メールで無料相談  gseiki_shotgun@ybb.ne.jp クリックでメールソフトが立ち上がります
header_img02.png
公式ブログ 毎日更新

内村世己 年中無休の業務日報

カテゴリー : 軽減事例

2018.08.15更新

先日、免許停止の前歴2回から小さい違反で1点、
そここから車2台への玉突き事故(被害者の人数はそれぞれ1人づつ計2人)で8点、

本来前歴2回からは5点で取消基準に該当しているところに9点、
さらに事故原因も言い訳のしようのない追突事故という・・・・まぁ普通に考えれば絶望的な状況の御依頼者様がおられましたが、御相談を頂いて意見の聴取に同行した結果

僕にとっては予定通りに免許停止に軽減されました。

 

喜び勇んで帰ろうとすると、同じ会場で取消処分を受けた方から声をかけられました。

聞くとその方も他の事務所さんに御相談されて、書面の作成などを依頼して「ほぼ免許停止で済みますよ」と言われていたにもかかわらず、処分内容は変わらず1年間の免許取消になったそうでした。

いろんな考え方もありますし、事務所の経営方針というのは好きなように決められるんですが、話を聞く限り僕の事務所に御相談を頂いた場合の回答や行動とは大きく違っていました。

また書面を作ってくれてたそうですが、その使い方、提出方法、提出前の動き方、口頭でのやりとり、立ち居振る舞い、過去の違反に対する論点、そしてこの会場の場合、6人くらいの聴聞官のうちの誰かに当たるんですが、どの聴聞官の場合にどのように動くかという個別の進め方という指導も無かったようです。
ちなみに聴聞官によって軽減率が変わるところと変わらないところ、違反内容によって変わるところがありますが、その方の場合は違反内容+聴聞官の組み合わせでかなり変動するところでしたのでタイプごとに違う攻め方が必要になってきます。

僕の事務所であればここまでは『当たり前のレベル』そこからもっと重要なノウハウを使用していくことで『これでダメならほかのどんな方法でもダメ』と言い切れるところまで軽減率を引き上げていきます。
なので上記のような一般的には極悪と呼ばれるような御依頼者様であっても軽減措置に対して『予定通り』と言えるわけです。

ただ、その方から多少聞く限りの判断ですが、
相談した事務所さんの価格設定は僕の事務所よりもかなり安い感じでした。

これで数十万円も取るようなやり方だったら「なんてインチキ業者だ!」と憤りますが。
しかし品質と値段のバランスという観点であれば、それは妥当と言えるかもしれません。

ですので僕は常に最良のもの、完璧なものをお届けするだけなのです。
とはいえ、知られなければ選択肢にも入れませんので、広告活動は頑張っていかないとと日々痛感してます。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2018.08.13更新

今回の御依頼者様は前歴が1回、
この前歴も小さい違反の累積+追突事故、更に累積の違反は同じ違反の連続と、なかなか印象としてはよろしくない感じです・・・

そしてこの免許停止の明けた直後に信号無視2点
まぁ微妙なタイミングで行ってしまったとはいえ「懲りてない」といわれても反論できません(笑)

そしてその信号無視の数カ月後に50キロ以上の速度超過で12点です。
ちなみにこの速度超過には緊急事態などの理由は特にありません。

前歴が1回ある場合10点で免許取消基準に該当しますが今回はさらに4点上回る14点に至っています・・・

さて、
免許取消しの出頭通知には『処分をしようとする違反』という記載がある場合があり、ここには基本的に『最後の違反』が記載されています。
※都道府県によって書式が違うので記載がないところもあります。

また運転歴全体で見た場合、過去の違反歴との組み合わせで印象が悪くなる場合、良くなる場合、特に変わらない場合、今は悪いけどこの後の行動で良い方向に転換できる場合、特に問題は無かったのにネットなどの間違った知識を参考にして墓穴を掘る場合などがあります。

今回の場合は過去の違反の中に追突事故がありますが、当たり前の話ですが事故歴の無い人に比べれば、事故歴がある人はマイナス評価です。
また今回の御依頼者様は前歴の中に同じ違反の繰り返しであったり、それ以前にも何度も速度超過で取締りを受けていますし事故歴もあります。

