メールで無料相談  seikiv8@hotmail.com クリックでメールソフトが立ち上がります header_img02.png
公式動画『免取りちゃんねる』 トップページ

免許取消軽減ブログ

アーカイブ : 5月 2022

2022.05.16更新

僕が法務顧問を務める
パラエストラ西東京ですが、
先日交流道場であるヒデズキックとの交流戦に臨みました。

ある程度経験のある選手もいますが
キッズも含めほとんどが未経験からのスタートです。

勝ち負けはもちろんありましたが
それ以上に最後まで折れずに頑張り抜いたのは素晴らしかったです。

そしてこちら

通路を空けて綺麗に揃えた靴や汚いヤジが無かったこと、
相手の道場をお借りするというマナーの面で不備が無かったというのが僕としては嬉しかったです。

ただ強いだけではなく自己を律する武の精神を持つという道場訓が多少なりとも実践されているような気がします。

オープンから10カ月ほどでの到達位置としてはなかなか出来過ぎている感もありますが、
まだまだこれからです。

というわけで全員が一定以上の格闘技経験を持っている弁護士、司法書士、行政書士が法務顧問を務めるパラエストラ西東京は会員募集中です!ちなみにタトゥー禁止ですので御注意くださいm(__)m
パラエストラ西東京
https://paraestra-nishi.tokyo/

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2022.05.15更新

僕が所属するヒデズキックの後輩です。

決して器用ではなく、飛びぬけた体力があるわけでもない。

でも言われたことをきっちりと、
何より格闘技を楽しんだ結果は
約1年間で17.5キロの体重減でした。

スパーリング1本で息が上がってたのが
今では30分くらいは余裕をもってこなしますし、
筋力も大幅にアップしています。

話し方も明らかに自信を持ってる感じもしますし、立ち居振る舞いにも余裕が見えます。

結果出すことで人間って大きくなるんだと、
後輩ながら尊敬できる人間はいくらでもいるのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2022.05.14更新

千葉県の警察官がヘルメットを被らずにバイクを運転したとかで
一部界隈では結構話題になっているようです。

ネットの声はまるで鬼の首を取ったような騒ぎですが、
警察官の、特に交通関連の不祥事が出ると必ずと言って良いほど
その警察官の不祥事があったんだから俺の違反も無しにしろと要求する人がいます。

・・・まぁおかしな主張だという事は自覚した上で不満のはけ口にしないといけない心情なんだと思います。

そしてもう一つ、
この警察官をまるで親の仇のように叩きまくっている層がいます。

『大した違反ではない』というのはやや暴言ですが、
交通違反としては1点ですし、危険性という意味では本人が受ける危険は大きいものの
自分以外に及ぼす危険という意味ではそれほど大きなものではありません。

違反をした警察官への個人攻撃を社会正義のように考えている人もいますが、それは正義ではなく私刑です。

良く警察官は身内に甘いという人がいますが、
実際にはむしろ身内に厳しいです。

普通の会社ならノーヘルで捕まっても「バカだな~」くらいですし、そもそも大多数の会社には報告義務もありません。
しかし警察官がこういったことをすると、もちろん取締る側の違法行為だから厳しく叱責されることはありますが、それ以上のつるし上げを食らいます。

・・・それこそ普通の会社ならパワハラで訴えられるレベルであろうことは確実です。

比例原則という言葉があります。
色んな意味がありますが、ここでは行為と処罰は釣り合わなければいけないという意味で使用します。

軽微な違反はそれにふさわしい処分であればそれ以上を要求することは
正義に名を借りた暴力になってしまうのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2022.05.13更新

今回の御依頼は人身事故、
事故自体はそれほど大したことは無く当初はケガも無い物損事故として進んでいたんですが、
被害者が高齢だったこともあって後からやっぱり人身事故になってしまいました。

まぁここまではよくある話です。
しかし被害者が持ってきた診断書は『2年以上』・・・
いったい何をどうやったらちょっとした接触でそんな治療期間になるのやら・・・(^_^;)

