メールで無料相談  seikiv8@hotmail.com クリックでメールソフトが立ち上がります
header_img02.png
トップページ

免許取消軽減ブログ

アーカイブ : 2月 2020

2020.02.19更新

新型コロナウィルス・・・なんか物凄い勢いですね・・・
僕の事務所ではスタッフも全員車かバイクでの通勤なので多少ましとはいえ、
ラッシュ時に通勤している人など1人混じっているだけで一気に感染し得る状況なんだと、ある意味生物兵器の恐ろしさに愕然としている僕です

そして東京マラソンが一般参加は中止になって参加費も返却されないとか・・・でも中国からの参加者は翌年度参加は無料だとか、でも一般参加は無いとはいっても観客は沢山来るだろうし、所謂世界レベルのエリート選手は通常の開催でも一般参加者よりもはるか前方を知るんだからある意味『エリート選手の感染率』という意味では同じなんじゃないかと思ったりもしてしまいます。

ただ僕としては一番知りたいのは結局のところ
放置して治るものなのかというところなのですよ。
まぁ放置というのは極端な表現ですが、適切な対処をしないと命に関わるようなものなのか、ほぼ風邪という説もあるようですが、あるいはちゃんと休養していれば最終的には治るものなのか、その辺が正直よく分かりません。

正しい結果を得るために正しい知識が必要なのは何でも同じだと思いますので、病気自体の本質についてもっと報道してほしいなとも思うのです。

↓クリックで公式サイトへ
運転免許取消の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.02.18更新

今回の御依頼は
ひき逃げで検挙された御依頼者様を単なる人身事故に切り替える事です。

僕の事務所的にはそれほど大掛かりなことをしなくても大丈夫でしたので
費用も140,000円ほどで収まりました。

処分書などは何も残らないんですが、本当はこんな感じでスタートの時点で違反内容自体を修正するのが最良なんですよね・・・

ひき逃げ

救護措置義務違反

↓クリックで公式サイトへ
運転免許取消の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.02.17更新

本日ご紹介します漫画はこちら

【進撃のえろ子さん】です。

タイトルからしていろいろ問題がありそうですが・・・、
とりあえず巨チンは出るかもしれませんが巨人は出てきません・・・・・まぁこの一節が書きたいがために書いたような今日のブログですのでここで終わっても個人的には問題ないのですが、内容は面白いので下ネタに拒否反応の無い人には御一読してほしい作品です。

ストーリーは
主人公のえろ子さんこと新藤絵留子さんは
ニート生活から脱却すべく便利屋に就職することに、そこで出会った高校生に一目ぼれ⇒よこしまな妄想を暴走させ・・・そうになるのをギリギリで止めたり止められなかったりします。

ついでにタイトルの【進撃のえろ子】は彼女のSNSアカウント名でもあり、エロい妄想を垂れ流していたらフォロワーが10万人を突破するという人気アカウントでもあります。

そして件の男子高校生(彼もまんざらではない)への妄想を呟いたり、お近づきになったり、パーカーのフード部分になってうなじをクンクンしたくなったり、男子高校生の脚立になりたくなったりと
ただひたすらに可愛く悶々とする、でも年齢差も気にしつつ・・・時々暴走するえろ子さんを愛でる漫画ですね(笑)

僕は個人的にこういう可愛い女の子と爽やかな下ネタの組み合わせは大好物ですのでこのえろ子さんはツボ中のツボでした。

ただその一方であまりブレイクしてほしくないのは
このえろ子さんのキャラクターの主に造形が某人気漫画の某重要キャラとかなり被っているように感じるのです。
体の特徴的な部分が酷似していたり、口癖も一緒だったり、ちなみにそっちの某キャラにも似たような性癖は少しあったり、なにより本名が一部同じだったり・・・タイトルの時点でいろんなオマージュというか影響を形にしたというのはあると思います。

もしかしたら熱狂的なファンには叩かれる可能性もありますが、えろ子さんは可愛いし作品自体は面白いのとそっちの名作に悪影響を与えるとも思えないので僕としては某人気作品のファンの方々にはもうちょっと優しく見守っていてほしいかなと思うのです。

↓クリックで公式サイトへ
運転免許取消の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.02.16更新

