メールで無料相談  gseiki_shotgun@ybb.ne.jp クリックでメールソフトが立ち上がります
header_img02.png
公式ブログ 毎日更新

内村世己 年中無休の業務日報

カテゴリー : 交通違反業務

2019.08.23更新

オービスの出頭要請に対して
「違反当時車は第三者に貸していたのでその写真は自分ではない」という趣旨の上申書を提出して逮捕されるというニュースは定期的に報道されます。

僕のところにもそういった相談は時々舞い込みますが、まぁそんなことをしてしまっても軽減された方は沢山いますので、とりあえず御相談に来ていただければありがたいんですが、やっぱり余計な事をしなかった人に比べれば軽減率が下がってしまうのは仕方ないところです。
そもそも自分でないのであれば出頭して「ほら、僕じゃないですよね?」と言えばいいだけの話なんですが、そういった上申書を出す時点で嘘を言ってると判断されてしまいますので本当に自分でなかったとしても印象は悪いですね。

さて、こういう報道の時捕まった人の供述として「インターネットで見た」というのが定番です、他には本で読んだとか知人から聞いたというのもありますが、とりあえず現代ではネット情報が多いと思います。
しかし、オービス取締り回避方法みたいなのを検索していくと件の上申書の話も出ますが、同じくらい「そんなのは通用しないよ。」「逮捕されるからやめとけ。」といった『正しい情報』もヒットします。

これは人の心理として
正しいかどうかを判断するよりも前に自分が求めている解答かという論点があるからなのと、ネット検索のように自分で調べた結果見つけた情報は正しいと思ってしまう現象です。
あとは裏技だから正しい、みたいな考えの人もいます。

現場にいる実感として、免許取消につながるような交通事案のネット情報には嘘、勘違い、都市伝説が非常に多く、しかも一発で致命傷になりかねないものも少なくありません。
最終的に決定するのは御本人ですが、専門家の立場からは[情報の発信者]だけでもチェックしておくのが吉かと思います。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.08.22更新


免許更新の際にもらえるテキストですが、警察嫌いの人達にはよく的にされているようで、
1:曰く「資源の無駄」
2:曰く「役に立たない」
3:曰く「誰も読まない」
4:曰く「天下り先を潤すシステム」

なるほど、
資源の無駄かどうかにつきましては電子書籍とかアプリにすればいいとも思いますが、高齢者への対応だとかとりあえず手元に現物があった方が少しでも読む人もいると思うので、紙の本であること自体がそれほど無駄とも思いません。

しかし2以下については申し訳ありませんが明確に「それはちょっと違うんじゃないかな?」とも思います。

役に立たないという人もいますが、道路交通法の基本などについては最低限の必須知識はちゃんと書かれていますので、取締りを受けた人がよく言う「そんなルールは知らなかった!」というのもかなり防げると思います。
また運転への心構えや注意点など、一回でもしっかり読んでたら防げたんじゃないかなという事故も少なくありません。

「そんなの分かり切ってるから意味ない。」という人もいますが、社会のルールは最も低いレベルの人でも分かるようにしなければならないということですので、誰でも受ける更新の際に、知らない人には知ってもらえるように、知ってる人でも再確認するのは良いことだと思います。

それに天下りの財源になっているという声ですが、ETCの時にも同じような声がありましたがそれで僕らの社会は便利になっています。
こういったテキストの類も似たようなものだと思います。
より良い社会の一部を天下り企業が担っているとしても、費用対効果であったり国民を圧迫するものでなければ天下り=悪ではありません。

薄いテキストですので基本でしかありませんが、スポーツ選手でも基本を疎かにしては大成することができませんし、出来ていると思い込むことで隙が生まれてしまいます。
そしていろんな運転者の人を見てきて感じるのはこのテキストのレベルに達している人は2~3割くらいしかいないという現実です。

坊主憎けりゃ袈裟まで憎いではありませんが、警察嫌いでも良いので一回ちゃんと目を通してみれば運転を見直すいい機会にもなると思うのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.08.20更新

無免許運転というのは結構多い違反です。

何も免許証を持ってない状態で運転するのももちろん無免許運転ですが、免許停止中だったりあるいは取消処分を受けた後だったり、車の免許しか持ってないのにバイクを運転したといった【持ってる免許証で運転できない車】というのもあります。

さて、無免許運転の相談の中によくあるのが『ただ運転してただけなのに声をかけられた』というものです。

普通の人が普段運転していて声かけられるなどということはまずありません。

それではなぜ無免許運転をしている人が一撃必殺で声かけを受けるのかというと、
1:その人が処分中ということが実は分かっている。
2:ちょっとした会話の中で「この人は普段も無免許運転している」と見抜く。
3:なんとなく

