メールで無料相談  seikiv8@hotmail.com クリックでメールソフトが立ち上がります
公式動画『免取りちゃんねる』 トップページ

免許取消軽減ブログ

カテゴリー : 各種レビュー

2024.05.05更新

「野球と宗教と政治とウィンナーの焼き方を酒の席で語ってはいけない。」と言われるほど、ストッパーの効かなくなった野獣を暴走させかねない危険な話題です。
https://news.livedoor.com/article/detail/26347968/
しかし丸大や伊藤ハムといった公式まで名乗りを上げたなら・・・ここは男の子としてマイレシピを語らねばなりますまい・・・

というわけで自分が思う最も美味しいウインナーの焼き方ですが、
1・油は敷かずにフライパン加熱
2・ウィンナー投入
3・中火~強火で常にフライパンを動かす
4・弾ける
5・弾けて出た自身の油で弾けた皮がカリカリになる
6・できる限り迅速に熱さに悶えながら御飯と食う

肉汁が出るとか言ってる人もいますが、
この焼き方でも十分中は潤沢ですし、食感は普通に弾けさせるより圧倒的に心地良いと思うのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2024.01.13更新


こちらは『ビーフバター焼き』と言いまして、茹で上げパスタの上に牛焼肉を乗せ、その上から玉ねぎなどの香味野菜が刻まれたバーベキューソースを回しかけるという男の子の願望を形にしたかのような茶色い夢で、食のワンダーランド福岡県でもトップクラスの美味として世界に冠たるメニューです。
異論は認めません(;^_^A

もちろんご飯に合う事この上なしなので
当然ご飯もセット、箸休めにささみスティック、時間差で映ってませんがここにソフトクリームがスーツ担当として加わります。

本当なら2セット行きたいところですがダイエット中なので我慢です(*’▽’)♪

さて、九州主張で福岡空港を使うことも多いので
空港2階のフードコートのメインイベンターとしてよく食べているのですが・・・・ここ数年いろんな意味で寂しくなっているのです。

最初は自由に使えたタバスコなどの追い調味料が無くなりました。
・・・まぁ無くても十分美味しいですし、勝手に持っていくけしからん奴らがいるのかもしれません・・・

次に鉄板の温度が下がりました。
写真は提供直後の状態なのですが、通常この状態からよく混ぜます。
しかし僕は数分はこの状態のまま触らずにパスタに少し焦げ目をつけ、モダン焼きの麵部分のようにいろんな食感を一皿の中に奏でるのです。
ただとある時期を境に焦げる度合いが弱くなりました・・・
最初は忙しい時間帯だから焼きが甘かったのかとも思いましたが、どうやら違うようで毎回同じような感じです。

もしかしたら触ってやけどするような小さい子に配慮したのかもしれませんが・・・だったら追加料金で大盛りがあるように、追加料金で焼き増しくらいしてほしいところです・・・

そして今回、
冒頭の写真はLサイズを注文したのですが、このLサイズというのは『肉増量』で、そこからさらに追加トッピングの『肉増し』にしているので
おそらく通常サイズに比べてお肉の量は2倍以上になっていると思います。

しかし・・・昔はもっと多かったような気がするのです。
思い出補正がかかっているのかもしれませんが、それでもやはり何となくお肉が減っているような気がするのです。

味は変わらず美味しいです。
焼きが弱くなったのはもちろんありますが、それでも基本ベースの味は美味しいままで、それ以外の部分が弱くなっているのです。

たとえば好きなシリーズのゲームを1⇒2⇒3とナンバリングタイトルを遊んでいるものの、面白さ自体は変わらないのにロード時間が長くなったとか、マップが見辛くなったとか、そういった本題以外の部分が足を引っ張って本来の楽しさを楽しみ切れないような・・・面白さが無くなったならもう自分には合わないという選択肢も生まれるものの本質は変わらないからこそ切るに至らぬ寂寥感に苛まれてしまうのです・・・

