メールで無料相談  gseiki_shotgun@ybb.ne.jp クリックでメールソフトが立ち上がります
header_img02.png
公式ブログ 毎日更新

内村世己 年中無休の業務日報

カテゴリー : 格闘技とかスポーツとか

2020.08.04更新

僕は格闘技のインストラクターをするとき、
『やってはいけない技』というのも時々教えます。

やっちゃいけないのに何故習うの?と思われるかもしれませんが、ここで言う『やっちゃいけない』というのは技術としては存在するけれど試合で使うと反則だったり、反則ではないけど練習では危険なので上級者との約束稽古でしかやってはいけない技、という感じで、こういった技は試合では流れで出てしまうことがありますし、世の中綺麗な武道家だけではなく勝つためなら何でもする奴というのもいます。

あるいは何の悪意も無く当たり前にやってしまう奴もいますし、試合の結果などはどうでもよく目的として明らかに壊しに来る奴もいます。

そして全くの素人が図らずしもその態勢になってしまうこともあり得ますので、少なくとも武を修めるものとしてはそんなアクシデントで壊されるようではいけません。

こういった展開で大怪我をしてしまうのは『知らない技を使われたから』で最低限知ってさえいれば対処は可能です。
ただ負けるだけなら問題ありませんし、相手の反則で勝てるならそれも良いでしょう。
ですがそれによって一生に関わるような大怪我をしてしまっては武の最たる意義である護身が実現できていないということに他なりません。

それと同じく、僕は事務所スタッフの研修では考え得る卑怯な手段に対して対処できる訓練は積ませます。
『悪い人』にとって
人身事故なら目撃者を偽造することくらい日常茶飯事です。
ドライブレコーダーの日付を改竄するくらいは、むしろあって当然です。
被害者の怪我の内容や治療期間も嘘である可能性の方が遥かに高いです。
しかし実社会の対人関係において負けるということは死ぬのと同義であることも多々あります。

負けて死んだら次はありません。

厳しい言い方ではありますが
本当の戦場ならどんな人でも卑怯な手から真っ先に使うはずです。

免許取消の現場にいると『生き残るために手段を選ばない人』に負けないように自分を研鑽しなければならないと日々実感しているのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.07.28更新

プロデビューもして
最近は渡嘉敷ジムのYouTube動画でも出演したりでジワジワ人気も上がってきてるヒデズキック所属のローリ選手のインスタに僕も出てる動画を上げてくれたのでリンク張っときます(笑)

https://www.instagram.com/p/CBryWI3h4Gt/

自分の動きとして見るとまだ見切りが甘い=もうちょっと近くで避けないと・・・と思いますが、現役引退して15年も経ってればこんなもんかなと思います。

しかし・・・僕、丸いですね(笑)

頑張って絞ります(>_<)

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.07.24更新

はい、
プロテインは味で選ぶ男の僕です。

最近は飲む人も増えたプロテインですが、
25年くらい前はまだまだ一般的ではなく、
正直なところ味も食感も、現代とは雲泥の違いでした。

そして僕と同世代のプロテイン飲みがだいたい初心者の頃にやらかしている事件がありまして・・・

ザ〇スという有名メーカーのプロテインがあるんですが、
そのラインナップの中に『ダブルエックス』というモデルがあるんですよ。
なんか缶の感じも1ランク上っぽい雰囲気ですし、名前も明らかに上位機種っぽいですよね。

車はトップグレードから売れていく法則にも重なりますが、薬局など比較的手に入りやすい商品であることも相まって、初心者はよくこのダブルエックスを購入し・・・「プロテインってあんまりおいしくない・・・」と断じてしまうのです。

ちなみにこのダブルエックス、たんぱく質含有量も高く品質も高いんですが今は改善されているかもしれませんが当時のダブルエックスは食感があまり良くないというか、ザラッとしてたんですよ・・・

まぁ海外の鬼のように甘ったるいプロテインと比べればマシだったものの、あまり積極的に飲みたくなるというものではありませんでした。

そして現代では様々なプロテインが出ていますが、美味しいもの、ちょっとアレなものまで、なかには微炭酸まで出ていますが、僕が今使っているのはおそらく最も美味しいと思います。

それがこちら。
まずベースは『バルクスポーツ』の【アイソプロ】

こちらはたんぱく質の割合を高める、というかビタミンなどはほとんど入っておらず、マルチビタミンで強烈な奴を使ってる僕としてはむしろ調整しやすいのです。
あとは飲み味がさらっとしてるので飲みやすいので、このアイソプロの〖バニラアイス味〗をベースにして追加の味をプラスしていく構成です。