ここまでであれば一般的には悪質運転者と言われても仕方ないかなと思います。

しかし最後の速度超過の超過速度がそれほど大きくなかった事や、
御相談の中できちんと反省の気持ちや運転の改善も見て取れましたので僕としては免許取消になるほどではないと判断し軽減措置を狙って動くことになりました。

そしてまずクリアしなければならないハードルが【住所】で、この御依頼者様の現住所は今回の違反歴での軽減率は0%です。
上申書だの口頭での受け答えだの反省文だの嘆願書だの補佐人だの、色々ありますが最も重要なポイントは【この違反状況で軽減措置のありうる場所で処分を受ける】ということで、
0は何億倍に高めようが0であることは変わりません。
そしてさらに重要なことはこの『軽減され得る地域』としてはネットにもそれっぽい情報は出回っていますが、違反状況や運転歴によって全く変わってきますので単にどこそこの県が甘いとか厳しいというのは正確性という意味では全く正しくありませんし、更に困ったことにその情報を頼りに相談を受ける自称専門家もいますので困り具合は止まることを知りません・・・

ですので、まずはこの御依頼者の場合に軽減措置が受けられるところ、そして実際に御依頼者様が引っ越せるところを検討してみると・・・一ヶ所重なるところがありましたので早速そこに引っ越して頂きました。

仕事等の兼ね合いもあったかと思いますが、運転できなくなれば仕事もダメになってしまいますので引越しの手間もそれで免許証が助かるなら安いものと快く実行してくださいました。

もちろん意見の聴取においては万全の準備を整えいざ出陣!

結果は予定通り180日の免許停止に軽減されました。


修正してますが文字通りの破顔一笑でした。

ちなみに今回引越し費用以外にかかった費用は64,800円でした。

良い結果をお届けできて良かったです(*´▽`*)♪

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2018.08.04更新

今回の御依頼は速度超過での免許取消、
小さい累積+大きい速度超過というのは組み合わせとしてはオーソドックスなものですが、この場合超過速度が大きければ大きいほど、そして累積の違反の中に同じ違反が繰り返されていると軽減率は下がります。
もちろん累積の違反と取消の決め手になっている違反が同じ場合も軽減率は下がりますが、それは結局【常習犯】として扱われるからです。

そして今回の御依頼者様の場合は、累積の違反の中に携帯電話が二つ、しかもその間隔もかなり短いです、しかもその間にもう一つ進路変更禁止も入り、間髪入れずに50キロ以上の速度超過、
しかも最も悪い状況は【累積に同じ違反が2つある状態からの速度超過で免許取消に至った場合に軽減確率はほぼ0%の地域】だったことです。

ですのでまずは引っ越せるかどうかを確認して、引っ越せるのであれば超過速度などを考えれば70~85%くらいの確率で軽減可能、引っ越せなければほぼ0%という事をお伝えしたところ、会社の寮に入ることが可能でしたのでそちら大至急引っ越してもらいました。

その結果軽減率の高いところで意見の聴取を受けることができましたし、当日の動き方も万全の備えをしていきましたので
予定通りの軽減成功!

この画像は短縮講習も受けた後ですので80日の処分日数短縮のスタンプも押されてますね。

仕事上運転免許が必須の御依頼者様でしたので
上手くいって良かったです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2018.07.21更新

神話レベルの昔から
とかく美女は伝説とセットといいますか、
大規模な話では戦争の原因になったり、小規模な話では魚が溺れたり・・・
誰でも軽く数人はピックアップできるほどですね、

さて、容姿というのは才能ですので
活用することは何も悪いことではありません。

そして免許取消の軽減についても全国の都道府県のうち数カ所では女性の容姿で圧倒的な差が付いてしまう所があり、
今回の御依頼地もその一つです。

御相談内容は『ひき逃げ』被害者の怪我は非常に軽傷だったことや被害者にも落ち度があったことから怪我の点数は付かず35点のみでしたが、それでも3年間の免許取消になってしまいます。
ひき逃げは違反の内容としても非常に重いものですので、普通に考えれば軽減率は低く、更にこの時点で最も悪い点は、免許証の住所地はひき逃げの軽減率が日本でも1,2を争う程に低いところだからです。