交通違反にはそれぞれ違反点数が決まっていて、一定の基準に届くと免許停止になったり免許取消になったりします。

しかし大きな違反で免許停止に該当していて、その処分を受ける前に小さい違反で免許取消基準に届いてしまった場合、
1:合算で取消
2:一度大きい方の点数で免許停止後、前歴1+小さい違反の点数でスタート
3:大きい違反で免許停止にするが小さい方の違反も一緒に処分を受けた事にしてくれる(大きい方の点数のみで免許停止)
4:合算だけど180日の免許停止
5:合算だけと大きい方の点数での処分から少し長い免許停止期間になる

その他に
6:違反日から処分日までが長期間かかった場合に処分の軽減がされる特例

主にこんなパターンに分かれます。

そして都道府県によっては意見の聴取の出頭通知の時点で分かるものもあります。

ここで悪質な自称専門家は「このままでは免許取消になってしまいますが、私に御依頼いただければ免許停止にします。」と言います。
前述のように出頭通知で分かる場合は完全に確信犯ですが、ある程度の知識を持っている業者がこういった基準を知っていて吹っかけてくる場合もあります。

ただしここでもう一歩踏み込んだ知識が必要になってくるのは、警察の内規で免許停止になるはずなのに都道府県によっては違反内容次第で絶対に軽減しないところもあります。

実際に意見の聴取の現場でも
明らかに誰がやっても・・・というか何もしなくても軽減されるのに自称専門家みたいなのを連れてくる人や「〇〇の規定ならこれは軽減されるべきなのに、なぜ軽減されないんだ!」と警察官に食って掛かる法律系の有資格者もいます。

もちろんその人達がどんな形式で依頼したのかはわかりませんので詐欺師だと断じることはできませんが、能力かモラルか、あるいはその両方が低い業者の食い物にされていることだけは間違いありません。

正しい知識をもつということは、単に成功率を高めるだけではなく、無駄な出費も抑えられるということにもつながるのです。

↓クリックで公式サイトへ
運転免許取消の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.02.15更新

今回の御依頼はひき逃げです。

そしてさらに悪いことに無保険の状態、つまり車は必ず入らなければならない自賠責保険に入ってない車両でやってしまった事案・・・ということは

無保険車両でのひき逃げ

です。

そしてそして・・・取調べの段階で言ってはいけないことも言ってしまっていました・・・

唯一の救いは今回の事故が被害者の落ち度の大きい事故だということですが、
それでも人身事故の点数は『事故まで』の違反点数であってそれを無し=0点にできたとしても【事故から】の違反であるひき逃げ(救護義務違反)の35点と無保険の6点は付いて合計は41点で本来4年間の免許取消に該当してしまいます。

ついでに言うと、ネットなどでは日本一厳しいと言われている県ですが、この県が厳しいというのはただの都市伝説で、どんな違反でどんな経緯なら厳しいかという観点を入れなければ無意味な評価です。

とはいえ
ひき逃げは重大な違反ですので厳しいという現実は替えられません。
ちなみにもう少し軽減率の高いところはあったんですが御依頼者様は引越しができないので元の県のままで処分を受けることになります。

時間も限られていましたので意見の聴取に有利な証拠をそろえて補佐人として同行した結果・・・

少し印字が薄いですが、本来4年間の取消期間になるところを3年間に1段階軽減されました。
個人的にはもう一声行ってほしいところでしたが、今回の条件ではこれが宇宙一の結果です。

なお罰金は10万円で済みました。

さて、よく言われる聴聞官はこっちの話を全く聞かないだとか杓子定規で処分を決めるなんていいますが、そんなことは無いと思います。
今回も
聴聞官「取調べの時に話した〇〇ってどうなの?」
僕「その話はスルーって訳にはいきませんかね?(笑)」
聴聞官「いかない(笑)っていうか先生の意見はどう?」
僕「それは〇〇〇〇ですね」
聴聞官「補佐人の意見として追記しときますよ。」
こんな感じで結構人間臭い場面も多いんです。

厳しい言い方になりますが、専門家を名乗っている人で意見の聴取や聴聞でこちらの意見は聞かれないとか、処分は流れ作業で決まってるとか言ってる人はプロとして自身の無能を恥ずべきだと思います。

