メールで無料相談  gseiki_shotgun@ybb.ne.jp クリックでメールソフトが立ち上がります
header_img02.png
公式ブログ 毎日更新

内村世己 年中無休の業務日報

カテゴリー : お仕事全般

2019.02.16更新

僕の所属ジム、ヒデズキック三好会長のTwitterからの引用ですが、

選手へ
ミットの為のミット打ちをするな
シャドーの為のシャドーをするな
バッグの為のバッグ打ちをするな
全ては倒す為のモノにしろ
https://twitter.com/hidemiyoshi/status/1095920081182253057

単純にして至言です。
格闘技の練習に【ミット打ち】というのがあります。
パートナーがミットを構えて「ワンツー」と声をかけて打ち込む練習で、シャドーはシャドウボクシング、バッグ打ちはサンドバッグを打ち込む事で、どれも大切な練習で疎かにしてはいけません。

そして試合会場でもウォーミングアップの一環としてこれらはみんなやってますが、中にはとんでもなく上手い選手も時々いて、俗に『金の取れるミット打ち』とか『芸術的なシャドー』などと言われます。
しかしその選手が強いのかというと必ずしも一致しません。

アップの動きが軽やかで速く、かつ正確で、ミットの音も打ち込む感じも凄味すら漂わせているにもかかわらず、そいつの対戦相手として試合になって打たれた瞬間「あれ?こいつ・・・・大したこと無い?」と思ってしまうことも実はよくあります。

これは結局のところ
上手いミット打ちと倒すミット打ちの違いで、
ミットが上手くなりたいのならその練習は正しいです。
しかし『倒したい』なら、その練習は結果として間違っています。
いわゆる『打撃力』って先天的なものも結構あるんですが、力で倒せないならタイミングやカウンターで倒す、あるいはガードの隙間を抜いて倒せないまでも相手を制して勝ちに繋げるといった『結果につながる技術』を磨くのが『目的に沿った練習』なのです。

でもこれは勉強でも仕事でも同じで
理論は大層なことを言ってるのに上手く行かない人っていますね、
それは単純な話で『正しい方向に向かって行動してない』だけの話です。

努力の最も大切な要素は量でも質でもなく【方向】なのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.02.12更新

今回のお題はひき逃げについて
今日のニュースでこんな記事が出ていました。
男性はねられ死亡 ひき逃げ容疑のタクシー運転手は否認
http://news.livedoor.com/article/detail/16003253/

さて、ひき逃げで捕まった人はよく『事故を起こした覚えが無い』『気付かなかった』等の供述をしますが、たとえばちょっと悪質な弁護士に相談していた場合にはこういう供述をさせるのもなるほどです。

何故かと言いますと
交通違反も含めた犯罪行為というのは基本的には『故意でやったことにより成立』します。
例えば人殺しをした人がよく「殺す気は無かった」と嘘八百並べているのは、殺す気で人殺しをしたら殺人犯ですが、たまたまうっかり結果的に死んでしまった場合は過失致死という犯罪になり非常に罪が軽くなるからです。

また交通違反の場合では標識の見落としなどはもちろん故意による違反ではありませんが、法律の条文に『過失でも罰しますよ』という過失犯の処罰規定がある場合は、知らなかったというのは通りません。

そしてひき逃げの場合、法律上は救護措置義務違反(少し略して救護義務違反ということもあります)と言いますが、この条文には過失犯の処罰規定が無いので、本来の意味で被害者の認識、あるいは事故が起きたという認識が無い場合にはひき逃げという犯罪自体が成立しません。

例えば【車の下に潜り込んでいた人に気付かずに発進+地面が柔らかい土で人を踏んだ感触も全く無い+深夜でバックミラーでも確認できない+人里離れた山奥で自分以外の人がそこにいる可能性も考えられない】このくらいの状況が重なればたとえ死亡ひき逃げ事件でも点数自体付かない可能性もあります。

また負傷の認識が無い例としては【車の可倒式ミラーが接触+ほんの少し傾いた程度+スピードは時速2キロ程度+事故の後被害者と話した+被害者「俺は怪我なんて全くしてないよ、面倒だから警察呼ぶなよ、怪我なんてしてないんだからな、絶対警察呼ぶなよ」と言ってきた】この場合も人身事故としての認識が無かったということでひき逃げにならなかった場合もあります。

上記二つはかなり極端な例ですが、
もう少し微妙なラインでもひき逃げにならなかった事例もいくつもあります。

しかしその一方で、明らかに気付かないような事故でもひき逃げになってしまった事例もあります。

ネットなどでも多少知識は出回っているようですが、
まず【〇〇の判例がある】といっても交通事故や違反に関する判例というのは大抵〇と×の両方があります。
であれば、ある判例に基づいて主張するのであればどういう論拠をどういう手法で主張していくのか、あるいはその反対論に対してどう応じるのか、事故も違反も個別の状況ですべてが異なりますので単純な話ではありません。

