メールで無料相談  seikiv8@hotmail.com クリックでメールソフトが立ち上がります
header_img02.png
公式ブログ 毎日更新

内村世己 年中無休の業務日報

アーカイブ : 8月 2020

2020.08.31更新

本日ご紹介します漫画は自分にとってはある意味伝説の漫画が『完全版』として復刊していましたこちら。

【飛ぶ教室 完全版】です。

さて、
この漫画を覚えている人はどれだけいるでしょう?
ジャンプ黄金期に連載されていた漫画ですが、核戦争後にシェルターに取り残された小学生とその担任の先生というのは当時の読者層にはかなりハードルが高かったのかもしれませんし、米ソ冷戦の時代にはテーマ的に結構危険だったのかもしれませんが、連載は僅か15回で終了してしまいました。

しかし今風に言えば終末ものとして、また先生と生徒の関係など、現代的な見方だとアウトな表現も沢山ありますが、核戦争⇒シェルターに避難⇒物資を調達してサバイバル⇒連載終了時の第1部までと、それ以降のストーリーを描いた描きおろし版については滅んだ後の世界を描いたストーリーなので全滅ENDでない限り本当の意味での完結というのは存在しないのですが、それでもフレッシュジャンプに掲載された読み切り版も合わせ当時のモヤモヤした感覚を払拭できる一冊には仕上がっていると思います。

また、あとがきで語られる当時から現在までの様子も著者にとって本作がどれだけ大きな意味があったのかが感じられるのも良かったです。

紙の本は斜陽産業などという向きもありますが、
こういう時代だからこそ昔の名作がもう一度日の目を見られるということでもあるのだと思います。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.08.30更新

【アメリカで黒人が警察官に後ろから発砲されて重体】というニュースが世界を駆け巡りました。
それを受けてデモが起き、スポーツ選手が試合をボイコットしたり、様々な抗議活動が発生していました。

この部分だけを切り取れば「白人の黒人差別が現れたものだ!」という怒りの声が出ることもある程度わかります。

しかし一方では
・そもそも警察官は家庭内暴力で通報を受けて出動
・被害者は警察官からの静止命令を無視
・車に乗り込もうとしたのか中から何かを出そうとしていたは不明ながらそういう動きがあった
・結果論ではあるが車内からはナイフが見つかった

また別方向からの情報では被害者にはレイプ、DV、警察官に銃を向けた前科もあったとのこと・・・

今現在すぐに見つかる情報としてはこんな感じですが、実際現場にいたわけではない僕にとってはどれが本当かというのは分かりません。

そして、情報には必ず発信者の意図が入りますが、この『意図』で最も大きな割合を占めるのはほとんどの場合【感情】だったりします。

白人憎しや警察嫌いといった発信者の意図=感情でもあり、不満という感情のはけ口にしようとする受信者側の意図だったり、テレビでも同じような現象はありましたが、ネット社会になるとおそらく情報との距離が近くなったように感じるせいか、より感情のアップダウンが大きくなっているような気がします。

ですので僕はニュースも含め情報に触れる時は発信者が誰かということを必ずチェックするのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.08.29更新

今回の御依頼は
信号無視2点と速度超過3点で5点の累積の後に準中型トラックを普通免許で無免許運転25点、
更に困ったことに無免許運転の後にも厳罰化された携帯電話で取締りを受け+3点、通常であれば合計33点で2年間の免許取消になる事案でしたが、無免許運転の25点を付かないようにすることに成功したので60日の免許停止で終了。

もちろん罰金も無しの完全試合達成でした。

ちなみにこの処分書だと無免許運転が記載されていませんが、今回の御依頼だと無免許運転は赤枠で囲っている3点の速度超過で取締りを受けた時に無免許運転が発覚したものです。
その場合、大きな違反と小さな違反を同時にやった場合は大きい方一つで取り扱うので本来はここには『無免許運転25点』という記載があるはずでした。
しかし小さい方の点数のみが付いているということは言い方を変えれば大きい方の違反点数は付けないことに決定したというのがはっきりわかる処分書でもあるのです。


今回もそのまま進めれば軽減率は0%の御依頼者様でしたが、僕にとっては予定通りの超常現象をお届けできて良かったです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.08.28更新

【嚢中の錐】という言葉があります。
読み方は「のうちゅうのきり」で『嚢(のう)』というのは袋の事、『錐(きり)』というのは木材などに穴をあけるための先が尖った工具です。

意味は先の尖った錐を袋に入れていても、いつの間にか錐の先は袋を突き破って出てしまうということに準え、突出した能力のある人は周りの環境がどうであれ自然とその能力を発揮して目立ってしまうということです。