普通に考えれば手や足を切断してもそんな治療期間はかからないと思います、
しかし被害者の年齢のせいか警察官も「これは大きな事故だから重い処分も覚悟してください。」と言われて途方に暮れた状態で御相談を頂きました。

ポイントしては被害者の治療期間がおかしいということですが、
まだ診断書も出たばかりでしたので実際がどうかというのは現実的には結果からしか逆算できないものでもありますので、怪しくても立証はできない状態でした。

とはいえこういうのって少しツボを知ってればいくらでもやりようはありまして、
内村事務所的には《被害者が予想外に重傷だった》というのは『いつも通り』の事案と言っても良いくらいです。

というわけで適切に進めた結果
この事故での違反点数は5点で完了です。

詳細は企業秘密です(笑)

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2022.05.12更新

『仕事』でいろんな業務を取り扱う事によって起こりがちな現象に
【知ってるからこそズレてしまう】という事があります。

例えば僕の様な交通関連の業務を扱う場合、
御相談者様から「運転経歴証明書で過去違反点数で〇〇と記載されていて・・・」という話を聞いた場合に「運転経歴証明書というのは高齢者で免許証を返納した人が身分証明書の一つとして免許証の代わりにもらえるものですが、そこには違反履歴などは書いてませんよ?」・・・という感じで相手の間違いを訂正しようとする人は結構多いです。

ただこれも話を聞けば違反内容などを記載している《運転記録証明書》のことなんだろうなというのは分かりますので、とりあえずその場は相談者様に分かるように話を進めれば良いだけだと僕は思います。

とはいえ、ネット社会ですので万が一その会話を録音されて「〇〇の事務所は用語についてきちんと理解していない」などと広められてはたまったものではないと考える気持ちも分からなくもないです。
専門家を名乗っている以上正しい内容で答えないといけないのもその通りですしね。

なので僕の事務所としては用語の間違いなどは(一撃必殺級に間違っている場合以外は)最初の御相談の時点ではあまり指摘せず、意味さえ伝わればOKという感じで対応するようにしているのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2022.05.11更新

投稿者: 内村特殊法務事務所

2022.05.10更新

スタバで打ち合わせ中、
隣の席の意識高い系っぽい人が「24時間仕事から離れるのを休日って考えたら、俺多分50連勤くらいしてるわ~」とのこと・・・
どんなお仕事かわかりませんが

それを聞いた僕の打ち合わせ相手「まぁ普通ですよね?」とのこと

僕「そういう勤務体系の計算なら何連勤くらいすか?」
打ち合わせの相手「あ~それだと6000連勤くらいですかね(笑)」
僕「ですよね(笑)」

世の自営業者なんて
だいたいそんなもんですよ(^_^;)

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2022.05.09更新

警察嫌いな人というのは結構いるもので、
なんか親の仇のように警察を敵視している人もいます。

まぁ何らかの理由があってそうなっている事も多いとは思いますが、
そんな人の傾向というか【警察官はみんなロクでもない奴らだ!】という主張をしている人をよく見かけます。

こういうのは交通事案でよくありますし、あるいは刑事告訴など犯罪被害者になった際の警察官の対応が悪かったという人もいます。

さて、そんな人たちが【警察官は全部嫌いモード】になってしまったきっかけを聞くと
『対応した警察官全員クソだった!』という事が多いです。

しかしもう一歩踏み込んでみると・・・というか敢えて警察官的な対応で話を進めてみると分かることもあって
登場人物
Zさん(警察嫌いの一市民
A警察官
B警察官
C警察官
こんな感じにした場合、

まずZさんは警察官Aにぞんざいな対応をされてしまいました。
・・・この時点で実はZさんの行動は法律上間違っている場合もあるのですが、ここではとりあえずZさんの行動に違法性は無い前提で進めます。

