メールで無料相談  gseiki_shotgun@ybb.ne.jp クリックでメールソフトが立ち上がります
header_img02.png
公式ブログ 毎日更新

内村世己 年中無休の業務日報

2019.05.19更新

信じるのではなく信じたい。

千葉県の小学生虐待死事件は本当に痛ましい事件だと思います。

そして両親の裁判も進んでいく中で色んなことが明らかになっていきますが、
直接手を下した父親はもちろんクズ野郎なんですが、
それを止めなかった母親にも非難の声が上がっています。

たしかに娘への暴行を止められなかったことは結果として重大ですし通報などの方法もあったはずですので批判される面も確かにあると思います。

しかしそれは安全な位置からだから言えることで当時の母親の立場でそこまで考えらえる余裕があったかとすれば・・・母親を弁護士するわけではありませんが父親からの度重なる暴力によって心まで折られていたとしても無理はないと思いますし、継続的かつ強烈な痛みというのは反発する気持ちまで萎えさせてしまい、思考を停止させてしまいます。

『心の傷は治らない』などと言われるように、
精神的な苦痛が心を蝕むように、体に対する痛みも心をより痛めつけていくのです。

そして父親を通報したとしても死刑や無期懲役にならない限り戻ってくるのであれば
なおのこと「どうしようもない」という絶望感に苛まれたとしても、現実的に仕方ない面もあったと思います。

それに助けられなかった事を誰よりも悔やんでいるのは母親自身だと『思いたい』です。
もちろん弁護側もそれを踏まえて情状戦略を敷くでしょうし検察側はそれを崩しにかかるでしょうから真実が出るのはまだ先、あるいは内心の真実など永久に出ないかもしれません・・・

一番の被害者が女の子であることは明らかですが
ただ母親もこれからずっと自分の選択を後悔して自責の念に苛まれるのですから、わざわざ外野が安全な立ち位置から溜飲を下げんがために叩く必要は無いと思うのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

まずは無料の電話相談

03-6356-7386または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-6356-7386
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384