さて、諸葛孔明といえば三国志の英傑の一人として、言うまでもない偉人ですね。
そんな孔明が現代日本に転生したとしたらどんな活躍をするかを描いた怪作がこちら

『パリピ孔明』です。

ちなみ『パリピ』とは・・・・ここではイベントやクラブなどで盛り上がってる人たちのことを指します。

あらすじは
五丈原の戦いで死んだはずの孔明が転生したのは現代日本、更にハロウィン真っただ中の渋谷で狼狽しながらも連れ込まれたクラブで歌うヒロインの歌に聞き惚れたものの、その子はオーディションにもなかなか受からず自分の才能を疑い始め夢をあきらめかけようとしていました。

しかしそこは歴史に名だたる孔明、彼女を擁して天下に覇を唱えんと再起を図ります。

以降はイベントを戦、スケジュールを戦略、舞台設定を計略として辣腕を振るい・・・

最近食傷気味の異世界転生ものに近い構図ではありますが、軽いノリのように見えて人物描写もしっかりしていて作品としての柱を感じます。

今後の展開も楽しみなちょっとお勧め漫画です。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.08.27更新

今回お試ししてみるのは最近深夜の通販で出ずっぱりのこちら
≪Gゼロクッション≫です。

無重力の座り心地とは大きく出ましたね・・・

そしてこちらは普段テレビの通販などで見る通常版よりもさらに1.5倍の厚みになったデラックスバージョンです!!

僕も基本的に座り仕事なのでオフォスチェア―には多少こだわっているんですが、この値段で大騒ぎするほど凄いのなら今後事務所に正式採用も考えなければなりません。

といってもこういうグッズは基本的にあまり期待しないで試してみることにするんですが・・・
というわけで座ってみました。

・・
・・・
・・・・

これは・・・アレですね・・・

座り心地は・・・あくまでおも僕の主観ですが・・・イマイチですね(=゚ω゚)ノ

構造は通販番組でも言われているように、柔らかい構造体で区切られた小さな部屋状の空間がいくつもあって、そこが上からの重量を分散させるという触れ込みでしたが、これ自体が特段ふんわりしているという感じではなく、硬いジェル状というのが適切かと思います。

これは決して肌触りが固いというわけではなく、点で受け止めた重さを周囲に散らしているという感じなので、柔らかいクッションのような接尻感ではなく、柔らかくはあるものの・・・・硬いゼリーのような感じというか・・・構造のイメージとしては蜂の巣状の構造を上から変形させて重さを分散させるような感じで【包み込む】というより『支えている』感が強く、無重力というのは少し誇大広告かなと思います。

結論としては
僕はあんまり好みではないかな・・・でした(*´ω`)

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.08.26更新

先日パンクラスという格闘技の興業に後輩が出場するということで見に行く予定でした。

しかし
既にニュースなどでも報道されている通り、出場選手の中にコロナウィルス陽性者がいたということで、なんと開場10分前に中止の決定・・・

ちなみにこの日の僕は試合順から考えてそろそろ出発しようと思っている時に後輩から電話が入りました。
こんなタイミングで電話来るのはロクなことじゃないんだろうなと思いつつも電話に出ると「・・・・今日の興業、中止になりました・・・」とのことでした。

本人には責任の無い話ですが、
やはり年齢的にも残りの試合数も限られてるような選手にとっては減量などのコンディション作りも大変です。

もちろん誰のせいでもないのですから誰も責められません。
ただ悔しさだけが募ります。

またこの中止の決定に対して
陽性になった選手を公表しろと言う人もいますが、無駄な叩きをする必要は無いと思いますし、ましてやその選手だけを外して開催しろなどという文化人もいましたが、それは無駄に感染を広げることにもなりかねませんし、外した選手に誹謗中傷が殺到することは明らかですので、パンクラスのアナウンスは非常に良かったと思います。

ちなみにこの中止までの流れについては、1週間前から当日まで3回の検査を実施しているなかで陽性反応が出たのが当日の検査だったこと、おそらく現場は大変な状況だったと思いますが、その中で注意という決定を出せたことは英断だったと思います。

そしてもう2つ、
チケットに関しては全額返金
選手のファイトマネーは全額支給、

これも大きいと思います。

当たり前かもしれませんが、当たり前の事を当たり前にできることが大切なのだと切に思います。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.08.25更新

「漫画が好き」というと「今一番面白い漫画は?」と聞かれることも多いんですが、
まぁ面白いかどうかは人それぞれという大前提があるものの、自分が面白いと持っている漫画なら誰しも一家言あるのが好事家の常です。

そんな僕が今最も続きを楽しみにしている漫画がこちら

【バトルグラウンドワーカーズ】です。

ちなみにこちらは4巻の表紙です。

僕は基本的に漫画の感想を書くときは1巻~序盤の時点か、もしくは完結してからなんですが、この作品はその禁を破ってでも皆さんにお勧めしたい名作なのです。
以下は前回にこのブログでも書いた記事の転載です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
元記事はこちら