ちなみにどのくらい厳しいかというと、あまりのとんでもなさ+僕の事務所の御依頼者様ではないのでここでは書けませんが、
ひき逃げとはいえ他の都道府県なら何もしなくても点数すら付かないような状況で弁護士2人がチームを組んで意見の聴取に臨むも箸にも棒にもかからず一切の軽減無しになるところです。

さらに言うとここは本人以外が補佐人で一緒に来るとほぼ軽減措置が無くなるところなので、
補佐人として同行するならちょっと普通ではないやり方をしなければならない所なのです。

なお今回の御依頼者様の場合は引越しさえできればかなりの高確率で免許停止まで軽減できる可能性はありました。
しかし引越しは不可能とのことでしたので、今の状況で最善策を取らなければなりません。

ただ奇跡に近付く足がかりとして
今回の御依頼者様は非常に美人でした。
しかも単なる美人ではなく『すこし陰のある、見方によってはちょっと不幸そうな美人』だったのです。

ちなみに免許取消の会場に来ると普通の美人も気が滅入っているせいかだいたい薄幸系美人になります。

そして当日の意見の聴取会場を見ると、そこに来る聴聞官は美人とそれ以外で恐ろしいほどに対応の変わる聴聞官の可能性が高く、
うまく当たってくれれば一縷の光明はまだ残っていました。

とはいえ、この住所地の担当聴聞官の美人好きには今回の御依頼者様のような静かな美人が好きな人もいれば、派手な感じが好きな人もいれば、外国人に甘々の問題児もいます。
誰に当たるかは実際運とはいえ、突き抜けた美人は万人に認められるものですから担当聴聞官が誰になるかに賭けました。

ちなみにこういう聴聞官の場合に、
御依頼者様が美人で補佐人として男が同行すると、それだけで感情逆撫でして印象は最悪になってしまいますし、補佐人がいること自体がマイナス評価になってしまうことも多いです。
もちろんプラスに転化する手法もありますが、今回の場合は使いませんでした。

そんなこんなで、とても法律職の業務とは甚だ関係なさそうな妄想と思われそうですが、
結果はこちら、

本来3年間の免許取消が、誰でも助かるような案件で弁護士チームが必死に頑張っても話にならなかった住所地で
しかもここの聴聞官は「ひき逃げと酒は絶対に軽減なんてしない」などと暴言を吐くほどだったのに、
この軽減は数字の上では『たった1段階』ですが、歴史に残る一歩だったと断言できます。

まぁ全国のデータをちゃんと持ってる僕の事務所だけの歴史なんですけどね・・・(;´・ω・)

あと、僕はよく美人は得と連呼していますが、
メイクの仕方や姿勢、立ち居振る舞いで相当なレベルになれますので、
女性の場合は、もちろん男性も聴聞官にウケる仕草というのもマスターしていただきます。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2018.07.07更新

今回の御依頼は
前歴2回での人身事故6点にて免許取消に該当です。

そして今回の問題点というか行動の制限としては『予算が無い』ということです。
ですので僕としては書面作成などではない、俗っぽい言い方をすれば【お金のかからない方法】を御提示し、
尚且つ御依頼者様が自信がその通りに動かなければならない状態でした。

さて、前歴があって免許取消に該当した場合、
免許取消の決め手になっている違反と前歴に含まれている違反が同じ場合軽減率は下がります。
まぁ似たような違反や事故を比較的短時間で繰り返しているわけですから、常習犯と言われても否定できません・・・

そして今回の御依頼者様の場合前歴2回のうち2回目は人身事故ですので、傍目に見れば前の事故で何も反省していない問題児という評価になるでしょうね。
実際取調べでもそういう感じでした(;´・ω・)

そこに来て予算制限です・・・
また、御住所も人身事故に対してやや厳しい住所地ということもあって、この条件を満たして軽減措置を受けられる可能性を高める方法は1つしかありませんでした。
しかもかなり難易度の高い【唯一の方法】です。