弁護士や行政書士など法律を扱う専門家はたくさんいますが、僕が見てきた中で正確な知識に基づいて正しい行動ができる人はほとんどいないというのが現実で、一例を挙げるととある意見の聴取で【ひき逃げ3連発で120点】という人がいました。
違反状況としては一回目の事故で逃げる途中で2件の人身事故を起こして逃走という、中々に激しい事件です。
見ると補佐人として弁護士を連れてきていましたのでどんな主張をするのだろうかと見ていると・・・弁護士「〇〇氏は一回目の事故で記憶喪失に陥りそれ以降の事故については事故を起こしたという認識そのものがありませんでした。よって最初の救護義務違反に関しては認めますが、後の2件については過失によるものと主張いたします。」

聴聞官も失笑しながら「・・・じゃ、終わりでいい?」の一言で終了です。

結果はもちろん10年の免許取消です。

依頼者がどうしても依頼したいと言って仕方なく受けたのかもしれませんが、そんな主張したら事務所としても警察に対しての信頼が揺らいでしまうと思います。

僕の事務所が全国どこの警察署に対しても警察本部に対しても自分の意見を真正面から主張することができるのは『一切の後ろ暗さも負い目もしがらみもなく、ただ一生懸命真っ直ぐな仕事してきたから』であることに他ならないのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.02.08更新

急性胆嚢炎で入院していた事務所のアイドル毒舌腐女子さんが退院しました。

体調は回復したとはいえ、近日中に胆嚢摘出手術をするとかで、それまでは食事制限で脂質の高いものは食べられないそうです。

ちなみに一日の脂質摂取量は20グラム以下と、赤いきつねなら一杯でリミットに達してしまいます・・・(;´・ω・)

まぁ本人は食事制限以外はいたって元気ですし、手術の日はあらかじめ予定立てられるので仕事の影響もなさそうで、ひとまずよかったです♪

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.02.05更新

最近の児童虐待ニュースでは鬼畜の所業が目に余りますね・・・

僕の事務所には調査部門もあります。
刑事告訴もできます。
提携している弁護士事務所もあるから後見人の問題などをクリアしないといけないとはいえ
虐待の被害児童を原告にして親から賠償請求も・・・本人の意思や被害者以外の親族の協力が必要な場合もありますが可能です。
身辺警護の警備会社も提携しているので場合によっては身体保護もできます。

児童相談所に寄付できる制度があるのだから、どんなルートでもお金の価値は同じなので、
民間で実際に調査や警備で動けば人件費は相当にかかってしまうが、やり方次第で何とかなりそうな気がします。
クラウドファンディングなんかでもいいと思うんですが、少し調べてみるといろんなしがらみがあってなかなか難しいそうです・・・

僕の事務所でも早くこういった事案に関われるように児童相談所に直接営業かけたいんですが、
児童相談所もかなり多忙だと思いますのでどんなアプローチをしようか思案中ですし、この考えに賛同してくれる所長さんがいれば是非こちらから話しに行きたいくらいです。
ある意味事業計画なのに公表してしまうのは、お金儲けが目的ではないので誰がやっても良いと思うし沢山の業者がやることの方が望ましいですし、もっと言ってしまえば、たとえお金儲けが目的であってもそれで被害児童が助かるんならそれでいいと思います。

今回いろいろ調べて一般層から募金を募って動くというのはかなり高くて厚い壁があると感じましたが、難しいことが分かれば別の手段を考えれば良いだけで、なにか手はあると、僕は信じます。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.01.29更新

離婚後の養育費についてはお金持ちのはずの有名人でも未払いニュースが出たりしていますね。

僕の事務所で離婚事案を扱う場合、ほとんどの場合は最初に受け取る慰謝料をできるだけ高額に設定して、養育費など月々の支払いに関してはお勧めしていません。
理由は『(月々子供に会える代わりに払わせるなどの事情が無い限り)まともに払われる可能性はほとんど無い』からです。

人の気持ちが変わる瞬間はあっけないもので、
結婚生活が続かないというのは少なからず問題があるわけですから、問題のある相手に対して継続的な負担を受け入れる人は多くありません。

また未払いになって請求したりと精神的な負担も大きくなりますので、
最初の入金をできるだけ多くして、後はスパッと次のステップに進む方が精神衛生上も良いと僕は思います。

