メールで無料相談  seikiv8@hotmail.com クリックでメールソフトが立ち上がります
header_img02.png
公式ブログ 毎日更新

内村世己 年中無休の業務日報

アーカイブ : 10月 2020

2020.10.27更新

現状内村事務所は僕とスタッフ3人の計4人で運営しています。
※事務の子は現場には出ませんのでこの人数に入れていません。

新人はどうやって採用するのかというと基本的には求人案内などは出しておらず、本当に信用できる人間の中から最低限のレベルをクリアできている人をスカウトするという感じです。

その条件は
1:年中無休の24時間対応ができる。
単純に超人的な体力があるかということです。

2:限界を突破した経験がある。
スポーツでも緊急事態でもなんでも良いんですが、限界の向こう側を見たことがあるかということです。

3:僕からの指示にNOと言わない。
業務の方向性に選択権はありません。

4:命よりも大事なものがある。
武士としては当然です。

5:自分が大好きと公言できる。
人間として当然だと思います。

6:精神的に強靭。
死亡事故のドライブレコーダーを一日中見ても笑顔で焼き肉に行けるくらいでないと・・・

7:御依頼者様の気持ちに寄り添える。
免許証が取り消されるかの瀬戸際って、本当に人生がかかっています。
その場面を自分に準えて考えられるか、常に緊張感をもって臨めるかですね。

8:秘密厳守
都道府県ごとの処分基準などは絶対に外に漏らしてはいけない重要機密です。
仮にライバル事務所にさらわれて拷問を受けたとしても、殺されても言ってはいけません。

9:最悪自分の身を守れるレベルの戦闘力、または戦闘回避能力を備えている。

ちなみに上記は最低ラインで、こんなのは日常生活の時点で備えていて当たり前です。
中には完全にブラックな基準もありますが、それは初めから公言しているので、少しでも引っかかるならダメということです。

男性女性関係なく、このレベルをクリアして上積みをする超人軍団が『日本一』の看板を支えてくれているのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.10.26更新

その昔『お好み焼きせんべい』という駄菓子がありまして・・・今もあるのかな?

少し薄めのソース味のおせんべいに添付のソースをかけて食べる方式だったんですが、この辺記憶も多少記憶があいまいなんですが、普通のお好みソース以外にマヨ風味のソースが入っていることがありまして、僕はそのソースが何とも大好きだったんですが狙い撃ちができなかった記憶があるんですよ。

マヨっぽい風味はなんとなくわかったんですが、ソースでもない・・・あの味は何だったんだろうとこの歳まで記憶の片隅に撃ち込まれた楔はずっとくすぶり続けていました。

そんな誰しもが持つ幼少の記憶を引き戻す逸品がこちら

大阪マヨソースです。

色といいとろみなどの風合いといい・・・「あいつだ!」と直感しました。
小中学校でしのぎを削ったライバルが、引っ越しなどで離れ、全国の舞台で再開した時に見た目の雰囲気は変わってもすぐにそいつだとわかるような、武に生きる男に共通するあの感覚は、気付いた時にはもう再戦の火蓋ならぬ再食の中蓋を開封してましたよ(*’▽’)♪

・・・
・・・・
・・・・・
これは・・・あれですね。

確かに『あの味』だと思います。
もう少し正確に表現するなら、昭和50年代なんて化学調味料全盛の時代でしょうから今の常識では使えないものも入っていたと思いますし、その他の調味料に関してもその進化たるやゾウリムシが脊椎動物になるくらいの、低く見積もってもポケ〇ンならキャ〇ピーがバタ〇リーになるくらいの進化はしているはずで、味はより美味しく、体にはより安全になっているはずです。

しかしどんなに装っても武人の闘気は隠せないように、気付かれてしまうのですよ「こいつぁ同一線上にある!」と。

そんなドヤァ顔を決めつつ
からあげくんプレーンのつけダレにしてウマウマしてる僕なのでした。

美味しかったです。
ごちそうさまでした。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.10.25更新

とある新聞の投稿にて『日本が戦争のできる国になってしまう・・・』という内容の寄稿を見たんですが、投稿者は14歳だそうで、なるほど純粋なんだろうなと思います。

リアリストの僕としては「戦争ができる状況になるっていうのと戦争をしないことが選べるっていうのは同じ事なんだよ」と教えてあげたいです。

「○○をしない」というスタンスには選択肢がありません。
相手が「△△しろ」と要求してきた際にそれを止めることもできないということです。

『武力はいらない』という考え方は素晴らしいですが、侵略というのは素晴らしくない人たちが始めるもので、残念ながら不当な暴力に対抗するためにはせめて相手と同等、あるいは攻めることが理(利)に合わないだけの武力を持たなければ『やらない』という選択肢を選ぶことができないのです。