主にこの3つなのですが、
一つの例としてとある免許センターでの聴聞会や意見の聴取の時、聴聞官や警察官は「ここまでどうやって来ましたか?」と雑談っぽく聞きます。
自分の車で来ている人も「運転してきました。」とは言わないで「電車で」とか「家族に送ってもらって」と答えます。
しかしその時の反応で【自分で運転して帰る人】というのが分かるそうで、実際毎回のように免許センター前の道路で狩られています。

ちなみに僕も電話の時点で普段から無免許運転をしている人か、あるいは今回初めてやってしまった人かというのは9割くらい分かります。

これも実際にあった話ですが
警察官「無免許運転やったのは今回初めて?」
違反者「はい、そうです。」
警察官「◯月△日の午後3時半ごろ乗ってたね?」
違反者「え?・・・乗ってないっすよ」
警察官「あと◇月▽日の午後11時23分にも乗ってたね。
違反者「あわわゎゎゎヽ(д`ヽ)。。オロオロッ。。(ノ′д)ノ」

さてさて、通常の無免許運転だと25点+罰金です。
しかし上記のような場合は最悪25点×3=75点になる場合もありますし罰金どころか懲役の可能性も生まれます。

ところが、最初の無免許運転を素直に認めていれば他の無免許運転については特に大きな違反や事故などを起こしていなければほとんど問われることはありません。

警察官もプロですので素人の浅はかな嘘などお見通しであることが多いです。
ところが一部の弁護士にも浅い嘘を言わせる先生方がいらっしゃいます。
そんな人たちが意見の聴取や聴聞の場で特大級の墓穴を掘ってしまう事例は、僕にとっては「ちゃんとやってたらあの人軽減されたのにな・・・」と物思いにふける瞬間でもあるのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.08.18更新

トンデモ煽り運転の犯人が捕まりましたね。
最後まで往生際が悪いというか、僕は薬でもやってて俗に言うお薬抜きの為に逃走しているのかと思ってたんですが、その辺の報道はまだ出ていませんが昔の話などから単なる頭のおかしい人だったっぽいですね。

また、過去にもかなりやらかしているようですので、
個人的にはその時死刑にしとけばその後の被害者もいなかったのにと残念に思います。

さて、煽り運転が報道される時って、コメンテーターの人が視聴者の気持ちを代弁するかのように怒ってたり、
ある程度の専門かの人達が「道路交通法上◯◯のいはんになるんです!でも車間距離不保持とか安全運転義務違反だと大した罪に問えないんですよ・・・」って感じで話されている程度であまりテレビで語られることは無いんですが、煽る側の違反として煽り行為によって事故が発生した場合、故意により被害者に負傷させた違反ということで『運転傷害』という違反になることがあります。

これは被害者の怪我の程度によって45点~62点というとんでもない違反点数が付されてしまい、その後救護の措置を取らずに現場から離れるとひき逃げの35点がさらに加算され、軽傷であっても80点=10年の免許取消処分に該当してしまいます。

煽り運転をするようなクズは煽っている時には何も考えてないとは思いますが、こういった煽る側のリスクを免許更新時の講習や免許停止時の講習でやることによって、ほんの数件であっても未然に防ぐことができると思います。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.08.07更新

約1年前の御依頼、
『普通免許で準中型自動車を運転してしまった無免許運転』の御依頼が解決しました。

今回の御依頼者様はちょっと犯罪歴もあったりしたんですが、立ち直って真っ当に仕事をしたいということもあり、会社もそんな事情を知った上で全面的にバックアップしてくれるとのことでした。

そして準中型自動車の無免許運転というのは僕の事務所では『理想的なプランを実行できれば軽減率はほぼ100%』と、最も得意とする違反内容なのですが、今回の御依頼者様の場合は引越しという手段が使えません。

そして近隣の件で最も軽減率の高いところは犯罪歴があると一気に確率が下がってしまうところ+過去5年以内に免許取消歴もあるので通常でも4年の免許取消になってしまい、そこからの軽減だと4年が2年になるのが目一杯という状況でした。

しかし免許証が無くなってしまえば仕事どころか生活もままならなくなってしまうのであれば・・・
つまり免許停止まで軽減するためには5段階の軽減、もしくは付加点数無しという神業を実現しなければなりません。

というわけで、取調べの中で不利な要素を修正していき
警察署の証拠資料をこちらに有利に修正して、
その他秘密のノウハウを盛り込んでいった結果・・・

違反点数自体が無しになりました!!!
※一緒にやった踏切不停止の2点は付きますが、違反後1年間を無違反で過ごせましたのでその2点も消えています。

※同時進行で進めていた刑事処分(罰金)ももちろん無し、会社への処分ももちろん無しで完了です。

なかなか大変でしたし費用も通常よりもかかりましたが、それでも費用対効果で考えれば一般的な弁護士の5分の1~場合によっては10分の1くらいの金額で
最良の結果をお届けできて良かったです。

ただ僕的に残念なのは
違反自体が完全に無かったことになりましたので、証明書の類が何も残らないことなのです・・・。

とはいえ御依頼者様の目線で考えれば違反歴自体残らないので、本当の最高のエンディングということですね。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.07.30更新

