意見の聴取とは

メールでのご相談 gseiki_shotgun@ybb.ne.jp

お電話でのご相談 Tel.03-5285-1840 直通歓迎:090-9341-4384

ブログ 内村世己BLOG

事務所概要

成功実績の一部および報酬の実例公開


(御依頼者様より公開許可を頂いているものは軽減処分書を公開しています)
※サイト内の文章及び画像の無断使用を禁止致します
お電話でのお問い合わせはこちら
03-5285-1840

 
スピード違反
 1  行政処分前歴1回(スピード違反)+軽微な違反の累積(2点)+スピード違反(12点)で1年間の免許取消
180日の免許停止に軽減成功

相談40分/6,480円
 2  軽微な違反で累積4点+50キロ以上のスピード違反12点の合計16点で1年間の免許取消
180日の免許停止に軽減成功
⇒速度超過軽減処分書A

相談30分/5,400円+書面作成/27,000円=32,400円
 3  前歴2回+通行帯違反1点+スピード違反で6点の合計7点で1年間の免許取消
180日の免許停止に軽減成功
速度超過軽減処分書B

相談50分/7,560円+書面作成/32,000円(1通)=39,960円
人身事故

 4  軽微な違反の累積(4点)+人身事故(11点)の合計15点で1年間の免許取消
180日の免許停止に軽減成功

相談40分/6,480円+書面作成/48,600=5,4000円
 5  前歴2回+人身事故(5点)により1年間の免許取消
事故による点数を5点から2点に変更することによって90日の免許停止に変更成功

相談40分/6,480円+警察とのやりとりなど/5,4000円=60,480円
 6  前歴2回+人身事故5点、この時点で取消に該当も、その翌日に通行禁止違反で2点の合計7点で1年間の免許取消
180日の免許停止に軽減成功
⇒人身事故軽減処分書C

相談50分/7,560円+書面作成/70,200円+意見の聴取同行/70,200円=147,960円
 7  軽傷事故で5点、その直後にまた重傷事故11点を起こして1年間の免許取消
180日の免許取消に軽減成功
⇒人身事故軽減処分書D

相談40分/6,480円+書面作成/70,200円+意見の聴取同行/70,200円=146,880円
 8  前歴1回+軽微な違反の累積(3点)+人身事故(8点)により1年間の免許取消
付加点数抹消により処分なし

相談60分/8,640円+警察署への同行など/108,400円=116,640円
 9  累積点数4点のところに人身事故11点=15点で1年間の免許取消
事故による付加点数を11点から5点に変更することで合計9点、60日の免許停止に処分変更成功!

相談50分/7,560円+書面作成(2通)/70,200円=77,760円
死亡事故
 10  青信号で横断歩道横断中の相手を死亡させた事故15点により1年間の免許取消
⇒180日の免許停止+罰金なしに軽減成功

相談60分/8,640円
 11  道路上で立っていたお年寄りを後ろからはねて死亡させ1年間の免許取消
180日の免許停止+罰金なしに軽減成功

相談50分/7,560円+書面作成2通/70,200円=77,760円
 12  加害者の責任の大きい死亡事故22点による1年間の免許取消
180日の免許停止+罰金なしに軽減成功
⇒死亡事故軽減処分書E

相談50分/7,560円+書面作成/66,960円+意見の聴取に同行/6,4800円=139,320円
 13  バイクで走行中、道路横断中の歩行者を死亡させた事故
免許取消、停止などの行政処分全て無し+罰金も無し

当事務所代表、本人の経験
⇒プロフィールを御参照ください
中型自動車の無免許運転
 14  普通免許で中型免許が必要なトラックを運転(無免許)により19点(取消の前歴があったため)3年間の免許取消
罰金なし+180日の免許停止

相談50分/7,560円+書面作成補助/27,000=34,560円
 15  普通免許で中型トラックを運転により25点(法改正後)で2年間の免許取消
付加点数の抹消により処分なし

相談50分/7,560円+書面作成2通/70,200=77,760円
 16  普通免許で中型トラックを運転(無免許)により19点で1年間の免許取消
30日の免許停止に軽減成功
⇒中型無免許違反軽減処分書F

相談60分/8,640円+書面作成2通/70,200円+意見の聴取に同行/6,4800円=143,640円
救護義務違反(ひき逃げ)
 17  ひき逃げで検挙され付加点数41点により4年間の免許取消
行政処分前歴にならない違反者講習1日のみに軽減成功