↓クリックで公式サイトへ
運転免許取消の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.02.14更新

先日ネットニュースで『カフェインは体力の前借り』というフレーズを見かけまして・・・
なるほどいい表現だねと思ったものですが、僕の事務所は年中無休のほぼ24時間営業なので、
かなりタイトなスケジュールになることも少なくなく、そんなときには

こんな感じで薬物に手を出したりもしますね(笑)

ちなみに通常の使用量は瓶なら一本、錠剤なら2個なんですけど、毎回使ってると耐性が付くのであまり効かなくなってしまいますので、どうしてもいよいよになったなら瓶1本と錠剤二つ飲んだりすることもあります。

そしてさらに大変な時、例えば9時間くらいぶっ続けで運転しなければならない時は海外製のプレワークアウトサプリメントを使用します。
このプレワークアウトサプリメントというのは運動のパフォーマンスを上げるための物で、筋トレ時に使用することでより限界以上の負荷を加えることができるアイテムです。

いろんなタイプがありますが総じて美味しくはないですし、オリンピックなら確実にドーピング検査に引っかかるような奴です(笑)
といっても違法な成分は入ってないですし、本来はトレーニングで消耗するところをトレーニング程の負荷がかからない運転などならその分長時間効果が持続するというものです。

そしてこちらも身体能力に一時的なブーストをかけているだけですので、結果的な消耗は大きくなります。
しかしその後ちゃんと休んで回復に努められるのであれば、限りある体力を効率的に配分するという意味では体力の前借という表現は実に理に適っていると思うのです。

↓クリックで公式サイトへ
運転免許取消の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.02.13更新

警察庁の発表ですと歩行車対車の死亡事故で歩行者に何らかの道路交通法違反があったのは全体の6割に上るそうで、
その場合の致死率は歩行者に違反が無い場合の約5倍なのだとか、

死亡歩行者の6割に道交法違反 致死率5倍https://news.livedoor.com/article/detail/17809512/?_clicked=social_reaction

ちなみにこのデータでは道路上に寝ていた人も歩行者としてカウントしています。

道路交通法では歩行者の横断方法や通行区分などもちゃんときまっていて、
いくつか例を挙げれば
◯車の直前や直後は横断禁止
◯付近に横断歩道がある場合は横断歩道を使わなければならない
◯交通の妨害となるような方法で寝転んではいけない(座り込んだりするのもダメ)
◯交通の妨害となるような方法で酔ってふらついてはいけない
などいろいろです。

そして車側からすれば違法な被害者が出現することまで予想すべき義務は本来無いはずですが、
起こったことに対処できる能力も免許証を受ける際の運転技術の範囲として必要である以上、ある程度の注意義務は発生してしまいますし、被害者が死亡した場合などは結果に対する違反という意味で安全運転義務違反や被害者の負傷あるいは死亡による点数が付いてしまいます。

しかし、このあたりも被害者の落ち度や違法行為の程度が考慮されることも多く、何をどうやっても絶対に防げない事故なら点数が付かないことも少なくありません。

ところがこの処分基準も都道府県によって非常に差があり、
【被害者の違法行為】という《原因》を重視するとこともあれば
『死亡した』という〈結果〉を重視するところもあり、誰がどう考えても被害者の方が悪いのに免許取消になった人を見ることも少なくありません。
また主張の仕方も都道府県ごとのカラーがあり、特に弁護士や行政書士、あるいは自称専門家のような人を連れてきて本人共々根本的に的外れな主張をしている・・・というよりひたすら無駄なことを繰り返しているのを目の当たりにすると「あの人・・・〇〇〇〇すれば免許停止になるのにな・・・」と思うことも少なくありません。

どんな事務所に依頼するのも依頼者の自由ですし、意見の聴取や聴聞の場でそういう人達に遭遇しても僕からは何もできませんので、僕としては自分の御依頼者様にだけ最良の結果をお届けできるよう努力するしかないですね(*´ω`)♪

ちなみに僕自身の考えとしては違法な歩行者は轢いても仕方ない、っていうか歩行者の方が悪いと思ってます。

↓クリックで公式サイトへ
運転免許取消の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.02.12更新