『作者買い』などといいまして、だれだれの作品だから買うというのは、ある意味失敗を避けるという意味では非常に効率的かと思いますが、絵柄など最初から好みに合うことは分かっているわけですから好きな作品であることは多いです。

ただ、外した時の失望感もまた大きいのですが・・・

そんな僕にとっての作者買いで、働く大人に強くお勧めしたい漫画がこちら『バトルグラウンドワーカーズ』です。

【竹良実】といえばあまり世間的には売れっ子というイメージはありませんが、スピリッツ漫画賞受賞作【地の底の天上】を読んだ時に文字通り衝撃を受け、そして【辺獄のシュヴェスタ】でとどめを刺された感じです。

ただシュヴェスタのラスト3回くらいは少し残念な部分もあったんですが、そこは作者の実力というのとは違う部分なんだろうなと思いますので僕の中での評価が鈍ることはありませんでした。

ストーリーとしては、社会的にはあまり必要とされていない人達に届く『地球を守るお仕事』のお誘い・・・当然まともな仕事ではなく、エイリアンとも怪物ともつかない、人を殺すことを目的にしているような生物『亜害体』と人間とのバトル漫画で、人によってはテラフォっぽい雰囲気を感じるかもしれませんが、こちらは『RIZE』と呼ばれる人型兵器に乗り込んでの戦闘です。

ただ、第一印象として感じるのは『地味』だということです。
主人公はハイスペックとは程遠い凡人で訓練の成績も大したことは無く、ただ真面目なだけですし、戦闘ロボットのRIZEにしても格好良いとは言い難い、およそ機能のみの構造で、武器も機関銃など、レーザー光線や波動砲のようなハイテク兵器はありません。

というのもRIZE一機は22億円、作中でもパイロットの命の値段よりもはるかに高額であることが事あるごとに示唆されます。
一方正体不明の怪物と戦う仕事など普通に募集をかけても集まるはずもなく、高給と公務員の待遇に惹かれた半端者の集まりになってしまうのもある意味仕方ない面もあり、主人公自身もブラック企業で能無し扱いされながらも『世界を守る』という言葉に惹かれ怪しい誘いに応募したのがきっかけです。

ただ月並みとはいえ『世界を守る』という目的が意識を生む⇒立場や責任の自覚が人を変えることもあるということや、それを利用する人、意図的に隠された情報など、チーム戦だからこそ生きる構成も相まって、超人的な強さのエラが仲間を引っ張っていたシュヴェスタとはまた違う視点からの『強さ』が描かれます。

・・・とはいえ1巻の時点ではまだ地味という印象は拭えませんし絵のタッチも少し変わった感じがあります。
僕個人として作者買いをするとは言っても瞬発系の漫画ばかりがもてはやされる昨今の漫画界でこういった腰を据えて読むべき作品が受け入れられるのかという心配もありました。

そして1巻の展開も地味ならプロモーションも地味・・・よくある検索結果の横にバナーが表示されるようなこともありません。

でも、だからこそ!
1巻の巻末、次巻予告の【努力は裏切る、でもそれが分かってからが本当の勝負】の一言に2巻以降の熱さが集約されてるので、今後の売れ行きも含めてブレイクしてほしい作品ではあるのです。

ーーーーーーーーーーーーー転載終わり

そしてこの第4巻では物語が大きく動きます。
実は4巻の前半に関しては似たような展開の漫画やゲームは存在してはいました。
しかしそこからの後半は個人的には神展開と呼んで差し支えないと思います。

まだ4巻ですので今から買い揃えても、仮に気に入らなかったとしてもそれほど損失は無いと思います。

『とにかく面白いから読んで欲しい』そんなチープな感情論しか書きたくなくなる=内容については(4巻の部分を書いてもよく分かりませんし・・・)触れないようにしたい傑作だと思います。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.08.24更新

本日ご紹介します漫画はこちら

【Big Hearts ジョーのいない時代に生まれて】です。

扱うテーマはボクシングです。

しかしそこに登場するボクサーたちは生々しい『人間』です。
超人的な必殺技があるわけでもなく、どれだけ脳を揺らされても倒れないタフさがあるわけではなく、

痛みや苦しさに負けまいとする等身大・・・でなくなろうとする人間たちです。

主人公の栄一は元々大企業の営業マンでしたが需要な場面で大失敗をしてしまい、退社、やがて自分さえも見失ってしまいます。
そんな中で門を叩いたボクシングジムでしたが、プロになりたいとか、自分の強さを証明したいとか、そういったものではなく、ただ何も考えられない位に自分を追い込みたかっただけでした。

そしてもう一人の主人公は売り出し中のアイドルながら、本当はアーティストとして自分を表現したいと思っているカオリ、自分自身の在り様を模索する二人はお互いに気になりつつもちょうどいい距離感が保たれます。

