メールで無料相談  gseiki_shotgun@ybb.ne.jp クリックでメールソフトが立ち上がります
header_img02.png
公式ブログ 毎日更新

内村世己 年中無休の業務日報

カテゴリー : 格闘技とかスポーツとか

2019.11.12更新

最近、お昼の筋トレ後にタピることも多いんですが、

タピオカの原料っててっきりコンニャクとか寒天みたいなものだと思ってたんですが、実はお芋さんだったそうでて意外と高カロリーらしいですね。
・・・ってかコンニャクもお芋さんですね(笑)

ただそして砂糖も入って糖質も高いとなれば、筋トレ後の飲み物としても最適だったってことですよ!

そしてトレーニーのお悩みで
最近のプロテインって溶けやすくなったんですが一昔前のプロテインは混ぜそこなうとダマになったんですよ、今もしっかりシェイクしないと混ざらないのも結構あります。
ここで『溶ける』ではなく【混ざる】と表現しているのは必ずしも全部溶け切って液体になるのではなく、イメージとしては天ぷら粉みたいな感じです。

そこで思ったんですが、
敢えてダマ状にして、タピオカドリンクっぽい飲み物にすれば、もっといえば糖質担当の甘いタピオカと飲み物本体+プロテインが原料のタピオカっぽい物体を組み合わせればバズるんじゃないですかね?

料理能力の無い僕が作るのは不可能なので、是非東京五輪に向けて日本の新たなるスポーツドリンクとして発売してほしいものです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.11.08更新

定期的に開催している友好道場間での交流戦がありました。
これはまだ公式戦はちょっと怖いと思っている人や、
試合というのを経験してみたい人といった比較的初心者寄りの選手を対象として
いつも練習を見ている同乗の代表が実力的に近い選手同士をマッチメイクし、ストップも早めにして安全性第一でやる大会です。

とはいえお互いの合意であればプロ同士の試合も数試合組まれたりして
なかなかどうしてハイレベルな攻防も飛び交います。

さらに練習では弱気だったのに試合になれば良い感じに開き直れる子や、キッズクラスでも普段は調子の良いことばかり言ってるのに負けて号泣する子など、やはり格闘技はその人の本質を暴き出すものだとつくづく思いますし、飾らない、飾れない場だからこその感動も味わえるというものです。

今回僕は審判だったので写真撮影はできませんでしたが、その分間近で熱戦を見られたのは良かったです。
もちろん試合が終わればみんなで記念撮影。

で、
毎回僕がこういう交流戦っていいなと思うのがこちら、

これは何をしているのかというとヒデズキックのヒデ三好会長とストライプル茨城の井上会長が試合で起こり得る場面を抽出して対処法や色んな展開を再確認して技術の研鑽を図っているのです。
好きでやってると言われれば確かにそういう面もありますが、ついさっき起こったことをすぐにフィードバックするというのは仕事でも勉強でも同じことで、指導する立場でも競技者としての目線で技術を高めようとするのは生徒に強くなってほしいっていう気持ちの表れでもあるのです。

だから僕は後輩には、多少口煩い場合もありますが、
こういう場面をちゃんと見ておいて、指導する人の想いを受け止める練習をするようにと言うのです。

大会のオマケ、選手の家族もたくさん来ていました。


パンクラスで復帰戦を控えているリトル選手のお子さんですが、早くもプロテインゼリーを愛飲しているとはなかなかの英才教育です(笑)

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.10.30更新

『タイマンしよう』と持ち掛け実際に喧嘩して逮捕された16歳の少年という記事を見ましたが・・・
ちなみにタイマンというのは1対1の喧嘩の事です。

捕まった容疑は傷害罪と決闘罪、傷害の方はよく聞く犯罪ですが決闘罪というのはあまり聞きません。
こちらは非常に古い法律で明治時代の法律で、普通に生活していればほとんど縁も無いですし実際これで逮捕される例はほとんどありませんが、珍しいからこそネタにもなって報道されるという感じですね。

さて、
僕の所属ジムの会長がよく言うことに『喧嘩はダメ、でも喧嘩できないのはもっとダメ』というのがあります。
男とは!などといってしまうと女男同権主義の方々から叩かれそうですが、体の機能として戦闘は男の領分であることが多いわけですから、戦闘特化の女性を除いて基本的に闘争は男の仕事だと思うのです。
ここでいう喧嘩というのは急迫不正の侵害に対して実力行使ができないといけないということです。

