メールで無料相談  seikiv8@hotmail.com クリックでメールソフトが立ち上がります header_img02.png
公式動画『免取りちゃんねる』 トップページ

免許取消軽減ブログ

アーカイブ : 3月 2022

2022.03.31更新

いつの時代にもどんな業界でも、突出した一人が歴史を上書きしてしまうことは珍しいことではありません。

科学理論を一足飛びに進化させたアインシュタイン、言わずもがな万能の天才レオナルドダヴィンチ、少しジャンルを絞れば時計の歴史を文字通り200年早めた天才時計技師アブラアン・ルイ・ブレゲ

知名度に多少の差はあれど
歴史上の偉人です。

それでは
《総合格闘技の歴史を10年早めた》当時の言葉としては「中井祐樹がいなかったら日本の総合格闘技はまだ10年遅れていた」・・・・この『中井祐樹』という名前は日本で何人が知っているでしょう?

令和4年現在【総合格闘技】といえば、多少格闘技を知ってる人はもちろん、一般層にも認知されている言葉ですし平成後期の格闘技ブームでは大晦日の民放テレビ局はことごとく格闘技一色という時代もありました。
現在はブームも落ち着き定番コンテンツとして、プロ志向だけではなくエクササイズの一環としてもスポーツの1ジャンルとして確立されています。

しかし時は遡って1995年
当時の総合格闘技はまだ異種格闘技戦の色合いが強く、社会的な評価も「メジャーじゃない連中がやってるバイオレンスなイベント」という風潮でした。
もちろんこの当時から格闘技ファンはグレイシー柔術のホイス・グレイシーが過激なルールに対応した戦略と技術で暴力性を封殺して優勝する光景を見て格闘技に新しい時代が来たことを肌で感じたりしていたものの、それでも社会との扉は開いておらず、件のホイスをして「自分の10倍強い。」と言わしめるヒクソングレイシーを日本に招聘して行われたバーリトゥードジャパン95(以下VTJ95)も、高い技術や新しいジャンルのスポーツに触れたい本気のファンより狂気性や暴力性を求める野次馬の方が多かったような気がします。

しかしより金を落とすのは後者ですし、広まることで社会に通じることが文化として確立される転換点であるならそこに乗るのも興行の方向性は正しいです。

ただそんな観客のニーズに合わせてか出場者の中にジェラルド・ゴルドーという狂人がいました。
約2mの身長に100キロ超の体重という規格外の体躯に空手やキックボクシングでは世界レベルの打撃技術・・・ここまでなら一流ファイタ―と言って過言ではありません。
しかし、普通の選手が反則をする理由としては、うっかりやってしまった、勝ちたいから、負けたくないから、中には嫌いな相手を壊したいからというのもいますがゴルドーの場合はそんな甘いものではなく、ちょっと不利になったからなんとなくやってしまうというほどに順法意識が低く、その行為も噛みつきやサミング(目突き)といった相手の人生を一変させるような行為に対しても躊躇が無いのです。

僕はこういった反則ファイターを全否定するのは、相手が反則しない=自分はリスクを負わない立場から一方的に攻撃できる状況を作りたいだけで、時々勝ちたい気持ちでつい出てしまったなどと擁護する声もありますが、数回続けばそいつは確信犯だと思いますし、自身を律することができないなら武道家でも競技者でもなく、ただのならず者です。

そして組まれたトーナメントの1回戦、身長170センチ、体重70キロの中井祐樹VSゴルドーという文字に観客が期待するのはスポーツの試合ではなく安全が保障された位置から見下ろす残酷ショーです。
中井祐樹自身もそれを分かっていましたが、マイナーな競技だった総合格闘技が明るい場所に駆け上がれるチャンスと、むしろゴルドー戦を『美味しい』とさえ思っていました。

試合は中井が巧みな技術でゴルドーを翻弄しますが、寝技になれば不利なのを自覚しているゴルドーはロープを掴んで倒されるのを防ぎます。
※ロープを掴んで堪えるのは反則ではない
そして下のポジションになった中井の顔面に重すぎるパウンド(グラウンド状態でのパンチ)を落とし、脚がフリーになれば踏み付けを敢行します。
打撃系の格闘技で死亡する事故は打撃そのものよりむしろマットに後頭部を打ち付けたりすることの方が多いのですが、中井の頭部は何度もゴルドーの拳とマットの間で、常人なら絶命しかねない威力でバウンドしますが、それでも僅かなチャンスをうかがいます。

