メールで無料相談  gseiki_shotgun@ybb.ne.jp クリックでメールソフトが立ち上がります
header_img02.png
公式ブログ 毎日更新

内村世己 年中無休の業務日報

カテゴリー : 雑談

2020.03.23更新

先日ニュースで煽り運転をする心理というかドライバーの傾向として、
1:行き過ぎた正義感
2:高級車に乗った凡人
3:時間的余裕がない。
4:煽りそのものを楽しむ悪質運転者

など、細かく分ければいくらでも細分化できますが、
本当の最も大きな要因は【暇だから】ということに尽きると思います。

例えば
仕事で急いでいるから制限速度で走行している人をどかそうと思ってパッシングしたりしたとしても、あくまでも第一目的は目的地に早く着くことなんですから先行車がどけば目的達成です。
他に優悦感を感じたいというのもほとんどはどかせれば終了で、それ以上煽り続ける理由はありません。

また煽ること自体が目的だとしても煽った結果どうなるのがゴールかには個人差がありますし、それを実行するために必要なのは『空き時間』です。

つまり要するに
人間は暇になるほどロクなことを考えない、というのを地で行ってるのが煽り運転の犯人たちです。

それでは煽られたらどうするか?
これも個別の事案で対応するしかありませんが、個人的には高速道路上で止められて気狂いが降車してこちらに迫ってきたら、多少ぶつけても安全を確保する距離まで走行しても良いと思います。

ちなみに故意もしくは故意に相当する状況で人身事故を起こしてしまった場合、運転傷害という違反になり、軽傷でも45点以上が付されてしまいますし、そこで現場から離れてしまった場合はひき逃げで+35点になる危険性もあります。
ただし、この場合も処分が軽減される場合と絶対に軽減されない場合がありますので、ちゃんと正しい知識と正しい行動を把握している専門家に依頼するのが重要です。

もちろんすぐに通報するとかそれ以降の対処は必要だと思いますし、ある程度のグレード以上の車=頑丈な構造も安全装備の一つとして有効だと思います。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.03.20更新

僕は大阪出身です。
という話をすると時々うどんのツユの色についての話になることがあります。

よく言われる色が薄くてダシの効いてる関西風と醤油ベースの関西風ですね。
また最近ネットニュースなどで話題になっているのが天津飯で、僕はどちらでも食べた事があるので店ごとの違い程度かと思っていたのですが、醤油風味の餡がかかっている関西風とケチャップ風味とういか甘酢餡のような関東風と結構な違いがあるようです。

あとはおでんのツユが違うのはもちろん具材も違ったりとかカレーに使う肉も関西は牛さんが主ですが関東圏は豚さんが主だったり・・・

そんな感じで話が進むとほとんどの人が【関西風の方が美味しいよね】と同意を求めてきます・・・が、僕の回答はいつも同じで「俺は関東風の方が好きなん多いわ(笑)」です。

味って結局は個人の嗜好ですし
僕の考えとしては合う合わないはあっても美味しい不味いは基本的に無いと思うのです。

なので「関西風の方が好き」とか「美味しいと思う」というのは個人の好みを聞いてるので楽しいのですが、そこに「関東風はレベル低いね」のように一方を落としてもう片方を上げるような言い方は好きではないです。

長い歴史の中で美味しいという気持ちを追及した結果なのですから『否定』ではなく【選ぶときには申し訳ないが選ばない】で止めることが技術の研鑽に対する礼儀なのだと思います。

ちなみに上記のメニューで僕の好みは
うどん、天津飯、おでんは関東風
カレーは両方同じです(*´▽`*)♪

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.03.19更新

香川県で18歳未満のゲーム依存症対策の銘打ったトンデモ条例が可決されたとか・・・
なんでも18歳未満は一日のゲーム時間は60分まで、休日は90分までとのこと、

まぁ驚きを通り越して失笑しか出ません。
そして更に呆れたのが、この決まりは努力義務にとどまるもので罰則も無いそうです。

つまりお役所の方から「〇〇してね」と呼びかけるものの、その呼びかけを無視しても特に何も起こらないというもので、パフォーマンス以上の効果はありません。

ちなみにこの『努力義務』というのは法律の勉強をするとよく出てくるもので、条文としては【〇〇するように努めなければならない】という感じです。
たとえば銃刀法では「狩猟をする人は猟期の前に射撃場などで練習してね。」「銃を持ってる人は持ってるだけじゃなくて上手く使えるようにちゃんと撃って練習してね」という【努力義務】が課せられています。
※実際の条文はもっと堅苦しいです(笑)

とはいえ、僕の場合ですが、
僕は散弾銃を持っていて、用途は標的射撃(クレー射撃)です。

ところが僕の自宅から最寄りの射撃場に行くためには車で2~3時間はかかります。
帰り道が渋滞すればその倍近くかかることも有ります。

ですので1年に1度も行けなかった年もあります。
ちなみに3年くらい全く撃ってないと警察署によってはやんわりと免許の返納を勧められますが、それも強制力のあるものではなく、努力義務違反で罰則を科すことは基本的にできませんし、さらにゲーム条例の場合は罰則なしを最初から明言してますので、これはもう・・・世紀の愚策としかいう他ありませんね。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.03.18更新