とりあえずお肉の増量は追加注文で対応できるので鉄板の温度だけでも高くしてほしいです・・・

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2024.01.07更新

僕が学生の頃、数学の小テストで「難しいな・・・」と頭をひねっている同級生がいて
「そんなに難しい問題か?」と聞くと「問題文の漢字が読めなくて・・・」
英語のテストでよくある「次の日本語を英語に訳しなさい・」という問題で日本語の意味を間違ってる・・・というのは時々いました。

しかし現代の国語力不足は少し論点が違い、単に個人の学力不足などではなく学習政策全体の問題になっているような感があります。
そんな世相を学ぶため今回読みましたのはこちら

【ルポ・誰が国語力を殺すのか】です。

ここでは本来家庭の段階で身に付けられて当然のはずの国語力が決定的に不足している生徒が増えている現状、そんな生徒たちは単純な言葉でしか意思疎通を行えず、書かれている内容を理解できず、少ない語彙で複雑な感情を伝えようとすることによるすれ違いや、あるいはそのすれ違い自体を理解できなかったりといった言語化能力あるいは文字を意味を繋げて理解する能力の不足・・・・というか不具合といった方が良いかもしれない現状を憂います。

ただこれは少年少女の世代だけではなく、先日も以下のようなニュースがありました。

【美味しんぼ】「いいかい学生さん、トンカツをな…」→トンカツをいつでも食べられる経済力って実際どのくらい? 必要な年収について検証
https://news.yahoo.co.jp/articles/c8d44a7ab7bee4d0aa9406f61b7f171d7c447982

ここでは『いつでもトンカツを食べられる経済力』について論じているはずが、記事中では【毎日トンカツを食べるために必要な経済力】に置き換わっています。
つまり『いつでも=自由度』という論点が【毎日必ず=義務】に変換されてしまい、文字をそのままの意味で受け取らず自分の中で勝手に改変してしまっています。

これと逆の形では自動運転のシステムを批判する人が「自分で運転した方が安心、自動運転は信用できない」「勝手に動いて勝手に事故を起こすようなシステムは問題がある」と主張するようなもので、自動運転という文字を本来の『自動で運転してくれるシステムもついてるし自分で運転もできる自動車』というわざわざ書く必要もない『当然に行間に含まれていること』を見つけられず自分の主張だけを展開してしまっているのです。

僕はこれらの勘違いは文字と意味が頭の中でつながっていないのだろうと思っていますが、実際そういう意味の読解力も低下の一途を辿っているようです。

そこでネット社会では考えを簡単な言葉ですぐに言語化(ここでは文字化)してしまい、考えて推敲するということに縁が無くなってしまうのだとか、その例として不登校の児童が自分がなぜ不登校なのかを説明できない、自分でもなぜ不登校なのかが分からないと話すそうですが、これも自分の頭では分かっていてもそれをきちんと言語化できない、やり方が分からないという事なのだそうです。

ここまで書くとなんだか絶望的な未来予想図しか出てきませんが、本書の後半ではそれに対する学校教育の在り方や今後の方針などが述べられ、その成果かまだ現時点では断言できませんが、本書に例として挙げられている先進国の15歳時の学力テストの結果で2018年度の読解力が15位という惨憺たる結果だったが2023年度は同じテストで3位に躍進しています。

僕は専門家ではないのでよくわかりませんが、学校の成績は下の方だった僕でもそれなりに難しい国家資格を取得できたのは本を読むのが好きだったからというのは大きいと思いますし、読書会や漫画好き同士で感想を言い合ったりするのは記憶と言語が連動しやすいと思います。

これは文字の本の方が好ましいですが、文字ならハードルが高いという人なら日本が世界に誇る漫画でも構わないはずで『感想を言語化する』だけでもきっと国語の未来は明るいはずなのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2024.01.03更新

アニメ好きな僕ですが、
正直なところ最近のアニメにはあまり食指をそそられるものが少ないというか、
原作人気に乗っかった原作愛を感じられないものに何度も当たってしまったせいで、
「時間がもったいないのでリアルタイムで録画するより評判が良かったらAmazonプライムやネットフリックスで見ればいいや。」と考えるようになってしまいました。

