メールで無料相談  gseiki_shotgun@ybb.ne.jp クリックでメールソフトが立ち上がります
header_img02.png
公式ブログ 毎日更新

内村世己 年中無休の業務日報

カテゴリー : お仕事全般

2019.08.01更新

行政書士法では
事務所には表札を出さなければダメ、というルールがあります。

しかしどんな表札という規定はないので、僕は開業以来ずっと名刺をそのまま貼り付けてました(笑)

とはいえ、多少なりとも知名度も出てきましたし
やっぱり日本一でもあり世界一でもあり宇宙一だから、格好良くないといけないということでスタッフが僕の誕生日に合わせて発注してくれていました!!!

それがこちら

金属プレートに凄味のある事務所名に、
素晴らしいセンスです。

そしてこっそり貼り換えておいて僕からの連絡を待ちつつ
スタッフ同士で「先生いつ気付くかな?」とソワソワしながら待ってる様子は中々に微笑ましいです。

年中無休ほぼ24時間営業の激務の中でも事務所愛を持ってくれているスタッフに感謝ですm(__)m

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.07.26更新

京都アニメーション放火殺人事件は本当に痛ましいですね・・・
そして大規模な自然災害が発生した時にも必ず出てくるんですが、今回もおそらく【京アニへの募金を管理するNPOを設立したい】という人が現れると思います。

これは完全に個人的な偏見も入ってると思うんですが、僕は募金を仲介するNPO法人というのを信じていません。

もちろんちゃんとしてる団体もいるかもしれませんので、信じる人は募金をすればいいのです。
僕は信じてないので募金してないだけです。

ちなみに震災の時には現地に行く知人(被災地が実家)に現地で使う用の現金を渡しましたが、それは募金ではなく僕の中では手の届く範囲の相手に対して直接手を差し伸べる『託金(託すお金)』です。

現金での募金なんていうのはそもそも入りと出が分かりませんので何とでもできてしまいますし、災害の募金を集めるNPOの大半は「皆さんから集めたお金を赤十字に寄付します」と言ってますが、だったら自分でお金を集める必要なんて毛ほども無く、赤十字の窓口を教えてあげれば十分なはずです。

募金をするのであれば、公式の窓口などで対象者に直接届くようにするか、今回のようなクリエイターへの募金であれば【正規品を正しく購入する】ことでも再起へのサポートになると思うのです。

大事なことなので繰り返しますが、
僕は募金自体を否定しているわけではありません。
善意を食い物にしている連中が嫌いなだけです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.07.22更新

税理士先生と事務所も含んだ関連会社の決算時期でもあるので
税務関係の打ち合わせです。

とはいっても全く問題ないので時間のほとんどは雑談だったり新規事業についての話です。

ちなみにこの会合はこの税理士事務所を紹介してくれた広告代理店社長の御縁もあっていくつかの提携している会社代表も同じ部屋で税務相談やミーティングをしつつアイデアを出し合っているのですが、やはり鋭い人の間でアイデアや意見を出していくと研ぎ澄まされるスピードが速いですね。

よくアイデアをじっくり考えるという名目で自分だけでまとめようとする人もいますけど、情報の独占という意味ではそれも正しいとは思いますが、どうせ発表すればいいアイデアならすぐまねされるんですから信頼できる相手との話ではどんどん出してブラッシュアップを図った方が高品質になると思うのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.07.10更新

インスタ初めて二日目が経過しました・・・
最初の内は「フォロー?フォロワー?フォロバって何?いいねのアイコンが分からない・・・」などなど初心者っぷりを露見していたのですが、いざやってみるととりあえずできるところをやっていけばなんとなくできてしまうもので、つくづく便利な世の中というのはできない人をサポートしてくれる機能が充実してるってことなんだなと実感します。

ひとまず軽減処分書とか過去何回かブログを引越ししてるので、そのバックナンバー倉庫みたいな感じになればいいなと思ってます。
https://www.instagram.com/seikioffice/