車のオイル交換の予約が昼からだったので
暫くは自宅でお仕事をしていたんですが、
なんかこのネット社会の世の中になっても訪問販売っているんだなと、今更ながら驚きでした。

事務所にもいろんな営業が来ますが、
個人宅にまでそんなに来るとは、経営側から考えればどう考えてもコスパは悪いと思います。

そして僕が基本的にセールスに良いものは無いと断じる点もまさにここで、
悪いコスパで利益を出そうとするためにはどうするかといえば・・・そうですね、値段を上げればいいのです。

それでは同じ品質なのに値段の高い商品を売ろうと思ったらどうすればいいか?・・・情報に疎い人に高額で売ればいいのです。

つまり情報に疎い人に売ろうと思えばどうすればいいか?・・・ネットで調べたりしない人を狙い撃ちにすればいいのです。

ネットなどが普及していなかった時代は【押し売り】と言われていました。
要はセールストークで商品の価値を高めて、というか高く感じさせて他の情報に触れられないうちに売ってしまうという手法です。

そんな業界に努める人は必ず『セールスにも良いものはある』と言います。
実際本当にいいものもあるとは思いますし、まだ世に知られてない商品を伝えたいけど会社に宣伝費が無いという場合もあるかもしれません。
・・・まぁ訪問販売の人件費よりも安い広告の出し方はいくらでもありますが・・・

ただ僕個人の経験では通常店頭で買える物以上の品質や、それにふさわしい価格のものに出会ったことはありません。

もちろんこれは僕個人の経験に止まりますので、セールス全部ダメということはできませんし、値段や品質などとは別に「この人から買いたい」と思って買うのであればそういう買い方もありです。

ですので訪問販売で良いかなと思った時は必ず一旦カタログなどをもらって冷静になり、周りの人にも話を聞く、あるいはネットで検索するなど一度自分でも情報を集めてみるのが良いと思います。
もしもそこで契約を急ぐのであれば『すぐに契約をさせなければならない、冷静に考えさせるのは都合が悪い』何かがあるということです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.03.16更新

なかなか激しい事件のニュースを見ました。

交際相手の男性を車から振り落とし殺害か 女は容疑を認める

報道で見る限りでは車にしがみついている交際相手の男性との口論から男性が車にしがみついているにもかかわらず発進して振り落として殺害したとのことです・・・。

どんな経緯でしがみついたりしたのかがよく分かりませんが、警察は殺人で検挙して容疑者もそれを認めているということは殺意はあったということなんですかね?

まぁこういった供述が覆されることはそれほど珍しくもありませんが、現時点で報道されている部分で交通事故あるいは交通違反としての違反点数を考えてみると
酒気帯び25点(13点かもしれません)
ひき逃げ35点
この時点で60点と恐ろしい点数ですね。

ここである程度交通事故の点数について知識のある方だと「死亡事故で22点」と考えるかもしれませんが、今回の容疑者は車を使って殺そうとして殺していますので運転殺人という違反に該当する可能性もあります。

ちなみにこの運転殺人は違反の中で最も重大な違反で点数も大きく、一発で62点です。

つまり今回の容疑者に違反点数が付く場合最高で122点になる可能性があるということで、免許取消の欠格期間(再取得ダメ期間)は上限が10年なのでこの容疑者の免許取消後の欠格期間は10年ということになります。

ただ前歴が無い場合でも70点以上は全部10年間の取消なので、法律上とんでもない人に対してもそこまで悪くない人でも同じ処分になるのはやや釈然としませんね。

ちなみに僕の事務所で軽減成功した最高点は106点で10年の取消が180日の免許停止に軽減成功した事案です。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.03.12更新

ママの形見というか、
先日送ってもらった着物をカーディガンのような羽織る服にリメイクするために工房さんに持ち込みました。

佐賀錦というブランドで


蓋の裏には由来などが記載されていますが・・・達筆過ぎて僕には読めません・・・(*´ω`)


色は綺麗な青で、50年以上前の物とは思えません

とりあえず着てみました(笑)

・・・少しカタギでない演歌歌手のようですね。

工房のパタンナーさんもとても感じの良い方で【お母様はどんな思いでこの着物を着てらしたんですかね・・・】と僕自身もちょっといろんなことを考えてしまいました。

貧乏生活で色んなものはなくなってたけどこの着物は実家にずっと置いていたということは思い入れもあったんだろうと思うし、専門家から見てもかなり上物とのこと、『親孝行、したい時に親はなし』など言いますが、それは正確な表現ではないと思います。