しかし御依頼者様は意見の聴取直前に条件を満たして当日実行に移し、
見事『6点から2点への違反点数の変更』によって90日の免許停止に軽減されることに成功しました。

厳しい状況とはいえ
普通ではないようなプランとはいえ
信じて実行していただけた事に感謝です。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2018.07.04更新

スピード違反で免許取消に該当した女性の御依頼者様。
準備を整えていくと概ね80%くらいの確率で免許停止になる状態でした。

しかし御依頼者様は完璧主義者とのことでできることは全部やりたいとの宣言、なので御本人様には厳しいことを言う可能性に御了承頂き裏技を伝授。
御依頼者様の住所地は女性の場合容姿で大きく軽減率が変動するところですので、ふくよか美人の御依頼者様には体重減1キロあたり1.2%~1.5%軽減率が上昇することを伝え、メイクの仕方も指導しました。

結果はもちろん成功、お礼を言いに事務所に来てくれた姿はほとんど別人レベルでした(笑)
ちなみにダイエットというよりも、免許取消になって仕事がクビになることを考えたらご飯が喉を通らなかったそうで、体重は自然と落ちていったそうです。

こういった事例を出すと『やっぱり美人は得なのか?』と思われる方もいます。
しかし世の中には【不美人】というのはほとんどいません。

不快感を与えないように、好印象を与えられる技術を身につければ、一般的な美人と同レベルのポジションになることは十分に可能です。
そこからさらに上積みできる能力というのは言ってみればスポーツなどの才能と同じようなものですので、差がある現実を踏まえた上で現状ベストな行動をすべきだと思います。

ちなみに
男の場合はイケメンかどうかはあまり関係なく、地域によっては〇〇〇の差で軽減率が大きく変動するのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2018.07.02更新

今回の御依頼は
普通免許で準中型自動車を運転してしまった事案です。
僕の事務所では最も得意とする違反ですね。

そして違反に至る経緯も御多分に漏れず、
会社も運転できると勘違いしてしまい運転を指示したものですが、
やはり違反の責任は運転者に来てしまいますので、御依頼者様に違反点数25点が付与され免許取消処分に該当してしまいました。

さて、
僕はいつも主張していますが
免許取消から軽減を狙う上で最も重要なのは法令がどうのこうのではなく、免許証がなくなったら死ぬかもしれないなどといった個人的な事情でもなく、運転に至った経緯・・・はほんの少し、最重要ポイントは『免許証の住所』です。

ここで今回の御依頼者様の住所は『全国の都道府県のうち中型、準中型免許も含め無免許運転では絶対に軽減されない所』でした・・・。

しかし幸いなことに隣の県は同じ状況なら正しい手続きで進めれば過去100%の軽減率を誇っている県でしたし、御兄弟がそこに住んでいるということ、また多少遠くなってしまいますが今の職場に通勤も可能な距離ということでしたので、まずは引越しをしていただきました。

あとはいつも通り罰金は不起訴(処分なし)となり、意見の聴取でも補佐人として同行し、県の免許本部の警察官ともいつも通りに和気藹々とお話しして、結果は予定通り180日の免許停止に軽減されました。

そして御依頼者様とも記念撮影♪

御依頼者様は「顔出し実名全然OKです(笑)」と言ってくださいましたが、そこは個人情報に配慮してこんな感じです。

今回も最良の結果をお届けできて良かったです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2018.06.30更新

今回の御依頼は死亡ひき逃げ事件で違反点数50点、免許取消後の欠格期間は6年です。

文字だけで見れば極悪人ですね。
しかし道路で寝ている浮浪者を踏んでしまった死亡事故ですので、本来いるはずのない被害者を踏んでしまった事故とも言えます。

また、一旦は現場を離れているとはいえちゃんと戻って来てますので一般的なひき逃げ犯とはかなり違いがあるとも言えます。

ただ、ひき逃げ、法律上は救護措置義務違反といいますが、こちらは基本的に救護の措置を取らずに現場から離れた時点で成立します。
もちろん故意か過失、あるいは事故の認識が無かったといった要件はいくつもありますが、それらも過失の大きさというか、
被害者の存在に気付かなければならない事故など事故や道路の状況で大きく変わってきます。