自分と大切な人を守るためには『できるけどやらない』ということを選べるだけの最低限の武力は必要不可欠だと僕は思います。

逆説的な言い方ですが
反戦平和主義を唱えるためには相手以上の武力が必要ということです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.10.24更新

意見の聴取や聴聞に補佐人として同席すると、
他の人の話している内容や提出した書面などが視界に入ることがあります。

もちろん書面の内容までは分かりませんが、数行見ただけで効果のないもの、あるいはマイナスのものだったりすることもありますし、明らかにどこかの事務所に相談したであろう人が、口頭での受け答えを見る限りそちらの指導は全くされていないか、あるいはそこでも間違った指導を受けていたことがうかがえるというのは往々にしてあります。

先日とある意見の聴取会場にて、僕の事務所の御依頼者様5人が同じ会場に居合わせて5人とも軽減成功でしたが、その中におそらく自称専門家の作った書面をもってきていた人がいまして、その人は普通に進めていれば当落線上か少し厳しいくらい、内村事務所に御相談を頂ければ同様の違反状況ならここ数年では軽減成功率ほぼ100%の違反内容でした。

しかし結果は免許取消・・・
相談相手を間違えたと言い放つのは簡単ですが、実は警察官もこういう人たちに対して可哀そうだと思っているのが現状です。

どこに相談するかは本人の選択ですので僕からは何も言えませんし、値段などを見て内村事務所も選択肢に入れたうえで判断しているのであれば良いのですが、知り合いだからとかで選んでしまったのであれば布告でしかありませんので、本来助かる人をきちんと助けきるためにも広告活動って大事なんだなと、毎回のように実感するのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.10.23更新

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.10.22更新

仕事ってなんだろうな?という問いかけに対しての僕なりの回答がこれです。

極論すれば仕事は生活の糧を得ることですので、結果的に儲かるなら手段は何でもいいという考え方の人もいます。

あるいは違法でないなら何やってもいいじゃないか、バレなきゃやらなきゃ損という人もいます。

でも僕はそうは思いません。
笑顔の対価がお金だと思います。

それでは葬儀屋さんは?という質問でも
「良かった」と思える笑顔に対価が生まれるものだと思います。

僕の事務所でいえば『免許取消から停止に軽減された』というのが最も多いパターンですが、それ以外にも『警察への誤解が解けた』という笑顔もあります。

世の中には一定数の警察嫌い因子というのがあります。
取締りに納得いかないというのもその一つで、車やバイクの雑誌ではそういった特集もよく組まれていたんですが、ネット全盛の事態になって以降その傾向はより強まっているような気がします。

そんな取り締まりに対して納得ができないという相談で来られる方というのはほとんどの場合この『警察嫌い』というのが前面に出てしまっていますが、それは警察に対する誤解が原因であることが多く、御相談で正しい知識と正しい行動を御理解いただいた後に「そういうことだったのか(笑)」と良い顔で帰られるときもまた、僕にとってはいい仕事だったと思える瞬間でもあるのです。

内村事務所の目的は交通安全です。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.10.21更新

先日青森県に行きまして。
果物をほとんど食べない僕が例外的に食べられる数少ない果物の一つ、林檎さんの名産地ということもあって「美味しいのあるかな?」と思いながら駅構内を歩いていると・・・一風変わった自販機が・・・

なんとこれ、リンゴジュースのみの自販機です。

何と自信に満ち溢れているというか一点突破主義というか・・・その中にひときわ輝く豪傑発見!

その名も『世界一』・・・ほほぅ(´・ω・)
僕も免許取消の軽減業界では宇宙一を名乗っている身ですから、ここは林檎界の世界一と手合わせをせねばなりますまい。

小さいサイズのペットボトルで300円という男気価格の実力の程、体感させていただきます!!!

というわけで購入しました。


色味はちょっと濁りがあるというか・・・やや生々しい感じですね。

そして豪快に味わってみた・・・・んですが・・・実はちょっと予想外の出来事が・・・

この自販機の仕様なのか、それともまだ冷えてなかったのか・・・あんまり冷たくないんですよ・・・っていうか常温よりも数度低い程度の感覚なんですよ。

とはいえ、そこは林檎の本場で世界一を名乗る林檎を中心に据えるほどの自信なら一番美味しい温度を設定しているのかもしれません。

というわけで多方向から立体的に上がりまくったハードルに挑みます!
・・
・・・
・・・・
これは・・・あれですね・・・
やっぱり冷たい方が美味しいと思います(^_^;)

