メールで無料相談  gseiki_shotgun@ybb.ne.jp クリックでメールソフトが立ち上がります
header_img02.png
公式ブログ 毎日更新

内村世己 年中無休の業務日報

カテゴリー : 雑談

2018.12.15更新

先日テレビを見ていると、AIの学習について『過学習』という表現が使われていました。

これはざっくり言ってしまうと正確なデータだけでカッチリ記憶していくと、曖昧な状況だったり、未経験の場面に対して正しい、あるいはより良い判断ができなくなってしまうことなんだそうです。

それを見て、ますますコンピューターが人間に近付いてきたとちょっと恐ろしくなりましたが、この現象は人間でもよくあって、たとえば行政書士試験などの資格試験で過去問やテキストなどをそのまま一字一句完璧に暗記していることで初めて見る問題に対して真っ白になってしまったり、格闘家でもAの場面にはBの技という感じで覚えている場合に『微妙にA』という時点でもう対処ができない、あるいは対処が遅れてしまい反撃されるという、所謂『真面目過ぎて融通が利かない』状態になってしまっているのです。

これってどんな場面でも似たようなもので、
僕はよくスタッフには【文字ではなく意図】や『手順ではなく趣旨』で覚えるように指導しています。
でもその一方、かっちりした形も当然身に付けなければなりません。

考えなくてもできるようになるために考え抜いて量をこなすということで、上手く行かない理由はだいたい練習不足です。

不足してているのは量だったり方向を間違ってたりいろいろですが、ウジウジしてる暇があったら何かやれってことですよ(笑)

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2018.12.14更新

先日格闘家のメシ会で『美味しいアイスクリーム』の話題になりまして。
ゴツいマッチョどもが推しアイスについて語るわけですよ。

そんななかピノのファミリーボックスにしか入ってないアーモンド味が絶賛されてたんですが、僕としてはこちらも推したいところと挙げたところかなりの同意を得たのがこちら

前にも何度かブログに書いたことがあるんですが、今や通販でも買えるのだとか・・・

いつものように新幹線で食べながら
良い時代になったものとオッサンは望郷の念に耽りましたさ(*´▽`*)

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2018.12.13更新

医学部入試で男女の合格ラインをいじっていたのが問題になってますね。
大学が入学者の選定に独自の基準を設けるのは全く構わないと思いますし、そもそも女子大とか宝塚だってあるんですから大学が目的に応じた人材をふるいにかけるのは悪いことではなく、それを表向きは同列として裏でやってたのが問題でしたね。

ところがそれが問題になると、真面目な日本人の国民性は極端から反対方向の極端に振れやすいのか、各種メディアでは女医擁護から女医推奨みたいになってます。
たしかに海外の調査では女医さんの方が患者の話を聞いてくれる時間が平均して長く、男性医師は患者の話を遮りやすいとか、あるいは女性医師の方が安心感があるとか、特に気になったのは女性医師の方が患者の死亡率が低いという研究結果を基に『女性医師の方が能力が高い』と・・・まるで某ドラマのプロモーション活動かと見紛うばかりの論調もありました。

実験で重要なことは条件を揃えるということで、前提が違えば同じ結果になるはずがなく、医師の能力を図るために死亡率を出すのであれば、同じ病気やケガ、同じ回復度、同じくらいの体力レベルの患者、同じ医療設備、更には同じ予算、同じ治療期間などなど、といっても『同じ患者』というものが存在しえない以上元々同列には扱えないはずです。
また、海外では医師の男女比というのは半々くらいか、国によっては女性の方が多いところもあるようですが、数字だけではどんな症状を担当しているのかわかりません。

ここで最初の入試の男女比調整にも関わってくるんですが、医師にも体力というのは重要です。
長時間の手術だったり、救急診療だったり、実際の体力が必要な場面も数多いとはいえ、
医師に必要な体力を数値化した場合にプロスポーツのアスリートレベルまで行かないのは当然で、そうなると男女差よりも個人差の範囲に収まるものが当然ですので、性別ではなく体力も含めた能力で測って当然だと思いますし、入試の時点で体力を基準にするのは不公平です。
ただし実際の現場では一般的に男性の方が体力はあるでしょうから自然と救急や外科手術の現場では男性中心になっていくと思いますし、患者が大柄だからという理由もあるんではないでしょうか?それはある意味市場原理と同じです。

そして女子の方が死亡率が低いという根拠になっている論文で調査対象になっているのは《2011から2014年の間でアメリカで肺炎や心臓疾患、慢性閉塞性肺疾患などの病気で内科に入院した65歳以上の男女約150万人》を対象にして《入院日から30日以内の死亡率と、退院後の30日以内に再入院する確率》を担当医の性別で比べてみたものだそうです。
ただ、実際の論文ではもっと細かいところまで分けているのかもしれませんが、僕には原文は読めないので見えている部分でしか判断できませんのでこの部分で見てみると。

病気は同じでも進行度というか命に係わるレベルは違うはずで進行度に合わせた担当医の男女比でなければ同じ土俵とは言えません。

またこの調査結果をそのまま外科など他の科に準用することも非現実的で、病気やけがの死亡率でいえば緊急性の高い方が当然死亡率も跳ね上がるでしょうし、困難な病気を担当する延命治療の分野での名医と、少し診察して難しければすぐ大きな病院に紹介する、あるいは設備の問題で紹介せざるを得ない小さな開業医を比較すれば前者の死亡率は最終的には100%、後者の死亡率はほぼ0%です。

流行りに敏感に乗っかりすぎる層には『死にたくなければ女医』などという言葉もあるようですが、僕自身の病院での誤診(というか、やるべき検査をしなかった)された経験も含め、セカンド、あるいはサードオピニオンで、出た結果に対して自分で納得のいく『受診力』が重要なのではないかと思うのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2018.12.09更新

出張の時の空き時間は漫画読んでることもありますが、
仕事中の緊張感で思慮深くなっているような気がするので
法律系の本を読んでいることもあります。
そんな今日のテーマはこちら

どう考えても仕事で使う予定は無さそうな法律ですが、どんな場面でどういう風に手続きが進んでいくのか、あるいは何をして良くて何をするのはダメなのかなど、僕は勉強は不得手でしたがこういう思考を面白いと感じられるということは他の科目よりは法律を勉強する素養はあったのかもしれません(笑)

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2018.12.05更新

新宿の交差点に大きな看板が出ていました。

占いの看板なんですが・・・どう見てもアレですよね?

