メールで無料相談  gseiki_shotgun@ybb.ne.jp クリックでメールソフトが立ち上がります
header_img02.png
公式ブログ 毎日更新

内村世己 年中無休の業務日報

2020.03.23更新

煽る心理と煽り続ける心理の違い。

先日ニュースで煽り運転をする心理というかドライバーの傾向として、
1:行き過ぎた正義感
2:高級車に乗った凡人
3:時間的余裕がない。
4:煽りそのものを楽しむ悪質運転者

など、細かく分ければいくらでも細分化できますが、
本当の最も大きな要因は【暇だから】ということに尽きると思います。

例えば
仕事で急いでいるから制限速度で走行している人をどかそうと思ってパッシングしたりしたとしても、あくまでも第一目的は目的地に早く着くことなんですから先行車がどけば目的達成です。
他に優悦感を感じたいというのもほとんどはどかせれば終了で、それ以上煽り続ける理由はありません。

また煽ること自体が目的だとしても煽った結果どうなるのがゴールかには個人差がありますし、それを実行するために必要なのは『空き時間』です。

つまり要するに
人間は暇になるほどロクなことを考えない、というのを地で行ってるのが煽り運転の犯人たちです。

それでは煽られたらどうするか?
これも個別の事案で対応するしかありませんが、個人的には高速道路上で止められて気狂いが降車してこちらに迫ってきたら、多少ぶつけても安全を確保する距離まで走行しても良いと思います。

ちなみに故意もしくは故意に相当する状況で人身事故を起こしてしまった場合、運転傷害という違反になり、軽傷でも45点以上が付されてしまいますし、そこで現場から離れてしまった場合はひき逃げで+35点になる危険性もあります。
ただし、この場合も処分が軽減される場合と絶対に軽減されない場合がありますので、ちゃんと正しい知識と正しい行動を把握している専門家に依頼するのが重要です。

もちろんすぐに通報するとかそれ以降の対処は必要だと思いますし、ある程度のグレード以上の車=頑丈な構造も安全装備の一つとして有効だと思います。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

まずは無料の電話相談

03-6356-7386または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-6356-7386
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384