メールで無料相談  gseiki_shotgun@ybb.ne.jp クリックでメールソフトが立ち上がります
header_img02.png
公式ブログ 毎日更新

内村世己 年中無休の業務日報

カテゴリー : バイクとか車とかの話

2020.01.15更新

男の子の好きな働く車ランキングというのを見たのですが、
パトカーや消防車といった定番以外にフォークリフトやショベルカーといった工事現場の車も目に付きまして、
ちょっと驚きだったのが『キャリアカー』という車を運ぶ車も10位くらいにランクインしていました。

それを見て自分の頃はどうだったかなと思い出せば・・・『戦車』って答えてたのを思い出しました・・・理由は確か「強いから!」だったはずです(笑)

ちなみに今一番好きな働く車は?と聞かれたら・・・やっぱり戦車と答えると思います(=゚ω゚)ノ

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.01.06更新

事務所の車が車検なので現在代車で通勤中の僕です。

さて世の中にはお得な車検を売りにしている業者というのも沢山ありますし、ユーザー車検にすれば法定費用以外は不要でできたりもします。

一方ディーラーでの車検は【そろそろ】の部品は基本的に交換を勧めてきますのでトータルの金額はかなり高額になります。

しかし僕はいつでもディーラーのお勧めプランを全部乗せでやります。
バイクも同じです。

多少車の知識のある人からは「それは過剰整備だよ」「無駄遣いだよ(笑)」と言われることもありますが、仕事で使う車に僕が求めるのは【止まらない事】です。
どんな些細な故障であれ『止まる』事によって失われる時間は僕の時間ではなく御依頼者様の時間なのですから。

そんな僕をディーラーにとっての美味しい客などと揶揄する人もいるでしょうけど、自動車ディーラーに限らずそんな美味しい客にやってくるのは安売り情報ではなく早売り情報あるいは限定情報という本当にお得な情報なのです

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.12.30更新

今年の雑感というか・・・
ここ数年の流れといいますか、
色んな事件に対して大なり小なり炎上するというのが増えていて、その沸点も低くなっていったのではないかと思います。

先日、有名物まねタレントが人気シンガーのモノマネをしたということで批判が殺到したというニュースを見ました。
僕はモノマネは好きではないのですが、モノマネされる側に損害を与えていないのであれば、ただ見ないだけで積極的に叩こうとまでは思いません。

また、有名人や政治家の発言で、ほとんど裏も取らないままで文字通り蜂の巣をつついた様な騒ぎになることも少なくありません。

そして僕の取り扱う交通問題に関しても気になったのは、
煽り運転が厳罰される法改正が出た時『定義が曖昧だから結局またこれでは何がダメなのかいいのかよくわからない』と言って批判する人がたくさんいました。
でもこれを厳格な定義付けをしたらどうなるかといえば、今度は『それに当てはまらなければ煽り放題なんだ』と批判する人が結局出てきてしまいます。

僕としては交通というのは非常に曖昧な部分も非常に多いので、ある程度は現場の判断になるのは仕方ないと思っていますし、だからこそきちんと判断ができるようにドライブレコーダーは全ての車に装備すべきだと思っています。

また新型スカイラインで手放し運転の実現という記事に対しても
『急に大雪が降ったら?』『急に人が飛び出したら?』などなど、人が運転していても防げないような状況に対応できないなら自動運転は無意味だとか、そもそも自動運転(厳密にはまだ運転支援の段階)は信用できないなどなど・・・

なんだか怒ることが目的になってしまっているような気がします。
そんな時には人間が運転すればいいだけで、なんで完全に自動運転で一切人は介在しないとことまで振り切ろうとするのかな?

今はまだ自動運転への途上なのだから人と機械で補え合えばいいだけなのに、技術の進化を否定することも無いと思うのです。

何かを攻撃するというのはある意味やる気につながるという面はあると思いますが、モチベーションは社会をより良くする方向に力を向けるのが人間のあるべき道だと思います。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.12.25更新

僕は移動は基本的に車かバイクです。
車の時にはハンズフリーで会話もできますが、バイクの場合もやはりハンズフリーで会話しています。

一昔前は音質も今一つで、かろうじて受信はできるものの少し走るともう聞こえなくなるものばかりでした。
しかし最近は音質も向上、単純な出力も強化されてるのか音量も大きく尚且つ聞き取りやすいです。
そしてノイズキャンセル機能といいまして、バイクで走行中に最も大きな音って『風切り音』なんですが、そういう【会話以外の音】を拾いにくくしてくれる機能も付いてます。

