メールで無料相談  seikiv8@hotmail.com クリックでメールソフトが立ち上がります header_img02.png
公式動画『免取りちゃんねる』 トップページ

免許取消軽減ブログ

2020.05.24更新

『弱い』ことは『悪い』こと

某県での意見聴取にて、

僕と同じような業務をしている事務所というのもいくつかありまして、中には依頼者様に対して偉そうなことを言ってる事務所も散見されます。

で、先日とある事務所の代表らしき人が、あたかも「その県警本部では自分は顔である」みたいなことを話していたのを聞いたので、後日その警察本部運転免許課の偉い人に「〇〇事務所の△△先生ってよく来ます?っていうか知ってます?なんか担当警察官には顔パスっぽい物言いだったんですけど」と尋ねてみると「?誰それ?っていうか顔と名前で一致するのって内村先生と内村事務所のスタッフさんだけだよ(笑)」とのこと、ちょうどその時すぐ近くで自称専門家っぽい法律系有資格者が完全に間違った主張をしていて「みんなあんなのばっかりだから先生のところで研修会とかやってよ(^_^;)」という話になりました。

僕からの回答は「そうしたいのは山々なんですが、天才か異才か超人にかできないのでやり方聞いても実行できないんですよ(笑)」でした。

ただその時に見た人の主張も法律論で大間違いというわけではなかったり、ある意味昔から伝統的に使われている手法だったりするんですが、例えば格闘技で強くなるためのトレーニング方法として考えれば『大間違いとまではいえない・・・かもしれない、ただ勝つための練習としては根本的に間違っている』というのが他の人も含めた総数の中で半分くらい、あとの半分はまるっきり完全に間違ってるもので、どのくらいズレてるかというと『格闘技に大切な瞬間的かつ戦略的な判断力を養うため』という目的で一生懸命詰め将棋を練習するくらいです。

当然処分が軽減されることなど無く、そんな人に依頼したのはその依頼者ですので仕方ないといえば仕方ないのですが、そんな人の中にも2割くらいは正しい方法を知っていれば免許取消にならなかったであろう人が含まれているのがとても残念なのです。
もちろん全くお話にならないというか、受任することが仁義に反するような処分対象者もいましたので、もしかしたらそんな人は僕の事務所に問い合わせて断ったのかもしれませんが、それでも正しい方法を使えばほぼ100%軽減されるのに、間違った行動によって0%になってしまう人を見ることも少なくないのです。

それは法律論でいえば間違っていない、格闘技でいえばルールは理解しているしトレーニング方法も間違ってはいない、ただ試合で勝つ方法を知らない、それはつまり単純に弱いということに他ならないのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

SEARCH

過去記事はコチラからご参照頂けます

まずは無料の電話相談

03-6356-7386または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-6356-7386
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384