そして今回の事故は
1:見通しが良い広い道路
2:それほどスピードも出ていない(でも制限速度は違反
3:ライトが下向き(前照灯違反
4:周辺に他の車もいて『普通ではない状況』は見て取れた
まぁ道路で寝そべること自体が道路交通法違反なんですが、だからといって轢いて良いわけではなく、
さらに言うと『相手の方が悪い』というのは事故《まで》の違反状況(50点中15点)であって、ひき逃げという事故《から》の違反(50点中35点)とは別の論点です。

普通の事務所なら「うちでは取扱いできません」と匙を投げるか、金目当てにできもしない依頼を受けて「ダメでした」という案件ですね。

しかしまだまだ光明は見えていましたので『やるべき仕事』を果たした結果
刑事処分に関しては死亡事故、ひき逃げ双方で不起訴(処罰無し)、行政処分は6年間の欠格期間を1年間に軽減成功しました

・・・普通の弁護士や行政書士なら大成功と両手が上がるところですし、御依頼者様も喜んでくださいましたが、免許証自体は取消ですので宇宙一の僕としてはもう一歩踏み込んで免許停止にできなかったのが残念です・・・

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2018.06.25更新

平成29年3月の法改正で新設された『準中型免許』ですが、
準中型免許で中型自動車を運転、あるいは普通免許で準中型自動車、はたまた普通免許で中型自動車など、
僕の事務所でも取り扱いが増え、結果もどんどん出てきています。

さて今回の無免許運転の内容は準中型免許で中型自動車を運転してしまったものですが、
御依頼者様は元々普通免許証を持っていましたが、平成19年の中型免許が施行された時の普通免許で準中型免許になってからは自動的に『5トン限定準中型』という免許の種別になります。

ちなみにこの場合、免許証の表記自体は普通免許のままでも中身の方は5トン限定準中型になっていますので、
車両総重量が5トン未満の準中型車に関しては運転できますし、5トン以上の準中型を運転した場合は無免許運転ではなく免許条件違反となりますが、警察官でも間違って取り扱ってしまう人も時々いますので注意が必要です。
※違反点数を付けるのは免許本部ですので大抵そこで判明しますが

そして今回の御依頼者様も新しく準中型免許を取得するのではなく、前の普通免許の5トン限定を解除して完全版の準中型免許になったものですが、この場合教習所でも学科の授業はありませんので法令についての勉強は不十分でした。
もちろん免許証を持っている責任という意味では不足していますが、会社で「この車は乗れるよ」と言われている車について、まさか実は乗れないなどとは思うはずもありません。

また、積載量は乗れる範囲ですが総重量でダメということは
あくまでも見た目は乗れる範囲です。

そして無免許運転のような重大な違反の場合、
最も重要なのは法理論ではなく住所です。

つまり『無免許運転で免許取消処分に該当した場合に軽減措置のある都道府県』でなければならないということで、絶対ダメな都道府県の場合、何をどうやっても無駄な努力です。

今回の御依頼者様の場合は平成30年6月の時点で日本で最も中型、準中型無免許運転の軽減率の高い住所地だったこと、取締りを受けた直後に御依頼を頂いたので最初の警察署での行動から最良の選択肢が取れた事が良かったです。(『違反地』ではなく【免許証の住所地】です)

もちろん結果は予定通り
180日の免許停止に軽減成功です・

結果は凄いのですが、
正直今回はかなり余裕がありました(笑)

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2018.06.19更新

今回の御依頼は『酒気帯び運転の同乗罪』です。
これはどういうものかというと【酒気帯び運転の車に同乗してしまった】という違反で、運転した人と同じ処分になってしまいますので運転者アルコール検知結果が25点相当の場合2年間の免許取消処分になってしまいます。

酒気帯び運転は全国的に厳しく扱われていますので、当然その関連違反も同様に厳しく扱われます。
ただ今回の御依頼者様の場合いくつか主張できるポイントがあったこと、全国の都道府県のうち《その主張をした場合に採用される可能性の高い場所》だったことから十分に可能性はあると判断し、入念な打ち合わせの下で聴聞に同行しました。

余談ですが『意見の聴取』と【聴聞】はどちらも重大な処分を受ける前の弁明の機会で、やることも基本的には同じです。
ただ点数による処分の場合が意見の聴取、点数によらない(本人が直接違反者ではない場合や、病気などの場合)が聴聞と呼ばれています。

