メールで無料相談  gseiki_shotgun@ybb.ne.jp クリックでメールソフトが立ち上がります
header_img02.png
公式ブログ 毎日更新

内村世己 年中無休の業務日報

2020.02.27更新

いつの時代も若者は信じられないほどの馬鹿な行動をするもの。

嘘か誠か、最近流行っている短い動画をアップできるSNSで『頭蓋骨粉砕チャレンジ』などというのがあるのだとか・・・

騙される側に仕掛け人の一人が前から「ちょっとジャンプしてみて」などと言ってジャンプした時に、後ろにいるも一人が着地寸前に足を払ったりして頭から落下させるという・・・・ほぼ殺人のような行為です。

このニュースが本当にはやってるものを取り上げたのか、もしろそんなことを流行らせようとするより悪質なニセ情報なのかは分かりませんが、こんな形で報道されるということはすでにいくつかの動画は確実に存在しているんだと思います。

さて、僕らが中学生くらいの頃にも『失神ゲーム』というのが流行りました。
これは頸動脈の血流を制限して、簡単に言えばそこまで苦しくない程度に首を絞め、格闘技でいう『落ちる=失神』状態にするという遊びですが、これも少し社会問題になりました。

理由は簡単で死ぬ、あるいは障害が残る可能性があるからです。

脳の血流を止めるというのは脳へのダメージはかなり大きいのと、意識がなくなって倒れた時に頭を打つ危険性もあります。

格闘技では頭部への打撃によって命を落とすことも有りますが、実際にパンチやキックが頭に当たることによって死んでしまうのはごく少数で、死因として『頭を打つ』場合は立った姿勢から倒れる際に既に意識がなく、イメージ的にはタオルなどを振って引くときに先が加速するような感じで頭を打ち付けてしまうことがほとんど、つまり今回のような馬鹿な行為によって床で頭を打つというのは格闘家でも死亡率の高い状態を意図的に作り出しているということです。

個人的には格闘技業界だからこそ、あるいは格闘技経験者だからこそ、こういう蛮行に警鐘を鳴らさなければと思うのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

まずは無料の電話相談

03-6356-7386または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-6356-7386
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384