なんか、美味しいのは美味しいんですよ、林檎感そのものというか、甘味とか酸味とかのどれか一つが突出してるって感じではなく全体的に大きなグラフを作ってるような・・・その中で酸味は少し控えめな感じがします。
ただ林檎力というか、まろやかに見えて真ん中に一本筋の通った、林檎だけに芯の強さを感じるというか・・・たぶん林檎が苦手な人には林檎臭さと感じる部分も強いんですよ。
多分これはもっと冷たくすれば目立たなくなると思うんですが、とりあえず常温で飲むのはもう一つかなと思いました。

今回はちょっとミスもありましたが、きちんと冷やせば美味しいと思いますし、他にも何種類かのリンゴジュースもありましたので今度はちゃんと冷やして飲んでみたいと思います。

ごちそうさまでした。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.10.20更新

某県の公用車が高級車だったということで批判を浴びているというニュースを見たんですが。

個人的な考えですが、都道府県のトップが公務で運転する車にはそれなりの格というのが必要だと思います。
やっぱり海外要人なんかが来たときだったり、日本の要職という立場であれば、必要な見栄というのもあるとは思います。
まぁ時期が悪かったというのもあるとは思いますが・・・

ただ時期という言い方をするのであれば大規模暴力団抗争の火種あるいは激戦区になりそうな県の公用車なのだから、いっそのこと防弾装甲車で3000万円くらいであればむしろ有権者も本気度を理解してくれたと思いますので、やっぱり値段の多寡ではなく適切な使用かというのが問題なのだと思いました。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.10.19更新

死刑制度は理不尽だと思います。
精神病とか適当な理由での減刑だったり、そもそも犠牲者一人では死刑にならなかったり、復讐の権利が認められていなかったり・・・被害者や遺族の恨みが晴れることはありません。

しかし部分的にでもそんな理不尽が
少しだけ修正されたとしたら?

そんな世界を描いた作品がこちら

『ヨリシロトランク』です。

第一話の主人公は娘をストーカーに殺された父親、
どれだけ犯人を憎んでも殺された娘は帰ってこないという現実にただ気力の無い時間が流れていました。

そこに『改変者』と名乗る【何者か】が現れて言います。
「世界は本来あるべき姿に改変されました」
それは『人を殺した人間を殺せば、そいつに殺された人が生き返る世界』です。

ただし、自然死と自殺の場合は被害者は生き返りません。
つまり『誰かに殺される』必要があるということです。

その世界が社会に浸透した時、
人間関係も法制度もどう変わっていくのか?

また複数人で一人を殺害した場合は共犯者全員が死んでいる状態になって初めて被害者が生き返る事件では自分の罪を償おうとする者と逃げ切ろうとする者の間での諍い、被害者の会と人権派弁護士の対立など、あるいはその世界を未来に向かうための手段として使う人々など・・・

『もしも』を描く作品としてその世界で改正された法律とそれをうまく使おうともがく人々など少し複雑な話もあったりしますが1巻一冊で世界観全体をうまく表現している良作だと思います。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.10.18更新

桃屋の『辛そうで辛くない、少し辛いラー油』に端を発した
食べるラー油ブームですが、ブームを越えて今は定番化に至ったような気がします。

個人的にはこの数年間は食の歴史に残る1ページだと思います。

そして『ページ』に例えるならば表紙もあるわけで、その表紙に当たる存在こそが桃屋の『辛そうで辛くない、少し辛いラー油』であることに異論をはさむ人はいるはずもなく、一時の狂熱は収まったとはいえ、こんなコラボも生まれていました。

カップ焼きそばとの合体ともなれば・・・好きなものと好きなもの、しかも主食と副食の合体ならば美味しくないはずがありません。

早速食します。
・・
・・・
・・・・
これは・・・あれですね。
実に美味しいですね。
香ばしさとスパイシーさが強調される粉末ソースに調味オイルの組み合わせはラー油感もしっかり感じられつつ、辛みを重視したラー油にありがちな喉を責めるよ感触も無く、ニンニク風味がしっかり効いた後乗せかやくも美味しいです。
そしてコラボものや時期物ってソースやプロモーションにお金をかけるせいか、麺の出来がイマイチなことも珍しくないのですが、こちらの麺質は結着感も出ず、太麺の良い食感が最後まで続きつつ、いい意味での安っぽさでジャンク感が突き抜けます。

個人的にはもう少し辛くても良いかなと思ったんですが、そこは各自で一味唐辛子などを追加すればより好みに仕上がると思います。

美味しかったです。
ごちそうさまでした。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

まずは無料の電話相談

03-6356-7386または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-6356-7386
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384