そんな折、漫画好きの友人らから「これ良い、絶対良い!!」と強烈に勧められたのがこちら
『サイバーパンク・エッジランナーズ』
(ネトフリ番組サイト)https://www.netflix.com/jp/title/81054853
です。

こちらは近未来、自分の体に『クローム』と呼ばれる後付けの生体マシンを繋いだり脳に新しい情報をインストールすることでお金や素材さえあれば誰でも自分の体を改造できる世界、
発達した科学技術とある種完成した社会体制は今でいう勝ち組と負け組がほぼ分断された社会となっていますが、ギリギリのところで少しでも上層に上がろうともがく主人公デイビッドは、母親がデイビッドを良い学校に通わせるため違法な仕事で入手した軍用クロームを入手しますが、母親はその『仕事』で死亡、寄る辺を失ったデイビッドは件の軍用クロームをインストールし新しい力を使って成り上がろうと底辺のような街で汚れ仕事を請け負う『エッジランナー』として、最初はもちろん駆け出しですが、仲間との出会いを経て台頭していきます。

とはいえ人以上の何かになるために本来なら人体に適合しないクロームをインストールしていった先にあるのは高い能力と引き換えにした人間性の喪失で、作中でも「エッジの向こうから帰って来た奴はいないよ・・・」と評されます。
しかし何も持たない、人としてさえ扱われていない彼らは夢を見るために未来を削らなければ登ることさえ叶わず、エッジランナーを利用する上層の人間たちの思惑や能力を使うごとに崩れていく人格とそれを抑えるための抑制剤の過剰投与・・・エッジを走り切った先には絶望しかないのに人間の部分が欠けるごとにむしろ人間臭くなっていくようにさえ感じます。

ちなみにこの作品は最初にゲームが発表され、そのスピンオフとして公開されたアニメで、
アニメ人気でゲーム人気が再燃し、ゲーム内にもアニメの登場人物関連のアイテムなどが出てきます。

ざっとあらすじを読むだけでもハッピーエンドにならないことは一目瞭然ですが、
個人的には2023に見たアニメでトップ5に入る作品でした。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2024.01.02更新

曰く、磯辺焼きが最高
曰く、きなここそ至高
曰く、大根おろしに並ぶ者無し
曰く、あんこの美味さを知らないとは笑止
曰く、剣術が無刀の境地に至るが如く、付けることすら邪道

などなど、
きのこの山とたけのこの里・・・いわゆる『きのたけ戦争』と同じくらい
おもちに何つける論争というのは根深いもので、一歩間違えば人間関係にヒビが入りかねないほどです。

しかし
きのたけ戦争を仲裁するパイの実のように、あえて個人的にもっと好きなものをだして3竦みの状態を作るのも一時の平和を作るのには効率的ではないかと思うのです。

というわけで僕が個人的にこの世で最もお餅を美味しく食べられる調味料がこちら

昆布ベースのめんつゆと砂糖、めんつゆが甘めなので砂糖の量は通常の砂糖醤油よりやや少なめくらいで、そこに焼き立てのお餅を投入しつつバターをパイルダーオン!

飛びますよ。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2023.12.14更新

ずいぶん前のベストセラー

『金持ち父さん貧乏父さん』読んでみました。

意識高い系の人が大好きな感じなのでむしろ距離を取ってたんですが、
なんだかんだ言っても絶賛している人もやっぱり多いので食わず嫌いもいけないと思って読んでみました。

基本的には『お金のために働くのではなくお金を自分の為に働かせる』という・・・ざっくりいえば投資しましょうというのが基本路線で
高級車などのぜいたく品はいきなり購入するのではなく投資した結果の余ったお金で買いましょうという感じです。
そして余裕のある生活をするために何をすべきかという考え方指南のような内容です。

