メールで無料相談  gseiki_shotgun@ybb.ne.jp クリックでメールソフトが立ち上がります
header_img02.png
公式ブログ 毎日更新

内村世己 年中無休の業務日報

2018.12.26更新

『成功者に共通していることは何?』というテーマの話はよくありますが、100%全ての成功者に共通していることは『続けた事』です。

『ビジネスに必要な3P』などと言いまして
1:passion=パッション⇒情熱
2:policy=ポリシー⇒信念
3:persistence=パーシステンス⇒単語の意味としては粘り強さといった意味ですが、行動として使う場合は『継続』となります。

さて、
先日試合で勝利しましたヒデズキック所属のカールナカシマ選手、みんなからは『カールさん』と呼ばれて親しまれています。

40代後半という年齢でも、おそらくその会場内にいた選手の中でカールさん以上に練習しているプロなどいないかもしれません。
プロ格闘家だけでなく、アメフトのトップリーグの選手でもあり、一流企業に勤務して数か国語を駆使して海外と折衝もこなすビジネスマンでもありながらも練習にはほぼ毎日来ますし、一切妥協をしません。
正直なところ器用な選手ではありませんし一つの技、一つのコンビネーションを覚えるまでにはむしろ普通の選手よりも3倍くらい時間がかかる事もあります。

しかし不器用だからこそ一つの技術を徹底的にやり込みます、種類を増やしにくいなら数をこなして精度を高め『使える技』に昇華します。
人の3倍時間がかかるなら2倍の量を2倍の密度でこなせば4倍成長すると言わんばかりに愚直に真摯に取り組みます。

そして練習後にも残った体力を使い切るまで筋トレで、例えばこの綱登りというトレーニングは座ったところからスタートして腕だけで天井まで、そしてまた床まで、降りずに再度天井まで、カールさんは練習後に連続で6~10往復×3セットくらいを、頻度にして年間300日以上こなします。

半分の年齢の若手を圧倒するフィジカルや、確かな技術を見た人は『強い』と評します。
人によっては『才能がある』と考えるかもしれません。

しかし普段の練習を見ている僕らにとってはやるべきことをやって、出るべき結果が出たという印象です。




一番練習して、一番伸びた、
もちろんアメフトで鍛えた身体能力というのはありますし、持って生まれた体の強さというのは否定できませんが、それはいわば守りの強さであって攻めの強さは練習でしか身に付きません。

昨日よりもほんの少しでも強くなることを続けた結果が超人なら、
最も大きい才能って『性格』なのかもしれません。
そんなカールさんだからこそ、世界レベルのトップファイターからも尊敬されるんだと思います。

公式サイトでの試合画像です。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2018.12.25更新

先日出張の際に飛行機に乗りました。
降りる時は結構バタバタするので、僕はいつもある程度落ち着くまでメールのチェックや着信への折り返しをしているのですが、その時は少し到着が遅れたため意見の聴取の開始時刻まであまり時間が無かったためにバタバタしながらも降りるために荷物入れからバッグなどを下していました。

すると斜め後ろにいた人が「おい!」と声をかけてきました。
聞くと僕がキャリーケースの角ででそのオッサンを押したんだとか・・・実は僕の前の席にいた人がそのオッサンをまさしくケースの角で押しのけていたのを見ていたので「それならアイツですよ(笑)」とお伝えしたものの「とぼけるんじゃねーよ!」とのこと、こっちも今立ち上がったところでオッサンには触ってもいないこと等を話すも引きません。

後ろを見てみると奥様と娘さんがいたんですが、僕が一向に乗ってこないのでおそらく引くに引けない状況になっているんではないかと少し可哀想になったんですが、まぁまぁと制している僕の手を取って護身術講座でよくあるような手首の関節を取って相手を倒すような技をかけてきたんですよ😅

そんなときにどうするかといえば、護身術クラスの受け手じゃないので綺麗に倒れてあげる義理も無く、とりあえず手首を固めて『ビクともしない状態』にしました。

さて、こういう護身術教室で教える技というのは『相手の力を完全無効にする』ものではなく、【力が入りにくくする】だけなので、人間がゾウを倒すことが不可能であるように、大きな体力差のある相手にはかかりません。
でもオッサン多少の心得はあるのかそこから違う技をかけてきますが、関節技というのはポイントをずらせばかかりませんし、よく分からない技でも簡単に言えば【相手の動きの反対方向に力をかける】だけで動かなくすることは可能です。
失礼な言い方ですが素人さんがちょっと教室に通った程度の技は不意を突かない限り通用しませんし、上級者には基本的に《不意》はありません。

そこではCAさんが間に入ってくれたので事なきを得ましたが、本当の護身は危険に近付かないことですので家族の前で良い格好をしたい気持ちは分かりますが仕掛ける時の危険性は十分に踏まえた方が良いなと思うのです。 