そこで狂人であっても反則魔であっても闘う嗅覚は突出しているゴルドーはとうとう最悪の反則であるサミング(目突き)まで犯します。
しかも偶然入ったとか、軽く指を入れて相手を怯ませようとかではなく、一気に指を差し込み中井の視神経を寸断してしまいました。

この瞬間総合格闘家中井祐樹は死んでしまったようなものです。
この一件で失明したことで打撃ありのルールで戦うことは不可能になってしまいましたが、それでも気持ちが折れることは無く、1ラウンド8分を3度繰り返しての4ラウンド、ちなみに件のサミングは第1ラウンドですので、片目が見えない状態で延々とパウンドや踏み付けを浴び続け、我慢に我慢を重ねて作ったチャンスをものにして、ヒールホールドでゴルドーからギブアップを奪いました。

歴史が動いた瞬間です。

そのままの勢いで準決勝もアメリカのトップレスラーから腕十字でギブアップを奪い、ついに決勝戦では伝説のヒクソングレイシーと対戦、敗れはしたものの透き通るような試合はより深い感動を与えてくれました。

世間的には決勝戦後、ヒクソンが「ユーは侍だ」と評したことが【中井祐樹】という名前がブランド化した瞬間かもしれませんが、0を1に・・・というよりマイナスを一気にプラスに持っていったゴルドー戦が日本の総合格闘技界の分水嶺だったといえるでしょう。

そんなVTJ95を中井側視点で描いた渾身・・・でもあり懇親の本が

七帝柔道記 外伝です。
こちらは【木村正彦はなぜ力道山を殺さなかったのか】で格闘技のもう一つの歴史を描き切った増田俊也作『七帝柔道記』から続く柔道一代記の1節で、今回のVTJ95を記した本の中でも最高峰と僕が思っている

『VTJ前夜の中井祐樹』のコミカライズ版です。
※VTJ前夜の中井祐樹には他にもエピソードがありますが、それらも含めて増田俊也柔道サーガとも言うべき一代記です。

少し解説をすると『七帝柔道』というのはオリンピックなどの講道館柔道とは異なり寝技中心の競技で1チーム15人の勝ち抜き(勝者が残って次の相手と対戦)方式の団体戦、1本以外は引き分けなので、勝ち抜く役目の≪抜き役≫もいれば、そんな抜き役を止める〈分け役〉もいて文字通りチームのために死力を尽くす柔道です。


中井祐樹も増田俊也も北海道大学で七帝柔道に青春を捧げてきましたが、練習量が全てを決めると言われる七帝柔道なのに、死に物狂いで練習しているはずなのに万年最下位、目標は優勝どころか1勝・・・ウェイトトレーニングを導入し、道警本部に出稽古に行き、これ以上できないと思っていても強豪校には嘲笑される始末、それでもただ毎日を必死に練習して、ただ強くなることを信じて、オリンピックのような日向ではなくてもただ強くなりたくて本当の意味で『必死』に練習をして、それでも勝てない。

そんな暗闇の中を過ごしてきた増田たちの後輩として入部してきた中井は文字通り北大の歴史を変え、もちろん一人の力ではなく同じように頑張って積み重ねてきた仲間や他の大学でもライバルとしてしのぎを削った仲間たちあっての結果ですが、それでも中井は北大を七帝柔道の大会で準優勝へ、その翌年には優勝・・・でも僕がこの本でより感動した場面はたった1勝をあげるために費やした6年という時間です。

中井祐樹がその後北大を中退して総合格闘技の世界に足を踏み入れ、文字通り暗いトンネルでもがきながら、世間の評価というよく分からない相手と戦い続け、そしてあげた1勝、
ゴルドー戦前、増田氏は北大時代の仲間と観戦に訪れ中井に激励賞を渡しますがその封筒の中に一言だけ励ましの言葉を入れました。

「必ず試合前に届けて下さい!」と係に告げ、控室に届いた言葉は本当の意味でかけがえのない一言でした。
『七帝柔道記 外伝』では北大時代のエピソードとVTJのストーリーが絡み合いながら『まっすぐに頑張ること』の意味を問いかけます。

試合後、中井はテレビの出演時にもサングラスをかけ「まだ目が腫れてるから(笑)」とおどけていましたが、その時すでに光を失っていました。
その後もかなりの期間、失明の事実は伏せていましたが、その理由も危険な競技というレッテル貼りを避けるためです。

