メールで無料相談  seikiv8@hotmail.com クリックでメールソフトが立ち上がります
公式動画『免取りちゃんねる』 トップページ

免許取消軽減ブログ

カテゴリー : 格闘技とかスポーツとか

2022.11.25更新

筋トレも市民権を得てきたと言いますか、
エクササイズの重要性や認知度が上がってきたと最近特に感じますが、
流行り物にアンチが出現するのも世の常で、ボディビルダーを見て「あんな筋肉は見せかけだよ。」「ボディビルダーもそんなに力ないんだぜ(笑)」みたいに言う人も少なくないです。

・・・・そういう人にマッチョはまずいませんが(;^_^A

さてよく言われる『ボディビルダーは実は力が無い』ですが、極論すれば【人による】になりますが、
最大筋力という意味ではボディービルダーは凄まじい人がほとんどです。

それでは同じ階級のボディービルダーと格闘家が取っ組み合って力比べをした場合どうなるかというと、これは格闘家の圧勝です。

理由は簡単でボディビルは【体を作る事】が目的であって【相手を倒す】ことは目的ではありません。
また単純な力でいえばビルダーの最大筋力が10、格闘家の最大筋力が6と仮定した場合【力の発揮にかかる時間】として、ビルダーが5/10の力を出している時点で格闘家の出力が6/6ならその時点ではビルダーの方が力は弱いになってしまいます。
また格闘技の場合自分の力を出すのと同じくらい『相手の力を発揮させない技術』もあります。

ボディービル、フィジーク、フィットネス、いろいろ名称はありますがそこで競われるのは『美しさ』であって【強さ】ではありません。

悔しさからどうにかしてマウント取ろうとする気持ちも分からなくも無いですが、そういう言い回しは『テニスは1プレイで15点も入るんだから1点ずつしか入らない野球より強い!』というくらい恥ずかしいことだと思います。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2022.11.23更新

色んなところで話題になっているブレイキングダウンですね。

※【ブレイキングダウン】というのは試合時間1分ランドの格闘技イベントでいわゆる不良系の選手がたくさん出ていたり、オーディションもまぁ・・・そういう人の方が目立てたりするので社会的にはちょっとアレな扱いを受けてはいるもののなんだかんだで視聴者数はたくさんいるので賛否両論が飛び交っているのです。

そしてなんだか『ブレイキングダウンは格闘技か?』みたいな定義条項問題というか、
支持不支持入り乱れて論戦喧しいといいますか・・・なんだかんだ言っても流行ってるのは確かで僕が顧問を務める我らがパラエストラ西東京でも体験や見学の際に「ブレイキングダウンを見て」というのもチラホラ・・・ただパラ西はジムの方針としてブレイキングダウン(以下BD)への出場は禁止してます。
理由は『社会的な評価として反社会的行為を奨励しないまでも興行の材料に組み入れる大会への参加』を禁止するという事で、BDに限らず「ああいう人たち」に関わらないことを『ジムの社会的な立ち位置』としているからです。

次に『BDは格闘技か?』という話題ですが、これって『格闘技』という文字の外に略されている部分が何かって話で、たとえば『鈴鹿8耐はバイクか?』って聞かれたら「鈴鹿8耐というイベント名であってバイクという物体ではない」となります。
ですが『鈴鹿8耐はバイクレースか?』とい質問であれば「バイクレースですね」となります。

これは『バイク(を使ったレース)』の≪を使ったレース≫の部分が略されているだけで文字としてはバイク(物体)と略されている部分が違うだけです。

となるとBDも『格闘技(の技術を用いたイベント)』となるわけですから、そういう意味では格闘技だと言っても間違いではないということになり、結局BD格闘技論争って略されている部分をどう考えているかの平行線でしかないと思うのです。

なので鈴鹿8耐もジムカーナもハーレーダビッドソンもバイクと言ってしまえばバイクです・・・ただ正式名称ならバイクレースだったりバイク(名詞)です。

同じく「Jリーグはサッカーか?」と聞かれればサッカー(のリーグ)です。

なのでライジンもUFCもBDも格闘技(の技術を用いたイベント)という意味では同じで向いている方向、商業主義的な感覚でいえば客層あるいは販売方法が違うということでしかありません。

この『違い』にはルールやレベルの高低も含めた技術の違いも当然に含まれます。
ですので武道的な求道なのか、プロ興行的なイベントなのか、求道の結果身に付けた技術を生活の糧を得るための興行に使用する、あるいはその技術を使用できる場に出るわけですから≪行間を読む≫ことで共存できると思います。

ただパラエストラ西東京ではそういう大会に出場したい会員さんがいても認めませんし勝手に出場したら破門です。
これはジム対個人の問題ではなく、ジムと社会=他のすべての会員さんと地域社会の信頼関係に及ぶ行為だからです。

BDが格闘技か論争についての僕なりの私見です。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2022.10.30更新