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2018.12.24更新

今回の御依頼は死亡事故、
まずは処分書をご覧ください。

ある程度処分書についての知識のある方なら「?」と思う部分があるのですが、
この処分書には処分理由の点数が記載されていません。

これは違反内容としては『道路外致死傷』となりまして、
事故としては道路から出て道路外の施設に入ろうとしている時、その敷地内(道路ではない)にいた人を撥ねてしまった死亡事故ということです。
そして責任の度合いが『専ら(もっぱら)』となっているのは『加害者側の責任が重い事故』という意味で、道路上で起きた事故の場合は22点になるということです。

さてネットなどで出回っている情報では「責任の重い死亡事故で軽減は無い」というのがありますが、もう一つ「代理人が行くと軽減されにくい」というのもあります。
そして今回の事故は上記の通り加害者の責任が重いと評価されているのと、御依頼者様は仕事の都合で当日どうしても出席ができませんので僕の事務所スタッフが代理人として出席しました。

結果はもちろん御覧の通りです。
ネットで言われていることは一部本当のこともありますが、僕から見れば8割以上が嘘と勘違いと都市伝説で代理人で行くことによって軽減率が下がるというのは、ほとんどの場合代理人は正しい行動をしていないからです。

今回も適切な手法で進めた結果、予定通りの結果が出ただけの話なのですが、それを『予定通り』で実行できるのはおそらく僕の事務所だけなのではないかということなのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2018.12.23更新

この時期いつも思うのは
建物内の無駄な暖房です。

家からそこまで行くんですから外の温度で皆さん服装を設定しているはずなんですよ、
まぁ上着が重いから脱ぐというのはあるでしょうけど、狭い空間なら多少の暖房程度で十分凌げると思うのです。

ところがコンビニをはじめ、お店の中の温度たるや凄まじいものがあります。
夏場の冷房なら『汗が引く』ので体がフラットな状態に戻るわけですからまだ分かります。
しかし冬場の暖房なら『汗をかく』で追加の状態になってしまうのですから困ってしまいます。

節電とかエコとか声高に叫ぶのなら『冬場の建物内の温度』をもっと下げるべきだと思うのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2018.12.22更新

僕が服装に多少なりともこだわるようになったのは30歳くらいからです。
それまでは現役選手ということもあって服なんてサイズが合えばOK、バイクに乗る時の革ジャンは多少うるさいものの、普段着に関してはまぁ無関心でした。

ところが選手も引退し、曲がりなりにも先生と呼ばれるようになり、公的機関にも出入りるようにもなり、大事な場面で自分の意見を御依頼者様の為に主張しなければならない場面も増えるにつけ、一般的なスーツなどではなく服装それ自体にも力のある逸品を求めるようになっていました。

そんな中でとあるブランドが結構お気に入りとなり、担当の店員さんが何かとコーディネートしてくれたりもしました。
先日その店員さんが退職するということで挨拶に行ったんですが、ちょっと感慨深いものがありました。

よく女の子に対して「俺は〇〇のブランドに顔が効くから△△安く買えるよ」と自慢する人がいますが、僕がこの店員さんと接して感じたのは、お得意さんに回すのは安売り情報ではなく、早売り情報だったり限定品情報なんですよ。

たとえば1億円以上の高級車が発表された時点ですでに完売していたり、1流ブランドのハイエンドモデルが発売日すら発表される前に完売していたりしますが、それはお得意様には先に情報が行ってて、お得意様が買わなかったものが店舗に並ぶということなんだと気付きました。

値段が高ければ1流というものではありませんが、努力の優先順位を値段ではない部分に置いているブランドで、良い店員さんに出会うと知識も含め自分も高めてもらえる、言い方を変えれば客のレベルも引き上げてくれるのが良い店員さんなんだなと、あらためて実感しました。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2018.12.21更新

先日ニュースになってました死亡事故です。
トラックの下にもぐった小5死亡 「回避できない」「実名報道おかしい」の声も
小さい子が亡くなってしまうのは痛ましい事件ですし、
親御さんの心情は如何ばかりかと察するに余りあります。

しかし交通事故という観点で考えれば
発進する際に車の下に人がいないことを確認する必要があるのか?という論点なら
その回答は誰が考えても「ない」になるはずです。

この記事では死亡事故でも刑事処分(罰金や懲役)が不起訴(処分無し)で終わる可能性は十分にあるとのことですが、僕としてはよほどのことが無い限りほぼ不起訴になると思います。
また点数についてもこの運転者さんが一般的なレベルの安全運転をしていた場合、点数自体が付かなくなる可能性もかなり高いです。

御遺族様から非難されようとも、
僕はこのような事故の場合、轢いた方がむしろ被害者だと思っています。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2018.12.20更新