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.07.09更新

流行というよりも文化として定着した感もありますが、
インスタ始めました。
https://www.instagram.com/seikioffice/

まだ始めたばかりで手探り状態ですが、
基本的には軽減成功の処分書画像と、該当ブログへのリンクが中心になるかと思います。

フォローいただければありがたいです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.06.29更新

先日山形県に出張に行きまして、
御依頼者様からお土産を頂きました。

山形県の名産【佐藤錦】さんです。

あまりの神々しさに呼び捨てなどできません(笑)

ちなみに開封した時のうちのスタッフ、
「このサクランボ・・・・シッポが無いっす!」
あぁ・・育ちが知れますね(*´Д`)

とはいえ、
そんな僕も高級サクランボは軸の部分を切って箱詰めしていると思ってたので、知的レベルは大差ないです(^_^;)
※ちなみに軸は下向きに箱詰めされていて、上から見えないようになっています。

そんな見慣れぬ逸品に狼狽えている我々でしたが意を決して高級サクランボとの対戦に挑みます!!
・・
・・・
・・・・
これは・・・あれですね・・・
実にさわやかな酸味といいますか、
後付けのシロップの甘さみたいなのではなく、果物そのもの味の強さというか、味が強いですね。
濃いというより強いという方がしっくりきます。

もちろん甘さもありますが、甘酸っぱくて美味しいです。
正直なところ自分で買って食べる果物なんてコンビニでバナナ買うくらいだったんですが、
高級品を頂く度に初体験を重ねているので、これもまた頑張ってる御褒美かなとモチベーションを上げているのです(*´▽`*)♪

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.06.17更新

今回の事例は
免許停止の前歴が2回のところに2点の違反で取締りを受けた後に人身事故を起こしてしまい、その後にもう一回2点の違反をしてしまった事例です。

さて、前歴が2回あると5点で取消の基準に該当してしまいます。
そして今回の事故は加害者の責任の重い人身事故でしたので、通常5点が付きます。
ということは最初の2点が無くても取消基準に該当ということです。

しかも今回の御依頼者様の場合は事故後にも2点の違反がありますので、通常では9点・・・ほぼ完全にアウトですね。

こんな時にどうするかというと、まず違反点数の配分を見ます。
2点+5点+2点という組み合わせですが、免許停止基準に届いた後にまた違反を繰り返してしまった場合、後の違反点数やその時期によっては最初から免許停止として扱われる特例があります。
ただし、都道府県の中ではこの美味しい特例が適用されるところと、違反内容によって適用されないところがあります。
※この規定をある程度知っていて「私の力で軽減させましょう」などと言って大金を吹っ掛けるインチキ事務所もいますので御注意ください。

しかし、もう一つのポイントとして取消基準に届いた後に追加で点数が入った場合には軽減されません。
※これも実は軽減されるように修正できる場合もあります。

今回の御来者様の場合は2点+2点+2点という組み合わせにすれば免許停止になる可能性が一気に高まりますので、まずは人身事故の点数を通常の5点から2点以下に変更するのを狙います。

ちなみに今回の事故はよくある事例といいますか【どう考えても被害者は怪我なんてしてないのにむち打ちになった】と言い出した事件で、病院からは2週間の安静、その後2~3カ月の治療期間という診断を受けているそうですが、警察に提出した診断書の治療期間は2週間になっているので通常付く点数は5点です。

本当にむち打ちになっている人は大変だと思いますし、負傷の賠償はちゃんとされなければなりませんが、僕は実感として交通事故のむち打ちの中で【100%真実を語っている被害者】というのは1%もいないと思っています。
そもそも無傷なのに怪我をしていると主張する人もいれば、実際に怪我をしているとはいえ治っているのにその証明ができないのを良いことに保険会社が支払う限界まで治療期間を長期化させる被害者など、交通事故被害者の相談を受ける事務所でも治っているのに治療期間を引き延ばすところもありますが、僕としては言い方は厳しいですが保険金詐欺の片棒を担いでいると思っています。

