メールで無料相談  gseiki_shotgun@ybb.ne.jp クリックでメールソフトが立ち上がります
header_img02.png
公式ブログ 毎日更新

内村世己 年中無休の業務日報

2019.05.30更新

集団からの個人攻撃は一種の免疫機能。

最近立て続けに頭のおかしい奴がとんでもない事件を起こしてますね。

こういった事件の後に犯人が勝手に自殺してしまった場合には必ずと言って良いほど「死にたきゃ一人で死ね!」という至極もっともな声が上がります。

さて、先日見たニュースでそういった声に対しての反論と言いますか、異質な人だからこそ社会全体で守ってあげなければ孤立させてしまうことになってより危険性が増すということでした。

なるほどそういう意見もあるでしょうけど僕は真っ向反論します。
古くは村八分などと言ったように共同体全体で個人を攻撃する風習もあったようですが、手段の是非は別にしてそれって全体から異物を排除することによって村=社会の安寧を図る趣旨、つまり社会的な免疫機能が暴走してしまった結果でもあったはずなんですよ、排斥される側に非があってはいけませんし、周りに合わないという理由だけでは単なる大規模イジメですが、今回の川崎殺傷事件の犯人は過去にも少なからず近所でトラブルを起こしていた人間のようですので、結果論に過ぎませんが徹底的に周囲から叩かれることによって自殺したとしたならその後の犠牲者はだれ一人いなかったということになります。

この記事の執筆者は社会的弱者に寄り添うことを生業としているのでこういった書き方になるのは理解できますが、真正の気狂いを社会全体で保護するように社会の在り方を代えても個人の人間性は変わりません。

イカれた1人を全体で保護することに社会のメリットはありませんし、保護するために近付く人にもリスクを押し付けてしまうのですから寛容論より感情論で切り捨てるあるいは少なくとも社会から隔離する方が社会の安全と、いわばその気狂いを犯罪者にしないという両面のメリットを実現できるはずです。

そういうことを言うと人権派の人達が沸騰しそうですが、無意味な作業にコストや社会的才能を浪費するのは歴史に無駄遣いを刻み込む行為に等しいと思うのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

まずは無料の電話相談

03-6356-7386または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-6356-7386
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384