メールで無料相談  seikiv8@hotmail.com クリックでメールソフトが立ち上がります
header_img02.png
公式ブログ 毎日更新

内村世己 年中無休の業務日報

2020.09.24更新

見えない努力

先日スタッフ二人が出張の時、
ベテランスタッフは仕事は全部終えて、出張先の業務に備えて仮眠してたんですが、新人スタッフの方は新幹線の中でずっと資料を読み込み、自分の担当の事件をもう一度洗い直し、作った書面も見直し、新しい知識も勉強し・・・

色々考え方はあると思いますが、
僕は移動時間は基本的に仕事の時間ではないと考えています。

なので、目的地にたどり着きさえすれば道中をドライブとして楽しんでも構いませんし、早められる仕事を前倒しにして空いた時間で現地で多少羽を伸ばしても何も言いません。

むしろ見識を深めるためにもそういうことはやったほうが良いと思っています。

しかし今回の新人さんもそうですが、
ほぼ全員移動時間も自分のスキルアップに使ってくれます。

ホテルに入ってもやっぱり深夜まで勉強しています。
これはブラック企業を叩く人からすればある意味サービス残業の強要、あるいはやらざるを得ない雰囲気を作っていると言われるかもしれませんね。

御依頼者様の人生に関わる緊張感だったり、どれだけやり切ったと思ってもまだ「あそこを○○すれば!」と気付いたり、そして仕事への責任感だったり、あるいはただ単に自分の能力を高めたい欲求かもしれません。

「僕は強要はしていません」というのは簡単ですが。
おそらく外野の人たちは「ブラック事務所だ」と言うかもしれません。

ですが、ほとんどの御依頼は免許証への死刑を扱うわけです。
依頼を受ける方も覚悟決めてます。
出した結果は非常識を通り越して超常現象のレベルも数限りなくあります。

僕の好きな言葉に
正気にては大業はならず。
というのがあります。

とある漫画でも
非常識な目的が常識的な手段で達成できるはずがない

という表現で使われていたりもします。

元は『葉隠』という江戸時代の武士の心得を描いた書物の中にある言葉のようで
武士道は死狂ひ也、正気にては大業はならず。
気違に成て死狂ひする迄也
というものです。

もちろんこんな考え方を他の人に強制することはできませんが、
僕は当然として、スタッフも現代の武士たらんとしてくれるのは、本当にいい人材が揃ってくれたと日々感謝するのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

まずは無料の電話相談

03-6356-7386または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-6356-7386
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384