もちろん今回の被害者が99%の一人であるという断言はできません。
しかしあまりにも不自然な場合は点数上は人身事故ではない=物損事故として安全運転義務違反の2点だけで済むこともあります。
また、人身事故ですが被害者の負傷の程度による点数が入らず2点だけの場合もあります。

それ以外にも3点だったり4点だったり、5点であっても免許取消にはならないようにしてもらえる場合もあるので、まずは点数の調整から取り掛かり、結果は無事人身事故5点を物損事故2点に修正完了。

そして県によっては出頭通知の書式が違ったり、曜日や場所が違ったりして通知の時点で分かるものもあるのですが、御依頼者様の場合は通知や日程では分からない住所地であることと、時々『本来なら停止処分のはずがやっぱり取消になってしまう』ということも発生しますので、念のため意見の聴取にも同行することにしました。

警察本部での聴取ではいつも通りのお話しというか、なんか一部の弁護士や交通違反ジャーナリストには警察本部などを敵視する人もいますが、少なくとも僕自身はそんな目線で見たことはなく、別に険悪な雰囲気になることもなく、むしろ和気藹々とこちらの主張をして僕にとって予定通りの結果をもらうだけです。

そして結果は無事180日の免許停止に軽減成功!!

御依頼者様も満面の笑みでした♪

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.06.09更新

意見の聴取や聴聞に補佐人として出席することも多い僕ですが、
弁護士さんや行政書士さんなどが一緒に来ている人も時々見ます。
ちなみに一番多いのは家族や会社の上司などです。

しかし【本当に正しい主張を完璧にできている人】というのは実は見たことがありません。
ただの一人も、です。

もちろん僕が全国すべての会場の全処分対象者を把握しているわけではありません。

僕がこの仕事を始めて26年の間では一部分、あるいは半分くらいで正しい主張をしている人は見たことがありますが、
完全に正しいことをやってる人は見たことがありませんので、やはり一部正しいと思ったのは結果的に正しくなっていただけの話であって、完璧な知識に基づく完璧な行動ではなかったということになります。

先日もとある聴取会場でのお話ですが、
ひき逃げで免許取消に該当している人が弁護士さんを連れてきていました。

その弁護士さんはおそらく人間的にも良い人なんだと思います。
熱血漢というか、依頼者の為に必死に頑張っている様子が見て取れます。

しかし聴取の場で主張している内容は・・・根本的に間違っています。
もう一つ追加すると、その住所地の場合ひき逃げでの軽減率はほぼ0ですので、果たして引越しを提案できていたのか、あるいは住所変更して可能性を0%でなくすことができなかったから必死になっているのか・・・話しぶりからそんなことは無いということは明らかです。

それではこの弁護士先生は勝ち目のない、良い結果が出る可能性の全く無い依頼に対して着手金などを受け取っているのなら詐欺師じゃないのか?という人もいますが、詐欺という犯罪が成立するためには【だまそうとする意思があったか】というのが争点になりますので、詐欺師は必ず「だますつもりは無かった。」と供述するのです。

もしかしたら本来は罰金や懲役などの依頼をメインで受けていたのかもしれませんし、もっと早い段階から依頼を受けていて最終的に意見の聴取に至った=途中まではいろいろやってたのかもしれません。
※だとしても聴取の様子を見る限り、やはり行動は間違っていますが・・・

もちろんその方は免許取消になってしまいました。
取消処分の後にも「この決定は不当です。」と怒っていましたが、仮にそこから裁判などを起こしたとしても勝つまでは免許取消の状態は継続しますし、当たり前ですが必ず勝てる保証はありません。
むしろ新しい証拠を出さなければならない性質上、勝てる可能性は非常に低いですし、この弁護士さんが引き続き受任するのであれば補佐人としての動きを見る限り勝率は0%です。

