メールで無料相談  seikiv8@hotmail.com クリックでメールソフトが立ち上がります
公式動画『免取りちゃんねる』 トップページ

免許取消軽減ブログ

2023.11.21更新

僕は革ジャンが好きなので
県警本部に行く時にもレザージャケットで行くことが多いのですが、
一方で発熱量の多い高代謝人間でもありますのですぐ熱くなってしまうため
冬でも屋内では半袖になりたい場合が多いのです。

・・・っていうかそもそもほとんどの建物って暖房効き過ぎだと思うんですよ💦
外気温から入ってくるんですからそんなにガンガン暖房効かせないでも良いと思うんですが・・・まぁ暑がりと寒がりが同じ空間にいるなら寒がりに合わせるのが優しさだと思ってる僕はぐっと熱いのを我慢します。

ただ黙って我慢するだけでは男が廃りますので
『ジャケットや革ジャンを半袖で着られる用の汗対策インナー』を探したんですが、ありません。

というわけで作りました。

着るとこんな感じ

なんかちょっとオサレなアウターっぽくなりました(笑)

ちょうど素肌とアウターの間をふんわり埋めるようなポジショニング且つ袖口からも出ないサイジングはなかなかの発明品だと思うのです。

流行りませんかね?

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2023.11.20更新

子供の読解力不足が叫ばれて久しい昨今ですが、
自動車の先進運転支援システム批判をしている大人にも読解力不足というか、
ちょっと悲しい状況が垣間見えました。

曰く「自分で運転したい」
曰く「なんか危険な支援をされることもある」
曰く「衝突防止機能があるせいで車庫入れができない(もう少しが寄せられない)

などなど

いやいや・・・『支援システム』って文字読んでます?

それとこういった機能はOFFにできるのも知ってますよね?
なんか完全自動運転と混同している人がいるんですが、これって子供の読解力不足を指摘する際に言われる
【文字をそのまま読まない】っていうのと本質的に変わりません。

つまり読解力不足のレベル自体は今も昔もそれほど変わっておらず、
低い人の割合が増えて平均値が下がったというのが実情なのかなとも思うのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2023.11.19更新

知人からグッチのノベルティグッズを頂きました。

なにやらしっかりした箱はさすがハイブランドと感心しつつ開けてみると・・・


グッチの付箋でした(笑)

警察に出す書面に貼るのはやらしいので
事務所内で使用することにします(;^_^A

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2023.11.18更新

新幹線の車内販売で購入できるアイスクリームと言えば
地球で最もおいしいアイスの一角をなす豪傑です。

こちらは駅の売店でも購入できるところもありますが、
やはり車内販売での鬼のような硬さから食べごろまで緩める様式美もまた旅情の一つだったわけです。

しかし最近の新幹線では車内販売もなくなってしまい、

自販機での購入になるようです。

そして品川駅の自販機はこんな感じ


車内販売だとだいたい二つの味かもう一つ期間限定がプラスされるような感じですので
好きな時に定番全種類が買えるのは好ましいともいえますね。

ただアイスの自販機はおそらくマイナス18度くらいだと思いますので
ドライアイスの強烈な硬さではないと思います・・・『シンカンセンスゴイカタイアイス』の称号は過去のものになってしまうのかと昭和のおっさんは感慨にふけりながらも便利になった世界をうれしく思うのです(*’▽’)♪

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2023.11.17更新

今回のご依頼は接触事故、
まぁ被害者の怪我は嘘なのは分かってるんですが、
病院としては痛いという主張がある以上『痛みがある、原因は交通事故』という診断書を書かざるを得ません。

しかし事故状況として御依頼者様がほぼ一方的に悪い事故ですので
軽傷事故でも5点が付いてしまいます。

本来なら特に何の処分も受けませんが、過去3年以内の行政処分歴が2回あるため
5点が付くと免許取消になってしまいます。

こんな時はどうするかというと
本来付く予定の点数を5点から4点以下に小さくします。
ただ特に何もしなくても被害者が胡散臭い場合は4点や2点になることは少なくないです。

しかし今回の御依頼者様は現時点で120日以上の免許停止になった場合は解雇の可能性もあるということですので、もう少し踏み込んで2点か0点になるのを狙って動きます。

詳細な部分は企業秘密だったりしますが
今回もそれほど困難でもなく点数は無しになりました。
そして事故の時点で前の免許停止明けから355日くらいが経過していたので、点数無しの結果が分かった時にはすでに違反歴や事故歴としても残っていませんので1年以上の無事故無違反歴となり前歴も無しになりました。

今回も超常現象をお届けできてよかったです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2023.11.16更新

酒気帯び運転のニュースの見出しで
基準値4倍超 飲酒運転の疑いで男を逮捕 パトロール中の警察が不審な車を発見し発覚
https://news.yahoo.co.jp/articles/f7a07ac58fb8a310de0d0e5f8d06060cbd08e0d3

こういう書き方って多いですね。
でも速度超過で【制限速度の1.5倍!】みたいなのはあまり見かけません。
2倍超とかなら時々見ますが、やはり速度超過で2倍というのは多少インパクトが薄いんですかね?