それが不満なさんはその上司あるいは別の警察官Bに対して同じことを主張しますが、
すでに警察官Aに対して立腹している状態で警察官Bに対応しているのと、Aに話したことと同じことをまた話すのは面倒なのか、自分なりに話を詰めてしまうことがよくあります。
すると警察官Bからすればいきなり喧嘩腰で怒り狂ってる人が要点を得ない状況になってしまい、Zさんも話がうまく伝わらないことでさらにヒートアップしてしまいます。
その状態でまた警察官Cとの話になれば・・・怒りと不満の拡大再生産です。

もちろん警察官が完璧だとは言いません。
僕もおかしな警察官とは山のように遭遇してきました。
しかしどんなに普通の人であっても初対面から喧嘩腰で「お前は嫌いだ」という空気を出しまくってる人に対して完全に普通の接し方はできません。

一方そういう人は「警察官は完璧でなければいけない」と言いますが「それでは警察の予算と人員を増やせば一人当たりの負担も減って色んな手続きもスムーズになりますよ。」と返すと「予算を増やしても裏金を作るだけ」とか「人数を増やしても不祥事が増えるだけ」のように、まるで警察官の負担を増やして悦に入るような態度を見せる人さえ散見されます。

そして最も多い傾向として
「警察は私の話を聞いてくれない」という人のほとんどが警察官の話を聞いてない=会話が成立してなかったりします。

1:警察の業務は基本的にルールに支配されている
2:変な警察官の絶対数は少ない
3:相手が変われば怒りの感情は一旦リセットする
4:相手の話を聞く
5:おかしな警察官に当たっても警察批判に走るのではなく、法令に則った手続きで目標を達成する方が健康的
6:警察官は言い返してこない体制側の末端だ!という意識で自分を大きく見せるために凄むのは最終的に犯罪者への利敵行為に繋がる

こういう事を書くと「お前はどっちの味方なんだよ!」と憤る人もいますが、そもそも警察は市民の敵ではありませんし、免許取消の現場業務に関して言えば軽減され得る人は軽減してあげたいと思ってる警察官の方がはるかに多いです。

ですので内村事務所のスタンスとしてはまず御依頼者様の味方であり、警察官も望んでいる正しい処分を導くようにする事務所という事になるのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2022.05.08更新

今日5月8日は母の日ですね。
もうすっかり年齢も追い抜いてしまいました(笑)

普段後悔というものをしない僕ですが
この日だけはどうしようもないことでも
また後悔する日です。

「あの時〇〇してればよかった」
その時には選択肢はありませんでしたが、
それでも後悔することでその人を大切に思っているんだと伝えているような気がするのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2022.05.07更新

時々ある問い合わせで
『現場で切符を切られなかった、逃げられるか?』という質問があります。

どういう状況かと言うと
取締りを受けた時に仕事中とか目的地に急いでいる途中などで「後から出頭して手続きします」と言って現場を離れている状態という事なんですが・・・まぁこの『急いでいる』『仕事中』なども嘘である人がだいたい9割くらいなので、逃げるための言い訳に使っているという事で、警察官も経験上そういう嘘は見抜いています。

これは立場としては『逃走中の犯罪者』という事になり、最悪逮捕されて警察24時に強制出演という事にもなりかねません。

取締に納得できないのであれば争う道は確保されていますが、逃げる道は元々ありません。
またそういう事をしている履歴はずっと残りますので、その後違反や事故を起こして免許取消になりそうな時、軽減率に影響を与えることもあります。

ただし取締りについて争った場合の争点は違反をしていたのか、成立するのか、基本的にこの2点しかありませんので、警察が嫌いとか点数付くのが嫌という理由では勝てません。

ネットなどではそういうやり方で逃げ切ったとか、反則金を合法的に踏み倒した自慢話などがたくさんありますが、長い目で見るとその行動にはマイナスしかありません。

僕がいつも動画で語る『重要なのは正しい知識と正しい行動』ですが、体感として正しい知識と正しい行動をネットで紹介しているサイトや記事にはほとんどお目にかかったことがありません・・・😢

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

SEARCH

過去記事はコチラからご参照頂けます

まずは無料の電話相談

03-6356-7386または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-6356-7386
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384