「僕なら助けられたのにな・・・」そう思うことは少なくありませんが、その方自身の選択ですので何も言えませんし会場で声をかけるようなこともしません。
本当のプロとして、依頼を受けていない人に対して積極的に関わろうとすることは、本来の御依頼者様に対して全力を注いでいないということでもありますので、ただ残念な気持ちになって、自分は自分の御依頼者様のために全力を尽くすしかないなと気持ちを新たにするだけです。

騙すことは犯罪ですが、能力不足は犯罪ではありません。
しかし自分が無知であることに気付いていないというのは、プロとしては罰則なき罪であることは確かなのだと思います。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.05.18更新

免許取消の前段階として
『意見の聴取』という弁明の機会があるのですが、
僕の事務所でも【補佐人】といって聴取に同席して軽減に向けて意見を言ったり有利な資料を提出したり、場合によっては捜査のやり直しを要求したりすることもあります。

この補佐人については特に資格などは必要ではないので
極端なことを言えば誰でもなれます。

そして実際にどういう人がよく来ているかというと、
僕らのような法律職の人もいます。
家族もいます。
会社の上司というのも多いです。
少し変わったところだと市民団体の人や、〇〇協会役員というのもあります。

しかし本当の意味で正しい知識を持って正しいことをやってる人は一人もいません。
弁護士に限って言えば一般的な人身事故の場合であれば結果的に正しいことをしている場合はありますが、余計なことをすることによってメインの論点を弱めてしまっている人が多いので、そういう意味で本当に正しい行動をしている人は・・・僕はこの仕事初めて26年ほどの間で3人くらいしか見たことがありません。

弁護士でさえこれなのですから一般人にしてみればさらに間違った行動ばかりです。
そして会社の上司や〇〇会の役員といった肩書の人は変に張り切ると言いますか、ほぼ100%に近いくらいの確率で余計なことをします。
そして余計なことに必死になります。

僕はよく言うことですが、努力で最も重要なのは質でもでもなく《方向》です。
例えば東京から大阪に行きたいと思って北に向かって進んだとすると、北極や南極まで到達するほど頑張ったとしても大阪には永遠に到着しません。

しかし彼らは間違っていることに気付きません。
取消処分になったとしても「やっぱり軽減措置なんて無い。」とか「警察なんて・・・」と言い訳や八つ当たり先を探してしまいます。

それは【正しい行動をしていたらどうなっていたか】を知らないからです。

《正しい知識に基づいて正しい行動をする≫たったこれだけのことを運任せにしてしまう人を見る度、僕は可哀想な話だなと感じるのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.05.14更新

先日長野県に出張で行きました。

途中のサービスエリアからは諏訪湖が見えて、天気は曇りでしたが良い景色でした。

さて、僕らぐらいの世代だと諏訪湖といえばチョーさんではないでしょうか?
教育テレビの『たんけんぼくの町』という番組の舞台だったことで、僕にとってはチョーさん=諏訪市というイメージでした。

ただ記憶を頼りに現代科学の粋であるGoogleさんに聞いてみると、
なかなかの長期シリーズで実際に諏訪市が舞台だったのは最初の2年、以降は茨城県ひたちなか市、福島県いわき市、静岡県清水市、長野県岡谷市、神奈川県三浦市と実は結構いろんなところに行ってたようです。

ちなみにチョーさんは声優としても人気でアニメや洋画吹き替えなどに活躍しているので声を聞いたことが無いという人はおそらくいないと思います。

仕事で全国いろんなところに行くようになると、ふと『あの時の記憶』を思い出すことがあるのです。
それは良いこともあれば悪いこともありますが、そこに行かなければ思い出さなかったはずのことも沢山あるわけで、そういう自分にとって良い体験ができる場合も多いからこそ、僕は出張費を全額頂かないようにしているのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

まずは無料の電話相談

03-6356-7386または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-6356-7386
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384