しかしヘルメットに後付けするという特性上、どうしても本体が出っ張った状態になり、ある程度の風切り音というのは仕方ない面もあったんです・・・が、
ついにこんなのまで出てしまいましたよ・・・

どこに本体があるかというと、少し見えにくいですがヘルメット下部の黒い+とーの部分が本体で、このヘルメットの専用設計でメット側にも最初から取付部分が作られています。


マイクもスピーカーも、配線はヘルメット内部を通すので非常にすっきりです。


更に特筆すべきは真下から見た時にもでっぱり部分が全くなく、風切り音に関してもノーマルとほぼ同じレベルには感動すら覚えます。

ただ唯一の難点というか、マイクの固定が少し甘くて結構動きやすかったりするんですが、それを置いても音量&音質、使いやすさ、実に素晴らしいと思います。

SHOEIさんありがとう(*´▽`*)♪

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.12.06更新

免許センターなどにはよく
小中学生の作った交通安全啓発ポスターが掲示してあるのですが、
某免許センターでもそんな企画がありまして、中々の力作ぞろいとみていると・・・
その中に一枚、異彩を放つ作品がありました。

それがこちら

『信号をよく見る』当たり前かと思いつつも実は結構な割合で見落とされているという現実を上手く射抜きつつ、少ない文字数とビビッドなカラーリングで視覚的にも印象が強いです。

どうしてもイロモノ系に見られてしまう可能性も強いので総合大賞を取れるかというと、おそらく取れなさそうですが道路標識と同じく目に入ってから内容が理解できるまでの所要時間や基本であり大事なことなのに疎かにされていることを再確認させたり、僕はこの作品に金賞あげたいと思います。

あと個人的にはですが『シグナルマン』て感じでキン肉マンの超人募集に送ってくれないかなとも思います。
タッグマッチならパートナーの動きを青信号で加速させたり対戦相手の動きを赤信号で止めたり・・・技名付けるなら【トラフィックライト】ですかね?

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.12.05更新

『フル電動自転車』という乗り物がありまして、
こちらは電動アシスト自転車とは違って、全く漕がなくても原付と同じようにアクセルをひねれば走れるタイプで、けっこうなスピードも出るので人身事故の話もよく聞きます。

先日もひき逃げ事件がニュースになってましたね。

ただペダルを漕いで運転することもできるので『ペダルで走っている時は自転車扱い』と思っている人も多いようですし、報道でもミニバイクに分類されることはよく書かれてますが、免許証がいる事やペダルでの走行でも自転車扱いにはならないことまで言及している記事はあまり見ません。

とりあえずこの乗り物に関しては原付免許は必要ですし、ペダルだけで走行していても自転車扱いにはなりませんのでご注意ください。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.10.02更新

煽り運転が話題になると共に厳罰化への法改正も動きがあるようで、
一時期に比べれば多少落ち着いたとはいえ、まだまだ煽り運転はメディアの美味しいネタであることは間違いないようです。

さて、これだけ煽り運転が世間を騒がせている中、実際の路上で煽り運転が減ってるのかというと・・・実感としては『あんまり変わってない』ですね。
僕はちょっとお仕事で東京から関西方面まで車で出張したのですが、深夜の東名高速では結構な煽られっぷりで、特に今までと比べて明確に減ったという感じはありませんでした。

これは『振り込め詐欺に騙される人』とある種似たような感じなのですが、世の中の人というのは僕らが思っている以上に情報に触れていないのではないか、あるいは触れていても自分の事として受け止められないのかと思います。
それは詐欺被害者の「自分は大丈夫」と思っている心理と同じように煽り運転をする人も「自分の行為は煽りではない」と思ってるのかもしれません。

聞く気が無い人に聞かせるためには厳罰化もやむなしかと思いますし、免許更新時の講習や教習段階でも例えば【煽り運転の末に相手が怪我してしまった場合には運転傷害という違反になる可能性もある、運転傷害という違反は非常に重いもので一発で45点以上が付いてしまう!】という感じの『免許証への処分が重いよ(=゚ω゚)ノ』という言い方で教えていけば煽ることのリスクを実感して抑止力になるのではないかと思います。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.09.26更新

こちらはバイク用のドラレコの本体なんですが、
モニターが付いていまして撮影している画像が表示されます。
前のカメラ、後ろのカメラ、両方同時に画面分割して表示など表示方法も選べます

その昔バイクのバックミラーはそのままだとどうしても死角ができてしまう・・・車体の構造によっては真後ろはほとんど見えなくなってしまうので今のセルシオみたいにバックカメラにならないかと考えられたことも有りましたし、モーターサイクルショーではコンセプトモデルとして発表されたことも有りました。

