メールで無料相談  gseiki_shotgun@ybb.ne.jp クリックでメールソフトが立ち上がります
header_img02.png
公式ブログ 毎日更新

内村世己 年中無休の業務日報

カテゴリー : 格闘技とかスポーツとか

2019.05.20更新

5/26にパンクラスで試合が決まっているリトル選手です。
まだ追い込みの時期なので練習後も綱登りなどで出し切っています。

切れ切れの背中はカニみたいになってますね(=゚ω゚)ノ

ランキング入りもかかった大切な試合まであと一週間くらいですが調整も順調だそうで、リミット52.2キロまであと7キロくらいだそうです。

・・・こんだけ絞り切ったところからまだ7キロというのは、数字だけなら恐ろしいことに見えるかもですが、1週間前で6~8キロなら調整としてはほぼ完璧なペースですので、周りも特に不安視することもありません。

そして頑張ってるのは相手も同じことで、格闘家はリングの上だけではなく、そこにつながる生き様、生き方を背負って長くても15分程度、短ければ数秒の時間に賭けるのです。
そんなことを意識してみると、選手の一挙手一投足の重みにさらに意味が深まって感じられると思います。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.05.12更新

『優雅に見える白鳥も水面下では必死に足を動かしている』
と言われますが・・・実際にはそんなにバタついているということも無いようです。

とはいえ、
こちらの夜の白鳥のおみ足はなかなか大変で


シュッとした綺麗な足+痛々しいテーピング+ペディキュア(足の爪へのマニキュア)というコントラストは一風シュールですが、この足の持ち主は新宿の売れっ子ニューハーフさんで、メディアにも出てるくらいの人気者です。

お店では賑やかし、キャラクターも明るい系ですが
その裏ではダイエットも含めた健康管理の一環として格闘技に取り組んでいます。
多忙な時間を縫って練習時間を作りますので、爪もカラフルだったりしますが、長さだけは練習の妨げにならないようにきちんと注意しています。

そんな姿は視聴者にもお客様にも見せません。

プロとして当たり前の毎日をこなしている。
ただそれだけのことなのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.05.09更新

バイク繋がりの友人、というかバイクの大先輩にパーソナルトレーナーをされている方がおられるんですが、
クライアントさんに92歳でデッドリフト30キロを挙げるお婆ちゃんがいるのだとか・・・

ちなみにデッドリフトというのはトレーニングの中でも非常に難易度の高い種目で、ちゃんとやらないと腰を痛めたりしますが、その分全身に大きな負荷をかけることができて効果的な種目でもあります。
そして92歳の女性にとっての30キロというのは体重比でいえば相当な重さですから、正しいフォームと正しい効かせ方、そして体調管理の賜物なんだと思います。

しかもトレーニング歴は19年目ということは、73歳からウェイトトレーニングを始めたということです。

『始めるのに遅すぎるということは無い』などと言いますが、身近にこんな凄い人がいると自分のトレーニングにも気合が入ろうってなものです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.05.05更新

減量開始はこんな感じで

対人競技ですのでサウナスーツ着こんでその上からジッパーなどが相手に接触しないようにトレーナーを着こみます。

暑くて暑くて後半は動き全体に急ブレーキがかかるというか、全く思い通りに動けなくなりますね。

さて、ダイエットなどでは一杯汗をかいてウンヌンというのがよく言われますし、サウナスーツやお腹に巻く発汗ベルトみたいなのは昔からありますね。

とはいえ、サウナのようなただ単に汗をかくだけの場合は水分が抜けてるだけですので数字の上での体重は減ってますが脂肪は減っていないので水を飲んだら戻ります。
まぁ減量末期のドライアウト(水抜きで体重調整)の時であればサウナも良いんですが、脂肪を落とすという意味では一定の強度を保った運動を継続した方が効果的ですのでサウナスーツで運動することはむしろ逆効果の面もあります。

