつなぐ相手に対しては躊躇なく自分が代わりになりますが、
奥様や彼女のような同じ時間を歩いて行く相手に対してその選択はしません。

それは一人にしてしまうことの辛さを味あわせたくないから。
いつか死んでしまうことだけが避けられないなら僕の方が見送る側でいたいからです。

こういう気持ちって洋の東西歴史の今昔を問わず共通のものだったはずです。
例えばポルトガルには『恋人たちのハンカチ』というお土産があって、ハンカチにいろんな刺繍が施されて図柄や言葉などにそれぞれ意味があるというものですが、これの元々のいわれってプロポーズの申し込み方だったそうです。

男性は意中の女性に「自分のためにハンカチを作ってほしい」とお願いします。
女性はOKならハンカチを作って、いろいろなメッセージなどの刺繍を入れて渡します。
この時点でお互いの婚約は成立です。

そしてその男性が、もらったハンカチを首やベルトなどに巻いたりして外から見える状態にしておくことで周囲の人もそのカップルが婚約していることを認識するそうです。

めでたく結婚しても男性はずっとそのハンカチを大切に持っています。

そして一番大切な人の最期を看取ったとき、感謝の気持ちとともにそのハンカチを顔にかけてあげます。
それは大切な人に寂しい思いはさせないという気持ちの表れでもあるのですよ。

自分よりも大切な人がいるっていう気持ちを表現が気に食わないっていうだけで木っ端微塵に叩き潰すまで過剰反応し続けるっていうのもある意味優しさを見失った世の中かと、僕はほんの少しだけ危惧してしまうのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.03.06更新

本日の漫画は【失踪宣言】

柔らかい絵柄ですが、なんだか心の闇というか・・・どこか寂寥感を感じさせる表紙ですね。

大まかなストーリーは
主人公坂本あゆみ24歳、大学卒業後中小企業に勤務し、朝は誰よりも早く出勤、夜は残業でだれよりも遅く帰宅、休日は疲れて寝ているだけ・・・そんな毎日の話に対して同窓会で尋ねられた「それって楽しい?」の一言をきっかけにして【楽しくない自分、楽しみ方が分からない自分】を自覚してしまいます。

何もない自分ではあるけれど死にたいわけじゃない、生きて楽しくなりたい・・・と思いながらも誰にも迷惑をかけないで社会から消えてしまおうと思い立った彼女は【失踪】を計画します。

しかし行先をどうしようかと旅行雑誌を読んでウキウキしてしまったり、サバイバル能力を鍛えようと検証で当たったテントを張ろうと悪戦苦闘しますがその時の表情は今までの彼女とは打って変わって明るい笑顔になっています。

ただ、計画と計画の合間にはまた現実に戻り、
準備していることの必要性を自問します。

体が鉛になっていくような寂しさと苦しさに苛まれながらも
『失踪の計画』のために起こした行動で今まで気付けなかった景色に気付き、また現実に戻って自分の心を傷付けます。

自分はなぜ失踪したいのかという根源的な自問自答を重ねながらも、目標を決めて計画を立て、本来後ろ向きな行為のはずの失踪なのに、それに向かって頑張ろうとする前向きな気持ちになっていき、二の足を踏み続けながらも少しずつ目標に近づいていきます。

消えたい願望を満たそうとする行動がますます自分を色濃くしてしまうのも皮肉なものですが、自分の中で気持ちに整理も付けつつあったとはいえ、物語終盤までまだ彼女は自分の本心が分かりません。

最後の彼女の選択に関してはネタバレになるので書けませんが『自分とは何か』みたいな問いかけを現実の生活に落とし込む心情を描き出すという点で、非常に秀作だったと思います。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.03.05更新

僕は革ジャンなどの皮革製品が好きなのですが、
体型が個性的ですので既製品だとまぁ着られません。

かといって大きめサイズを詰めてもバランスが悪くなってしまいますので、ほとんどの場合オーダーで作ります。

今回作成したのは革パンです。

斜め上から撮ってるので足が短そうに見えますが、足の長さは標準的です(/ω\)

よくオーダーで作るというとお金持ちのような印象がありますが、海外の革ジャンをオーダーすると涙ぐむレベルの値段になりますが国産メーカーであればトップブランドでもそれほど高額になるわけではなく、シルバーコンチョとかを付けたりしなければ十分現実的な値段に落ち着きます。

そして作る場合の特典として、サイズだけではなく細かい仕様も自分好みに仕上げられますが、今回の革パンの場合

お尻のポケットって僕は常々「使わないよな・・・」と思っていたのでポケットは当て革のみにして本来のポケ口部分にはジッパーを取付け、暑い時の廃熱ダクトにしています。
ついでに左右のポケットもほとんど使わないのでメッシュの裏地をそのままポケットにして手を突っ込んでパタパタすればいい感じに熱い空気が抜けていく構造になっています。

こういうのはどこにも売ってませんし、素材の時点で好きなものを指定できますし、体型が変わったとしても微調整が効きます。

もちろん丈夫ですので10年以上余裕を持って使えます。

そう考えると僕の考え方としては、最も自分好みの服になってずっと使えるのならオーダーで作るという行為はむしろ安いと思うのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.03.04更新