南青山の一等地に児童相談所(実際にはDV被害者のシェルターなどもある複合施設)を建設する計画に対し、
地元住民の一部が強烈に反対しているそうで「南青山のブランド力を貶める!」などと、
自らブランドを地に落とす発言をしているのが滑稽な話なんですが、ニュースを見て少し気になったのが
この施設、いじめられたり何らかの理由で不登校になったりしている子供の収容スペースもあるらしく、
その中には【触法少年】というのも入っているのだとか・・・

ちなみに触法少年というのは【法】に【触れる】つまり何らかの悪いことをした、
言葉を飾らずに言うと大人で言う『犯罪者』あるいは『社会不適合者』ということです。
なるほど、そんなのが近くにいるのであれば治安という意味では近所の不安感もうなずけるかなと思ったのですが、

聞いていると、どうやらそういう子供は施設からは出られないのだとか、
ただコメンテーターは「外に出ないから安心」とか「中にいる子はすでに強制プログラムに入っているわけだから、むしろ外をうろついている奴らの方が危険」などと言ってましたが、これもまた子供の立場になってないと思います。

いじめられたり、虐待を受けていたり、何らかの理由で不登校になっている子供ってある意味被害者な立場であることが多いです。

一方触法少年といえば、要するにリアル犯罪者です。
そんな両者を同じ空間に入れるということは、弱い側には逃げ場がありません。
安全な施設に入ったと思ったら壁一枚隔てた向こうにさらに悪いケダモノが潜んでいて、しかもそこから逃げる術がないとなれば、それは避難とは言えません。

施設自体は必要なものですが
触法少年の収容施設は別にしなければいけないと思います。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2018.12.19更新

最近の煽り運転ブームなのか
色んなメディアで交通関係のジャーナリストや専門家の方が出演されてますが、僕は出ません。

声がかかったことはありますが、よほどのことが無い限り出演することはありません。

さて、
お医者さんには大きく分けると2種類います。
細かく分ければいくらでも分類できますが、ここでは治療に当たるお医者さんと研究をするお医者さんと分けます。

治療に当たるお医者さんは実際の患者さんに接してその患者さんを治療します。
一方研究をするお医者さんはその研究成果で沢山の人を治療したり、新しい理論で医学を進歩させたりします。

どっちが偉いかといえば
同じです。

メディアで発進して社会に警鐘を鳴らすのも正しい法律家の在り方です。
しかし収録時間の関係で意見の聴取に同行したり取調べに同席したり、本来の業務ができなくなっては本末転倒です。
スタッフに行かせることもできますが、どうしても僕が行かなければならない案件もたくさんあります。

僕は不特定多数の人に法理論を解くよりも
1人の御依頼者様と向き合っていたいと思っているだけです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2018.12.18更新

ポルシェを200キロで無免許運転か 医師を追送検/
先日ニュースになってましたが、
ものすごいスピードで事故を起こすと危険運転致死傷になる可能性も高く、
速度の目安としては『制御不能なほどの高速度』ということで、今回のように直線進行上にいたトラックを避けられないというのは危険運転になる可能性が高いですね。

そうなると被害者も亡くなっているので交通違反の点数としては運転殺人と並んで最も重い危険運転致死の62点が付く場合があります。

ちなみにこの加害者の方は「自分は70キロ位しか出してない」とスピードに関して否認しているようですが、車の部品というのはどんな速度でどんな角度で接触したらどのくらい破損するというのがちゃんと警察にはデータとしてありますし、計算方法も確立されていますので、そんな嘘が通る可能性はほぼ無いと思われます。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2018.12.17更新

はい、
「おにぎりの具は何が好き?」と聞かれると
「ピーナツ味噌」と答える僕です。

さて、このピーナツ味噌といいますのは
スーパーなどではよく売ってる特に珍しくはないご飯の友ですが、梅干しやツナマヨなどと比べるとどうしてもマイナー感が否めません(笑)
しかし僕は個人的にはとても好きな具材なので、もっと日の目を見て欲しいとこの20年ほど思い続けていたのです。

ちなみに『味噌ピー』というのもありますが、こっちは『お菓子』で、僕が言ってるのはピーナッツを甘めの練り味噌みたいなので絡めたタイプです。

ただ、このピーナツ味噌『扱いにくい』というのがおそらく大流行しない最も大きい理由でして・・・練り味噌部分が結構しっかりした糊状になっていて、常温ならまだ分けたりしやすいんですが、保存のために冷蔵庫に入れるとカチカチになってしまうのです。

これではおにぎりの中に入れるだけでも大変です。
僕は昔から個包装になっているピーナツ味噌があればきっとピー味噌ムーブメントが来ると確信していたんですが、人任せにした夢に巡り合うことも無いまま年齢ばかりを重ねていたと思っていたら・・・なんとピーナツの総本山千葉県のサービスエリアにて発見してしまいました!

なんか、人はこういう時に神に感謝して宗教にハマるのかもしれませんが、すぐに正気を取り戻し、神の気まぐれではなく人の御業であることに感謝するのです。

ごちそうさまでした。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

まずは無料の電話相談

03-6356-7386または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-6356-7386
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384