メールで無料相談  seikiv8@hotmail.com クリックでメールソフトが立ち上がります
header_img02.png
トップページ

内村世己 年中無休の業務日報

2020.11.23更新

僕的東京最強のうな丼がこちらです。

うなぎさんって美味しいですよね。
異論は認めません。

ただうなぎの焼き方って大きく分けると関東風、関西風、東海風など、更に店ごとの傾向もあり焼き方なども合わせるとまさに宇宙です。

とはいえ、僕はうなぎは全部好きなんですが、
色んな料理の一つ、全体の構成として食べるなら自己主張控えめかつすっきり系の関東風、
毎日食べるならバランスの東海風、

しかし勝負飯として食べるなら自己主張の強い関西風あるいは名古屋風をチョイスします。

そんな僕の好みですが、もう一つこだわりたいポイントがありまして・・・・それが『焼き』です。

そもそもうなぎの修行では『焼き一生』などと言われるほど、人生を賭けて極めるべき技術であり、それは武の道と同じく終わりがありません。

だからこそ、どれほどの高みを見せてくれるのかも味の一つとして楽しみたいのです。

というわけでそんな僕の好みに最も合致するうな丼がこちら、
新宿1丁目(御苑前)の
『ふく堀田』さんです。https://fuku-hotta.com/
こちらのお店はメインはフグやスッポン料理なんですが。

今回は友人から裁判完勝の祝勝会ということでお招きいただき、
僕が一番好きなうなぎでもてなしてくれたということです。

そしてうなぎの前に前菜的なポジションで登場したのがこちら。

お肉です。
ブランド聞いたんですけどあまりの美味しさに吹っ飛んでしまいました・・・
なんかもう脂にくどさが一切なくて、柔らかいのにしっかりと肉感的な、つまり要するに美味しいです!

そこからメインのうなぎさん

どうですかこのツヤ、いや艶!色気さえ漂ってますね。

僕は何かを食べる時に原価とか考えるのって嫌いなんですが、そういう意味ではなくごく自然に物凄く材料にこだわってる感は分かります。

そこで冒頭の焼きの拘りについてですが『天ぷらは蒸し料理』という言葉があるんですが、衣でさっくりと、中身はふっくらと、火の通りと食感の見切りも料理人の腕前の一つとも言えますのでなるほど言い得て妙だと思います。

ただその表現を使うなら、僕は焼き料理もまた蒸し料理の側面もあり、堀田さんのうなぎに関しては素材の良さももちろんですが、焼きの技術に更なる高みを感じます。

何と言いますか、焼きが強いんですよ。
それは火が通り過ぎているという意味の強さではなく、ちょうどいいポイントに強さを凝縮するような、美味さの強さを焼き上げているような感覚なのですよ。

とはいえこの逸品を前にして美味さ以外に脳のリソースを費やすことも礼を失する行為ですので、ただひたすらに食に集中し、僕の乏しい言語野からは『おいしい!』以外のボキャブラリーが失われてしまうのです。

美味しかったです。
ごちそうさまでした。

↓クリックで公式サイトへ
運転免許取消の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

SEARCH

過去記事はコチラからご参照頂けます

まずは無料の電話相談

03-6356-7386または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-6356-7386
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384