今回の御依頼は速度超過です。

さて、速度超過の場合
50キロ以上の超過なら何キロ超過していようが12点です。

つまり50キロピッタリ超過でも100キロ超過でも点数自体は同じということです。
とはいえやはり超過速度が大きいほど悪質性も高いと評価されますので、当然軽減率も下がります。

そして違反点数が12点ということは、速度超過だけで免許取消に届くことは基本的に無く、他の違反で累積点数があったり免許停止の処分歴がある場合のみ免許取消基準に届いてしまうということです。

ということは
累積の違反の際に『やってはいけない事』をしてしまった場合、これも軽減率を下げる結果につながってしまいます。
何が悪いかというのは人によって違いますが、ネットに出回っている取り締まられた時の対応はだいたいマイナス評価につながります。

ちなみに過去の運転歴も含んで運転者の悪質性を評価するなら、無事故無違反の期間といった安全運転歴はプラスに評価されますのでゴールド免許を持っている場合などは当然プラスです。
ただし、都道府県によってどのくらいプラスに評価してくれるかはかなり差があります。

それらを踏まえて今回の御依頼者様、
決め手になっている速度超過は91キロオーバーと、あわや新聞報道されかねないレベルです。
更に累積の違反時にネットで出回っているような取締りへの対応をやってしまったがために警察からの印象は最悪に等しい状態です。

更に過去にも速度超過で免許停止になったことがあったり
速度超過の理由も特に緊急事態ではなく、取調べの際の供述もあまり良くない・・・

唯一のプラスはゴールド免許を持っていたということ+免許証の住所地はゴールド免許の評価がかなり高いところでしたが、それ以外の条件が致命傷に近い状況です。

しかし
僕の事務所としてはこういう時のノウハウも揃っていますので、
まずは累積の違反でのマズい対応の修正から初めていき、多少細かい準備を揃えた上で意見の聴取に臨んだ結果は、

僕にとっての予定通り180日の免許停止に軽減成功、
ちなみにこの日の意見の聴取で本来取消のところから軽減されたのは御依頼者様一人でした♪

今回も最良の結果をお届けできて良かったです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.07.28更新

先日御依頼を頂きましたひき逃げ事件です。

ひき逃げで免許取消⇒点数抹消で不処分への道!

4年間の免許取消の対象者として意見の聴取に呼ばれましたが、
僕も補佐人として同行して再審査となり、結果は『講習1日』で終了となりました。

この結果を【狙って実現させられる】のは内村特殊法務事務所だけだと断言できます。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.07.19更新

最近の流れといいますか、ようやくといいますか。
携帯電話の使用も厳罰化の方向のようですね。
ながら運転、反則金を約3倍に 自動運転の違反行為も設定https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190718-00000132-kyodonews-soci

個人的にはなんだかんだ言っても危険なので運転中の携帯電話はよろしくないと思います。
それに今は車自体にもハンズフリーの機能が付いてたり、Bluetoothのハンズフリーヘッドセットなんかもありますので本来運転中に使用する必要は無いと思いますし、最近だとスマホゲームをやりながらの運転も結構多いですね・・・

僕の乗ってるインプレッサも車線の保持機能や前車追従機能が充実しているので、高速道路で両方の機能をオンにしていれば時々ハンドルに指をかけるだけであとは半自動運転みたいなものです。
でもまだ急なカーブでは対応できませんし、急な割り込みなどのイレギュラーな事態には対応できない可能性もあります。
・・・もしかしたら既に人間よりも高度な判断でブレーキかけてくれるかもしれませんが、さすがに試すのは不安です(笑)

とはいえ、
現時点での先進装備でも市街地に対応しているわけではないので、個人的にはこの重罰化は妥当かなと思います。

また携帯電話を使っていない、手に持ってもいないのに取り締まられたのが納得いかないという声もよく聞きますが、そういう時のためにも車内を映す車載カメラも是非装着をお勧めいたします。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.07.10更新

インスタ初めて二日目が経過しました・・・
最初の内は「フォロー?フォロワー?フォロバって何?いいねのアイコンが分からない・・・」などなど初心者っぷりを露見していたのですが、いざやってみるととりあえずできるところをやっていけばなんとなくできてしまうもので、つくづく便利な世の中というのはできない人をサポートしてくれる機能が充実してるってことなんだなと実感します。

ひとまず軽減処分書とか過去何回かブログを引越ししてるので、そのバックナンバー倉庫みたいな感じになればいいなと思ってます。
https://www.instagram.com/seikioffice/

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.07.09更新

流行というよりも文化として定着した感もありますが、
インスタ始めました。
https://www.instagram.com/seikioffice/

まだ始めたばかりで手探り状態ですが、
基本的には軽減成功の処分書画像と、該当ブログへのリンクが中心になるかと思います。

フォローいただければありがたいです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

まずは無料の電話相談

03-6356-7386または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-6356-7386
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384