メールで無料相談  gseiki_shotgun@ybb.ne.jp クリックでメールソフトが立ち上がります
header_img02.png
公式ブログ 毎日更新

2017.05.16更新

友人の元プロ格闘家のパーソナルトレーナーは、よく高校生の部活にも筋トレ指導に行くそうで、時代も変わったというか、僕らの時代は練習中に水を飲んではいけないと言われた最後の方の世代で『気合い入れ』という名目でのシゴキというか暴行傷害も日常茶飯事、うさぎ跳びで壊れる膝なんて役に立たないとか弱い箇所があれば毎日同じ部位を限界まで追い込む筋トレとか・・・まぁ時間と労力をかけて必死に無駄を積み上げてたわけですね(笑)

 

さて先日とあるスポーツ番組を見ていると、ゆとり世代で個性を尊重するようになったからこそいい選手が増えてきたというような事を話していましたが、僕は違うと思います。

もっと単純な理由で授業時間が減った分練習時間が増やせる、あるいは休息時間が増やせるというのが実際だと思います。

 

そういう意味では今のスポーツ選手のレベルというのは凄い勢いで上がってます。

もちろん同じ競技であれば時代が新しいほどレベルも上がるものですが、その曲線が年々急角度になっていると思うのです。

これはやはり練習方法とか、運動理論なんかの発展でしょうね。

 

古い考え方の元スポーツ選手なんかはそういった今の選手たちを見て『楽に強く、上手くなれる方法論を先人が作ってくれたんだからいいよな』などと言う人もいますが、実際に現代の学生の方が良いかといえばさにあらず、僕の考えとしてはそういうことはトップクラスはみんなやってるんだから、全体的にハイレベルになっていくということは才能だけでは勝てなくなっているという意味で、勝つことの難しさはむしろ上がってるんではないかと思うのです。

 

体育会系の人、あるいは体育会系にかぶれている人はよく「俺たちの時代はこんなもんじゃなかった」と言いますが、方向性が違ったり苦しさの中身が違うだけで本質的には何も変わってないと思います。

 

行政書士内村特殊法務事務所
代表行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384

投稿者: 内村特殊法務事務所

まずは無料の電話相談

03-5285-1840または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-5285-1840
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384