この場合は正当防衛あるいは過失相殺など、加害者側であっても主張し得るポイントはあるわけですから、体の強さと合わせて法令面での強さ、あるいはバックアップが取れる体制を作っておくのが大人の男の強さの総称であると思うのです。

とはいえ、今回報道された少年二人は元々はSNS上のトラブルということでしたが、お互いにルールを決め、ギブアップでも勝敗が決まる、凶器を持ってないかお互いに確認し合うなど、ある意味健全な喧嘩だったと思います。

あくまでも個人的な考えですが、こういう健全な喧嘩であれば格闘技のジムや道場も協力体制を取って、グローブなどの用具の貸し出し、場所の提供、そして何よりも大事な立会人とレフェリーも担当すれば『安全かつ健全な喧嘩』ができると思うのです。

あとは二人がすっきりしたら入門すればいつでも続きができるわけですし、どうせなら一旦二人とも入会すれば道場内の練習試合としてもいいかもしれません。

ただ決闘罪って、
決闘に係わった者も処罰の対象になるので、まずは法改正が必要かもです・・・(´・ω・)

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.09.21更新

先日カナダから日本に来ていたJeff選手と何本かスパーリングしました。

軽量級ですが力も強くて技術的にもかなり高いレベルでしたのでメジャーのリングでも活躍してくれると思います。

そしてインスタのフォロワーが95000人以上と、こちらもすさまじいです。

言葉は通じなくても
何を言いたいかさえ分かれば何を言ってるか分からなくても、格闘技という共通ツールがあれば全く問題ありません。

Jeff選手のインスタはこちら
https://www.instagram.com/mmashredded/?hl=ja

そしてお礼のメールなども送ってもらったので
ジムメイトに「これなんて読むの?」と聞きつつ返信しながら、
もうちょっと英語真面目に勉強してたら良かったな・・・と軽く後悔しているのです(笑)

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.09.06更新

急遽時間が空いたのでジムに行って、レンタルウェアを着ようとしたら・・・・

こういう地味なやつって余計腹立ちますよね(=゚ω゚)ノ

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.09.03更新

本日の漫画はこちら


【味のプロレス】王道編と闘魂編です。
実質1巻と2巻のような感じです。

内容はプロレス好きの作家がプロレスファンに思い出を語るような切り口で、プロレスネタを4コマ漫画にしていくのですが・・・

これが実に面白い。

プロレス好きは『うんうん』と頷き、プロレスをよく知らない人も「え?そうなの?」と笑顔になり、プロレスを良く思わない人にとっても見方が変わるような、そんな聖書と呼んでも過言ではないと思います。

ちなみに、雪崩式ブレーンバスターを日本で初めて決めたのは
阿修羅 原だったことにも驚かされましたが、最も大きい感想としては『天龍、凄すぎ(笑)』ってことです(=゚ω゚)ノ

昭和男子には是非とも全力でお勧めしたい漫画です。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.09.02更新

芸能人のダイエット企画などで必ず言われるのが
『前の方が良かった』という声ですが、僕は声を大にして小一時間聞きたいのは
「本気でそう思ってる?」です。

ただ、前の方が良かったという言葉には隠れている部分があって、僕なりにこの言葉を全文表記すると
【私にとっては前の方が良かった】となると思います。

しかしこれも〈自分の好みに合致する〉という意味ではなく《自分と同じステージにいて欲しかった》という意味になる人が結構いると思います。

もちろん純粋に好みの問題であるなら
何の問題もありません。

男でも女でもキレイな体を作り上げるためには頑張らなければなりませんが
先日も着るだけでマッチョになると謳ったインチキグッズが景品表示法違反で取り締まられていたように、世間に受けるのは【らく】であることです。

結果が好みかどうかは個人の嗜好ですが、
努力に対する称賛さえすることなく、成功者を低いステージに引っ張り下ろそうとする姿勢はいかがなものかなと思います。

ちなみにダイエットに成功した有名人が「前の方が良かったって言われます(笑)」というのは、おそらくそういう人達からの人気を失わないように配慮しているのではないかと思うのです。

そしてこういう現象で見えてくるのは
ダイエットブームとはいえ本気でやってる人はほとんどおらず
結果を出すトレーニングよりもやった気になるゆるトレの方が需要があるということなのです。

体型というのは病気や体質などの理由が無い限り
大体その人のなりたい体、あるいはなろうとしている体に仕上がっているものです。

ちなみに僕としては
体型には好き嫌いはあっても、(健康面は別にして)良い悪いは存在しないと思っているのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.08.12更新