もちろん相手方がちゃんと払ってくれる信用があればいいのですが、
一般人の場合の信用などと言うのは文字通り目に見えないもので、単に性格に基づくものでしかない以上、いつでも変わりうるということです。

悲しい話ですが、どんなに惹かれ合った時間があったとしても、最終的なトラブルの相手方というのは絶対に信じてはいけないということです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.01.24更新

仙台で母娘がいじめを苦に自殺した事件がありました・・・

こういう事件の時って『誰も助けてくれなかった』的な報道がされることって多いんですが、大抵周りって共感したり慰めたりすることはあっても具体的に行動することってほとんど無いんですよ。
そうすると、被害者の心理として行動しても実らないって考えてしまい行動が内側に向いてしまいがちです。

これって誤解を恐れずに言えば癒し系自己啓発本でよくある『あなたはそのままでいいんですよ』という現状を変えずに気持ちを変える、行動しなくても受け取り方を変えるだけで幸せになれる系の癒しっぽいことと同じです。
起こっていることが大したことないことであれば、気の持ち方だけで良くなるでしょう。
しかし病気に例えれば、ちょっとした風邪ならいっぱい食べて寝てれば治りますが、重病だったら正しい治療をしなければ悪化するだけです。

いじめも同じで
大したことないものなら気の持ち方で気にしなくなるでしょうけど、
(個人的にはこれもどうかと思うんですが・・・)

大したことないと思うかどうかは被害者が決めることで、
そこで苦しいと思うのであればやはり何らかの行動をするべきだと思います。

僕はいじめはどんなに小さい子でも戦争と同じだと思ってます。
何も言わずに我慢をしているだけというのは少しづつ侵略されている状態といえます。

ただし、実際の戦争と違うのはある程度侵略されていても自分の国土自体を移してしまうこともできるということ、つまり学校なら転校することもできるということで、戦略的撤退は恥ではありません。
よく転校などで解決するのは本人の本質は変わってないので転校先でもいじめられるなどと言う人もいますが、そんなのは現在進行形の障害を取り除いてから考える事です。
もしくは転校は何かとハードルも高いし時間もかかりますので、反撃ということもできます。
通常学校に言っても反応が薄いことも多いですが、ちゃんと証拠が揃っていれば学校も動かざるを得ませんし、警察沙汰にすることも可能です。

騒ぎを大きくすることで本人が守られる場合もあるということです。
もちろんそれによってさらに精神的ないじめになったらどうするんだ?という人もいますが、だったら今のいじめに対して何もしないということですか?と聞き返します。

いろんな考え方がありますが、
僕の事務所の方針としては学生であれ社会人であれ、いじめは犯罪行為だと考えますし、個人間の戦争です。
ただしこの戦争は勝ち負けだけではなく『なし』にする選択肢もある戦争です。

先々どうなるかといった未来のことは想定はしますし準備もしますが、それによって今の危険を放置する理由にはなりません。

そういったことをきちんと準備するためにもいじめ相談にはカウンセリングの有資格者が担当し、単に法律論だけではなくグレーゾーンも含めて対処方法を御提示するということです。

正義はどこにあるのか?
内村事務所の方針は結局そこに集約するのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.01.19更新

執筆の話が浮かんでは消えたのをきっかけに
今まで読まなかった本も読んでみようと思い、
『貴方も稼げる』という系統の意識高い系の人達が好みそうな本をちょっと読んでみました。

感想としては
数冊読んだだけの印象ですが、
社会に対して手厳しいことを書いている風ですが、その実態は読み手に対しての癒しでした。

社会システムの問題点を指摘する⇒自分たちはこのように成功している⇒皆さんも少し視点や行動を変えるだけで成功できる⇒儲かるという結果が正解だ

だいたいこんな流れが多かったんですが、その中で読み手に対して「自分は才能あふれる人間だ」と思わせる書かれ方、描かれ方と言っても良いかも知れません。
つまり勉強になるという意味ではなく読んでて心地よくなる本が売れてるんだろうなと思いますし、その心地よさは自分の中から出てくるもの、つまり自分は成功できると思わせてくれるのが売れるんだろうなと思います。

つまり共感と容認(承認)です。

単純な癒し系の本は『貴方はそのままで良いんですよ』と堕落に罪なしとする手法で現在を合法化することで癒されると感じますが、ビジネス系の本では少し手法が違って『自分は実は才能がある、成功予備軍だ』と思わせることで忸怩(じくじ)たる現実、ままならない現実から才能のある自分を自分自身で認められる。
という手法のように感じました。

もちろんそれで実際に成功して良ければとてもいいと思うんですが、僕の周りの意識高い人というかビジネス書を読み漁っている人って、だいたいリピーターという印象です。
読み物として好きで読んでいるなら正しい姿勢だと思いますが、成功するために読んでいるのだとしたら実に効率的な顧客に過ぎないということになってしまいます。