『今あるもの』に対し、人はそれが普通と思いがちです。
しかしそこには本当の意味で命を懸けた人の想いが脈々と繋がっています。

ここで少し補足すると、僕はこの文章の中で『中井祐樹』と呼び捨てにしていましたが、これは名前というブランドという意味で本当は『中井先生』と呼ばなければなりません。

僕がプロ修斗で選手として所属していたパレストラ東京(現パラエストラ東京)は中井先生が開設した道場で、僕は比較的初期のメンバーでした。
ただ入門当時僕は格闘技業界には疎く、VTJ95も知らない、もちろん中井祐樹という名前も知らず、パレストラ東京に入門した理由は通勤経路だったから、見学時の中井先生の印象も温和で飄々とした人だなというくらいでした。

いつもにこやかで笑顔を絶やさず、人を貶す事も無く、団体で変な壁を作るなんて面白くないよな(笑)と、旧体制の変なプライドも一笑に伏してしまう。
そんな姿からあの激闘を想起する人はほとんどいないかもしれませんが、それこそが本当に格闘技がイベントから文化に成熟した証なのかもしれません。

ですが、世界から認められなくても天動説を唱えたガリレオのように、命さえ手段としか考ず、力ずくで世間の風向きを変えた、神風を吹かせた偉人たちのおかげで今の『普通』は成立しているのです

だから僕は今現在の選手たちに、あるいはエクササイズでも、どんな形でも総合格闘技に触れている人に、現代の偉人たる中井先生の凄さを知らしめたいのです。

といってもきっと中井先生自身はいつも通り飄々としているような気がします(笑)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
こんな長文を急に書きたくなった理由ですが、
飛行機の中でこの『七帝柔道記 外伝』を読んでいたら隣の外人が「お前はユウキナカイを知ってるのか?」と尋ねてきて、ぶっちゃけ何言ってるかは完全には分からなかったものの、格闘技をやっていること、ヒクソングレイシーの過去の試合で中井先生の事を知ってること、自分は弱いが格闘技が好きで頑張ってるんだということ、大体そんな感じで話していました。

そして話の後半で自分も元はプレイヤー側だったこと、
ユウキナカイは自分の先生だということを伝えるといたく感動してくれました。

中井祐樹の凄さという意味でも、読書感想文という意味でも正直なところこの2冊+七帝柔道記の魅力には足りませんし、あえて書いていない内容もあります。

頑張り抜くことの尊さを感じたなら、
是非御一読をお勧めします。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2022.03.30更新

今回の更新は
『過失運転致死傷アルコール等影響発覚免脱罪』という長い違反についての解説です。

一言でいえば
『飲酒運転で人身事故を起こした時に飲酒状態であることをごまかすために更に飲酒したら犯罪ですよ』ってことです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2022.03.29更新

色んなニュースで報じられてますので多くを語る必要も無いと思うんですが、
アカデミー賞の授賞式で俳優ウィル・スミス氏が司会者から奥様を侮辱されたという事で壇上で平手打ちした事件です。

法律を扱う仕事なら
気持ちは分かるけど暴力はいけない、人を罰する権能は法と国家のみが持ちうるもの
みたいなお堅い回答が無難なんでしょうけど、

僕としては、男としてやらなければならない場面だと思います。
社会がどうとか
ルールがどうとかではなく
大切な人が悪意に晒されたなら立ち上がらなければならない。

女は?
立ち上がらなくていい
自分が悪意に晒された時、
自分より大切な人には危険な場に立って欲しくないからこそ、
自分が悪意に晒された時には大切な人に危難や非難が及ばないよう自分が動かなければならない、

それが『漢』というものであり、
強さを与えられた者の、大切な人に対する責任でもあると思います。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2022.03.28更新

ちょっと一息に見れるような動画という事で
ショート動画で一問一答というのを始めました。

第一回のテーマは『最も重い交通違反って何?』ということで運転傷害について軽く解説しています。
今後も定期的にアップしますので、箸休めにご覧いただければ幸いです。

YouTube
https://www.youtube.com/shorts/tfpvbuTn1kA

tiktok
https://www.tiktok.com/@mentoriseiki/video/7080060410979798273?is_from_webapp=1&sender_device=pc&web_id=6905732045088474626

内容は同じです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2022.03.27更新

僕が顧問を務める
パラエストラ西東京の選手が本日アマチュアの2戦目を戦いました。

結果は残念ながらフルラウンド判定負け・・・

地方からプロ選手になるために上京してきて
いつジムに行っても練習していて、バイト以外の時間はすべて強くなることに注いでいました。

『プロになります!』と言って入会する人って結構多いです。
ですが、実際にプロになれる練習をしている人はそのうち1割もいません、

その中でプロになれるまで頑張るのは更に1割くらいです。

僕らはそういうのを山のように見てきたので
「プロになりたいです!」と言われても「頑張れよ♪」としか言えませんし、
教える側になった今では『格闘技は楽しむもので必ずしもプロを目指す必要は無いよ』という事を伝えるようにしています。