孝行したいなんていつでもずっとしたかったんですよ、ただできる能力が無かっただけです。

もしもママが生きていれば、
今ならどこにだって旅行に連れて行ってあげられる、大抵のものは買ってあげられる。
まぁ、なかなか思い通りにはいかないものです。

そして
大切なものに魂が入ってるというのはオカルト的な意味ではなく、触っていたんなら科学的にもDNAは残っていると思いますし、勝負服だからこそその想いもきっと残っていると思います。

自分の中でもちょっとした勝負服になって、何かの際に一緒にどこかに行けるなら、それがただの自己満足だとしても、それもまた35年越しの親孝行ではないかと思うのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.03.11更新

喜多方といえば
ラーメン?
蔵?
赤べこ?
ノンノン、

太極拳の町だったんですよ。

ボタンを押すと太極拳のテーマが流れるんですが意外と音量大きかったです(;´・ω・)♪
ちなみに

2曲選べます♪

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.03.07更新

新コロ騒動は収まる気配も無いですね・・・

そんな中、利用を控えた方がいい施設にスポーツクラブというのもピックアップされたとかで、都内のジムは休館になってるとこころも多いです。

ただ、
僕は思うんですが・・・
ある意味暴言かもしれませんが・・・

満員電車がOKなら・・・と言いたいんですが、ジムに行くまでも人に接する機会も多いわけですからやっぱり控えた方が良いのかな・・・と一人自重トレーニングしながら思うのです(>_<)

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.03.06更新

2018年1月、乗用車で女子高校生2人をはねて死傷させた事件で以下のような判決が出ました。

女子高生死傷事故 87歳被告に無罪判決https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200306-00010000-jomo-l10&p=2

この運転者は(報道されている範囲の情報では)2016年7月にはすでに低血圧やめまいの症状は出ていたことや、検察からは医師から生活上の注意を受けていた(弁護側はこれを否認)、家族からも運転に対する注意を受けている。
また責任能力についても検察側は認知症は軽度で自分の行動を把握できる能力はある、弁護側は重度の認知症で心神喪失状態=責任能力は無いと主張していたとのこと、

行政書士という資格面から本来刑事裁判に関してどうこう言える立場ではありませんが・・・これで無罪とは
僕はトンデモ判決だと思います。

そして仮にこの被告人が僕の事務所に相談に来たとしたら、あるいは既に免許証が取消になっている場合に無罪になったことを理由として免許証を取り戻したいという相談が来たとしたら・・・僕は断ると思います。

僕は運転免許取消が軽減される場合に必要なポイントは『これからも運転できる能力』があるかという点で判断します。
ここでいう能力というのは単に運転技術だけではなく運転に当たっての心構えや知識も含まれます。

その観点からいえば僕の意見としては認知症になっていたり、運転に支障のある病気があるならその時点で運転すべきではないと考えています。
もちろん適切な投薬治療などで症状を抑えることができるのであれば、つまり正しく自己管理ができるのであれば病気であっても運転する権利はあると思いますし免許証も持てるのは当然です。

しかし今回の被告人のように自分にどんな症状があるかはすでに把握している、家族からも注意されているにもかかわらず運転を継続しているようなら、弁護側の主張である医師から注意を受けていなかったというのは『受けてたけど忘れてた』だけなんじゃないかとも思えます。

それに重度の認知症になっているような人が医師からの注意などをちゃんと記憶できているとも思えません。

行政書士法では『正当な理由がなければ依頼を断ってはいけない』という規定がありますので、本来の意味では「この人からの依頼なら断る」というのは違法宣言なのかもしれませんが、僕にとっての正当な理由は『僕自身の正義』なのです。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.03.03更新

新コロの影響で色んなところに営業自粛の要請なんかが来ているようで、
いろんなお店も経営には物凄い打撃のようですね・・・

一方では新コロ対策の影響で下がった売り上げに対する補助金なんかもあるようですので、一部の行政書士は補助金申請の相談受付もやってるみたいです。

さて、自分の対策は何かやってるのかというと・・・ウェイトトレーニングは自宅でやってるくらいですかね・・・

というのも僕の事務所では電車通勤が誰もいないので、スタッフ全員面談の御依頼者様と自分の家族、あるいは意見の聴取や聴聞会に行く時に周りにいる人くらいしか接点が無いのです。
あとはマスクとかうがい&手洗い、事務所の消毒、あとはしばらく減量またはハードなダイエット禁止で免疫力を下げないようにするくらいですかね・・・

政府対策も学校を休校にしても親が満員電車で通勤してたら意味ないとか、まぁ対策の一面を見て叩くのはいくらでもできると思いますから、大枠を決めるのが政府でも個々人で微調整していくのが本道だと思いますし、どうやらよほど体力や免疫力が落ちてなければ命に関わることは無いようですので人との接点を持たない事が現実的に不可能である以上・・・格闘技でいえば避けるディフェンスで全対応ができない以上、もらってもダメージを軽くするようにしっかりガード、効き辛いポジショニングで対応するしかないと思います。

運転免許取消処分の回避&軽減専門で25年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

まずは無料の電話相談

03-6356-7386または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-6356-7386
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384