一つ上の男になるアレですよね?

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2018.12.03更新

茨城県でとある男性が飼育している熊に襲われて死亡するという痛ましい事件が発生したようで・・・

熊を飼育というのはなかなかピンと来ない表現かもしれませんが、都道府県の許可を取ればある意味ペットとして飼うことは可能です。

しかし法的に可能であるということと飼育能力があるということは別の話で、この事件でも飼育している人はかなりの高齢で、死亡したのは普段から世話を任されている人だったそうです。

報道では事件現場は檻の中だったそうですが、例えば東京の場合(10年位前の話ですが)熊を飼育する許可を取るためには基準以上の太さの金属製の檻で、棒の隙間にも基準値があり、出入り口は二つ以上、掃除などの際には熊の居ない空間を作れるように外から仕切りができる構造にすることなど様々な要件があります。

しかし実際に許可を取ろうとすると
都道府県の担当者はだいたい考え直すように説得します。
理由はもちろん『ペットとして飼育するために作られた生物ではない』からです。

よく熊や猪を素手で撃退した人などというのがニュースになりますが、
ガチではなかったのと神懸かり的に運が良かっただけの話です。

そして野生の熊はある意味飼い犬よりも匂いに敏感で美味しそうな匂いが漂ってくるだけで半狂乱になる個体もいるらしく、一個人がそんな猛獣を制御しようと思ったら、そこにあるのは調教ではなく虐待です。

人里に降りてきて撃たれる熊や猪は可愛そうだと思いますが、それを狩る側と狩られる側として考えれば本来里山にあった生存競争の一環として許容される範囲だと思いますが、動物園などのきちんとした設備やノウハウ、人的資源がないことによって最終的に誰からも望まれなくなる命を作ることは控えるべきだと思います。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2018.12.02更新

先日自宅の更新に行ってきまして、
火災保険の手続きを色々やってたんですが、
家の火災保険にも【個人賠償責任特約】というのが付いてるんですね。

これは簡単に言うと日常生活で他人に損害を与えてしまった場合に使える保険で
結構な金額まで保証してくれます。

ちなみに車やバイクの任意保険には大抵付いてますし、自転車保険、あるいはクレジットカードについていることもあります。
また家族まで補償の範囲に含まれるタイプも多いので、この保険に入ってない人というのはむしろいないんではないかと思います。
更には示談交渉サービスまで完備しているものもあります。

しかしせっかく使えるのに存在自体を知らない人も多く、知らず知らずのうちに大損している人もかなりいると思いますので、保険料を払っている以上、その契約内容はある程度でも把握しておくのが良いと思います。

権利は自分で使おうとしない限り恩恵は受けられないのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2018.11.26更新

投稿者: 内村特殊法務事務所

2018.11.25更新

ここ数日
カ〇ロス・〇ーン氏のニュースばかりですね。
世間の傾向といいますか大金持ちの失脚ネタは鉄板なのか
色んなところで色んなコメンテーターが「今が自分を売り込むチャンス」とばかりに喧々囂々です。

さて、そんなコメントの中に〇産の幹部から会社を私物化していて云々という愚痴みたいなのを言ってる人に感じた違和感ですが、
ゴー〇容疑者が犯罪者なのかという点なら刑が確定していないとはいえ逮捕されている容疑者ということになるんでしょうけど、それを日〇側が叩いてはイカンと思うのですよ。

2兆円以上の負債を抱えて死ぬしかなかったような会社を立て直してもらって、実際には子分になる契約なのに文字の上では『提携』と名乗らせてもらって、下請けカットなどのリストラでは悪代官のようなポジションに置いて自分たちはさも人情味溢れ義理堅い人物であるかのようにふるまって汚い面を押し付けて、それで経営が回復したら私物化を叩き始めると・・・

不正を見抜くことなら今まで何度でもできたはずなのに、大変な時期には媚び諂って懐が潤ったら梯子を外すってのは、仁義に悖る行為をしてるのはどっちかなと思います。

もちろんやっちゃいけないことは確かですし、世間様からはいくら叩かれても仕方ありませんが、
路頭に迷う寸前で救ってもらって安全なポジションから甘い汁吸ってた連中は感謝こそすれ叩くのは筋違いだと思います。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2018.11.23更新

顧問税理士さんと税務関係の打ち合わせに
ANAインターコンチネンタルホテルに来ました。

まぁ僕くらいになると「コンちゃん」と呼ぶ間柄ですので、いつも通り顔パスだろうと気軽にエレベーターのボタンを押すと

・・・親友になるのはまだしばらくかかりそうです・・・(´;ω;`)

なんか東京オリンピックに向けてなのか何なのか
セキュリティの強化で利用者に貸与される専用カードに対応したフロアにしか止まれなくなったそうです。

僕ですか?
もちろん税理士さんに迎えに来てもらいましたよ(/ω\)

まだまだ修行ですな。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

まずは無料の電話相談

03-6356-7386または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-6356-7386
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384