人手不足で24時間営業が大変になったので勝手に営業時間を短縮したコンビニオーナーに対して本部が違約金を請求したとかでニュースになってました。

さて、ニュースではなんだか横暴な本部に過重労働を強いられている可哀想なオーナーという図式で報道されていますが、少なくとも同じ経営者というポジションの僕にしてみれば
『今まで本部や他のオーナー達が24時間営業で頑張って構築してきたブランド力を使いたくて自分の意思でフランチャイズ申し込んで契約書も交わした⇒経営難に陥りました⇒でも看板は使いたいから契約書なんか無視してこっちの都合に合わせて好きなようにやらせてよ』としか聞こえないのです。

好きなように経営したければ自分の看板と器量でやればいいだけで、美味しいところは使いたいけど大変なところはやりたくないというのはどうかなと思います。

まぁ本部からの違約金というのも半ば反撃の意図があるのかもしれませんが『嫌なら辞める』『約束を守れないなら辞めさせる』ただそれだけで良いはずで、年齢的や体力的に厳しいというのであれば職業選択の自由はあるのですから自営業という選択をすべきではありません。

厳しい言い方ですがこんな要求が通るようであれば『契約』というものに意味は無くなってしまいます。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.03.03更新

僕が現在所属するヒデズキックにはいろんな選手がいますが、
彼もそんな一人、ゆーまです。

おっと、この写真は随分昔・・・小学生くらいの頃ですね。
この時には少し太り気味だったことと引っ込み思案な性格を治したいということでお母さんに連れられて入門しました。

その後も人見知りながらも意外と物怖じしない性格はプロ選手にも可愛がられ、体型もスリムになりプロ練習にも付いてくるようになり、

一線級の先輩たちとの技術トークや

格闘技のメジャーリーガー、ストラッサー起一選手にも可愛がられています。

そんなゆーまですが、今回の道場間交流戦に出場することになっていました。
しかし対戦相手が負傷欠場、残念ながら試合は無くなってしまうところでしたが、
せっかくなのでと某格闘技の国内トップ選手が対戦相手に名乗りを上げてくれました。

もちろんガチではなくエキシビジョンという感じですが、相手が合わせてくれるという意味であってゆーまにとってはガンガン行って構わない類のエキシビジョンです。

事実上急遽決まったような試合なので緊張しているかと思いきや、いつもとそれほど変わらないゆーま、
しかも三好会長には「思いっきり行っていいですか?」とのこと・・・

緊張はしているものの静かに熱く、ちゃんと自分を制御できている感じです。

そして試合が始まると、やはり技術的なレベルでは大きく水をあけられてはいますが、それでも何発か良い攻撃を当てていますし、なにより痛みで引くということがなかったこと、そして強烈なパンチを効かせられても下がりません。

フルラウンドを通じて気持ちが萎えた場面はありませんでした。
試合後の対戦相手も「僕のパンチで倒れないって凄いですね、センスありますよ」との賛辞を送っていました。

勉強や人間関係で悩むこともあったし、将来の進路のことで悩んでいた時期もあったし途中不登校気味になったこともありました。
それでも周りに相談したり、自分で考えたり、今は大学も合格して将来の夢に向かって頑張っています。

そんな環境に対して「相談できる大人が周りにいたのは良かったね。」などと言う人がいるかもしれませんが、
真剣な頑張りはきっと誰かが見ています。
もしゆーまがずっと不貞腐れていたなら、周りは手を差し伸べたりはしなかったはずで、相談できる相手が見つかるということは、自分の周りにそういう人を引き付けられるように努力した結果でもあると思います。

格闘技を通じて人間的にも大きくなった姿を見る時って、色んな意味でやってて良かったなと思える瞬間でもあるのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.03.02更新

僕が携わってきたスポーツと言えば格闘技だけなので、
他のスポーツではどうなのか分かりませんが、少なくとも格闘技に関しては社会的に成功している人とか、サラリーマンでも営業成績の良い人とかの方が伸びる傾向があるような気がします。

これは何も天は二物も三物も与えているという不公平や、才能の有無などを論じているのではなく、素直に言われたことを実践できるのかとか、何事にも一生懸命に取り組むかの違いでしかないということです。

僕はこういう成長指数というのはどんなジャンルにも当てはまると思っています。
一方で何をやっても上手く行かない人というのもいます。

しかしどんな人でも何か一つくらいは結果出したものがあるはずです。
好きなものと言い換えても良いかも知れません。

そういうものへの接し方を他の分野にも当てはめれば『上手く行かないこと』というのはほとんど無いと思うのです。

上手く行く人と行かない人の違いは、ある行動が成功につながることを体験しているか、知っているのかというのが大きいのだと思います。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.03.01更新

意見の聴取に何度も来ていると、
毎回必ず一定の人数がいるのが『免許証を忘れてきた』あるいは『免許証を紛失した』という人です。
こういう場合は【発見したら速やかに持ってきます】という上申書を提出するんですが、実はこの時警察官は「この人は免許停止や取消中でも運転するかもしれない」と考えます。

そして結構な割合の人が実際に運転します。
中には免許センターの帰り道で運転する人もいます。
更にそんな無免許運転する人を早々と見抜いて、帰り道の途中や免許センターの門を出たところで「分かってるだろ?」と声をかけることもあります。

その日とりあえず忘れた事や、紛失したことにしておけば免許証という物体は手元に置いとけるんだから、それで運転してもバレないと思っているなら、実は警察はそういう人たちをチェックしているということを多少なりとも記憶の隅に止めておいていて欲しいところです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

まずは無料の電話相談

03-6356-7386または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-6356-7386
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384