さて、この酒気帯び運転の【基準値】というのは呼気中のアルコール検知結果が0.15以上のことで
ざっくり言えば『酒気帯び運転として違反になる数値』ということです。
ということは0.15未満なら酒気帯び運転にはならないのでほんの少しなら飲んでいいのかという考え方もありますが、
お酒の影響で正常な運転ができない《酒酔い運転》については数値ではなく[状態]で判断されますのでやっぱり飲んだら乗らないのが基本です。

そして酒気帯び運転で検挙された人が「尾行されてた、駐車場から出るときに見てたんなら止めれくれればいいのに!」などと言いますが、実際には酒気帯び運転の車は見れば分かりますので、いつ運転するか分からない駐車車両一台をずっと見張ってるということは基本的にありません。

ちなみに僕も酒気帯び運転の車は見れば分かりますが、明確にふらついているわけではなくても『なんとなく』で分かります。
よく『刑事の勘』なんていいますが経験に基づく無意識のレーダーが勘なのですから、やっぱり毎日取り締まってる警察官なら僕よりもっと見れば分かると思います。

で、冒頭の数値に戻りますが
このアルコールの検知結果については非常に個人差が大きく本人はほとんど酔ってる感覚が無くても結構な数値が出ることもありますし、飲酒後相当な時間を経過しても分解されていないこともあり、ニュースなどでよく言われる基準値の3倍や4倍という数値もそれほど珍しいものではありません。
もちろん自覚が無くても運転には支障が出ています。

特にひき逃げで現場から逃げる理由の8割くらいが酒気帯び運転であることを考えれば
モラルも低下しているということになりますので、大きな事故を起こさないためにも飲んだら乗らないように気を付けましょう。

ただそんな状況でも軽減された事例もありますので
一度無料相談でもご利用いただければなと思います。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2023.11.15更新

先日ご紹介していました
パンクラス世界ランキング5位のリトル選手
11/12に無敗の新人王を迎え撃つ厳しい戦いでしたが接戦をものにして2-1の判定勝ちでした。

これは入場時ですが
3ラウンドのうち1,2ラウンドはほぼ取られて最終第3ラウンドでの魂の反撃で前2ラウンドのマイナスを取り返しての薄氷の勝利だったので試合終了後はかなりボロボロでした(笑)

公式の煽り映像もありました。
https://www.youtube.com/watch?v=AAvtqUD9Qqg

このリトル選手、
格闘家以外に経営者として複数の会社を経営し、都知事からも表彰を受けているほどです。

しかし年齢的にも落ち着いた試合運びをするかと思えば毎回アグレッシブで試合終了まで止まることがありません。

それは仕事と違って不器用な試合しかできないからこそ、技術を広げるのではなく自分の得意を研ぎ澄まして倒しきる試合展開で勝つタイプということですが、
実際の試合では『一発で倒せる打撃を持っている』・・・だけでは倒せません。

相手だって同じような武器を持っているのですから【倒せる距離は倒される距離】でもあるわけでその危険区域に自分から踏み込んでいくことが格闘技の感動なんだと思います。

ちなみにこのリトル
僕が入院した時にも真っ先に駆けつけてお見舞いやDVDなんかを大量に持ってきてくれる人情家ですなのですが、そういう人間性も【応援させ力】なのかもしれません。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2023.11.14更新

今回の御依頼は『酒気帯び運転の同乗』です。
同乗ということは御依頼者様は運転していないので点数は付かないんですが
『運転した人と同等の処分』に該当し、今回は運転者が0.25以上のアルコール検知結果ですので
免許取消+2年間の再取得不可となってしまいます。

とはいえ単に酒気帯び運転の同乗とはいえ、そこに至る経緯としては一緒になって同乗した人もいれば、何度も断ったのに強要された人もいれば、泥酔している時に後部座席に放り込まれた人もいるわけで、人生に関わる重い処分だからこそ個別の事案を勘案しなければならないと思います。

こういう重大違反の場合、処分対象にしないで終了させるのが良いのですが今回は御依頼時点で免許取消前の弁明の機会である聴聞まであと数日ですのでこの日しかチャンスは残っていません。