そして今回見つけた激うまプロテインがこちらの

『ウィダー』のプロテイン【EMR】です。

ポリフェノールが入ってるとか、筋合成に良さそうとか・・・名前がなんかMMRっぽいとか・・・そんなことは些細なことです。

このプロテイン、
美味しいのです。

そしてEMRの効果というのはよく分かりませんが、溶けやすい、粉っぽさが無い、泡が立たないとプロテインのネガな部分を全部過去のものにしたような扱いやすさ・・・単体だとアスリート向けの量で飲むとやや濃い=甘すぎるのですが、バルクスポーツのアイソプロ、バニラアイス味と2:1~4:1くらいでブレンドすると、・・・・どのくらい美味しいかというと、小洒落た容器に入れて原宿あたりで屋台でも出せばバズるんじゃないかと思うくらい美味しいです。

「プロテインは味がちょっと・・・」という人はまず一回飲んで見て頂きたいです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.07.23更新

最近の筋トレブームに乗っかってか
高タンパクを売りにするお菓子・・・というよりサプリに近いような売り方のお菓子が増えてますね。

プロテインバーなんかもいろんなメーカーから色んな種類が出てますが、僕の個人的な感覚ですがあまり美味しいと思ったことはありません。

メーカーに忖度一切なしの感想を言えば
常温保存がきくタイプの魚肉ソーセージより美味しいプロテインバーなんて会ったことも有りません。

ちなみに僕が一番美味しい且つ栄養価も高性能だと思うのはこちら

マルハのリサーラです。
魚臭さも一般的な魚肉ソーセージよりも少なく食べやすいですし、常温保存も効きますので美味しくないプロテインバーを我慢して食べるよりもリサーラ2本食べる方が栄養面でも味の面でも良いと思うのです。

そんな中出会ったのがこちら

ブルボンの『ウィングラム』です。

ブルボンといえば
僕ら世代にとっては友達の家に遊びに行った時にブルボンのお菓子が出てきたら「こいつ・・・金持ちか?」と思ってしまうくらい、底辺の民たっだ僕にとっては縁遠い食べ物ですが、それだけに心理的底上げも相まってブルボンのお菓子といえば無条件に期待感も高まってしまうのです。

ちなみに僕の好きなお菓子は
ルマンドです。

そんなお菓子界の雄が高タンパクお菓子業界に打って出たとなれば・・・行かなければなりますまい・・・

というわけで食します。
中身はこんな感じ。

固めに仕上がったパフコーンという感じで、
食べてみるとなかなかハード系の噛み応えです。

食感の中には大豆の粉っぽさみたいなのもありますが、
某ジムのプロテインスナックに比べれば雲泥の差ですね。

とはいえ
諸手を上げて「美味しい!!」と言えるかといえば・・・できません(笑)

ただ・・・まぁ・・・酒のつまみにもう一品とか・・そういう使い方ならいいかもしれません。

でも
こういう系統色々出てますが、
プロテイン飲むんならちゃんと粉と水か牛乳でプロテインドリンク作った方が良いと思いますし、間食で取るのであればサラダチキンとか魚肉ソーセージの方が美味しくて心の健康にも良いと思うのです。

  

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.06.20更新

筋トレブームといいますか、
ネット社会でありとあらゆる情報がお手軽に入手できますので、いろんな人が色んな論を言ってるわけですが、トレーニングでも、あるいは受験勉強でも必ずと言っていいほど【量か質か】みたいなことを声高に主張してドヤ顔決める人っていますね。

まぁ量の中に質は含まれますが質の中に量は含まれないので基本的には量をこなす方が結果は出やすいですが、ここで言う【量】というのは単なる回数のことではなく【目いっぱいまでやる】という意味です。

これを質派の人は勘違いしていて、目いっぱいまでやらない言い訳にしているのです。

そして量派の人も質派の人も、そういうことを言ってる人はだいたいどっちも満たしてないパターンがほとんどです。

筋トレも勉強も【目いっぱいまでやる】本質はそれしか無いと思うのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.06.13更新

『年を取ると筋肉痛が二日後に来る』などと言いますね・・・
代謝が遅くなったとか諸説ありますし、そもそもそんなことは無いという説もありますし・・・とはいえ実際に年齢を重ねると二日後に来るという話もよく聞きます。

そこで僕は昔から思ってるんですが、
だいたいジムに行く時間帯って仕事が終わってからというのが多いと思うんですよ、そしてある程度の年齢になってくるときって残業やなんかでトレーニングの開始時刻が遅くなって、本来の筋肉痛のピークは翌日の就寝直前くらいになるせいで体感的に二日後って考えるんではないかなとおもうのです。

また年齢が上がると自営業の率も増えるように感じますが、時間に融通が利くと大抵夜型になるものですから、結果的に時間が遅いほうにずれていくのではないかとも思います。

とりあえず僕自身の筋肉痛発生は・・・・まだ翌日です(;^_^A

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.06.05更新

今日は事故車の検分に同行しまして、
最初は当事者以外は入れないということで車で待機の予定だったんですが、事故車両を警察のガレージから出そうとするも動かない・・・タイヤの下に