そして聴聞が始まりますが、やはり聴聞官からも厳しい質問が矢継ぎ早に叩き込まれます。
取調べの調書との微妙な違いを指摘され「それは本気で言ってるの?」「訂正する気はないの?」「自分がどれだけのことしたかわかってる?」会話の中にも無言のプレッシャーをかけてきますが、御依頼者様は打ち合わせ通りに動いてくれ雰囲気や表情もきっちりやり切ってくれました。

精神的にもかなり苦しかったと思いますが、
ここで事前のプラン通りに動いてくださったことが最高の結果に近付いた要因かと思います。

その後補佐人である僕の番ですが、攻めるところと受けるところ、認めるところと認めないところ、御依頼者様と聴聞官の会話の中で重要なところと論点ではないところを修正して全体の流れを微調整し、決めフレーズで締めます。

一部対立するような構図になるところもありますが、僕は別に警察に対して敵対しているわけではありませんし、実は警察官も『危険性が低いと思える人なら軽減してあげたい』と思ってくれている人も少なくありません。
それを警察嫌いの交通ジャーナリストの記事やネット情報を鵜呑みにして警察を敵視しても良い関係が構築できるはずもありません。

ちなみにこの日は全員の聴取&聴聞が終わってから聴聞官とも軽く話しましたが会話の調子はいつも通りで、なにも厳しい言い回しなどはありませんでした。
格闘技と同じでリング外では友好的な紳士ですよ。
・・・まぁ本気で腐ってる聴聞官もいますが、それにはまた別の対処法があるのです(;´・ω・)

そして待ち時間も担当警察官と筋トレの話したりして過ごしいよいよ結果発表。

この緊張感は何回やっても慣れません。
軽減される時の呼ばれ方ですが、いくつかパターンがあって
1:取消の人全員に取消処分書を渡して処分執行をして全員帰らせ、入り口のドアを閉めて「ここに残っている人は免許取消ではありません」と言われる。

2:別室に呼ばれてそこで処分を受ける。
先に呼ばれる、後から呼ばれる、休憩時間に呼び出されるなど方法は様々

3:みんな一斉に処分書を渡される。

4:一人づつ個室で処分書を受け取ったり、後日警察署で処分書を受け取るので特に何も変化なくそのまま処分書を受ける。

今回の御依頼者様の場合は2のパターンだったのと、この処分地の場合は「今から読み上げる番号以外の方は〇号室に移動してください」と言われますが、その〇号室に移動する人は全員アウト、移動しない人は軽減、他の違反が発覚したので加重処分、再審査で一旦免許証は返却(後日取消になる場合もあり)など、通常の処分とは変更される場合がほとんどです。
しかし「やっぱり通常通りの取消」ということも時々あるのでまだ気は抜けません。

そしていよいよ御依頼者様が別室に呼ばれましたが、この時担当警察官を少し会って軽く目配せがあったので軽減措置はあるだろうなとは思いました。
しかし別室で渡されたのは処分書ではなく免許証、警察官からのお言葉は「ちゃんと主張は伝わりましたので、審理の結果今回は【不処分】ということになりました。お疲れさまでした。」と、ちゃんと反省ができていることや今後の運転に気を付けるという事を確認した後がっちり握手!

御依頼者様はあまりの結果に一瞬状況が飲み込めなかったものの、崩れ落ちんばかりに喜んでくださいました。
警察官も満面の笑顔で「さて、他の人はみんな取消なので、先生いつもみたいに裏口からこっそり帰ってくださいね(笑)」とのこと、長居して警察官の方に迷惑かけてもいけないので裏口から僕、御依頼者様、御依頼者様を聴聞会場まで車で送ってくださった御友人と3人で会場を後にしました。

結果として今回は2年間の取消処分が完全不処分、つまり何もなかったことになり違反歴ごと消えてなくなりました。
最高中の最高の結果をお届けできて良かったです。

ちなみに罰金はもう少し早い段階で無しになってますので、完全に処分無しということです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

まずは無料の電話相談

03-6356-7386または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-6356-7386
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384