ビジネス書を出す人というのはだいたい『仕事のできる人』ですし、結果も出している人です。
しかし世の大多数の人は『そこそこ』『そうでもない』『ダメ人間』がほとんどです。

超人の話で無意識の慢心に陥り足元をすくわれる人たちを数え切れないほどに見てきた立場から言わせてもらえれば、本当に真剣に頑張れないなら別の道を選ぶか背伸びはしない方が良いと思います。

努力で最も重要なことは量でも質でもなく【方向】です。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.01.18更新

先日友人から「大きいドローンを飛ばす時って許可がいるの?」と聞かれまして、
行政書士といっても得意ジャンルはみんな違っていて、特に僕の事務所は免許取消の回避、軽減が主軸ですが、それ以外の業務としてはDVでの離婚、虐待児童の保護、ストーカー対策、いじめ解決、墓じまいや散骨などなど、まぁおよそ一般的な事務所で取り扱うことの少ないものばかりです。

なのでドローンに関しても自分で触ったことも無いので気にしていなかったんですが、ちょっと検索してみると、なるほど大きさによって航空法の規制対象になるものとならないものがあって、規制対象になった場合は許可を取らないと飛ばしてはいけないということのようです。

ただ今現在という意味では僕の事務所はドローンの飛行許可については素人と同レベルですので友人には「いっぱい出てきたから、うちに頼むメリットは無いと思うぞ(笑)」と答えました。

さて、不況不況と言われて久しい現代ですが、それでも新しい仕事や新しいジャンルというのは常に生まれています。
行政書士の業界でも今後施行されるであろう移民政策に伴い、外国人の在留関連の仕事は注目されているようで地域の行政書士会でも研修を開いたりしています。

ちなみに僕の事務所はこういった移民業務には関わりません。
理由としては在留資格などの専門性の高い業務に関しては既に取り扱っているノウハウも確立している事務所が【顧問先に就職する人】を担当したり、公的機関から紹介されたり、『一般の人にとって受けやすいサービス』として存在しているということと、経営的な観点からいえば僕が他の業務を減らしてまで今からにわか仕込みの新規参入をしても問題のある依頼者に当たる危険性が非常に高いということです。

一気に数が増えれば必ず質は下がり、この法則に例外はありません。
裾野が広がれば頂きは高まるともいえますが、人間の行動指針の裾野はまず下方向に広がるということもまた現実です。

ですので僕は
自分では取扱いをしない業務であっても『ちゃんとできる人との横のつながり』を持っておくのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.01.17更新

こちらはトレーニング中に飲むBCAAドリンクのメーカーで人気のEXTENDというところが出しているプロテインなんですが、

海外のプロテインって尋常じゃないほど甘いのが多いんですが、ここのBCAAドリンクは効果ももちろん、味も一級品ですのでちょっと期待してたんですが・・・

やっぱり強烈に甘かったです(笑)
某サイトのレビューには「マッ〇シェイクのような味」と書いている人もいましたが、
確かに表面的というか、ファーストコンタクトはそんな味ですが、一瞬遅れてケミカルフレーバーというかちょっと鼻に付く別種の甘さがやってくるんですよ(^_^;)

もうほんとに
向こうの人の味覚を疑うレベルというか、
日本のプロテイン持って行ったらバカ売れするんじゃないかと思う程です。

ちなみに僕の事務所では従業員の福利厚生の一環としてプロテインは飲み放題なんですが、
美味しくないのは減らないので僕が主に消費することになるのです・・・

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2019.01.15更新

毎年今くらいの時期になると年賀状の整理をします。
主な作業としてはこちらから出した年賀状があて先不明で返送されてきたもののチェックなんですが、
単に引っ越したのか、個人の方だとそれ以降行く先を追うような無粋な真似はしませんが、仕事関連の会社や事務所の場合は移転や統廃合の場合もあるので一応HPくらいは見てみることも多いです。

そして行政書士事務所や司法書士事務所などの士業関連については廃業しているところも多く、一般的な会社でも5年経過すればほとんど残っていないという現状で考えればまだマシとはいえ、講演会で偉そうなこと言ってた事務所が倒産しているのを見ると・・・・小市民な僕は正直「ざまぁ」って思いますが、見た目の羽振りの良さを信じてコンサル受けてた依頼者にしてみればたまったもんじゃないですよね。

こういった事例を見る度、宇宙一を公言して業界トップというポジションに甘んじることなく向上しないといけないなと襟を正しているのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

まずは無料の電話相談

03-6356-7386または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-6356-7386
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384