↓ブログにも書いてます↓
『意見の聴取当日の様子』
『結果発表の日』

相談50分/7,560円+意見の聴取に同行/6,4800円+書類作成&証拠収集/127,440円=199,800円
 18  ひき逃げで検挙され救護義務違反35点+相手の負傷で3点、その時点での累積点数1点を加え=39点で3年間の免許取消予定
ひき逃げの35点を丸ごとカットして事故による付加点数を5点に変更累積の1点と合わせて6点で免許停止30日(講習を受けて1日に)

御相談60分/8,640円+書面作成2通/70,200円=78,840円罰金も無し
 19  ひき逃げで検挙もその後の手続きを適切に進めることによって事件として立件されずに終了

御相談120分/15,120円+書面作成/37,800円=52,920円
酒気帯び運転
 20  酒気帯び運転(0.25以上)で検挙され25点、2年間の免許取消
⇒罰金も免許も全て処分無し

相談60分/8,640円+書面作成2通/70,200円+意見の聴取に同行/70,200円=149,040円
 21  やむを得ずにした酒気帯び運転(0.25以上)で25点、2年間の免許取消
⇒罰金なし+180日の免許停止に軽減成功

相談50分/7,560円+書面作成2通/97,200円+意見の聴取に同行/70,200円=174,960円
違法な取締り
 22  違法な取締りによる付加点数抹消

相談40分/6,480円+書面作成/43,200円=49,680円
その他
 23  事故発生時は被害者は「怪我は無い」と言っていたものの後日「ムチ打ちになった」と人身事故に変更により5点免許停止の前歴が3回あったため1年間の取消処分に該当
被害者の不正を暴いて処分変更を請求
180日の免許停止に軽減成功


相談50分/7,560円+書面作成他証拠収集活動/86,400円=93,960円
 24  前歴2回で一時不停止2点、その直後に軽傷事故4点で1年間の免許取消
180日の免許停止に軽減成功
代理人による意見の聴取での軽減処分書G

相談60分/8,640円+意見の聴取に代理出席/70,200円=78,840円
 25  ひき逃げで検挙され、酒気帯びの疑いでも取調べ
担当警察官は「絶対取消にしてやる!」と宣言
取調べを適切に進めることによってひき逃げと酒気帯びは罪に問われず終了
処分なし

相談60分/8,400円のみ
 26  運転傷害(故意に人をはねる)で45点+その後逃走(ひき逃げ)で35点=80点で欠格期間10年間の免許取消
刑事処分は無しに
10年間の欠格期間(再取得不可期間)を1年に短縮

総額435,000円(詳細は非公開)
ブログ

現在進行形の成功事例はブログでもチェックできますので御参考にしていただければ幸いです。

ご相談料金

初回電話相談は無料。
初めの30分/5,400円、以降10分毎に1,080円

反省文や上申書、意見書などの作成27,000円より(内容によって変動します)添削などの作成補助は5,400円~
その他、事案ごとに意見の聴取や警察署に同行などの各種個別プランもあり。

「どんな違反であっても100%軽減されます」という事はありません。
しかし『現状ベストなプラン』の御提案は可能です。

まずは無料の電話相談
03-5285-1840または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。
メールでの無料相談⇒
<重要>
携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。


東京都行政書士会 内村特殊法務事務所
東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP
TEL:03-5285-1840(全国対応、年中無休10時~22時)
直電歓迎:090-9341-4384

処分前に行われる『意見の聴取』『聴聞会』について

免許の取消しや長期(90日以上)の免許停止の際には、『意見の聴取』や『聴聞会』というイベントが行われます。

仕事で運転する方にとっては社会的な死刑宣告ですし免許証という財産を失うことは誰にとっても途方もなく大きな大損害です。
しかしこのイベントを、どう活用するかによって、免許取消処分が長期の免許停止へ軽減されたりあるいは免許取消処分そのものが無くなったりまたは長期の免許停止の場合に免許停止期間が短縮されたりあるいは行政処分の理由となる違反点数を無くしたり本来付けられる予定の点数よりも低い点数にしたり事案によっては事前に点数を変更できる場合もあります。

※軽減された場合、短縮講習を受講することによってによって、軽減された日数から さらに短くなります 
例えば1年間の免許取消が180日の免許停止になった場合短縮講習を受けて100日になります。
つまり3カ月少々で終了です。

それにはどうすればいいのでしょうか?
これには、ツボがあります。
攻めどころがあります。

押さえなければいけないポイント、
触れてはいけないポイント
があります。

当事務所では『やるべきこと』&『やってはいけないこと』について詳細に解説し、地域性、聴聞官の心理分析、方法ごとの成功率とその傾向なども踏まえて、法の表と裏を踏まえたうえで最適な方法をご提案いたします。
 
人生のかかった一大イベントの御相談は軽減実績日本一の事務所へ。

【重要】携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。