人生設計という意味では勉強になるんだろうな・・・というのが第一印象、ただ全体的にというか翻訳した人のセンスなのかもしれませんが
全体的に労働者をバカにしているような雰囲気が感じられてしまうんですよ・・・

こういう系統の本は成功者が成功体験を基にして、今現在の裕福さから途中過程を逆算した自慢話なので
大前提として『できる人』の視点です。

そして意識高い読者さんというのは往々にして自分が見えておらず、真面目が故に極端から極端に振れたりするのでとにかく切り詰めて投資に回す、贅沢なんて年取ってからで良い!みたいな感じでモチベーションが少し間違った方向に高まってしまうような気がします。

さて、僕はビジネス系の本で感じるというか、あらかじめ心得ておくべき点としては
この本は読者を成功させるためのものではなく、成功できると思っている人に対して販売することが目的=つまり読者が成功するかどうかは目的ではないということです。

もちろん参考にすべき点は多々あります。
それは学校でいえば参考書であって教科書ではなく、ましてや心酔するあまり経典や聖書のように扱うなどもってのほかです。

人やお金を動かして投資して将来的に豊かになるのも選択肢ですし、そのための勉強も必要だと思います。
しかしその過程で大切なことは自分に何が向いているのかを知ることだと思うのです。

厳しい表現ですが才能というものは厳然として存在します。
ただ才能という表現だと角が立ちますが『向き不向き』といっても良いです。

人生そこそこ生きてきていろんな人に接してきて、
やっぱり『向いてない人』というのはたくさんいます。
そして『向いてない人をそそのかして躍らせる』商売もたくさんありますし、実際その方が儲かったりします。

あくまでも基準は自分ということを忘れずに
行動や考えの幅を広げるという意味では良書だと思いますが、盲目的に信じ切るのはダメだと思いました。

というわけで
投資はギャンブルではあるものの、必ず利益の出る『自己投資』として筋トレから始めるべきだと思います。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2023.12.13更新

本日ご紹介します漫画はこちら

『カレー澤薫 漢(おとこ)を語る』です。

こちらは稀代のエッセイスト
カレー澤薫氏がいろんな漫画の登場キャラの中から特に厳選した男、いや漢(おとこ)を語る漫画です。

一見よくあるレビュー漫画の雰囲気ですが、そこは天下のカレー澤節が炸裂しまくりで、キャラ選定の時点からすでに通好みを通り越してある種の変態・・・なんですがその変態性に高感度が持ててしまうというねっとり爽やかな読後感です(笑)

とりあえず『ラーメンハゲ』という単語にピンと来た御仁は読んで損は無いと思います。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2023.12.09更新

「今一番好きな漫画は?」と聞かれたら
『アスミカケル』と答えます。

個人の好みという事が前提とはいえ
ヒロインが可愛い!つまりヒロインが可愛い!
眼鏡&ギザ歯&マッチョなヒロインが度肝を抜かれるほどツボ過ぎる・・・・

まぁそこはビジュアル面での好みということですが、
本編のリアルさが良いというか、ある程度格闘技を指導する立場になったから見えてくることですが、
バトル漫画やスポーツ漫画はリアルに寄せると地味になります、かといって派手にするとファンタジーになります。
異世界転生などの剣と魔法の世界ならそれも良いですが実在スポーツを描くなら匙加減が非常に重要になってくるのです。

そういう意味では本作は地味といわれるかもしれません。
主人公は武術家の祖父から手解きを受けているのでスポーツとしての格闘技とは異なる技術体系もすでに持っている状態からスタートしますが、だからといって謎技術で無双できることもなく、現代総合格闘技に上手くアジャストして自分なりの勝ちパターンを構築していく最中です。

ただその祖父も認知症を患いいろんな部分があいまいになっているものの、長年の修練は技術の衰えを見せず、同世代と比べても体の健康度でいえば比較になりません。

そしてそんな祖父からの手ほどきに嫌気が差し、日の当たる舞台で自分が強いことを証明したくて家を出た兄、

ここで『格闘技を始める動機』として主人公の《強くなりたい》と兄の【自分が強いことを証明したい】という対立軸ができています。
また健康な体を持っていなければ人生を楽しめないという老人問題にも切り込んでいますし、そんな祖父を介した兄弟の想いも良い柱になっています。