結論から先に書いてしまうとこの作品は3巻で終わっていて二人の関係もさほど進展していませんし、おそらく打ち切りだったのでしょう未回収の伏線だらけで、メインのテーマであるボクシングも新人王トーナメントの決勝中盤で最終回です。

終わり方だけを見れば不人気だったのかもしれません。

しかし
練習や試合に臨む心理、試合中の心情、人生の岐路に立った時の視線・・・

そして淡々と描かれる練習の描写はひたすらに苦しく、それでも苦しさの積み重ねは『土壇場で人生を変える一発が出せるかどうかの練習』という一言に集約されていると思います。

派手さはありません。
絵柄も今風ではありません。
そして栄一は作中で『人生を変える一発を打つことができたのか?』
あえて明記しませんが、この作品はボクシングを通じて人間を描き切った名作だと思います。

そう考えると守銭奴どもに変な実写化をされずに名作として完結できたことは、1ファンとしてはむしろ良かったのかもしれません・・・多少複雑な思いですが。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.08.23更新

事務所の車が入れ替えの時期なので買いに行きまして、
近くの商談ブースで値引き交渉している人がいたんですが・・・個人的には不快でしたね。

そもそも
商品に付けられてる値段って作り手が妥当だと思った金額であるはずなんですよ、それに対して値引きを要求するということは「この商品の値段は本当はこのくらいだと私は考えている、だからその値段で売るべきだ。」という要求にも似ているように感じます。
人によっては、特に車の場合は最初からある程度の値引き要求は値段に盛り込まれているからやって当然という人もいますし、自動車メーカーのような大企業は物凄い設けてるんだから庶民が値引きを要求するのは当然の権利だという人もいます。

なかには値引き交渉で勝った気分になるような人もいます。
そしてよく聞くのは定価で買うのは損という考え方です、これは値引きして買う人の損失は定価で買う人が被ってるという考え方にも似ています。
考え方は人それぞれですので他の人の考えを否定するつもりはありませんが、僕の場合は値引きは要求しません。
むしろ引かないでくれと要求します。
理由としては
1:自分がその商品に相応しい値段だと判断しているから
2:物にも気持ちはあると思って接するから
3:相手に無理を要求していることになるから
4:良いお客には安売り情報ではなく特売り情報が届くから
こんな感じですね。

たとえば、格闘技には『チケットの手売り』といのがあります。
これは選手から直接チケットを購入することで、大体定価よりも多少安くしてくれることが多いです。
でも実際には選手も自腹で購入していたり、ファイトマネーのチケット払いなどというのもあります。

そこでの選手としては商品としての『自分の試合』をチケットの値段として直接応援してくれる人に売るわけです。

それでも「知り合いなんだからもっと安くしてよ」という人もいます。
ちなみに選手側も「タダで良いですから僕の試合が面白かったら次の試合で激励賞下さい。」と要求する図太い選手もいます。

でもここで言う「タダでもいい」というのは売り手からの申し出であって買い手の要求ではありません。

そしてこの関係での値引き交渉は『お前の試合に値段分の価値は無い』と言い放っているようなものです。

選手の立場からすれば良い気持ちはしませんね。

僕はどんな商品でも好きになったことが購入の決め手ですので、好きな相手に対して「お前の価値は定価よりも安いんだぞ。」と言うのは相手に対して失礼なだけではなく作り手の心意気もコケにする行為に感じるのです。
それに例えば300万円の車を買う時に20万円値引きしてもらって、仮に5年使うとして年間4万円の得ということになりますが、だったら気持ち良く購入して気持ちよく乗ってる方が心も健康だと思います。

もちろん売るのはお店ですから値引き客に対してどうするかを僕がどうこういえる立場ではありません。
ただ僕の場合は、値引きという本来存在しない自分の価値観を相手に要求しても、相手もプロですからその値段は必ずどこかで補填しています。
それはサービスかもしれませんし心遣いかもしれません。
もしかしたら何も無いかもしれません。

でも僕は自分とその商品との関係として気持ちよく使って、購入したものからも「この人に買ってもらえて良かった。」と思ってもらえるように使いたいから「お値引きしますよ。」と言われても「気持ちよく買いたいから値引きはしないでください。」とお断りするのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.08.22更新

先日、
静岡県浜松市が気温41・1度を記録して
日本で最も暑い町としてタイ記録に並んだそうです。

でも公式の『気温』って日陰の温度なんですよね・・・

日なたに行くと・・・・

47度って・・・

車の温度計は地面に近いところですので人間が感じる温度よりも高いんでしょうけど、それでも今まで見たこと無い気温です。

日本のデスバレー化も近いかもしれません・・・(>_<)

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

まずは無料の電話相談

03-6356-7386または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-6356-7386
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384