しかし僕は個人的にはたくさんお水を飲んで、たくさん排出するサイクルの中で脂肪以外の老廃物も一気に出ていくような気がするのです。
特に科学的な根拠があるわけではなく、経験上そう感じるというだけの話ですが、僕にとっての減量開始時期に一回大変な思いをしておくのは儀式のようなものなのです。
どうせ最後の方にも似たようなことやりますしね(笑)

というわけで5月最初の一週間の目標値である【90キロ割り】は問題なくクリアでした。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.05.03更新

減量始まりまして、僕の場合は最初の数日が乗り換えないといけない山です。
僕は食が太いというか、たくさん食べる子ですので、まずは食事量を減らします。

これもだんだん減らしていく人もいれば一気に減らす人もいますが、一気に減らすと体調崩すこともあるので基本的には少しづつ減らすのが常道です・・・が、僕の場合はスタートから1日か2日は食べる量を極端に減らします(0にはしません)科学的な根拠は何もないと思うんですが、気持ちと体のスイッチを切り替える儀式でもあり、まだ余裕のあるうちに強烈な空腹を体感しておくことで「お腹が空いても大丈夫」という意識を作りたいということなのです。

そんな感じでただいま絶賛空腹中ですが、この山を越えると空腹が苦でなくなるのでその後の10キロくらい落とすまでがかなり楽なのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.05.02更新

6月末のブラジリアン柔術全日本選手権にむけて減量始めました。

一口に減量と言ってもやり方はいろいろで、
短期間に一気に落とす方が良いという選手もいれば、普段から節制して数キロ程度の増減にした方が動けるという選手もいて、これはも個々人で違いますので自分に合ったやり方を見つけるのもアスリートの仕事なのです。

そして僕の場合はある程度一気に落とす方が計量後一気に戻る感覚があるのと、体力リミットが上限超えた感覚になるので『比較的短期間で一気に落とす』やり方です。

あとは普段はトレーニングの強度を高めたいので意図的に節制しない感じです。

というわけで食事制限も始まった時によく使うのがこちら

こちらは『ミールリプレイスメント』といいまして
簡単に言えば食事の代わりです。


栄養素はこんな感じ、たんぱく質44グラム以上というのは普通の食事と比べてもかなり高いですし、アルギニンなどのアミノ酸、クレアチンといった筋肉に良い成分も入っていて、ダイエットをしている人なら夕飯をこれに変えるだけで必要な栄養素はほぼ全部入っているうえに低カロリーですので、簡単に体重も落ちるってなもんです。

プロテインと少しの食事でも良いんですが、このミールリプレイスメントの特徴として往々にしてドロッとしてます。

タイプも色々ですが僕が飲んだことのあるのはだいたい粘度が高くて甘味が強いです(笑)
そして一般的なプロテインと比べてもシェイクした後の膨らみ具合というか、パンケーキの種みたいになるので、かなりお腹にたまるというか・・・厳密に言えば多少違いますが『食べた感』は満たされます。

僕の場合は朝少し食事、昼はミールリプレイスメント、夜はプロテインやサプリのみ、間食にヨーグルトなどを食べます。

あとは通常通りの練習と筋トレ、
筋量と筋力を落とさないようにトレーニングの強度は変えません。

練習内容も変えずに、いつも通りを崩さないようにして怪我を予防して、たたエネルギーの供給と消費のバランスを変えるだけです。

これだけで10キロくらいは順調に落ちますので、そこから先はもう少し食事量を調整して、10日~1週間前の時点で6キロ超過くらいにしておきます。

あとは糖質補充開始でエネルギーを補給し始めるタイミングと、塩分&水分カットで水分で体重の数字を減らしていき、軽量の30分くらい前にリミットクリアとうい感じですので、僕の場合はリミット70キロで試合に出ていたとしても実際に70キロ以下の状態というのは30分くらいしかないのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.04.30更新