また少年漫画では骨折くらいは怪我のうちに入らないのも常とはいえ、本作では関節技を取られた際にタップ(参った)しない美学を真っ向から否定していますが、これも僕が初心者に指導する「タップすることは恥ずかしいことじゃない、それもまた怪我をしないことの護身の一つだし、今現在の自分の弱さを受け入れられる強さだよ。」の実践でもあると思いました。

更に主人公たちを導く大人がちゃんと大人の仕事を果たしているのも大きく「親御さんがお子さんを安心して通わせられるジム」あるいは日常と非日常の境をしっかり描いているのも好感が持てますし、命を削って戦う選手を興業の道具にしか見ていない汚い大人ももちろんいます。
そしてプロとして戦いたいと思いながらも今現在の生活との狭間で揺れるベテランファイターなど、格闘技の光と影のコントラストも素晴らしいです。

もちろん前作【火ノ丸相撲】からの絵柄は文句なしで、組技の展開も多い総合格闘技だからこそ『体のどこがどうなってるかがちゃんと分かる』画力は感嘆しますし、古武術を現代格闘技の融合というのもリアル一辺倒ではなく漫画としての面白さもアクセントとして加えています。
ただ古武術の技の中にも実際使えるものはたくさんありますし、組み合わせることで新しい発見も今現在最先端でも生まれているのですから、ある意味一週回ったリアル感でもあると思います。

しかしそんなアスミカケルですが、週刊ジャンプの読者層には渋すぎるのか、あるいはヒロインの可愛さがお子様には理解できないのか掲載順はやや後ろの方です。

長期連載になるためには週刊ジャンプでは人気順=掲載順という傾向があるので前の方に行かなければなりません。

週刊少年誌という媒体ではじっくり腰を据えて読む漫画は好まれないのかもしれませんが、
これから格闘技を始めたい人に、あるいは今現在取り組んでいる人に、そして現役を離れた人に対して一読してほしい一作だと思います。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2023.12.08更新

『人と会う』『人と話す』といったことを仕事にしていると
服装も多少考えるようになりましたが、僕にとっての服装の基準はタイトルの通り
目的と機能の結果その形状に至ることです。

服も道具の一種ですので必ず『目的』があります。
それは進化の果てに獲得した野生動物の体、速く走るためのレーシングマシン、その競技に特化したスポーツ選手の体などなど、僕にとっての美しさとはすなわち機能美を指しているので、たとえばバイクに乗るためには着られないライダースジャケットなどはあまり好きではなく、僕にとって街着としてライダースを着るならバイク用であるが故の・・・具体的には袖の長さやアームホールの位置などといった『本来街着でないことで生じる違和感』こそがライダースジャケットを着ていることの味だと感じます。

まぁこの辺はバイク乗りとしての偏見みたいのが多分に入っていると思いますが(;^_^A

そして以前僕が作ってもらったレザージャケットを指して
「袖太すぎ&長すぎじゃないwww」
「革ジャンはタイトめからジャストサイズまでで着るものだよwww」
みたいな指摘を受けたのですが、

それってまだ出来立ての状態なんですよ。
僕の革ジャンの着方って厚手の革でやや大きめのサイズで作り
使っていくことで普通の革ジャンの数倍の深さの皺が刻まれて数センチ袖が短くなり自分の形に仕上がっていく訳ですが、僕は密着する服が嫌いです。
また筋トレ後などは尚の事密着は嫌いですし、サイズもかなり上下します。

それではどんな形状が最良かというと
WWWWW
腕腕腕腕腕
WWWWW
イメージとしてはこんな感じで腕とアウターの設置面積が少ない方が風通しが良くて着心地が良いのです。
また筋トレ後などで太さが変わっても当たりはそれほど変わりませんし、もっと寒い時期に薄手のダウンを中に着ても圧迫感もありません。