先日コンビニで恐ろしい食べ物を発見してしまいました。

それがこちら

ポテチののり塩といえば
神が作りたもうた至高の味の一つ・・・ちなみに僕はのり塩ならカルビーよりも湖池屋派ですが、カルビーも好きですよ。

そしてチーズといえば同じく神が人間に授けた至高の食材の一つ・・・極端なことを言えばチーズにのり塩をかけても美味しいのは間違いないところにポテチという禁忌まで悪魔合体させれば、これはもうどんな邪神が生まれるかは想像に難くありません。

というわけで食します。
・・・
・・・・
・・・・・
これは・・・あれですね・・・思ったほどのインパクトが無いというか・・・
なんか・・・美味しい要素を合体させたとはいえ総量は変わってなくて、材料比として0.5ずつにしたような・・・どっちも物足りないような感じというか・・・いや、美味しいのは美味しいんですよ、ただのり塩単体の美味しさや、先日カルビーからも出てました4種のチーズポテチみたいな衝撃的美味さという感じではないんですよね・・・分かってるんですよ、カルビーさんへの信頼感が無意識のうちにハードルを上げまくっていることに・・・でも天下のカルビーさんにはそのハードルを破壊しながら超えていってほしいのですよ(;´・ω・)♪

というわけで感想としては
時期物としては美味しいですが、僕はノーマルのり塩の方が好きですね。
※個人の感想です。

↓クリックで公式サイトへ
運転免許取消の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.02.11更新

お仕事の合間に食べるものは
コンビニ御飯になることも多い僕ですが、
最近のコンビニは侮れない・・・と10年くらい前から加速度的に言う機会が増えているように感じます。

先日また強く思ったのがこちら、

LAWSONの冷凍食品コーナーにおいてます牛皿とナポリタンです。
正直なところちょっと油断してたというか「まぁこんなもんでしょう」と思っていたところに強烈なカウンターを食らった気分で、実に美味しいです。

作るのも簡単ですし、栄養バランスがとか添加物がとかいう人もいますが、仮にそうだとしても毎食食べるわけではないんですし、実際のところ僕はある程度以上のメジャー企業であればそこまで叩かれるようなレベルの健康被害が出るようなものは使ってないと思っていますし、効率化という最重要課題がクリアできて尚且つ味も美味しいのであれば問題は無いと思っています。

↓クリックで公式サイトへ
運転免許取消の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

2020.02.10更新

最近の・・・というか一昔前くらいから顕著ですが
『爆盛り』とか『ギガ盛り』みたいな感じで物凄い大盛りをネタにする企画が増えているように思います。

僕自身もかなり食べる方ですが、
あくまでも個人的な意見ですが、ああいった爆盛り系のお店には行く気が起きません。

というか正直なところ不快感しか出ません。

あまりにも作法やマナーを強制するのも食事を楽しめなくなってしまいますが、
器からはみ出す光景を囃し立てる行為は贖罪への冒涜にしか見えないのです。

【沢山食べたいなら2杯目を注文すればいい】
『沢山よそいたいなら器も大きければ綺麗なのに』
ただそれだけのことなのに、汚く、あるいは食べにくく盛り付けられた食材たちの慟哭が聞こえるようで、いたたまれない気持ちになってしまうのです・・・

↓クリックで公式サイトへ
運転免許取消の回避&軽減専門で28年!
内村特殊法務事務所:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
TEL:03-6356-7386 直電歓迎 090-9232-8731

投稿者: 内村特殊法務事務所

まずは無料の電話相談

03-6356-7386または090-9341-4384
お気軽な御相談、年中無休で全国対応いたします。

メールでの無料相談⇒

<重要>

携帯電話からご相談メールを送信する場合『必ずパソコンからのメールを受取る』設定になっているか確認をお願いいたします。
『パソコンからのメール受信不可』になっている場合事務所からの回答が受信できませんのでご注意ください。

東京都行政書士会 内村特殊法務事務所

東京都新宿区歌舞伎町2-45-5永谷ビル703
地図はこちら事務所周辺MAP

TEL:03-6356-7386
(全国対応、年中無休10時~22時)

直電歓迎:090-9341-4384