【ブラジリアン柔術】という格闘技があります。
体を使うチェスなどと言われるように非常にテクニカルな格闘技です。

寝技中心で安全性も高いので海外はもちろん日本でもセレブの間で結構流行っているそうです。

というのは今現在のお話で、
僕がブラジリアン柔術の大会に初めて出た1998年ごろはまだギラギラした連中が沢山いて、今とは違った意味で面白かった時代でした。
ただまだまだマイナーな競技でしたから僕が出場した第一回全日本選手権なんて、全日本と銘打ってはいますが階級の参加者は8人でした。
まぁその大会に出ていたほとんどの選手は今も格闘技業界の重鎮になっていたりしますので、密度は濃かったですが層は薄かったです。

さてそんなブラジリアン柔術ですが、年齢や帯色別に様々なカテゴリーに分かれていて誰でも試合に出やすいというのも人気の要素かもしれません。

そして当の僕はというと
コンパートメント症候群から2年程経過して、リハビリを続けてきた結果、多少なりとも足も動くようになり、電気が走るような痛みが出ることも少なくなりましたので自分の中で区切りを付けるのと、カッコいい体型になろうと思ったんですが、だったら目標体重がはっきりした方が落としやすいなという感じです。

というわけで僕が出場するのはライト級、道着込みの計量で76キロですので、実際の体重は74.5くらいにしとけば問題ない感じです。
ちなみにただ今の体重は約92.5キロ、試合まであと2カ月で18キロくらいの減量ならさほど苦も無く落とせると思います。

技術の大切な競技ですが、まぁ戦略なんてチェス板ごとひっくり返してやりますよ(笑)

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.04.28更新

先輩のSNSで発掘された一枚の写真です。

撮影時期はおそらく20年くらい前、格闘技雑誌の別冊か何かで全国各地の道場紹介企画みたいなのがあって、その中で撮影された集合写真です。

僕は真ん中やや左にいますね。
右横には後の世界チャンピオン、タクミさんをはじめ世界ランカーになった選手もいれば日本でも稀有な総合格闘技専門のトレーナーになった鈴木さんもいます。

実はみんな今もあんまり風貌は変わってないというか、20年という時間に比べても圧倒的に若いです(笑)

この当時は細かい技術も試行錯誤の時代で、黎明期といえば聞こえは良いですが強くなるための方法論を模索していた時代で、今の知見でいえば間違ったこともたくさんありました。

でもそんな取捨選択を重ねてきたものが今日の格闘技の歴史の中に連綿と受け継がれていっているわけですし、今もかなりのメンバーと交流もあり、現役だったり指導者だったり趣味の一環だったり、形は様々ですが思い出だけでも十分だと思います。

先の見えない中を一生懸命頑張った時期があって、同じ時間を過ごした仲間と一生話せる共有財産を持っていることこそ、パラエストラ東京(当時はパレストラ東京)が標榜する【マーシャルアーツコミュニケーション】の一部分なのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.04.17更新

サプリメントのパッケージには
栄養素の含有量が記載されていることも多いんですが、
アピールポイントでもありますので見た目のインパクト重視の書き方も結構あります。

たとえば【一回用量で〇〇が3000mg!!】などと書かれていた場合、
3000ミリグラムということは3グラムですね、言わんとしていることは同じなんですが・・・なんかセコいなと思ってしまいます。

どうせこういう手法を使うのであれば3グラムであれば【3000000000000ピコグラム配合!】とか、ちょっと調べてみたら単位には凄いのもありましたので、どうせなら【ついにここまで来た!3000000000000000000000000ヨクトグラムの配合に成功!】みたいなのも・・・・・ウザいだけですね。

ピコグラム=1兆分の1グラム
ヨクトグラム=1𥝱(じょ)分の1グラム、

あとは逆張りというか
100キロの人を【0.1トン】っていうと別次元の凄さっぽく聞こえるので、3グラムだったら・・・『0.003キロ』・・・0が続くと弱そうですね。

なんか一通り考えてみたら、3,000っていう数字が見やすさとインパクトのバランスって考えればちょうど良いような気がしてきました(;´・ω・)♪

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.04.10更新

最近のビジネス雑誌は筋トレ特集もよく組まれているようで、
やはり世間的な注目度が高いというか、つまり要するにマッチョがモテるということに気付き始めたのだと思います。