こういうホイールジャッキというのを噛ませて動かそうとしているのですが、警察官3人がかりでも動かない・・・

見るとやはりというか『押す』という行為がなってない・・・というわけで僕も車を押すのに参加しましたら無事移動も完了~なんかそのままの流れで車両検分に同席できましたので、より事故車両を間近で見ることもできリアルな情報にも触れることができました。

これもまた筋力で仕事が上手くいった事例の一つですね。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.06.04更新

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.06.02更新

緊急事態宣言も解除され、
トレーニングジムも営業再開、格闘技の道場も営業再開しています。

そして僕もコロナでなまった体に喝を入れるべくパーソナルトレーニング再開です。

これは懸垂をしているところですが、目いっぱいまで引き上げた状態からトレーナーの先生が下方向に荷重をかける、正確にはぶら下がるところまで負荷を加えられながらゆっくり下すという種目です。

僕の体重が現在94キロくらい、トレーナーが68キロくらいですので、162キロくらいの負荷がかかっているということになりますね。

とはいえ、かなり筋力も落ちているようですので、まずは元通りに戻すところからです。

・・・数日は筋肉痛に悶絶しそうです(^_^;)

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.05.21更新

夏の甲子園が中止になるとかで・・・
人生を賭けてきた、あるいはその大会で一生が決まりかねない球児たちには悔やんでも悔やみきれない状況だと思います。

さて、僕は毎年夏になると定期的に書くブログがあります。

(2011年ごろにとんでもない大差の試合というニュースを見た感想として書いた記事です)

甲子園の時期になるとよく聞く話です。

なんかね・・・こういうのってスポーツというより単なる虐殺ですよね
最後までやりきることを美徳とする国民性もあるとは思いますが、
それは格闘技で言えば完全に極まってしまってる関節技を折れるまで我慢したり
意識が無くなって闘争心だけで立ってるのに止めないで興行的美談に仕立て上げようとする某殺人未遂レフェリーみたいなレベルの話です。

心が折れるとかどうとか言う以前にそもそも勝負は終わっています。

ところでコールド勝ちならもっと低い点数でも成立するのに、なぜ野球の地方予選なんかはこんな大人気ない試合をするのでしょうか?
ちなみにサッカーでも10点以上差が付くというのもよく聞きます。

僕の学校もスポーツ学校だったので実感してますが、
地方予選の最初のほうなんて勝つのは分かってるわけですし、レギュラーのトップクラスは体力温存したりケガをしないように2軍とか3軍を出すわけですよ。

ところが2軍や3軍の選手にとっては「ここで目立って甲子園には俺がレギュラーで」という意識があります。
当然スポーツエリートの学校なら2軍3軍でも県内トップクラスですので学費払ってないスポーツ特待生も少なくなく、つまり学費を自分で稼げるレベルの能力を持っている、いわばプロ野球選手です。

そいつらが普通の高校生と同じルールで野球をするわけです。
更にレギュラーの座を射止めるべく『本気のガチ』で戦うわけです。

更にスポーツマンシップに則り手加減なんてしません。
もうそれはそれは凄惨な試合になりますよ・・・

動物で例えればアフリカゾウVSチワワみたいなもんです。

淡水魚で例えればピラルクVS金魚です。

戦争に例えればグリーンベレーVS百姓一揆です。

それは普通の高校生に対する侮辱という意味ではなく、取り組む姿勢もどれだけ賭けているかも全く違うということで、同じ舞台で闘うことが双方にとってマイナスにしかならないということです。

甲子園狙う連中は文字通り命がけですよ
僕は野球に真剣に取り組んだことはありませんが、格闘技的な観点でいえば『ここで勝ったら死んでも構わない』ぐらいの覚悟はあるんじゃないかと思うんですよ

才能云々ではなく、積み重ねてきたものや心意気が違う以上
同じなのは脊椎動物とか哺乳類であるとかのレベルであって、同じ形はしていますがほとんど別の生物ですよ。

なので僕はいろんなところで提唱していますが高校野球は2部に分けて、甲子園を目指す部門とみんなで仲良く通年で総当りでもやるような部門を分けてやるべきだと思います。

そうすれば日程にも余裕が出来るでしょうから連投でエースが肩を壊すようなこともなくなるでしょうし、一般の学生も野球に取り組みやすいと思います。

ーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー

大会中止の理由はコロナですが、現実論として死んでしまう可能性はかなり低いわけですし、
選手も審判も覚悟を決めた人がやるようにして、地元に戻ったら一定期間隔離するような感じで、
出場選手自体を少なくするためにも『過去に一定以上の実績のある高校で、それでも出たい』という学校のみを選抜すれば、予選からの試合数も少なく=人との接点も少なくできると思いますので、周囲の協力さえしっかりすれば覚悟を支えることは十分に可能だと思います。

それでクラスターが発生したらどうするんだという意見もあると思いますが、通勤で電車を使う延べ人数に比べれば微々たるものだと思いますので、人数の最小化というテーマを実践すれば今後の大会運営の試金石にもなり得る局面だと思うのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

まずは無料の電話相談

03-6356-7386または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-6356-7386
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384