しかし彼はただ真っ直ぐに練習に取り組みました。
何も知らないスタートなので、経験者からは翻弄され、対格差に勝る相手に跳ね返され、それでも僅か半年ちょっとで老舗格闘技団体パンクラスの1dayトーナメントに出場しました。
アマチュアとしては国内でも最もハイレベルな団体ですので、未経験者のデビュー戦としてはある意味非常識と言われても反論できませんが、それでも格上相手に最後まで食らいつき
大きなダメージを受けることなくフルラウンドを戦い抜きました。

そして今回はトーナメントではなくワンマッチ形式ですので
より本来の実力が試されます。

対戦相手はキャリアもあり少し前の試合でも一本勝ちを決めている選手で、なるほど試合経験の差というか
要所要所で上をいかれている感じですが、それでも気持ちが切れることなく、
勝てるチャンスも何度かありました。

結果は2ラウンド判定負けとほろ苦い結果ではありましたが
練習したことをきちんと出し切り、最後まで気持ちが折れることなく頑張りました。

僕は人が強くなるのは上り坂のような形ではなく階段のような形だと思っています。
その段差は強いきっかけ程大きくなることが多いです。

この経験はきっとより強くなるためのステップになってくれると思います。
パラエストラ西東京所属友寄龍太
格闘技ファンならとりあえず記憶の片隅にこの名前を覚えておいて損は無いと思います。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2022.03.26更新

コンビニ食といえば
栄養にうるさい人や病的健康至上主義の界隈からは何かと叩かれる分野ではありますが、味、値段、栄養素といった意味のバランス感として非常に高いレベルだと思います。

おそらくそれは激しい競争で鍛えられ、少しでも気を抜けば即死するような、文字通りの真剣勝負で磨かれた実力が故のことなんだと思います。

そして
僕が九州地方に出張に行く時、
ご当地フーズで【かしわめし】というのがあるんですが、要は鶏五目御飯で、首都圏では売ってないもののお店によっても味や雰囲気も違い、個人的に九州美味い物ランキングの上位に位置していました。

また九州のセブンイレブンでも通常のおにぎりラインとは異なる二個入りパックでかしわめし+唐揚げセットなどもあり、「なぜこれを全国展開しないかな・・・?」と残念でした。

そんなある日の九州出張、なんと定番おにぎりにかしわめしが!!!!

九州ならではかと思ったのですが、実はこの時期九州フェアで全国展開しているのだとか・・・
夢が叶いましたよセブンさん・・・

早速食して見たところ
ゴボウ感が弱まっている感はあったものの、それがより万民向けになっていて、ダシの味も輪郭がはっきり、そして御飯がちゃんと粒をキープした炊き上がりになっていて・・・これは・・・ご当地かしわめしを超えてきましたね・・・美味しいです。
実に美味しいです。

より究極を求めると少しパサつきがあることもあるんですが、
そんな時の為には多少長めにレンジアップしてしばらく置いてから食べると全体的なしっとり感も増大し、味の地平を切り開いてくれるかもしれません。

そして最初のコンビニ飯論に戻るんですが、
ご当地食として定番化していながら・・・定番化しているがゆえに進化していない、あるいは進化がゆっくりになっているものって少なくないと思うんですよ。

例えば沖縄に行くと【スパムおにぎり】というのがいろんなところで売ってます。
美味しいです。

しかし最も安定感のあるスパムおにぎりは?
と聞かれたら、僕はファミマだと思います。

地元のお店では10点の物もある一方2点の物もあります。
しかしファミマはほぼ確実に7~8点を出してくれます。

かしわめしも数年前はご当地物の方が圧倒的に美味しいと感じていました。
今回の出張でも数回現地のかしわめしを食べましたが、やはり10点の物もあれば2点の物もありました。
【味】という不確かなもので、しかも食べられる量には限りがあるのですから、安定の7~8点を狙う人の方が多くなっても無理はないかなと思います。

もちろん材料のルートや調理スタッフの技術、莫大な資金力など個人店が太刀打ちできない部分はあります。
ですが、やっぱり地元密着店のかなりの割合は向上心が薄いというか・・・

食欲に根差した業界だからこそ、ハングリーさというか
飢えや渇望ともいうべき上昇志向が無いと、現状維持という名の衰退になっていくような気がするのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2022.03.25更新