とはいえ、
マッチョになるためには、そしてマッチョを維持するためにはなかなか苦労が伴います。
まぁ習慣になってしまえば問題ないんですが、そこに至るにはいくつも壁を乗り越えなければなりません。

さて、険しい道に臨みたいけどそれほど本気ではない人に対してその目標物=結果を売りたい時にはどうすればいいかというと、簡単に手に入ると思わせておいて届かせず、別の方法を持って来て二毛作&三毛作でリピーターにするのが美味しい方法です。

これがまさしく最近のダイエット産業です。

先日もとあるビジネス誌で筋トレの新常識として『追い込み過ぎは無駄』という記事がありました。

ところが読んでみると今までの『とにかく高強度のトレーニングをひたすらやり続ける』のではなく、低負荷に回数やセット数を組み合わせた『総負荷』によって筋肉は成長するのだそうです。

・・・いやはや申し訳ない。
僕はこの部分読んだだけでずいぶん腹筋に負荷が加わりましたよ(笑)

この総負荷という考え自体は昔からありますし
低負荷で高回数のトレーニングというのもちゃんと効果的です。

ただそれは『ちゃんとやってる人』の場合です。

そもそも比較対象になっている高強度トレーニングというのも、ひたすらやり続けられる時点でそれは高強度ではありません。

それに一日のトレーニング全てを低負荷×高レップス(回数)×多セットなんてやったら物凄い時間がかかってしまいますので、多忙な現代人には現実的ではなく、個人的には中重量でしっかり追い込む⇒自力でほとんど上がらなくなったら軽めの重量+正確なしっかり目的の筋肉に効かせるというのが時間と効果と安全性で良いと思います。

普通の人には推奨しないトレーニング方法の一例として、
僕が現役時代のトレーニングだと高重量の回数は【0.5回~2回】です。
この0.5回というのは物凄い重さをセットして補助の人も加わってラックアップして、下に落ちるのをひたすら耐えるという種目で、一般の人には絶対にさせないメニューですし、もしやったらほとんどの人が一回で体を壊すようなやり方です。

腕などは7~10回くらいですが、これも『10回目が自力でできない』重さだったり、5回目以降は反動使って上げて、落ちるのを堪える(ネガティブトレーニングといいます)ものです。
正しいフォームという観点では正しくないんですが、正しいフォームできちんと効かせる日と、無茶なフォームでもとにかく最大筋力を上げる日を分けているということで、もちろん軽めの重量でしっかり効かせるトレーニングも1部位あたり1セットはやってました。

オーバーワークという言葉があります。
簡単に言うと「やりすぎると筋肉が回復する前に傷ついてしまい成長しない」という現象のことで、よく言われるのは同じ部位を二日続けてトレーニングしてはいけないというやつです。

しかし一般的に筋トレをしている人の中でオーバーワークになるような人はいません。
これも一例を挙げると、トレーニング終わってすぐに歩いて帰れるなら(禁止されているレベルの)オーバーワークではありません。
もちろんしっかり回復させないと怪我につながるので普通の人でも足や背中などの大きい筋肉は週一でも良いと思いますが、高負荷の翌日に低負荷でやるくらいなら何ら問題ないと思います。

それなのにオーバーワークはいけませんというのは、つまるところ『あなたは頑張ってますよ』という印象付けで気分良くさせたいだけだと思います。

誤解しないでいただきたいのは死ぬほど追い込めと言ってるわけではなく、
一般的に言われる『マッチョ』のレベルであればちゃんとトレーニングすればだれでも可能ですので、楽や目新しい理論に逃げるのではなく『当たり前のことを当たり前にやれば、出るべき結果が出る』たったそれだけのことです。

美意識を換金させたい人達は定番を否定することで耳目を集めようとしますが、そこにインパクト以上の効果は無く、定番というものはよく使われる普遍的なものだからこそ定番足り得るもので、筋トレに関しては王道こそ正道であり結果的に近道でもあるということなのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

まずは無料の電話相談

03-6356-7386または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-6356-7386
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384