服装には正解は無いけど明確な不正解は存在します。
しかし相手に不快感を与えない範囲であれば致命的な不正解とまでは届かないと思っていますし
そもそも僕は自分が格好良いかどうかを他人に委ねるつもりは無く、自分が好きな格好を結果的に格好良いと思ってもらえるならそれでいいと思っています。

そんなレザージャケットも毎年クリーニングに出しますので
ある程度入った皺はシーズン毎にかなり戻ります。
しかし一度刻まれた歴史は一度着ればすぐに思い出してくれます。
そんな対話を繰り返して

大体2年くらいで完成します。

車でも乗らないと付かない傷が付いていくことで自分のものになると思いますし、服も自分の歴史が刻まれて本当に自分のものになるのだと思います。
なので好きなデザインで、一生懸命考えて作ってもらった服だからこそガンガン着ますが、しっかり作られているので長持ちしますしサイズも着やすいですし着心地も良いので最初の出費は大きくても結果的にコスパの高いお得な買い物になると思うのです。

つまり僕にとってのファッションデザインの目的は
自分のテンションが上がるかどうか、ということなのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2023.12.03更新

今回ご紹介しますのは
最近ジャンプで始まりました『ツーオンアイス』
こちらは公式Twitterからの拝借画像です。

公式Twitter・・・X
https://twitter.com/two_on_ice
この作品のテーマはフィギュアスケート、それもペア競技です。

主なストーリーは
小さいころ偶然目にした『天才少女』のスケーティングに魅せられた主人公は『あの子』に追いつくため
厳寒の北海道で深夜に自宅を抜け出し、校庭にできた自然のリンクで6年以上、毎日あの子の影を追い続けました
しかし翌年も、その翌年も、天才少女ともてはやされたあの子の名前はメディアに出ることなく、それでも同じ地平を目指せば交わることもあるのかと愚直に努力を続け、中学3年生での引っ越しを契機にフィギュアスケートを正式に習い始めたことで偶然の再開、そして二人の間に『ペア』という選択肢が浮かびます。

単なるライバルを描くでもなく
偶然の際からペアで一緒に頑張ることもスムーズではなく、
そこには主人公の素質なら自分よりももっと先にいる相手とより高い頂=シングルで戦うこともできると、自分の考えで相手の才能に縛りをかけていいのかという葛藤に苛まれながら、主人公は個人戦に出場して自分の未来を考えます・・・

というのが第9話までのざっくりした流れなんですが・・・
スポーツ漫画で【ルールが分からない】というのは物凄い不利なポイントですし、
漫画好きな僕もスケート漫画で売れたものは記憶にない・・・どころかフィギュアスケート漫画は聞いたことも無く・・・さらにそこからペア競技というニッチもニッチなジャンルに正直ジャンプの読者層にはウケるんだろうかと外野的な不安感もあったものの、登場人物の心理描写も巧みで誰しもが意識する人生の分岐点に対しての迷いや逡巡が丁寧に描かれていると思います。

もちろんネットでは賛否あるものの、展開が駆け足という声に対しても僕としては主人公は何年もヒロインだけを追い続けてほぼ完コピできるほどに修練を重ねてきたわけですから、合わない方がおかしいというものですし、なぜか絵が上手くないと酷評する感想ブログもありますが、個人的画風がその人の趣味に合わないだけだと思いますし、僕は好きだし上手いと感じています。
特にカラーページの美しさは新人離れしていると思います。

優しい輪郭は感情表現に活かされていると思いますし、寒い時期の、特に印象点まで含んだスポーツにふわっとした描線はマッチしていると思います。

憧れに追いついた先にそれまで気づけなかったもう一つの選択肢が見えた時の自分自身との向き合い方、自分の才能の使い道、本作はフィギュアスケート漫画でもあり淡い気持ちの機微を描いた良作だと思いますので、もっと人気出てほしいなと思います。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

SEARCH

ARCHIVE

過去記事はコチラからご参照頂けます