とはいえ実際にカメラになるとまだ車でさえ違和感も大きく、動いている映像は見辛かったりしますので車より動きの激しいバイクではまだまだ実用化には程遠いのですが、このドラレコのように補助的な用途であればバイクの死角がちゃんと見られる=そこに車がいるかどうか位は十分に分かるしまたがった状態で後ろに下がる時に広い視野で見られるのは非常に安心感もあっていいと思いました。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.09.17更新

バイクの性能の進化というのは凄まじいもので、
今やお店に並んでる状態そのまま、極端に言えば違法か合法かは置いといて、納車の帰り道で300キロ出せるようなマシンは珍しくもありません。

加速性能にしても停止状態から時速100キロまで億円級のスーパーカーでも3秒切るのは稀ですが、バイクのトップクラスは2秒台は珍しくありません。

ところが、一般的にメジャーではないメーカーですが0⇒100キロ加速なら軽く1秒台、最新モデルなら最高速も340キロくらい出してしまう超絶マシンが存在します。

それがこちらのボスホス。

これは小さい方のエンジンで5730㏄です。

誤植ではありません5.7リッターで『小さいほう』です。

大きい方はこちら

8200㏄です。

出力は5700㏄で350馬力くらい、8200㏄で502馬力、ただこの2モデルは旧タイプで新しいものは6300㏄445馬力くらいですが、エンジンの作りにはかなり余裕があるので485馬力とかにしている人もいます。

僕もこのメーカーの古いバイクに乗っているので、この日はちょっと整備のためにディーラーに行ったんですが・・・いやはや凄い空間です。

個人的にはモーターショーに行くよりもここに来た方が凄いマシンを間近で見られると思います。

最近増えているトライク(3輪バイク)
こちらは取り回しも楽ですし転倒の心配も無いので購入できる経済力のある人は結構な年齢の人も多いので、2輪よりもトライクの方が売れてるそうです。

制作中のもありました。

整備中のバイクを間近で見られるのも貴重です。

これも8200㏄ですね。

日本のバイク市場は相変わらず大型車はハーレーが堅調な売り上げのようですが、僕としては同じようなアメリカンスタイルで、より目立つし、性能もぶっ飛んでるし、のんびり走れば大人しいし、デカいことと重いことは人によってはネガティブな要素に感じるかもしれませんが、それ以上に面白いバイクなので、自分もオーナーだからというわけではないのですが、個人的にはもっと人気が出て欲しいなと思っているメーカーなのです・・・

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.08.22更新


免許更新の際にもらえるテキストですが、警察嫌いの人達にはよく的にされているようで、
1:曰く「資源の無駄」
2:曰く「役に立たない」
3:曰く「誰も読まない」
4:曰く「天下り先を潤すシステム」

なるほど、
資源の無駄かどうかにつきましては電子書籍とかアプリにすればいいとも思いますが、高齢者への対応だとかとりあえず手元に現物があった方が少しでも読む人もいると思うので、紙の本であること自体がそれほど無駄とも思いません。

しかし2以下については申し訳ありませんが明確に「それはちょっと違うんじゃないかな?」とも思います。

役に立たないという人もいますが、道路交通法の基本などについては最低限の必須知識はちゃんと書かれていますので、取締りを受けた人がよく言う「そんなルールは知らなかった!」というのもかなり防げると思います。
また運転への心構えや注意点など、一回でもしっかり読んでたら防げたんじゃないかなという事故も少なくありません。

「そんなの分かり切ってるから意味ない。」という人もいますが、社会のルールは最も低いレベルの人でも分かるようにしなければならないということですので、誰でも受ける更新の際に、知らない人には知ってもらえるように、知ってる人でも再確認するのは良いことだと思います。

それに天下りの財源になっているという声ですが、ETCの時にも同じような声がありましたがそれで僕らの社会は便利になっています。
こういったテキストの類も似たようなものだと思います。
より良い社会の一部を天下り企業が担っているとしても、費用対効果であったり国民を圧迫するものでなければ天下り=悪ではありません。

薄いテキストですので基本でしかありませんが、スポーツ選手でも基本を疎かにしては大成することができませんし、出来ていると思い込むことで隙が生まれてしまいます。
そしていろんな運転者の人を見てきて感じるのはこのテキストのレベルに達している人は2~3割くらいしかいないという現実です。

坊主憎けりゃ袈裟まで憎いではありませんが、警察嫌いでも良いので一回ちゃんと目を通してみれば運転を見直すいい機会にもなると思うのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

まずは無料の電話相談

03-6356-7386または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-6356-7386
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384