今日は僕が法務顧問を務める
パラエストラ西東京が友好道場との交流戦に臨みましたので観戦してきました。

場所は八王子のK-1八王子ジム、
新規オープンのジムなので非常にきれいです。

初めて試合に出場する会員さんもいますし、
公式戦に何度か出場しているベテランもいますが、

試合前のリングチェックの緊張感は似たような感じです。

試合は熱戦ばかりで、
目だった反則も無くクリーンな良い試合でした。

そして試合後のリングにはところどころに血痕が(笑)

『血と汗と涙の結晶』という言葉も
ちゃんと実態として見るとより一層感慨深くなります。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2022.10.06更新

僕の専門は道路交通法なので
経営関連の法律に関しては一般市民レベルです。

それを踏まえて最近格闘技のジムや道場で時々聞くのが
『検索結果をクリックしたら違うジムの広告が表示された』というものです。

ちなみに僕が顧問先を務める道場でも似たような事件がありました。
またこれも常に表示されるわけではなく、別のジムに飛ぶ場合とそうでない場合があるようで・・・なんかこういう姑息な手法を使うジムって教えることも似たようなことなんだろうなと思いますが、とりあえずこういう人の広告に乗っかるような手法は地獄に落ちろって思います。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2022.10.05更新

往年の名選手が引退後に復帰戦をしたり、
あるいは勝てなくなっても引退せずに不定期ながらも試合出場を続けたり・・・

本人が決めたことに周りがいろいろ言うべきではないという意見ももちろんですし、最終的には自己責任だというのもその通りです。

実際50歳に迫っても現役とそん色ない試合ができる選手もいます。

しかし大多数の選手は・・・というか僕が現役時代に同期付近だった選手たちを見ていると正直なところ「ちょっとな・・・」と思う事も少なくありません。

繰り返しになりますが、本人が出たいのであればその気持ちは尊重すべきだとは思いますが、
『現役プロ』という立場に縋っているのであればもうリングに上がるべきではないと思います。

特に心身両面で正常な判断ができなくなっているなら、止めるのは周りの責任だと思います。
ここでいう責任というのはリング禍(りんぐか=試合での重大な事故のことです)が起きないように、業界に関わる人の責任だと思います。

僕も何人かの選手に「お前もう辞めろ。」と言ったこともあります。

よく自分に酔ってる選手が「リングで死ぬのは本望っすよ!」みたいなことを言いますが、逆です。
リングは、あるいはマット上は先人たちの想いが今に繋がっている、一番死んではいけない場所なのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2022.09.15更新

こちらは食のディスティニーランド福岡県のB級グルメの雄

ビーフバター焼きです。

肉、パスタ、バーベキューソース、そしてごはんと
男の子メシの全要素合体ロボです。

そしてもちろんスイーツ担当もセットアップです。
僕は福岡出張の際には空港のフードコートでたいていこれを食べるんですが、
基本的にこれを2セット食します。
そして唐揚げかささみフライ&フライドポテトも合わせます・・・

しかし今回の注文はこの写真だけです。
体重を落とすには食事制限しかなく、スタイルアップには筋トレ含む運動しかありません。

そして食事制限に関しては大変だと感じる人も多いと思いますが、
個人的には慣れてしまえばそんなに問題はないと思います。

実際僕の現状は食事量はピークの7割ほど、特に一気に大量に食べることはほぼ無くなっていますが、特別空腹感が強いということも無く、落ちた体重が戻らない循環ができています。

やっぱり慣れというのは良くも悪くも人間に備わった崇高な機能なんだろうなと
ダイエットや減量の度に痛感します。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2022.09.06更新

免許取消前の意見の聴取はほとんどの場合
免許センターか警察本部で行われます。

そして結構休憩時間が長いので
免許センターでやる場合などはセンター内の食堂や喫茶店でご飯を食べることも多いんですが、
最近はダイエットしていることもあってそれほど量は食べず、プロテインなどで不足分を補うことも多いです。

そんなある日、横にいた女性から「あの・・・オフのビルダーの方ですか?」と質問されました・・

『オフのビルダー』というパワーワードをまず説明しますと、ボディビルダーがバキバキに仕上げているのはコンテストの時だけで、それ以外の時には筋量を増やしやすくするために多少死亡も乗せている状態にしている選手も結構います。(選手個々人によって様々です)

そしてビルダー飲みというのはプロテインの粉を直接口に含み、水や牛乳などで飲み込むという男気溢れる飲み方です。

まぁ・・・オフのビルダーという表現の時点で『体は仕上がってない』と言われているようなものですので、もうちょっと頑張ろうと静かに思った免許センターのお昼でした(>_<)