というわけでいつものように警察本部の聴聞会出席した結果・・・一旦処分は保留で再捜査になり、約一か月後

『処分理由を危険性帯有というものに変更して180日の免許停止』の通知が来ました。

ついでに刑事処分も不起訴になったので
ネットなどでは非常に厳しいといわれている処分地でしたが
今回も超常現象をお届けできて良かったです。

ちなみ最初に聴聞に来た時には別の御依頼者様も同じ会場に来ており

左の御依頼者様はその場で1年間の免許取消を180日の免許停止に軽減成功、右の酒気帯び同乗の御依頼者様は再審査となりました。
ついでに言うとこの日軽減または再審査になったのはこのお二人だけで、他の事務所に相談したっぽい人や弁護士さんが一緒に来ていた人もいましたが・・・正しい行動は誰一人いなかったのが残念です😿

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2023.11.13更新

11/12は令和5年度の行政書士試験だったみたいで、
沢山の受験生の悲喜こもごもがあったと思います。

とはいえ僕と同期の合格者も結構廃業してまして・・・行政書士事務所は5年後の廃業率が6割とも8割とも言われてますが、まぁ他の業態も似たようなものですので行政書士だけが特段廃業率が高いとも思いません。

ただ傾向として試験に全力を尽くし過ぎてる人の方が実務の現実にぶつかる傾向が大きいような気がします。
僕の同期合格組でもブログなどで試験の得点をアピールしてた人は誰も残ってません。
・・・僕はアピールできるほどの得点ではありませんでしたが(笑)

ちなみに行政書士の会報には試験監督のバイトなんかも募集されるんですが、僕は行ったことがありません。
ついでに受験者向けの講演なんかもやったことがありません。
開業者向けの講演というかセミナー講師は一回やったことがありますが【開業後軌道に乗るまでは年中無休24時間営業を看板に掲げろ、どうせ大して依頼は来ないし生活かかってるんなら年中無休で24時間対応するようになる、どうせやるんだったら看板にしてしまえばいい】という発言が何かに引っかかったのか、それ以降お呼びは掛かりません。

QOLとかワークライフバランスなどと言われて久しいですが、
本気に必死に真剣に命がけで頑張れば、とりあえずそこそこ以上の結果は出ると思うのです。
もちろん業種によってはコロナ禍のように個人の頑張りではどうしようもない災厄もありますが、
世の中で働いている人の大部分には運以外の要素を全部除外できるほど頑張っている人はほとんどいませんので、結局一生懸命頑張ることが一番の近道だったりするのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2023.11.12更新

最近話題の『私人逮捕系YouTuber』ですが、僕は基本的にアンチです。

理由としては『誤認逮捕だった場合に責任が取れないから』ですが、
こういう論拠に対し「警察も誤認逮捕は責任を取ってない」と主張するかもしれませんが警察など公務員のミスに関しては国家賠償請求という形で国が責任を取ります。

もちろん裁判の難易度や補償額など問題はあるにせよ制度としてミスに対して責任を負う存在が明確です。
また私人逮捕は本来緊急事態の対処=受け身ですが、緊急事態は起きるものであって起こすものではありません。
おそらく彼らは「明確な現行犯だった」「裏は取っている」と主張するでしょうが、一つの例として万引きGメンに誤認検挙させて会社から迷惑料をせしめる連中というのもいますがその手口はなかなか巧妙ですし、そもそも【絶対】などということはありません。

あとは動画映えを狙っての過剰な暴行がエスカレートすることですね。
当人は「犯人が抵抗してきたからやむを得ず」という流れですが正当防衛には【補充性の原則】というものがあって、単純に言えば「やり過ぎはいけない」ということで、例えば相手が木刀を持ってたから熊撃ち用のスラッグ弾を至近距離で発砲するというのはアウトという感じです。

個人的には責任の取れない行為をする、ここでは積極的に首を突っ込むという意味ですが、例えば末端の薬物事犯を私人逮捕することでもっと上のルートの捜査に支障をきたすこともあるかもしれませんし、そういった捜査情報は公開されていませんのでどんな社会的損失が出るかは分からないわけです。
「自分たちは合法的な行為だ、ミスはしない。」と主張するのは自由ですが、交通事故に毎日のように接する仕事をしていると死亡事故を起こした時に任意保険に入っていなかった人も事故を起こす前はみんな同じようなことを言っているのです。

つまり私人逮捕を職業にしている人は任意保険に入らないで車を運転するようなものですので、
自分のスタンスとしてはアンチだけども責任が取れるのであれば特に批判はしないという感じです。

そしてもう一つ
自警団とか犯罪者やならず者への対抗として集まったはずの集団が多くの暴力団や反社会組織のスタート時点だったことも忘れてはいけない気がするのです。

それでは何か代案はあるのかといえば
警察の予算を今の3倍、人員を2倍くらいにして監視カメラを今の10倍にして国民総顔認証、在日外国人も全員顔認証でAI直結の監視社会にすれば、
やましいところの何もない人にとっては物凄く住みやすい世の中になるような気がします。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

SEARCH

ARCHIVE

過去記事はコチラからご参照頂けます