先日、
韓国から日本に来てトレーニングキャンプを張っているジョン・ダウンの送別会に行ってきました。

写真に写ってるメンバーの8割は言葉が通じません(笑)

とはいえ、ダウンも何度も来日してヒデ三好会長に指導を受け、
会話は極々片言ながら、メールのやり取りはできるようになってきました。
そして僕らとの練習でも何を言ってるかはわからなくても何と言いたいかは伝わっている。
そんな関係ができていました。

実はこのダウンは韓国での所属ジムがちょっと問題のあったところで現地ではかなりのニュースにもなったほどでした。
そして選手としてもかかるはずのオファーが来なかったり、ジムのトラブルで練習もままならず、かなり悩んでいました。
そんな時期だったので何度も指導を受けて気心も分かっているヒデ三好会長にもいろいろ相談していました。
しかし頑張りというのは必ず誰かが見てくれているもので、ついにメジャー団体のマイナーリーグ的な試合のオファーがかかり、そこで勝てば一気に本戦出場も勝ち取れるところまで駆け上がりました。

そして結果は見事TKO勝ち!
https://twitter.com/hidemiyoshi/status/1158715992148549632
三好さんへの勝利の報告は一緒に練習した日本のジムメイトたちの感謝にも溢れていました。

メールでのやり取りでも「もっと日本語も勉強して先生にセコンドについてもらいたい!」と話すくらいですし、一生懸命なのはみんな見ています。
僕をはじめとしてプロ選手たちも話した回数よりも殴って蹴った回数の方が多いかもしれませんが、それでも山のような餞別に囲まれ、僕もプロテインとちょっと高級なサプリを送りました。

ゆっくり話すのなんて引退してからで十分だと思いますし、今はとにかく強くなることに一生懸命に、そして強くしてもらった人たちへの感謝の気持ちさえあればそれでいいと思います。

政治的には関係はよろしくないかもしれませんが、
個人同士の付き合いにはそんなものは関係ありません。
好きな奴は好きだし嫌いな奴は嫌い、ただそれだけの話なのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.08.11更新

この時期はだいたい甲子園の話がきっかけになることも多いですね。

僕は毎年似たようなことを話しているのですが、
やっぱり高校野球は2部制にすべきだと思うのです。

甲子園出場を本気で狙っているような学校って実際のところ全体の2~3割だと思います。

素晴らしい才能がありながら、ただその時期に体ができていなかったというだけで将来を失ってしまった選手のいかに多いことか、もちろん他のスポーツでも沢山あると思いますの野球だけの話ではありませんが、炎天下の球場や過密スケジュールなど商業主義の犠牲になった高校球児は枚挙に暇がないと思います。

そして地方予選で続出する数十点対0点という圧倒的な勝負はルール上ギブアップの存在しない球技にあってはもはやスポーツですらなく単なる虐殺です。

それに頂点を狙っている選手にとってはそうでない学校との試合は怪我や体調、あるいはスケジュール、もっと言えば勉強との兼ね合いと言ってもいいですが、現実問題として無駄です。
負ける方の学校にとっても公開処刑でしかありません。

ちなみにサッカーでも似たような試合展開はありますが、こっちも時間が来ないと終わらない分色合いの違う残酷さです。
もちろん頑張った結果が試合結果だというのは見ている側の意見であって、文字通り命懸けでやってる、授業料免許という待遇を自分の力で勝ち取っているプロ野球選手と一般の高校生が同じルールで戦うべきではありません。

ですので高校野球は甲子園出場ルートの1部トーナメントと通年の無理のないスケジュールででリーグ戦を行う2部リーグに分けて、甲子園大会も各地のドーム球場で持ち回りにすればいいと思うのです。

こういった弊害を感じる度
スポーツを主催する人たちがそのスポーツの事を本当は好きではなく、お金や権力、あるいは自分の発言力の方が好きだったりするんじゃないのだろうかと訝しんでしまうのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.08.10更新

スポーツ選手って
街中で知人に会う確率が普通の人より高いような気がします。

僕自身、そう思います。

で、ちょっと考えてみたんですが、
我々のようなコンタクトスポーツの選手って顔だけじゃなく体全体で覚えていることが多いんですよ、
なので通りすがりに「あいつすげぇマッチョだな・・・」と思ってこっち向いたら知り合いだったってことがよくあるんですが、
要は体全体で記憶に残ってるから発見しやすいってことだと思いますし、お互いにそう思ってるからより気付きやすいんだと思います。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

まずは無料の電話相談

03-6356-7386または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-6356-7386
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384