メールで無料相談  seikiv8@hotmail.com クリックでメールソフトが立ち上がります
公式動画『免取りちゃんねる』 トップページ

免許取消軽減ブログ

2022.11.25更新

異種格闘技戦は成立するが異種競技戦は成立しない。

筋トレも市民権を得てきたと言いますか、
エクササイズの重要性や認知度が上がってきたと最近特に感じますが、
流行り物にアンチが出現するのも世の常で、ボディビルダーを見て「あんな筋肉は見せかけだよ。」「ボディビルダーもそんなに力ないんだぜ(笑)」みたいに言う人も少なくないです。

・・・・そういう人にマッチョはまずいませんが(;^_^A

さてよく言われる『ボディビルダーは実は力が無い』ですが、極論すれば【人による】になりますが、
最大筋力という意味ではボディービルダーは凄まじい人がほとんどです。

それでは同じ階級のボディービルダーと格闘家が取っ組み合って力比べをした場合どうなるかというと、これは格闘家の圧勝です。

理由は簡単でボディビルは【体を作る事】が目的であって【相手を倒す】ことは目的ではありません。
また単純な力でいえばビルダーの最大筋力が10、格闘家の最大筋力が6と仮定した場合【力の発揮にかかる時間】として、ビルダーが5/10の力を出している時点で格闘家の出力が6/6ならその時点ではビルダーの方が力は弱いになってしまいます。
また格闘技の場合自分の力を出すのと同じくらい『相手の力を発揮させない技術』もあります。

ボディービル、フィジーク、フィットネス、いろいろ名称はありますがそこで競われるのは『美しさ』であって【強さ】ではありません。

悔しさからどうにかしてマウント取ろうとする気持ちも分からなくも無いですが、そういう言い回しは『テニスは1プレイで15点も入るんだから1点ずつしか入らない野球より強い!』というくらい恥ずかしいことだと思います。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

SEARCH

過去記事はコチラからご参照頂けます