普通免許で準中型自動車を無免許運転で25点、
内容としては本来積載量2000キロ『未満』が運転できるところを
2000キロ【以下】が運転できると勘違いしてしまっていた事案です。

これだけならそれほど難しくはなかったんですが、
25点の前に二つ違反があって合計27点、ついでに過去にも無免許運転で免許取消の履歴あり、免許停止もあり。

その他もろもろの要素を加味すれば
僕の事務所以外では全く軽減の可能性の無い御依頼者様でしたが、

結果は

本人⇒2年間の免許取消を180日の免許停止に軽減成功
会社⇒車両の使用禁止処分⇒回避
社長&配車係⇒無免許運転下命⇒不処分
※『下命』というのは『〇〇させる』つまり無免許運転をさせるということです。

罰金or懲役⇒オール不起訴
いつも通りの通常運転でした。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2022.03.24更新

あまりテレビを見なくなって久しいせいか
まん延防止措置が解除になったのに気づきませんでした(^_^;)

21日には解除されてたようで、
出張の飛行機が結構混んでたのはその影響もあったのかもしれませんね。

ダイエットでは落とすことよりも維持することが本質であるように、
このまま収束に向かってほしいものです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2022.03.23更新

今日はとある研修会というか
セミナー的なものを受講してみました。

内容は概ね予想通り有意義でした。

そんな中でもう10年以上前、僕は第二東京弁護士会公法研究室というところで運転免許取消処分取消請求訴訟っていうテーマについて講師やったんですが、
30人近い受講生の中で名刺をくれたのが2人ってな惨状だったのを思い出しました(笑)

そういえば某ロースクールの先生がなんか物凄い上から目線でマウント気味に論破してこようとしたからみんなの見てる前で凹ませたらそれ以降一言たりとも口きいてくれなかったり・・・僕もまだ若かったんですよ(;^_^A

まぁそれがきっかけで
『情報とは独占すべきもの』という現実がはっきり分かったのもある意味財産でしたね(*’▽’)♪

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2022.03.22更新

【横断歩道を横断中の歩行者を妨害した】という違反は結構多いです。

その一方『歩行者から「どうぞ」と譲ってもらって進んだら取締られた』という話もよく聞きます。

そして先日こんなニュースもありました。
『ドライバーへの「お先にどうぞ」実は間違い!? 横断歩道での正しいルールとは? SNSでの「お願い」が話題 「知らなかった」の声多数!』https://news.yahoo.co.jp/articles/9974f60099769d5e874fd8acb089ce2c928236ca

これの元ネタは教習所の教官が
『譲ってくれたことによって運転者が横断歩行者妨害になる可能性がある』ので譲らないでほしいということをTwitterにアップしたもののようです。

さてちょっと硬い文章で申し訳ないのですが、
横断歩行者妨害というのは道路交通法38条に規定されていまして。

第三十八条 車両等は、横断歩道又は自転車横断帯(以下この条において「横断歩道等」という。)に接近する場合には、当該横断歩道等を通過する際に当該横断歩道等によりその進路の前方を横断しようとする歩行者又は自転車(以下この条において「歩行者等」という。)がないことが明らかな場合を除き、当該横断歩道等の直前(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前。以下この項において同じ。)で停止することができるような速度で進行しなければならない。この場合において、横断歩道等によりその進路の前方を横断し、又は横断しようとする歩行者等があるときは、当該横断歩道等の直前で一時停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければならない。

今回の問題点を抜粋すると
『横断歩道等によりその進路の前方を横断し、又は横断しようとする歩行者等があるときは、当該横断歩道等の直前で一時停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければならない。』

ここで重要なことは【横断している、又は横断しようとしている歩行者】なんですよね。
つまり【譲る】とはどういう状態かといえば【その車が通過するまでは自分は横断しないという意思表示】でもあるわけですから、僕は個人的には歩行者が譲る意思を示している場合には横断歩行者妨害には当たらないと考えています。
※判例云々ではなく僕個人の見解です。

だからこそドライブレコーダーが重要なんですが、ここで実際の実務面から意見を言わせてもらうと
【譲ってもらったから進んだ】という主張自体が嘘というのが最も多くて、ドライブレコーダーが付いてるのにその部分だけデータが破損してたり・・・ちなみに僕自身の経験ですと《譲ってもらって進んだら横断歩行者妨害で取締られたドライブレコーダーの映像》を見たことはありません。

ですので今後の判例を構築するためにも
そういう動画あったら是非見てみたいと思っています。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で30年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

SEARCH

過去記事はコチラからご参照頂けます

まずは無料の電話相談

03-6356-7386または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-6356-7386
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384