メールで無料相談  gseiki_shotgun@ybb.ne.jp クリックでメールソフトが立ち上がります
header_img02.png
公式ブログ 毎日更新

内村世己 年中無休の業務日報

2020.07.27更新

通報義務は双方にあります。

最近ウー〇ー〇ーツと車の間の事故動画というのが結構な話題になってるそうで、僕も見てみたんですが車の間をすり抜けて横断しようとしているウー〇ーの自転車と車が接触するというものでした。

事故状況から言えば車の方は完全に当たられた側で、その後ウ〇バー側はどこかに行ってますから『ウーバ〇側の当て逃げ』と言える事故ですね。

しかし事故の報告義務というのは加害者も被害者も同様に存在しているので(その後どうなったかは動画には残っていませんが)もしも車側がこの後通報せずに現場を離れてしまった場合、自転車側が「怪我をした」と言い出した場合は車側には交通事故の負傷者に対して救護の措置を講じなかったということで『救護措置義務違反=ひき逃げ』になってしまう場合もあります。

これと似たような事例で、小さい子の自転車に当たられて、その子が走り去ってしまった場合、自宅で両親が「車に当たった」と聞いて通報した場合や目撃者が通報した場合もやっぱりひき逃げになり、ひき逃げの35点+相手の怪我による付加点数という恐ろしい点数になってしまうことも有るのです。
さらにこれを悪用して、現場では何ともないようなそぶりをしておいて後から「ひき逃げされた」と通報して「俺が○○○○したらお宅ひき逃げになっちゃうよね?・・・3年とか4年とか免許取消になったら大変だよねww・・・まぁそれだけの話だから(笑)」と【誠意の単位は円】というのを地で行く当たり屋もいたりします。

もちろんそれによって当たり屋として検挙される自称被害者もいますし、一旦はひき逃げになったとしても内村事務所の御依頼者様のようにその後の進め方が適切だったために全く何も無しになった人もいます。

通報も含め、ルールを守るということはルールからも守られるという事なのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

まずは無料の電話相談

03-6356-7386または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-6356-7386
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384