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2022.09.04更新

ダイエットブームですね。
ネットニュースでも日や筋トレ特集が華やかです。

ヤフーニュースのトップなど筋肉関連が結構な割合ですね・・・これは僕の画面がそうなってるだけかもしれませんが・・・

ただ世の中の色んな人を見てみると筋肉云々以前に姿勢が悪い人がほとんどですね。
姿勢を正す筋肉が不足しているという人もいますけど、正しい姿勢ってだいたい楽な姿勢・・・楽というのは少し感じ方が違うかもですが、体に負担がかかりにくい態勢のはずなんですよ。

それに筋トレも正しいフォームでやることが重要ですし。

【姿勢を正す】これだけでスタイルは多少良くなるものなんですよ♪

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2022.08.22更新

目標を85キロに設定して始まったダイエットですが、
ひとまずスタート時点の転換点と言いますか、
空腹感が変わるポイントを通過しました。

よく『食べなくなると胃が小さくなる』あるいは『普段から食べていると胃が大きくなる』などと言いますが、胃袋自体の大きさはそんなに変わるものではないらしく満腹感とか食事に関する欲求が変わる感じですね。

僕の場合は間食への欲求が無くなり『・・・今食べなくてもいいか』という気持ちになります。

あとは量を減らしていけばスムーズに落ちていくはず(;^_^A

減量ではないのでのんびり落とします♪

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2022.08.09更新

先日ブラジリアン柔術の世界王者が射殺されたというニュースが関係者筋を駆け巡りました。

なんでも酒の席で絡んできた相手を一旦制したものの、解放した相手が拳銃を発砲したのだとか・・・
まぁブラジルってそういう国なんでしょうけど・・・悲しい事件です。

そしてこういうニュースが出ると強まる論調が
「やっぱり格闘技やってても、世界チャンピオンになってもピストル出されたら勝てないってことだよね。」というものですが、僕はこれについては全面的に反論します。

何回か似たような記事を書いてるので引用
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
格闘技をやっていると時々言われるのが、
「拳銃とか持ってこられたら勝てないよね(笑)」というものです。

だいたいこれを言う人って何事にも真剣に取り組んだことの無い人がほとんどなので、
現状明らかについてしまっている差を実感するからこそ相手をこきおろして優位性を確保したいんでしょうね。

それに対して真面目な選手は「拳銃相手に勝つのが目的ではないし格闘技は自分を高めるためのものだよ」とか
「死亡率は下がるよ」という答えをしてしまう人も結構いるのですが、口下手な格闘家はなんだか言いくるめられたみたいで悔しい思いをしてしまう場合もあります。

さて僕の場合は「拳銃持ってこられたら勝てないよね(笑)」と言われたら「勝てるよ」と答えて、続けて「今から証明するからお前ちょっと拳銃持って来いよ。」と言うと「そんな今なんてできるはずがない」と答えます。

それが答えです。

あるいは「拳銃がダメだったら散弾銃の許可申請してやるから本気のガチで相手するよ。ただお前は銃、俺が素手なんだから殺されても文句言うなよ(笑)」と言う時もあります。

これは結局トラブルが発生した時に相手が拳銃出して発砲する可能性がどのくらいあるかって話です。
さらに言えば始まってもみ合っている最中に拳銃出して撃つまでの一連の動作はなかなかできません。
もちろん少し距離が開けば出すことは可能ですが、出された側も反対側に走って距離を取るなど命中率を大きく下げる行動を取ることは可能です。

危機管理の観点でいえば起こり得る可能性の高いものに対策を立てるのが当然ですので、極論ばかりを掘り下げれば最終的には『生きてても仕方ないから死のう』という究極の護身に行きついてしまいます。

また拳銃を使って勝つためには【あらかじめ準備して先に撃つ】ことが必要になりますが、それなら待ち伏せして金属バットで襲撃でも、歩いているところに車で突っ込むでも、やられた方の死亡率でいえば大差ありません。

僕は個人的には護身目的で格闘技を修めるという考え方には反対ですが、何が起こるか分からない以上、アクシデントに対する死亡率を下げるというのもある意味護身の基本でもあると思うのです。
だからこそどんなに最新鋭の武器を揃えた軍隊でも警察でも格闘技は必修科目なんですよ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
引用終わり

ここでも書いてますが、
今回の事件も一旦その場は終わったあと、仕切り直しの発砲なわけです。

これが銃を持っていなかったとしたら
店を出た瞬間金属バットで後頭部をフルスイングするかもしれません。
帰り道に車で轢くかもしれません。
後を付けて自宅に放火するかもしれません。

手段が違うだけで最終的な結果は同じです。

それでは被害者は本来どうすれば良かったかとなれば、現実的に可能か不可能かとか警察機関がきちんと機能しているかというのは一旦置いといて最初の制圧時点で反撃の力を完全に削いでしまえば良かったわけで、そのためにはファーストコンタクトで殺されないために格闘技はやっぱり必要だったという結論にたどり着いてしまうのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

SEARCH

過去記事はコチラからご参照頂けます