メールで無料相談  seikiv8@hotmail.com クリックでメールソフトが立ち上がります
公式動画『免取りちゃんねる』 トップページ

免許取消軽減ブログ

2019.08.11更新

毎年似たようなことを言ってる僕ですが

この時期はだいたい甲子園の話がきっかけになることも多いですね。

僕は毎年似たようなことを話しているのですが、
やっぱり高校野球は2部制にすべきだと思うのです。

甲子園出場を本気で狙っているような学校って実際のところ全体の2~3割だと思います。

素晴らしい才能がありながら、ただその時期に体ができていなかったというだけで将来を失ってしまった選手のいかに多いことか、もちろん他のスポーツでも沢山あると思いますの野球だけの話ではありませんが、炎天下の球場や過密スケジュールなど商業主義の犠牲になった高校球児は枚挙に暇がないと思います。

そして地方予選で続出する数十点対0点という圧倒的な勝負はルール上ギブアップの存在しない球技にあってはもはやスポーツですらなく単なる虐殺です。

それに頂点を狙っている選手にとってはそうでない学校との試合は怪我や体調、あるいはスケジュール、もっと言えば勉強との兼ね合いと言ってもいいですが、現実問題として無駄です。
負ける方の学校にとっても公開処刑でしかありません。

ちなみにサッカーでも似たような試合展開はありますが、こっちも時間が来ないと終わらない分色合いの違う残酷さです。
もちろん頑張った結果が試合結果だというのは見ている側の意見であって、文字通り命懸けでやってる、授業料免許という待遇を自分の力で勝ち取っているプロ野球選手と一般の高校生が同じルールで戦うべきではありません。

ですので高校野球は甲子園出場ルートの1部トーナメントと通年の無理のないスケジュールででリーグ戦を行う2部リーグに分けて、甲子園大会も各地のドーム球場で持ち回りにすればいいと思うのです。

こういった弊害を感じる度
スポーツを主催する人たちがそのスポーツの事を本当は好きではなく、お金や権力、あるいは自分の発言力の方が好きだったりするんじゃないのだろうかと訝しんでしまうのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

SEARCH

過去記事はコチラからご参照頂けます